タグ:鑑賞 ( 72 ) タグの人気記事

貢献の指揮者 小林研一郎

今晩は夫とコンサートに行きました。

日本フィル杉並公会堂シリーズ

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」

指揮:小林研一郎
ピアノ:清水和音








b0134673_22152151.jpg





チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番と言えば、

8月に聴いたばかりです。

24歳のピアニスト反田恭平の演奏に大感動!だったのですが、

それだけに違うピアニストでもこの第1番を聴いてみたいと思ったのです。

そうしたらちょうど、なんと大好きなコバケンさんが振る第1番があり、

ピアニストは清水和音。

幼稚園に勤めていた頃、とてもピアノが上手い歳下の同僚が、

「和音様〜 😍」と叫びながら彼のおっかけをやっていました。

若い頃はイケメンでしたしね 笑

私はクラシックコンサートにはたびたび行くのに、

今に至るまで、清水和音のコンサートに行ったことがありませんでした。

一度は聴いてみたい、しかも第1番、指揮者はコバケン!

というわけで、今回は私が夫にお願いして行くことになりました。

で、普通は第1番と『展覧会の絵』の感想を書くべきなのですが、

今日は、アンコール曲マスカーニ : 歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲

のことを書きます。

『展覧会の絵』の演奏が終わり、ブラボーの喝采の中、

コバケンさんらしく、オーケストラを賞賛。

コバケンさんは、いつも自分を横に置きオケを称えます。

オケのメンバーを一人一人大きな声で呼んで讃え、

アンコールは鳴り止みません。

そうしたアンコールで何度か出入りし、再びオーケストラを讃えた後、

またいつものようにコバケンさんが客席に向かって語りかけました。

これもまたいつものように、客、スタッフ、会場への心のこもった感謝の言葉。

そして今日は、西日本や北海道の災害について触れました。

コバケンさんは胸に手を置いて

「この災害で突然亡くなってしまった人もいます。

ご冥福を祈りつつ…『カヴァレリア・ルスティカーナ』を捧げます」

そう言うとクルリと後ろを向きタクトを上げたのです。

突然の演奏に私たちは驚きました。

哀しい、しかし精一杯祈るような表情で、

時に天を仰ぎながらタクトを振るコバケンさん。

フルオーケストラが奏でる『カヴァレリア・ルスティカーナ』の調べ。

魂のこもったその姿に、真に他者に関心を持つ他利の心を見ました。

被災地から遠く離れた私たちには

何もできない無力感があります。

ともすれば無関心になります。

しかし、魂を込めてタクトを振るコバケンさんの姿を目の当たりにして、

無念にもこの世を去ってしまった会ったことのない人

残された人たち、被災地に

私も祈らずにはいられませんでした。

そしてコバケンさんの、いつも心から他者のためにある姿に

涙が止まりませんでした。

周りの人たちも泣いていました。

そうか!ここでコバケンさんによってみんなが馳せた想い、関心は、

被災地と集合的無意識としてつながっていくんだ!という思いがストン落ちました。

だから無関心になってはいけないんだ。

コバケンさんは指揮者としてできる貢献に限界がないのです。

指揮者である自分を最大限に使うのです。

タクトは名誉や名声のためのタクトではなく貢献のタクトなのです。

心が洗われ、もうしばらく思い切り泣いていたかった。

幸い隣の見ず知らずの女性ととても波長が合っていて、

二人で泣いていました。

実は夫も涙が止まらなかったそうです。

今日のコンサートの最高の一曲は

こうしてアンコールでひっくり返り

『カヴァレリア・ルスティカーナ』となったのでした。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-20 23:42 | 鑑賞 | Comments(0)

