人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

大草原の小さな家

NHK BSプレミアムで 「大草原の小さな家」の再放送をしている。

「大草原の小さな家」、大好きで何度もテレビで観てるし、

本でも何度も読んだ。

でも今回は流石に久しぶりで、懐かしくてたまらない。

「大草原の小さな家」には、ローラたちのアーリーアメリカンの生活やファッションへの憧れもあったけれど

それ以上に、賢明な両親が創り出す家族の暖かさ、愛に毎回心を打たれ、

正直に誠実に生きようと決意させられたものだ。

実は、父親のチャールズの存在は、私にとっての父の存在に近いものがある。

父は、穏やかな時を過ごしている時でさえ、

お父さんは命をかけて私たち家族を守ってくれるという絶対的な信頼があった。

逆に言えば、父の愛で守られていたと実感していたのだ。

私たちが何か間違ったことをしたら、丁寧に諭してくれた。

自分の過ちも認めることのできる人だった。

昨日の再放送も、どんな時も家族に肯定的なチャールズに心を打たれた。

それは妻(夫)にも子どもにも一人の人間として尊厳を侵さずに愛を持って接すること。

尊厳を侵していること、特に過干渉、過保護、押し付けなどは、

それを愛と勘違いしている人も多い。

そして、チャールズとキャロラインは、

子どもたちが経験から学べることを信頼して見守り、時に相談にのり、勇気づけることのできる親だ。

家族形成のお手本の原点のようなお話(実話)だ。

昨日も暖かな涙なしには観られなかった。

私が家庭というものが好きなのは、ここが幸せで建設的な人間関係の始まりだと思うからだ ☺️

家庭とはそんな暖かい場所だと私に刻み込んでくれた

父はもういないけれど、

夫婦とは仲良きもの、と父と一緒に示してくれた母の

今日は誕生会をした。





b0134673_22141547.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-06-23 22:16 | | Comments(4)

有り難い日々だった

退院して母と家に帰り、荷物を置いてすぐ2人でスーパーに買い物に行った。

帰ってきて少し遅くなった昼食を食べながら、

母は、あ〜美味しい!を連発していた。

口内の手術だったため病院食はドロドロで飲み込むだけみたいなものだった。

違和感なく食べられるのなら、なんでも食べてよいとのお墨付きをいただいたので、

母は好きなものを買ってきて食べていたのだ。

そして、噛むことが美味しさを増すのよねと言っていた。

買い物に行く前に、2人で冷蔵庫の中身を確認しながら、

何買って来ようか?と話している時、

なんだか母の様子がおかしかった。

頭がもやもやして、何を考えればいいのか、

何をすればいいのか、わからなくなったという。

なるほど!

これが病院の怖いところだ。

噛まなくていいのもそうだし、

病院では何も考えなくても食事は出てくるし、

看護師さんが次にすることを言ってくれる。

家では、毎日家にあるものに想いを巡らせて献立を考え、

あれは、明日までが賞味期限だから次のを買ってこようとか、

この材料で、明日の昼まではなんとかなるとか、

当たり前に考えているようで、

実は瞬時にそんなことを次々に考えるということは、

なかなか頭を使っているのだ。

たった5日間病院にいただけで、

家に帰ってきて自分で段取りを考えなくちゃになったら

一瞬混乱してしまったというのだ。

これがもっと長く続いたら、考えることが苦痛で面倒になってしまうのだろう。

母が毎日1人で暮らしていくために考えたり、

やっていることが、どんなに自分のためになっているのか。

母は今日痛感したのだ。

私も、ちょっと混乱してる母を見て、こういうことか!と思った。

自分で考えて自分で決めるプロセスって本当に大事で

簡単に人に明け渡しちゃだめだね、と話し合った。

身体が不自由で人に援助してもらうとしても、

自分で考えて決めて、どう援助して欲しいかを

主体的に伝えられることが大事だね、とも。

痛感した母は、私が食器を片付けようとしたら、

大丈夫!いつもやってることだから。

とエプロンをつけて片付け始めた。

こういうところがいいところ!

