タグ:鑑賞 ( 62 ) タグの人気記事

小動物的治癒力と佐渡裕さんのコンサート

あのね、一昨日の朝、玄関の入り口に肩をイヤってほどぶつけて…

幅感どこ行った?

入れると思ってダッシュ気味で入ったらガン!!って 😱

痛かったよぉー、痛かったよぉ 😭

首や腕までダメージ来てるよぉ。

ひーひー言っていたら、しばらくしてすごい眠気が襲ってきた。

これは、身体が求めているな!ふむ。

私は身体にダメージがある時、

小動物のように丸まってじっと眠って治すんです。

来たな、眠気!👍

と思って、予定は全部棚上げして横になり、目覚めたら午後3時半 😱

それでもまだ眠くて、肩も痛くて。

冷蔵庫にあるものを適当に食べてシャワー浴びて

夫に寝てるからとメールしてまた寝ました。

翌朝(昨日)…肩の痛みはほぼなくなっていました ✨✨

頑張って掃除してたら、絵を描いていたら根性あるねっていう美談?

でも、きっとこんなに早く治らなかったと思う。

根性、美談はいらないの 😉

おかげ様で、昨日の夜は夫とサントリーホールに元気でコンサートに行けました。

ご機嫌で行ったコンサートはこれ!

佐渡裕さん!




b0134673_20491405.jpg





オケが入場する前に、突然佐渡さんがステージに現れて、

トーンキュスラー管弦楽団のことを話してくれました。

こういうところ!

孤高の人もかっこいいけれど、

佐渡さんは人間味、人間愛にあふれていてとても暖かい!

情熱的な指揮も、自己陶酔ではなくて

聴衆に一番素敵な演奏を届けるためだと私には感じられるのです。

演奏者に一番素敵に演奏させる愛に溢れていると私には感じられるのです。

2年前に佐渡さんの指揮を見た時、それまでに見た中で一番のアンコールの熱気でした。

佐渡さんは、その熱気が冷めやらぬうちにホールに出て来て

汗びっしょりのまま自ら熊本地震の募金を呼びかけました。

あっという間に募金をする人の長蛇の列ができ、

募金をした人に握手をしてくださいました。

若手演奏家を起用したり育てる姿にも愛というか滅私、利他を感じます。

それが指揮に演奏に表れて、こんなにも魅了されるのだと思います。

P席だったので、佐渡さんの息遣い、唸り声もはっきり聴こえましたよ。

そして、ピアニストのヴァレリー・アファナシエフ氏も素晴らしかった!😭

こんなに手の動きがしなやかに演奏するピアニストを観たのは初めて!

手の甲がすごい反るの!

そっと真似してみたけど、あんなに柔らかにしなやかに反らない。

しなやかなのに力強く、力強いのに小さな小さな音も小さな音として響かせる、

本当に感動的な演奏でした ✨

聴きながらアーメンポーズになりそうでしたよ✨

演奏が終るなり佐渡さんと固くハグし合う姿が。

2人の間にはどんなに固い信頼関係があるのだろう!

ピアノソロはショパン・4つのマズルカ

オケはブラームス・ハンガリー舞曲第5番

と、それぞれアンコール演奏もしてくれて、

本当にお客様を満足させて帰してくれる佐渡さんのコンサート。

大満足でした 💖

夫にありがとうです 🙏💕



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-18 21:32 | 鑑賞 | Comments(0)

