タグ:考え ( 37 ) タグの人気記事

児童文学者リンドグレーンと私の子育て

さて、今日は、昨日ご紹介した「エーミル」の感想です。

リンドグレーン作
「エーミルはいたずらっ子」
「エーミルとクリスマスのごちそう」
「エーミルの大好きな友だち」




b0134673_21484691.jpg





両親と妹と作男アルフレッドとお手伝いのリーナと農場で暮らす5歳の男の子エーミルのお話です。

エーミルは、村の人がお金を出し合ってエーミルをアメリカへ追いやろうとした程のいたずらっ子。

しかし、このエーミルを見ているとエーミルはいたずらをしようなどとは思っておらず、

役に立とうとしたり、好奇心を満たそうとしたり、自分の意志を貫こうとしたり、ちゃんと目的を持っていることが感じられるのです。

少々長くなりますが、ある日のお話を例にあげてみましょう。

キッチンにネズミが出たので、お父さんが納屋の猫を夜中キッチンにおくことにしました。

しかし猫は、納屋にいる方がたくさんのネズミにありつける、そう考えたエーミルは夜中に猫を追い出してやり、ネズミ取りを仕掛けました。

どこに仕掛けようかと考えた挙句、食卓のお父さんの椅子の下に豚肉と一緒にネズミ取りを仕掛けました。

お父さんは、よくパン屑をこぼすので、ネズミがやってくると考えたのです。

翌朝、ネズミ取りに足の指を挟まれたお父さんの怒りからエーミルをかくまうために、お母さんはいつものように急いでエーミルを木工小屋にパジャマのまま引っ張って行きました。(お母さんはエーミルをとても可愛がって愛しています)

エーミルは木工小屋が大好きで、出してもらえるまで木のおじさん人形を彫るのです。もう98体も掘りました。

小屋から出してもらった後、キッチンの窓から下で寝転んでいるお父さんに今夜のご馳走、豚の血入りパルトを見せようとして手を滑らせてしまいました。

お父さんは血だらけ。お母さんはまた急いでエーミルを木工小屋に押し込みます。

パルトが台無しになったので、お手伝いのリーナはジャガイモパンケーキの生地を作りました。

ジャガイモパンケーキの生地が入った陶器の鉢を運んでいたリーナのお腹を、小屋から出してもらったエーミルが指でつつきました。

くすぐったがりのリーナは、身をよじって鉢を飛ばしてしまいます。そして、その先にはまたしてもお父さんが!お父さんはジャガイモパンケーキの生地だらけになってしまいました。

また木工小屋に入れられるエーミル。100体目のおじさん人形を掘りながら、エーミルは怒っていました。2度とこの小屋から出てやるものか!

エーミルにとってお父さんは、ネズミ取りに指を挟まれたり、よりによって2度もパルトやジャガイモパンケーキの生地を被るようなところに偶然出てきて(笑)、お父さんこそエーミルの邪魔ばかりしたのです。

それなのに自分ばかりが怒られて!不公平だ!

エーミルは内側から鍵をかけ、お母さんたちがエーミルを出しに来ても出ない!と宣言します。小屋の中には食べ物もあるのです。

ついに夜になり、お父さんとお母さんの説得も及ばず、二人は外側の鍵を開けてやったまま泣き泣き家に入りました。

しかし、日頃エーミルをよく思っていないリーナがまた鍵をかけてしまいます。

それに気づいたエーミルは怒り心頭。今度はなんとしても脱出してやろうと、なんと、暖炉の中に入り、煙突を登ったのです。

小屋の煙突のてっぺんに真っ黒人間が現れて、リーナは仰天!

しかし、エーミルが大好きな作男アルフレッドは飛び降りた真っ黒なエーミルを抱きとめ、夜の湖で泳ごうと誘うのでした。


どうです?エーミルは、大人を困らせてやろうなどと思ってもいないでしょう?

いつも大人の都合の中でエーミルはいたずらっ子に仕立て上げられるのです。

たった5歳で自分の意志と目的をしっかり持っているだけなのです。

作男アルフレッドが真っ黒になったエーミルを抱きとめて、湖で泳ぐシーンがとても好きです。

アルフレッドは丸ごとエーミルを受け入れてくれる大人の友人なのです。

エーミルを読んで感じたことです。

・子どもには子どもの都合がある

・目的を持っていて、それは誰かを困らせようとしているのではない

・内発的動機づけで行動し、その結果エーミルはたくましく色々な技術を身につけていく

エーミルは何故このように描かれたのでしょう。

作者リンドグレーンは、物語りの途中途中で、「エーミルは悪い子などではありません」
「エーミルは大人になって、地方会議の議長になり、レンネベリア中で一番素晴らしい男の人になったのです」
と言います。