タクロウの感想

タクロウの院展の感想は、

タクロウらしいなぁと思うものでした。

タクロウがいいと思った絵の一つが、『ちょっとの特別』。

丸いちゃぶ台を真上から見て画面いっぱいに描かれた絵です。

人はいません。

ちゃぶ台の上には巻き寿司が食べかけになっています。

銘々皿には巻いた寿司や、

これから巻こうとしたのか開いた海苔にご飯がのっているもの、

葡萄やおかず、

台拭きも置かれ賑やかな食卓です。

ちゃぶ台の周りには子どものと思われるものが落ちていたり

座布団の間に赤ちゃん用の椅子があったり。

作者は小さな子どもを連れて実家に帰ったのかな、

そこには孫を楽しみに待つ作者の両親がいたのだろう。

まだ赤ちゃんの子どもと、

ゲーム機が落ちていたので小さなお兄ちゃんがいるんだ。

それで巻き寿司を用意して、

ちょっとだけご馳走にしたのだろう。

そんなひと時の想いを絵にしたかったのだろう。

タクロウはそのことに

心を打たれたと言うのです。

作者がその絵に込めた想いやストーリー。

それを感じられる絵に惹かれたとのことでした。

タクロウは共感力がとても高い人です。

このテーマで描いたらいい絵になるだろう、

技術を見せられるだろうというのではなく、

心から描きたいテーマを描いたと感じられる絵にひかれたというのは

タクロウらしいと思います。

一枚一枚、じっくり観ていたタクロウ。

家に帰ってから、目録を見て感想を言い合っていたとき、

タクロウは絵とタイトルを鮮明によく覚えていて驚きました。

私のお願いで行った『院展』ですが、とてもよかったと言ってくれた。

おっかあの好きな世界を見てもらえて嬉しかったなぁ 💓








b0134673_22042762.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-15 22:11 | タクロウ | Comments(0)

家族で 院展

台湾に行きそびれた私たち。

今日は、私のリクエストで『院展』を観に行きました(於 東京都美術館)






b0134673_22295321.jpg



日本画の世界、院展の世界を

いつか夫とタクロウにも観せたい!

そう思っていた夢が叶いました。

しかも大作が並ぶ秋の院展です。

初めの部屋は大御所が居並ぶまさに院展!!の部屋です。

先生方は今年はどんな絵を見せてくれるのだろう!

静かな興奮とはやる気持ちを抑えつつ見始めました。

いつも感動のあまり立ち尽くしてしまう那波多目先生の『連山の朝』

頂きから昇る朝日の眩い無垢な白さと輝きが、

本当の自分の心に洗い戻してくれるように感じます。

那波多目先生の絵の白にはそんな力があります。

以前の作品の牡丹の白い花びら。

幾重にも重なる柔らかなその白も

無垢を思わせました。

その白は、虚飾のない本当の自分なのではないかと思います。

ありのままでいいと思わせてくれる白。

だから那波多目先生の絵の前に立つと大きな赦しを受けるような気持ちになり、

暖かい涙が出そうになります(人がいなかったら号泣しちゃう)


大好きな王培さん、宮北千織さんの作品には驚きました。

王培さんの作品は、テーブルについた4人の子どもが描かれていて

その中の1人が強い眼差しをこちらに向けています。

いつも強い視線を向けてくる一人の子どもだけを描く印象があるのですが、

4人の様子が様々で、部屋の中の様子も所々可愛らしい感じに描かれていて、

いつもと違う感じを受けました。

いつもと少し違うけれどとてもいい!