『至上の印象派 ビュールレ・コレクション』

昨日は『至上の印象派展 ビュールレ・コレクション』新国立美術館 に行ってきました。






b0134673_15304835.jpg




今までは西洋美術史にあまり関心を持っていなかったので

美術館で得る情報も上っ面のその場限りでした。

その時に得た点の情報は点のままで風化してしまうのです。

一昨年から昨年にかけて、原田マハさんのアート小説

…1番初めは『ジヴェルニーの食卓』でした…を片端から読んで、

点だった情報が繋がり始め、面白い、もっと知りたいと思うようなりました。

興味関心という内発的な動機づけが起こると

人は学習するようになるものですね 😆

先日の『プーシキン美術展』にリンクする今回の展示、

タイミングもよくとても楽しめました。

古典的な作品より、この印象派以降の作品に惹かれる理由もわかるようになりました。

「職人」技的な技術より、人間の感性そのままの「表現」に

心が惹かれるのだと。

美術史をご存知の方なら当たり前の知識をようやく得て、

画家の生きた時代の経済、地理、文化も理解した上で

作品を観る面白さを味わい始めています。

最後のモネの睡蓮は写真撮影が可能でした。





b0134673_15391790.jpg




睡蓮と水面に映る柳の葉の間に映る空の透明感。

モネは移ろいゆく時間の様々な睡蓮の池を

朝には朝の睡蓮の池、昼には昼の睡蓮の池、

というように同時に何枚も描いたといいます。

印象派の絵は、見ているもの、感じ取ったものの、

その瞬間を表現しようと、素早く生き生きと動く筆による描写が

絵の魅力を際立たせて私たちをなんとも魅了します。

よくぞアカデミーに反旗を翻し、自分たちの表現を貫いてくれた!と感謝です。

そしてその画家たちの絵を、私たちが今日こうして鑑賞できるのも

コレクター、ビュールレの審美眼、先見の明のおかげだと、またまた感謝の念が湧いてくるのでした 🙏




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-04 16:08 | 鑑賞 | Comments(0)

幸せの絵の具

昨日おおこに聞いた映画を早速観てきました。

「幸せの絵の具」





b0134673_14411400.jpg





ストーリーの詳細は書きません。

リウマチを患い、傍目には不幸な境遇の中に生きる主人公モード・ルイスは、

フォークアートの画家として実在した人(1903〜1970 カナダ)。

人と交わることが苦手な夫エベレットは、

どんな時も彼女が絵を描くことを止めなかった。

電気も水道もない、

4m×4mの小さな小屋のような家での貧しい暮らしながら

モードは可愛いらしい絵を

壁に扉に、板に、カードに描き続ける。






b0134673_14415531.jpg




何故か初めの頃から涙がこみ上げてしまう映画で…

でもそれは私だけではありませんでした。

彼女のカードが売れた時と、

彼女の絵の制作依頼があった時は

泣くところじゃなかったかもしれないけれど涙腺崩壊でした。

絵を描いていて、多少なりとも誰かに買っていただいたことのある人たちなら

きっと崩壊してしまうことでしょう。

初めて自分の絵に値段がつき、売れた時の

不思議な気持ち。戸惑い。感謝。喜び。

モードの気持ちと重なる瞬間だったのです。

モードの不幸で過酷な人生は、彼女の周りには確かにありました。

けれど、それは彼女の中にはありませんでした。

貧しい生活ながら彼女は、私はたくさんは必要ないと言うのです。

彼女は描くことに喜びを持っていたから。

私は夫のおかげで恵まれた生活をしています。

だから、モードとは比べようもないけれど、

モードのたくさんはいらないという言葉は私の中にもある言葉です。

「内面が満たされているからだよね」

心の中でモードに話し掛けながら

心が満たされて涙腺崩壊でした。

私は私の幸せのために絵を描こう。

人生の幸せは、その人の中にある。

誰かが評価するものでもなく、

見せるものでもない。

「私」が本当に幸せかどうかは「私」が知っていること。

ごまかせないこと。

終始心が洗われる映画でした。


モードを演じたサリー・ホーキンス。

リウマチを患い身体が不自由なモードをチャーミングに演じたサリー・ホーキンス、見事でした。

エベレットを演じたのは、「いまを生きる」のイーサン・ホーク。

「いまを生きる」は大好きで何回観たかしれません。

二人が、本当に素晴らしかったです。



昨日絵を描く喜びをうるうるしながら語り合ったおおこ、

この映画を勧めてくれてありがとう🙏💖






b0134673_14422345.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-04-26 17:19 | 鑑賞 | Comments(0)

プーシキン美術館展

都美術館へ。

一つはベラドンナ・アート展。

もう一つは、プーシキン美術館展。

ベラドンナは女性作家のための展示です。

展示仲間、麻里緒さんの羊毛フェルトの作品2点が出ているので観に行きました。

麻里緒さんの羊毛フェルト作品は、みんなのような人形ではありません。

額に入った絵画のような作品。

マルシェで果物を売る猫さんと街の通りのカフェでお茶をする猫さん。

猫さんは半立体で飛び出している感じ。

マルシェやカフェの細かいところや、バックの景色もみんな羊毛フェルトという

オリジナリティに溢れた作品でした ✨

写真では観ていたけれど、本物は何倍も美しくていいですね ✨


その後、プーシキン美術館展を観ました。





b0134673_21251515.jpg




音声ガイドを借りたら、語りは水谷豊さん。

その語り口調はまるで杉下右京!