リンドグレーンは、子どもの本当の姿を大らかに丸ごと受けとめる眼差しと心を持っていたからではないかと思います。

リンドグレーンは、ユーモラスにエーミルを描き、こんな男の子こそ素敵な大人になるということを教えてくれているのだと感じました。

長々と書きました。さぁ、果たしてここまで読んでくださっている方がいるかどうか…笑

読んでくださっている方にお伝えします。

私の「アドラー心理学で幸せな子育てを…勇気づけの子育て」の講演(お話)は、このリンドグレーンのような眼差しからのお話です。

長い間、私が楽しんだ子育てを人に話すことなど考えたこともありませんでした。

しかし、リンドグレーンの作品を読んでみても、子どもの生き生きとした姿とその姿に向けた私の眼差しは、若いお母様方にお伝えする価値があるのではないかと思えるようになってきました。

息子タクロウの赤ちゃんの時からの写真とと共に、どんな眼差しでタクロウを見て、育ちのお手伝いをさせてもらってきたかをお話ししています。

SMILEで習ったことを、セオリーに囚われ過ぎずに、腑に落としていただけると思います。

私の子育てのお話しは、理論や理屈の方が後からついてきます。

SMILEリーダーの皆様の受講生さん(SMILEが終わった方・ELMだけ終わった子育て中の方・これからSMILEにお誘いしたい方の入門としてなど)に、よりSMILEに親しんでいただけるようリーダーさんの裁量でお使いくださいませ。

今までのイメージからか、講演会のお声がかかるのですが、SMILEのフォローとして、むしろ「こじんまり」も大歓迎です。遠慮なくお声掛け、ご相談いただければ嬉しいです (ㅅ˙ ˘ ˙ )♡

長々とお付き合いいただきありがとうございました (•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2016-03-16 22:06 | アドラー心理学 | Comments(0)

語らない人

ペン入れも終わり彩色に入りました。

今日、igでフォローしてくださった方、私のポストカードを持っていると言う。

知ってる人なのかなぁと気になってその方のigを覗きに行ったら…

とても素敵だった ‧˚₊*̥(* ⁰̷̴͈꒨⁰̷̴͈)‧˚₊*̥

そして、私が大切にしていることがそこには同じように…いえ、それ以上に流れていて、

私の胸に幸せな気持ちがパァーッと広がりました。:°ஐ♡。:°ஐ♡*。:°ஐ♡**

綺麗に片付いたお家

心のこもった食卓

ただそれでけで、私にはわかる…

このお家に住んでいる人たちは幸せな人たち。

ことさらに強調しなくても、語らなくても、作り物ではない日常的な幸せが流れていました。

幸せな人って、語らないのかもしれない。

誰かを救いたい、シェアしたいという思いで語ることは別次元として、もう語る必要がなくなった人たちがいるような気がしてならない。

誰かに向かって語る時って、誰かではなく実は自分に対して語っているっていうことがあるでしょう?

自分を勇気づけるために、自分を収めるために。


私の妄想がスタートする。

語らない人たちは静かにどこかに埋もれるように暮らしている。

普通すぎて見えないけれど、知らないところで誰かに知られることなど求めることもなくとても幸せに暮らしている…。

彼女がきっかけでそんな物語が浮かび、でもそれも本当ではないかと思うのでした。

「語らない人の住む幸せな村」…また妄想が始まる 笑




ところで夕べ、タクロウが台湾風の揚げチキンを作ってくれました。



b0134673_21350193.jpg

超ビックサイズ!笑

味がしっかり染みていて美味しかった〜!けれど…何せ大きくて完食できず (⁎˃ᴗ˂⁎)残りは今朝いただきました。

ありがとう(๑ˊ͈ ꇴ ˋ͈)ᵃʳⁱᵍᵃᵗᵒ〜♡॰ॱ


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2016-03-07 21:40 | 日常 | Comments(0)

何者でもない私

やっぱりこの時間、いいなぁ。

紙にしがみついて奮闘し、

上手く描けないなぁと顔を上げてため息をついたとしても

満たされる時間です。


b0134673_19210620.jpg


ペン入れに入りました。

幸せアイテム「はちみつ」なんて言って、前に下描きなしで描いた絵がありました。

これこれ。


b0134673_19210795.jpg


この時、幸せアイテム「はちみつ」でちゃんと作品を描こうと決めていたので、

今はそれを描いています。

同じ「はちみつ」でもう一つ描きたいシーンがあります。ワクワク ♪


難しいことも、立派なこともない世界。

5歳の時と同じような空想の世界で遊び

紙の上にその空想のままごとを広げている私。

そんな何者でもない、小さな私以外の何者でもない私の、夢中になれる時間の幸せを知っているから

子育てのとき、小さなタクロウのやる一つ一つが、彼にとってどんなに楽しくて夢中で尊いことか

共感できました。

私以外のものから遮断された澄んだ世界で、私は私のために絵を描きます。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-02-05 20:46 | イラスト | Comments(0)

ギブ&テイク

1月は会社のお手伝いに行く以外は、

家で孤独に絵やフォトショをする時間ばかりでしたが、

1月の終わりから今日にかけて

やっと、大好きな友だちと会える日が何日かとれました。

今日は今年初めておおこと会えました!