一番驚いたのは宮北千織さん。

宮北さんと言えば、オレンジ色や朱色の暖かい色味と

背景の細かい様々な模様。

色も模様も様々なのにバランスが美しい。

そして少女です。

一昨年は人物ではなく建物の風景画で

やはり驚かされましたが、その朱色の暖かな色味や

細かな模様はやっぱり宮北さんだ!と感嘆しました。

ところが今年は、タイトル『母の肖像』。

当然人物は、少女ではなくお年を召した女性です。

そして背景はシンプルなペパーミントグリーンとベージュ。

細かい描き込みはほとんどないという作品でした。

この画家はこんな感じ、と先入観と安心感をもって臨む観る側に、

同じ場所にはいませんよ、と鮮やかにかわしていくようで

驚くと共に、まだまだ魅せてくれることに喜びを感じるのでした。

そして、進化のためのチャレンジをし続けていく姿にも驚かされ、

尊敬の念を感じずにはいられません。

気になる作品には目録にチェックをつけているのですが、

気づくと毎年ついている作家さんたちがいます。

石村雅幸さん、新生加奈さん、杉山紀美子さん、杉山紅さん、藤田和美さん、山下孝治さん。

藤田和美さんは、母子とその周りにあるおもちゃの絵を

柔らかく暖かく描かれているのですが、

赤ちゃんだった女の子は毎年大きくなっている。

今年は幼児になり、お母さんに抱かれた肩越しから

しっかりした視線を送っていました。

こんな風に我が子を描き残せるなんて、

子どもへの何よりの贈り物だなぁ。

語りが止まりません 笑

今日はこの辺で。

次回は、タクロウの感想を書きたいと思います。



那波多目功一先生と宮北千織さんの作品の絵ハガキ

原画の美しさには遠く及ばない、

スケールも全く違うし

原画とは違った所詮は写真で、

こんなものを載せていいものか…

会場で原画を是非ご覧ください。







b0134673_22311580.jpg




家に帰ってから夫とタクロウに

那波多目先生、王培さん、宮北千織さんの過去の作品を見せて、

今年との違いを熱く語りました 笑






b0134673_22342407.jpg







b0134673_22594164.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-14 22:48 | 鑑賞 | Comments(0)

グループmで感想大会

また暑さがぶり返した 😫💦

暑いけれど、ためたアイロンがけをせねば!←

懲りないのではないよ。

ためてからかけることにしてるんだい。

アイロンがけをしながら

昨日観た『検察側の罪人』を反芻していた。

ネタバレになってしまうから本音の感想は書けない。

でも木村拓哉、二宮和也の演技は本当によかった。

そんなところ、私より先に『検察側の罪人』を観ていた2人の友だちと3人で

グループmで感想のやりとりをした。

ここではみんな本音が言えて盛り上がった 😉

やっぱりみんなも同じところに同じようなことを感じていたんだなぁ。

それにしても、2人も木村拓哉、二宮和也、大絶賛。

重要な位置にいた俳優陣にも絶讃 👏👏

そしてもう1回観たい!は全員一致 👍

あの凄まじい演技をもう一度。







b0134673_21541497.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-08-30 21:59 | 鑑賞 | Comments(0)

検察側の罪人

『検察側の罪人』を観てきました。

前半、理解が追いつかないところもあったけれど

途中で完全に理解してなくてもいいんだと思って観た。

だいたいわかればいいんだろうな、と。

でなければ、脚本がどうなの?ってことになる。

そして中盤から確信した。

監督は、木村拓哉と二宮和也という二人の俳優の

凄まじい演技を見せたかったんだと。

もちろんそれを通して伝える何かがそこにはあるのだけれど、

ネタバレはまずいので…。

二人にはそれに十分に応える、凄まじさ、迫力を感じた。

何度も凍りついた。

ジャニーズ所属、そしてアイドルということで、

彼らは俳優のポジションに立つ度、散々偏見という辛酸を舐めてきた。

アイドルの笑顔も甘さもない検事の役を演じた二人は、

もはや俳優が嫉妬する、

あるいは目標にするのではないか

と思われる俳優で、私はそこにも感動してしまった。

あと、吉高由里子が上手い!