右京さんなら詳しそう😆だし、

説得力のある解説でとってもよかったです!

画家たちの意識が変化していく17世紀〜20世紀の絵は

とても興味深いし、好きです。

今展示の代表作、モネ26歳の作品「草上の昼食」

本当は横6m位の絵にするための下描きだったこの絵。

大作は未完に終わったけれど、

この絵は最終的に手を入れて完成作となった。





b0134673_21291630.jpg




シチューキンとモロゾフという二人の収集家によって集められたこれらの絵画。

戦争時に運び出すことができなかった時は、

どんなに悔しく絶望的な気持ちだっただろう。

最終的にはエルミタージュ美術館とプーシキン美術館に分けられて所蔵され

今こうして私たちが観ることかできる。

二人が財をつぎ込んで収集してくれたお陰なんだなぁ。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-04-19 21:43 | 鑑賞 | Comments(0)

ハートの輝き✨

モダンアート会員である夫の友人の今年の作品を観てきました。

モダンアート展、於都美術館。

行く前に東京文化会館の精養軒でランチ。

カフェラテはやっぱりパンダでした 😊







b0134673_20051712.jpg






今年の作品もここ数年来のテーマで描かれていました。








b0134673_21004782.jpg

"Igunis sound"

この宇宙の星が溶けていくような、崩れていくような物体。

初めは白でした。

そして翌年は真っ黒になり、今年は最期の残火のような暗い赤を纏っていました。

宇宙を連想させるその絵から、静寂という音が聴こえてくるように感じます。

燃え尽きていきながら、それに抗うことなく受け入れているようにも見える…

私はそんな風に感じ取りました。



ところで今日は素敵なプレゼントをいただきました。

スワロフスキーのハート✨💎✨





b0134673_21181828.jpg



バカラと一緒に飾ることにしました。





b0134673_21180526.jpg


いくら眺めても飽きません。

煌めきは外に放たれるだけでなく、

吸い込まれるようにハートの中心に向かっていく煌めきもあります。

かざして見ても、そこに在る色を取り入れてキラキラ。

自由に寛容に光を取り入れてなお輝くハート…。

歳を重ねた人を見ると一見輝きをなくしていくように見えるでしょう。

でも、心の中はより自由に寛容に光を取り入れて輝いているかもしれません。

歳を重ねてみて見えるものもある…それは重ねてみて初めて気づくことかもしれませんね。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-04-08 21:28 | 鑑賞 | Comments(0)

タイトル 空海 でいいんですか?

今日は夫がお休み。

映画「空海」を観て、

新しいエアコンを買いに行きました。

エアコンが壊れちゃったって書いたっけかな?

まぁ、いいや。

空海なんですけど ☝️

邦題「空海」と聞いたら、

空海の生涯とか、唐での修行の物語か?とか

思いますよね?

皆さん、映画「空海」は、空海の物語ではありませんですカラース!! 😠

夫が観たいと言い、私は半ばお付き合い。

行く道すがら、なんかこの映画って人間ドラマかと思ったら

莫大なお金をかけた凄い特撮のエンターテイメントで

期待していたのとは違った!になりそう…

と、私は夫に言っていたんです。

その予感は見事に当たって、これは空海が白楽天と共に

黒猫を追いながら、ある謎を解いて行くエンターテイメントでした。

空海の話じゃないんかいっ!💢

と仏教好きのおじ様たちは思ったかもしれませんが

エンターテイメント映画ということで言うと

見応えのある映画でした。

妖術、幻術、魔術の特撮が次々と繰り出されて凄かった 😵

それと東京ドーム7個ぶんだかの大きさのセット…

もはや街と言ってよいくらいだったそう(←阿部寛が言ってた )