スーパーで買い物をしてる時も、

初めはカートにしがみつきながらアレコレ手にしては置くを繰り返し

考えがまとまらないようだった。

私は見て見ぬ振りをし、お母さん、ちょっとあっち見てくるね〜と離れたり、

隣にいても口出しをせずに待ち、ゆっくり考える時間を作った。

そのうちに元に戻ってきて、消費期限を見てこれは明日までだから今度にしようとか、

これは今晩と明日の朝に使うわとか、

いつもの母になっていた。

歳をとったんだなぁ…とか、

年寄りはこういうことができなくて困る…とはあまり思わない。

歳をとるってこういうことで、私もそうなっていくんだなぁ…と、思う。

勉強させてもらってるんだと。

ピンクのエプロンをした笑顔の母は可愛いくて、

お母さん、まさかこの人が今朝退院してきた人とは誰も思わないよ

と言って笑った。

お医者さんも、看護師さんも、頑張ったお母さんも

振り返ってみるとみんな有り難いと感じる日々だった。

また素敵なカフェに行こうね 💕




b0134673_20261030.jpeg

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-05-31 20:28 | | Comments(2)

私は私

展示中に販売しているポストカード、

売り切れと品薄状態になったので、

午前中に印刷をして昼過ぎにギャラリーに補充に行ってきました。





b0134673_21120695.jpeg




他の作家さんたちのカードも一緒に写すと壮観✨






b0134673_21124527.jpeg




お客様の合間に、他の作家さんたちとたくさん情報交換ができて楽しかったなぁ。

それぞれの描くプロセスに共感したり、

全然違うね〜と感心したり。

イラストレーターというと商業的色合いが濃いので、

挿絵、表紙絵、絵本で仕事をしたい人が多い。

私はそういうことも修行的にしなくてはいけないからと

お話をいただいたときは頑張ってやったけど、

本当は最初の頃から一番描きたい形は

一枚の絵、一枚の作品なのです。

一枚の絵を、描きたいだけどんどん描きたい。

作品として描き始めた頃、

世の画家たちは信じられないくらいたくさんの習作や作品を描いているのに

私は本当に少ししかないなぁと思いました。

でも、焦らず一枚、また一枚と描き続ければ

私も少しは数を重ねられるようになるんだと心を決め

思うように描く時間が取れない日が多くても

どこかで隙間を見つけて描いてきました。

まだまだ決してこんなに描いたのか!の域ではないけれど

それでもいつの間にか、たくさんの作品が積み重なり

その積み重ねのおかげで6年前に個展も開けたし、

根気よく積み重ねたその先にまた…

積み重ねなければできないことができるから 😊✨

今回の展示では、他の作家さんの中にいたことで

私は私が見え、

私は私の描きたい描き方を続けようとにっこり、確認できました。

明日はもう搬出。

最後の日を楽しもう。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-05-19 22:49 | イラスト | Comments(0)

一足早く

土曜も日曜も行けないから今日実家に行った。

ちょっと早い母の日ね 💓 って。

母に似合いそうなデザインTシャツを見つけた。

渡したらとっても気に入って早速着て、

今日は暑いからと、そのままずっと着てくれていた。

どのネックレスが似合うかなとプチファッションショーもして 笑

苺のカップケーキでお茶をした後

2階から扇風機を下ろして、

エアコンの切り替えを確認してきた。

誰に気兼ねもせず気ままにマイペースで好きなことができて

ホントに私は幸せ、と母はにこにこして言っていた。

娘にとってこんな有り難いことはない。

お母さん、ありがとう 💖


ところで、駅に向かう途中、

2、3歳の保育園児たちのお散歩に出会った。

たぶんいつもならスマホに気を取られたり、

お散歩に気づくこともなく通り過ぎていたであろう人たちも

…サラリーマンも若い人たちも…

お散歩の園児たちを目にするとハッとし、皆一様に胸を打たれたような表情の後、

暖かい眼差しや笑顔を向けていた。

誰もが、大津の事故が胸に去来したのだろう。

思わず保育士さんに頑張ってねと声をかけるお年寄りの女性もいた。

私もニコニコと園児の横を通り過ぎたのに

思いがけず涙が込み上げて自分でも驚いて堪えるのに必死だった。

今まで無関心だった大人が、

こんなお散歩にももっともっと笑顔や見守る心を持つことが、

更には幼い子どもたちの生活に暖かい目や見守る心を持つことが

あの事故を無駄にしないせめてもの慰みになるのではないかと思う。

ツイッターである保育士の方が、

園の近くの企業の方から、

社員で話し合って私たちも園児さんを見守ります

と言っていただいて嬉しかったとツイートしていた。

ツイートを読んで嬉しくなった。

一瞬の笑顔がたくさんあることが、子どもにこの世で生きていく勇気を育てると私は思っている。

クレームばかりしてないで、未来の宝、子どもをみんなで大切にしなくてはいけないね。





b0134673_22545770.jpeg


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

by housewife_life | 2019-05-10 22:53 | | Comments(0)
お礼のメール、額装と額縁の梱包(必死)、お掃除と片付け(丁寧目)

アルバム予約(取れた✊)、歯医者、銀行回り、

家計チェック、アイロンがけ(溜めに溜めた)、

ガス屋さんに連絡、宅配便に集荷予約、加湿器片付け(2台)、

ットパッド春用に取り替え、草取り…

これ、お使い、食事作り、お洗濯など普段のルーティンもやりつつの

昨日今日でのやることリスト。

ハイ次!☝️ ハイ次!☝️ っつって終わったー! 😁

が、本当のところ家事に終わりはない 😒

終わりはスタートなのよ 😭

エンドレスゲーム ☝️

この無休無給の家事を黙々とやってきた専業主婦の年金が半分になる?