少しお疲れ気味だったのと、新年初だったのもあって

優雅なランチにしました。


b0134673_21461691.jpg


ここでね * ੈ✩‧₊˚


b0134673_21461768.jpg


私たちに必要なのは、優雅なランチのお食事よりは、

どちらかと言うと、ゆったりとした贅沢な空間と時間なのかな。ほんとは。

そんな空間と時間の中で、人生がワクワクするような話しができる幸せ。

彼女との出会いは、同じ月齢の赤ちゃんだった息子を連れての公園。

こんな美しくて聡明そうな(その時はまだ聡明かどうかわからなかったからね 笑 )人が声をかけてくれた!

と本当に嬉しかった。

一方彼女は、公園を這いずり回って落ち葉を舐めるタクロウに動じない私を見て、

こ、こやつ、何者?!と驚いたそうです 笑

そんな息子たちは自立をし、我が道を真っしぐら。

今や私たちも我が道を真っしぐら! 笑

共に成長、変化を楽しんで学ぶ姿勢を持っているのがとても嬉しい。

ギブ&テイクしているのが嬉しい。これ大事ですね。

今日も彼女から聴くことば、彼女に聴いてもらう自分のことばから、

気づくこと、再認識することがたくさんあって、ずっと面白かった。

活力をもらえた1日を今日もありがとう (•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-02-03 21:58 | 日常 お出かけ | Comments(0)

私を大切にする時間

お仕事の絵が描き上がり

嬉しくて

夜に、描きたかったこの絵を描きました


b0134673_14215531.jpg


この絵も描きたい気持ちに任せて

走るようにぱぱぱっと描いてしまって

そろそろ一枚の絵を丁寧に描きたいです

丁寧と言えば3日前もまた

実家近くの大きなパン屋さんのカフェコーナーで

母とランチをしました

大きなウィンドウから差し込む日差しが

昼下がりをのんびり包んでいて

胃をとってしまい、果てしなくゆっくりゆっくり食事しなければならない母との食事は

逆に私の呼吸を落ち着かせてくれるので

気に入っています

こんな時は、絵を描きたい

あれもしたい、これもしなくちゃは

手放します

母との時間は

子育てをしていた時の自分を思い出します

私の都合と時間軸が優先されなくてもいい

子どもの都合と時間軸も大切にしようとすると

呼吸が整い平和な気持ちで子どもと過ごせたものです

母との時間も、幼い子どもと過ごした時間も

私は、私の時間を失う犠牲になっているのではなく

実は私自身を大切にしている時間だと思っています (੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ---✩



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-12-18 14:43 | イラスト | Comments(0)

母とゆっくり

母との約束でまさに出かけようとしていた時

グリーンのクリスマスリースが届きました!

箱から出してあげられるからグッドタイミング ♪

箱を開けると……

森の香り (˘▿˘*)♫•*¨*•.¸¸♪


b0134673_18564684.jpg


今年のグリーンもとても素敵です!


b0134673_18564706.jpg


何種類ものグリーンと実を使って

森を再現したかのようなリース

赤い物や、キラキラした物や、リボンもいらない

森の緑のリースが素敵なの 072.gif


さて、母とは放生寺で待ち合わせて

姉のお墓詣りをしました

母が都電の早稲田駅に行く途中にお洒落なカフェができたので行きたい

というので行ってみると

"Good morning cafe"でした

b0134673_18564716.jpg



b0134673_18564741.jpg


バンカラで昭和なこの通りにもお洒落なお店ができ始めたようです

早稲田から都電に乗って東池袋まで



b0134673_18564890.jpg


そこから池袋まで歩き

二人で買い物をして別れました

ゆっくり食事をして、ゆっくり話して…

ゆっくり買い物をして

私は子育ての時と同じで

ゆっくりが平気です

ゆっくりの日には、他の用事を入れないで

母の時間をたっぷり確保しているから

母はそれを感謝してくれます

でも!母のゆっくりのおかげで

私も呼吸がゆっくりに整い

心も平らかになります

だから私も感謝

母とゆっくりする時間がない

という言い訳はしない決意のおかげです


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-12-12 21:20 | 外食 | Comments(0)