それが迫力があって、賑やかで人が溢れる猥雑な街、建造物には魅了されました。

で、主役は空海ではなく(彼はナビゲータ?) 黒猫だっちゅうの。

黒猫魔術だっちゅうの。

と、色々言ってますが、

特撮エンターテイメント的なところで、

スターウォーズとかインディージョーンズみたいな楽しみ方ができる映画でした。

若い人が観たら楽しい映画だけど、

タイトル空海だとどうなのかなぁ。

おじ様たち多数を占めていたけど、

仏教好きだったり、真面目な空海のドラマを観たいと思って来ていたとしたら

何を思いながら映画館をあとにしたのか気になります 笑


で、私はこれが観たい!

翔ちゃ〜ん ❤️ 笑

5月まで待たなければだけど 😆









b0134673_23201734.jpg







あっ、一応空海も。

って、空海観に行ったのにね。





b0134673_23191899.jpg





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-03-09 23:35 | 鑑賞 | Comments(0)

エキサイティング幻想交響曲

昨日は、コンサート何だっけ? なんて言っていたけれど、

よかったよー! 😭

よかったよー! 😭

コンサートは、これでした ↓







b0134673_19401911.jpg





東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:チョン・ミョンフン
モーツァルト:ジュピター
ベルリオーズ:幻想交響曲
於:サントリーホール


ベルリオーズの幻想交響曲を聴いたのは初めてなので

パンフレットの標題を読みながら聴いたのですが、

その標題と音が頭の中に映像を創り出し

まるで映画を観ているかのようでした。

標題というのは、でき上がった音楽作品にあとから付けられた解説の詩のこと。

(詩を音楽化したものではない)

オケも大編成で大迫力。

打楽器を打楽器ではなく和音楽器として使い、

第3楽章の遠雷なんて、4人のティンパニー奏者で演奏され、

本当に遠くから雷の音が近づいてくるような迫力でした。

コントラバスも全員総出の9台。

ベルリオーズって、医者の息子で医学生だったのに

音楽を諦めきれず親に内緒でパリ音楽院に入り、

27歳でこの「幻想交響曲」を作曲したんですって。

エキサイティングな「幻想交響曲」

最後の見事な盛り上がりの時、

カツーンという音がしたと思ったら

チョン・ミョンフン氏の手にタクトがありません 😵

そう。タクトが飛んでしまったのです。

演奏が終了した時、最前列の観客がタクトを渡していました。

ブラボーの嵐の中でチョン・ミョンフン氏は笑って受け取り、

これもまたエキサイティングなハプニングで観客は盛り上がりました👏👏👏

ベルリオーズ、面白かった!

家に帰ると夫がベルリオーズの「幻想交響曲」のCDを出してきました 😲

あったんかーい!👋

今度ゆっくり聴いてみます。

今回も素晴らしいコンサートありがとうございました😊🙏





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-01-26 22:27 | 鑑賞 | Comments(0)

冬鳥慈色展

「冬鳥慈色展」を観に「貝の小鳥」に行って来ました。

「貝の小鳥」は目白にある古本絵本屋さん。

こみねゆらさんの絵がお目当てでワクワクしながら行ってきました。

ゆらさんの絵のことは今まであまり人に言ったことはありません。

かれこれ25年ほど一人でずっと心に大切にしていました。

原画を見るのは初めてでしたが、

行ってみたら7㎝角ぐらいの小さな絵でした。

それでも私は大満足。

やっぱりゆらさんの絵は、可愛いくて、ノスタルジックで

美しくて、ちょっぴり幻想的で

私は、好きやら尊敬やらで胸がいっぱいになるのでした。

2つあった小さな絵はどちらも売約済みでした。

わかるわ。ファンがいっぱいいるものね。

前の絵だけれど、ポストカード販売があってよかった ✨

今日の絵もいずれポストカードになればいいな。








b0134673_20534661.jpg





夕方に行ったのでお客さんは私一人。

静かにゆっくり見られて(絵から離れられなかった😭)