とてもよかった。

GANTZでにのと共演している吉高さん、

俳優としてにのととても相性がいいと思う。

吉高さんを筆頭に

主役二人を取り巻く俳優たちがまた

一癖も二癖もある狂気を見事に演じていた。

重くて、少々難しくて、甘いところなんてない映画だけれど

もう1回観てみたい。





b0134673_22073003.jpg


秘密裏に行われていたこの映画の撮影の際中にも、

にのはバラエティーで、コンサートで、

可愛い笑顔を振りまき、

何10曲というかっこいい歌と

難しい踊りをこなして

キラキラのアイドルをしていた。

アイドルなめんなよ、

どんな過密スケジュールの中でも努力を惜しまない、

その覚悟がなければできることではない…。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-08-29 22:11 | 鑑賞 | Comments(0)

三大協奏曲!ブラボー

昨日は東京芸術劇場コンサートホールで

読響サマーフェスティバル2018《三大協奏曲》を聴きました。

よかったよー、よかったよ〜!😭

プログラム全部が協奏曲ってすごい。

プログラムは以下の通り 👇







b0134673_20421771.jpg



そしてこれまた凄いのが、ソリストたちの年齢 ☝️

ヴァイオリン 岡本誠司 24歳

チェロ ラウラ・ファン・デル・ヘイデン 21歳 (女性)

ピアノ 反田恭平 24歳

彼らが読響で弾くということがもう凄い✨✨



特に、ヴァイオリンとピアノが、

また二人の演奏を見たいと思うほどよかったです。

柔らかで情緒豊かなヴァイオリン🎻

そして、チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番の超絶技法を全身で弾ききったピアノ🎹には感服!

32分があっという間に感じました。

第三楽章のクライマックスへと続く

重なり合うように、流れるように押し寄せてくるヴァイオリン(さすが読響!)

そこに交わってくる力強いピアノ。

反田恭平の背中、振り上げる手を見ながら

チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番の快感の渦にのまれました。

大満足の演奏 👏👏👏

スタンディングオベーションが反田恭平を

3人をいつまでも讃えて止みませんでした 👏👏👏

あぁ!時にまるで格闘するような、

時に優しく撫でるような、

素晴らしいピアノ演奏、

素晴らしい読響のチャイコフスキーピアノ協奏曲だった 😭

ソリストに優しい眼差しを送りながら

3曲も協奏曲を振った大井剛史氏にも大いに満足でした!

いつかまた、大井剛史さんの指揮、

若手のホープ岡本誠司さん、反田恭平さんの演奏を聴きたいな ✨

今回もこんなに素敵なコンサートをリザーブしてくれた夫に大感謝!🙏




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-08-22 21:30 | 鑑賞 | Comments(0)

カメラを止めるな!

夫と『カメラを止めるな!』を観て来ました。

👍👍👍

評判通り!すっごく面白かった!

👏👏👏

観た人たちの感想が語彙少なめなのは、

ネタバレしないための心遣い、マナー。

それは観ればわかる。

知りたければ、観るべし。

そして、みんなが言っているのが…

もう一回観たい!

私も夫も、もう一回観たい!!と言っております 👍

もう一回観たいよ!『カメラを止めるな!』

あー、面白かった!

でも最後は、私なんか涙出ちゃった 😊






b0134673_20023487.jpg





夫の3日間の休みは今日で終わり。

私も一緒にのんびりできました。

猛暑、酷暑の夏だけど

昨夜は虫の声が聞こえてきて、

お盆も過ぎれば暦は秋。

まだまだ危険な暑さが続くとは言え、

一年はあっという間に過ぎていきそうです 😓





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-08-14 20:09 | | Comments(0)

絵の中のその子

午後、日差しが傾いてから

私の絵の先生、大友ヨーコさんの絵を観に

世界堂 Art Gallery Exhibition に行きました。

このところ、お使い以外こもって描いていたせいか、

日が傾き、風も気持ちよく吹いていたけれど、

あまりの暑さにふーふー言ってしまいました。

世界堂を目前に、まずはアイスコーヒー!とカフェへ突入 笑

でもお陰で落ち着いて展示を楽しめました。






b0134673_22352679.jpg




先生の絵は、テンペラ、油絵1枚と透明水彩画2枚の3枚

透明水彩画は、それぞれ先生の著書『水彩画レッスン』の表紙に使われた絵。



b0134673_22354208.jpg



久しぶりに先生の原画が見られて感動でした。

明るく透き通った透明水彩画、

こんな風に絵の具を使えたらなぁとため息をつきながら
ずーっと見てしまいました。

で、ふと気づくと

ん?絵の中のこの男の子、先生の息子くんに似てる!