わたしはわたし

夜になって描きたくなり

絵の具を出している時間はないなぁと

鉛筆で描きました

この子は、自分をちゃんと持っている子


b0134673_13401754.jpg
わたしはわたし

流されないで自分を大切にできる子





ところで上の画像は原画を加工したもので

原画はこんな感じです


b0134673_13401863.jpg



ウェブ上の作品や印刷された作品は

原画とはだいぶ違う物もある、ということですね






クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-12-08 13:47 | イラスト | Comments(0)

静かにいつもそこにある

秋が深まってきました

b0134673_00333737.jpg



冷たい空気の中で

秋の色彩は暖かい

秋の色彩は静かに深い

まるでそんな秋のように

私が思うところに幸せはある

気分ではなく

静かにいつもそこにあって

私のことを見つめている








クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-11-23 00:20 | イラスト | Comments(0)

伝真言院曼荼羅 放生寺本

今日は檀家になっている放生寺さんで

東寺に伝わる国宝、伝真言院曼荼羅の写本の開眼法要があり夫と出席しました

国宝の曼荼羅は、年月による傷みが激しく

これを何とか復元したいという一人の檀家さんの熱意で

不可能と思われた東寺、文化庁よりの復元の許可と

京都大学などの協力も得ながら復元のための資料を集めるまでに約3年

そして藤野画伯の手によって2年の歳月を費やして描きあげられ

東寺より認められた

伝真言院曼荼羅放生寺本

この間、藤野画伯は肺癌を患うも

曼荼羅の力に助けられて完成の日の目をみ、今尚ご健在なのです

私はこの曼荼羅を感動と共に間近でしっかりと見てきました

この大きさの絹本を作っている所は日本に一箇所しかなく

出来上がるまでに1年近く掛かったそうで

色も、ただ復元するのではなく

年月の作り出した色を再現するのに研究を重ねたそうです

その色は美しく厚く塗り重ねられていました

300年後には国宝になるかもしれない唯一無二の写本です

今日の法要には

高野山真言宗第四百十三世管長、金剛峰寺座主がお出ましになり

他、18人の僧侶の2時間に渡る美しいお経を拝聴しました

荘厳な時と、夢を実現させた人々の熱意に感動しました

法要と式典の後は

近くのリーガロイヤルホテルで祝賀会があり

私の隣の方は、お嬢さんがタクロウと同じ幼稚園の先輩だったり

その隣の方は、住まいが近かったりと不思議な縁がありました

夫の隣の老紳士もびっくりする立場の方で

話に花が咲いていました

このようなお寺さんと縁があったことに不思議を感じながらも

大いなるものに感謝を感じずにはいられない1日でした


b0134673_22172862.jpg



b0134673_22172880.jpg














クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-11-17 22:24 | 日常 お出かけ | Comments(0)

6割、大好き!

ペルグリーノ博士の講座の時

夫が参加者に

「皆さんからの質問への答え、説明は、6割わかったらわかったことにしてください。先に進みますから」

と言い、大笑いになりました

さすが、皆さんは瞬時にその意味を理解してそのように進めてくださいました

私は、夫のこの6割でOKが大好きです

まず、もし夫が6割でOKの人じゃなかったら

わたしゃ、こんなに幸せ感を持って婚姻関係、続けてられません ! ¯\( ˘–˘ )/¯ 笑



先日の大野くんの個展でパグの絵を観て

すごいステップアップしてる!

と思ったのは、絵の中にこの6割でOKに似たところがあったから

日本画を描きながら美術療法士をしている親友に

6割でOKの話と共にパグの絵を見せたら

(正直ここまで描ける人だと思っていなかったと驚いていました)

そして、絵を描く上で100%描いてしまうのではなく

こんな風に描くことができると

観る人の心をそこ入れることができるのよ

と教えてくれました \_(・ω・`)

SMILEの学び始めは

6割ぐらいしかわかってない感じがして

この場合はどうするの?

じゃあ、こんな時はどうしたらいいの?

と思いますが、リーダーさんは

大丈夫!そのうちわかりますから^_−☆

そして、学んでいくうちにちゃんとわかるようになり

6割が7割、8割になるには、時間と積み重ねが必要だったんだなと気づきます

子どものやることも

母の思う6割ができてたら凄いことです

ん十年生きたお母さん、相手は数年しか生きていない子ども

6割は充分!やっぱり凄いです

自分にも、相手にも

焦らなくても、完璧を求めなくても

6割でもOK

やり過ぎない

でも、その積み重ねはいつかモノを言うでしょう

6割でOK、大好きです




心を入れるというより、吸い込まれる余白

原画を観ると言葉を失います

長谷川等伯 松林図屏風(右隻) 国宝
b0134673_23025298.jpg
























クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-08-27 13:40 | アドラー心理学 | Comments(0)