他の作家さんの絵もみんな冬、小鳥、暖かさが感じられて

気に入りました。

お店のお姉さんとお話しもできてよかった 😌

ここ2年くらい別のお仕事にチャレンジしたりしていました。

今日の私は、「私も冬鳥になって私が慈しむ巣に帰ろう」

ちょっぴり離れていた古巣に帰れたような穏やかな気持ちです。






b0134673_21002698.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-12-13 21:17 | 鑑賞 | Comments(0)

田畑蘭雪「古稀展」

友人の習字の師匠、書家田畑欄雪先生の展示に行ってきました。

「古稀展」

練馬美術館3階

11/29(水)〜 12/3(日)

10:00〜18:00(最終日は16:00まで)


お習字は全くたしなみがなく、

展示をされるような方の字を見れば上手い!に決まっていて

ただポカーンとしてしまう私ですが、

7年前に田畑先生の展示を拝見した時も

田畑先生の書はすごい!と感動しました。

創作への覚悟と決意と継続。

その迫力が伝わってくるのです。

全ての字体を書くことができる先生が

苦しんで書いたという楷書の澄み切った美しさ(私は詳しくないのできちんと説明できないのですが

ただの楷書ではありません)





b0134673_19554197.jpg



みんな書くことから逃げてしまったり止めてしまうから

私は全ての字体を書き続ける。

この千文字は、一発勝負の集中力で書いたという話を伺った時(一番左の作品)





b0134673_20022948.jpg



先生がお茶目に「失敗しないんで」とおっしゃって

みんなで大笑い。和みました。

私、失敗しないんで。言ってみたい!笑

和やかに笑いましたが、そこにこそ並外れた集中力と覚悟を感じるのでした。

古稀展というのは昨日、先生がまさに古稀を迎えたからなのですが、

凛とした着物姿で現れた先生は

私たちと同級生といっても、あぁそうですか、

となんの違和感も抱かないほど

若々しく生き生きとしたエネルギーに満ちていました。






b0134673_20300156.jpg








b0134673_20164285.jpg




先生が詰め込みすぎましたとおっしゃっていましたが、

本当に数多い作品。

水墨画もたくさんあります。

一人でこれだけの会場を埋める作品は

この2年で書き上げたものだそうです。

これは本当に物凄いエネルギーがいることです。

田畑先生の書を観て

田畑先生とお話しをしたらきっと

たくさんの勇気と元気と生きるエネルギーをいただけると思います。

私のように習字はわからないという人でも練馬美術館へ足を運んでみませんか?





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-12-01 21:41 | 鑑賞 | Comments(0)

羽田空港発 忍びの国

今日は一日めいっぱい楽しみました。

仕事のための下見のために羽田空港国内線第2ターミナルへ。

いつもモノレールなので、今日は京急で。

羽田は遠くて面倒というイメージが強い私。

でも、下見ついでに遊んでこようと思ったら

途端に楽しくなりました 😆

朝食抜きで出かけたので9:00頃に、

離発着が見える4階のレストランで飛行機を見ながらモーニング 😊







b0134673_22341834.jpg



飛行機の整備やコンテナの積み下ろし、

飛行機の離発着、

いくら見ていても飽きません。

そこで、6階の展望台にも行ってみました。






b0134673_10382406.jpg


うわ〜!(と心の中で叫ぶ 笑)

青くて広い空! 海!