後で先生に尋ねたら…

愛息くんでした💖

母としての幸せも感じました 😊

モネが妻カミーユを描き込んだように

私たちは、絵の中に愛する者をそっと描き込むことができる幸せを握っています 😉




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-07-20 22:56 | 鑑賞 | Comments(0)

ヨーロッパ北米交流展

昨日は東京芸術劇場に『ヨーロッパ北米交流展』を観に行ってきました。

SNSで知り合った稲垣有香さんの作品『零れ桜』を観に 🌸






b0134673_20181262.jpg




中々の規模の展示で、絵画、工芸、習字、俳句などもあって楽しめる展示でした。


有香さんの『零れ桜』






b0134673_20202983.jpg




清楚で優しい絵です。

花の絵を描く方なのですが、

他のどの絵も光に満ちていて、可愛らしい優しさが滲み出ている絵です。

ちょっぴり傷つき易い彼女の本質は

ピュアで可愛いくて明るいのではないかと思います。

でなければこういう絵は描けないな、って 😊

活躍を期待しています。


さて、私の次の絵は降りて来ません。

7/7土曜に長岡でアドラー心理学の子育て講演をします。

幸せなことに、このところどっぷり絵の世界に浸かっていたので

そろそろお勉強モードにシフトします。

と言っても、絵が降りて来たら描いちゃうかもだけど。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-06-22 21:09 | 鑑賞 | Comments(0)

『名作誕生』

絵が描き上がって、この3日間ちょっと腑抜けになっています 😅

で、『ラプラスの魔女』を観に行って

録画しておいて観ていなかった『帝一の國』観て爆笑し、

今日は夫が午後から休みを取ったので

上野で待ち合わせて『特別展 名作誕生 つながる日本美術』を観て来ました。

プーシキン観てたから半券持って行って100円引きで 😆







b0134673_22271293.jpg





ある日突然現れた名作というのは存在しなくて、

時代の流れの中で大きな影響を受けた何かが存在がする。

技術を継承しながら、新たな手法にチャレンジしているのがわかるように

基盤となった作品を並べて展示しているので

なるほど〜が連発で

夫と『なるほど展』だったねと話しました。

残念だったのは、夫に長谷川等伯の『松林図屏風』を観せたかったのだけど、

それは会期前半の展示だったこと。

私ももう一度観たかった 😭

夫は今日しか時間が取れなかったので仕方ない。

今回私が一番惹かれたのは、俵屋宗達の道を描いた屏風。

伊勢物語の在原業平が左遷された寂寥感が表現された道。

金色の中にただ緑の蔦の葉が垂れる緑の道が続く、

マットな色とシンプルなデザイン的な屏風。

人は描かれていないのに

どこまでも続く何もない道に侘しさが漂っていて美しかった。

日本の誇れる琳派の始まりこのデザイン的な表現は本当に画期的!

日本の誇りを感じてうっとりでした。

人の絵の影響を受けてしまうと自分を見失うのではないか、

と未熟だから不安になるけれど、

影響を受けることの大切さを感じたなぁ。

イヤでも影響を受けてるけど 😅

恐れすぎてもいけないのかもしれない…そんなことも考えさせてもらえた。

少し疲れたので隣の法隆寺宝物館のカフェでお茶休憩。








b0134673_20520968.jpg



綺麗な池の奥にある静かな宝物館。




b0134673_20561660.jpg




宝物館から見た景色も美しかった。





b0134673_20565104.jpg




そして帰りは居酒屋さんで、

クラシック音楽好きの夫はクラシック音楽を

私はヨーロッパの絵画の歴史を

時代背景と照らし合わせていったら面白かった。

この3日間はちょっと腑抜けだったお陰で

読書時間もたっぷりとれて、

映画や展示もたっぷり楽しめちゃった 💓😊





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-25 21:28 | 鑑賞 | Comments(0)