気持ちいいーーーっ!😆✨✨

ここに来ればこんな広い空があるんだぁ。

都会に住んでいると、空はビルや家の合間から

見上げている…。

本当に久しぶりに味わう気持ちよさだったのです。

あちこちにひたすら飛行機を見つめる男性たちが。

少年の心で見つめているんだろうな。

癒されているんだろうな。

今日は暖かかったので、

私も気持ちよく風に当たりながら

分刻みで着陸する飛行機を眺めていました。

ふと横を見ると地図がありました。

あそこがディズニーランド、

その横が臨海公園、

と手前に辿ってくるとお台場が…。

お台場かぁ。

お台場…羽田と同じく遠くて面倒臭いというのが私のイメージ 😅

新宿、渋谷、青山、銀座、六本木、

電車や地下鉄に乗れば5分から20分で行ける便利な所に住んでいると

30分を超えるとちょっと遠い所というイメージを持ってしまいがちでした。

それに、別にお台場なんて遊びに行くこともないしって。

でも、お台場かぁ…。

そう言えば7/1に上映が始まった映画『忍びの国』が

4ヶ月を過ぎた今もまだロングラン中で

数ヶ所でセカンドランでをしているのですが、

その一つがユナイテッドシネマ台場!というのを思い出しました。

ずっと、お台場までは観に行かないよ、と思っていたけれど、

今日の私の心は違いました。

羽田からどこでも飛び立っちゃうよ〜っていう気分になっていたのです 😆

上映時間を調べたら13:55〜。

遊びながら行っても余裕で間に合う 👍

羽田から新橋に出て、タクロウが小さい頃に乗って以来のゆりかもめに乗車。

タクロウの会社のふもと(笑)も通りました。

タクロウ〜 👋😆 ← タクロウ出張で名古屋 😅

車中でスマホでチケットはゲットしたので

お台場に着くとギリギリまでランチをすることに。

ユナイテッドシネマの上の eggs'n Things で伝説のパンケーキを食べよう 👍

ランチなのに? あのパンケーキ?

ランチなのにあのパンケーキ 🤤!







b0134673_21220782.jpg







b0134673_21222426.jpg



きゃー!😆って、

食べきれるわけないじゃん!っつうの。

わがままなおばさんは残したそうな…😒

量の問題です。

若い時なら私だってペロリンです。

美味しかったものぉ〜 。

そして、にん にん にん 忍び足 ♪ にん にん にん なんの術? にん にん にん ってね!







b0134673_21290574.jpg



2ヶ月ぶりに観た忍びの国は

やっぱりいい映画でした 😭

今日つくづく思ったのは、中村監督の素晴らしさ。

見え透いた感動させたろ!がなく、

作り手側のこだわりや都合の押し付け、説明過多がない。

演者たちの動き、絡み、流れが

笑いや涙やワクワクを含みながら

躍動感を持って進む。

演者一人一人の台詞は決して多くない。

主役の無門などはむしろ少ないくらい。

説明臭い台詞のない中で、初めから撒いてきたピースを

躍動感を持って見事に回収して、

ついにクライマックスに昇りつめる。

昇りつめた観客皆が身体を硬くして大野智のアレ(ネタバレ防止策です 笑)

に言葉を失い涙腺を崩壊される。

アレは観て聴く価値があります。

鈴木亮平さんと大野くんの対決のシーン。

演者の能力と努力が高い評価を受けているシーンなのだけど

そこの音の使い方 😭

ふっと無音、いやクナイが激しくぶつかり合う音と

苦しい息づかいだけになる。

呼吸を忘れるほどの緊張感の後、

ボロボロになりながら闘う二人の心を代弁するかのような

切ないギターのBGMがゆっくりと流れ始める

張り詰めていた緊張が弛み、

一気に二人の悲しみに飲み込まれ、

観客は何もかも理解するのです。

その手腕 ✨✨

面白くて大笑いして拍手したくなったり

アクションを存分に味わったり

無門の恋心に思わず微笑んだり

胸を締め付けられる感動があったり

出てくる演者がみんな観る者を楽しませてくれる

つまり、映画館で思い切り泣いて笑って映画を楽しむ原点を味わわせてくれる

そんな映画を創った中村監督は凄い!

それが4ヶ月経ってもロングランしている愛された映画の理由だと思った

今日の忍びの国でした。

もうBDを観るまで観なくていい、お腹いっぱいと思っていたのに

新鮮な視点で観られ、特定のあるシーンというのではなく

映画全体に対して今までで一番感動しました。

羽田に行って

そのお陰で突如お台場に行ってよかった 😌🍀

最高に楽しく、胸いっぱいになった1日でした。

この日夫は鳥取で仕事でした。

それこそ夜に羽田に帰ってくるという…。

夜、夫はここに書いた話を全部一生懸命聴いてくれました。

夫が一生懸命お仕事している間、私は遊んでいた。

本当にありがとう。

幸せです。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ
[PR]

by housewife_life | 2017-11-08 22:22 | 日常 お出かけ | Comments(0)