しかも働く女性がそう望んだみたいに言っている?

と、ツイッターが大荒れしてる。

どう荒れているかというと、

専業主婦と働く女性の対立構造を作っているのは女性ではないと怒っている。

自分は働いているけれど専業主婦は偉いなぁと思うし、

専業主婦だけど働ける環境に身を置きたいと思っていると

女性どうしは対立していないのだ。

働きたくても子どもが預けられない専業主婦もいれば、

子育てに専念したくても働かざるを得なくて働く女性もいる。

結婚しろ、子供産め、働け、介護しろってみんな女性に押し付けて

一方で働かずに家に残って無休無給で雑用全部を引き受けたら

年金は半分しかもらえない。

どちらに転んでも女性は馬鹿を見ると荒れている。

これじゃぁ、結婚したり子どもを産む気になれないと。

そうだよねぇ、もっと手厚いサポートがなければ

そうなってしまうよねぇ。

少子化にも拍車をかけるばかりだ…。

ツイッターで珍しく私も熱くなったよ 😤

まぁ、それは置いといて。

やることリストがひと段落ついてホッとしている。

ホッとしながら最後の草取りをしていたら

どこからともなく甘〜い香りが漂ってくる。

フルーティーな甘〜い香り。

ふと上を見るとオガタマノキの花がいっぱい咲いていた。

オガタマノキは神社によくあるその枝葉をお榊にする木。

数年前に植木屋さんが選んできて植えてくれたんだけど

こんなに咲いたのは初めて!




b0134673_14354892.jpeg





実のような花びらが厚い花。





b0134673_14364495.jpeg




下を向いて草取りをしていたから

こんなに咲いているのに気がつかなかった 😆

それにしても、なんて甘くていい香り。

一生懸命子育てしながら働いて、

家事も懸命にこなしているママたちにも

こんな香りを味う余裕のある生活ができる国に

シフトしていかないといけないね 🍀

夜は夫に、お疲れだねぇ、いつもありがとうね、

とマッサージをしてもらった。

夫の仕事はハードなのに申し訳ない気もしつつ、

私が一生懸命やっていることを認めて感謝してくれることが

自分の領分をしっかり頑張ろうと思えるんだ。

国だけじゃないよ。

男性も真のパートナーシップを学んで身につけなくちゃね。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-05-09 15:09 | 日常 | Comments(0)
私は食べるのが遅い 😅

パパッと食べてすぐ仕事を始められる人を見ると、

私ももっとさっさと食べれば、

もう一つ余分に仕事ができるだろうに

こういうところが貪欲さに欠けるというか

足らんところかなぁと思うこともあった。

けど!そうじゃないんだ ☝️

食べるのが遅いのは悪くない。

だって、なんで遅いのかと言えば、

私は目の前の食事をめちゃめちゃ愛おしんで味わっているのだ。

盛り付け綺麗ね✨野菜の色綺麗ね✨

湯気の出具合までうっとり…。

食器も素敵ね✨食器とメニューのコラボ美しいなぁ✨…。

ん〜!美味しい!💓

香りもいいねぇ!💓

あ〜、美味しい!💓

そして、そんな風に食べてるうちに食べきらないうちに

お腹いっぱいになってしまう。

私がゆっくりなんじゃなくてみんなが早すぎるのじゃないか?

そんなにせかせかしないでもっとゆっくりしたらいいんじゃないか?

そんな思い…それでいいんだ!と思った。

今日たまたま観たBSプレミアムでやっていた番組「美と若さの新常識 」

内容はマインドフルネスについて。

マインドフルネスは「今この瞬間を大切にする生き方」。

よく夫に、ことりはマインドフルネスだなぁと言われるの。

番組ではマインドフルネスを生活に取り込むことで

若返った人やダイエットできた人などを紹介していた。

食事の時、目から、鼻から、五感を使ってゆったり味わって食べるようにしたことで

食べ過ぎることなく自然にダイエットができたそうだ。

これはすごくわかる。

私も五感が満足する食べ方なので、食べ過ぎずにお腹がいっぱいになるから。

小さい頃からそうで、そのせいかどうかわからないけれど太ったことがない。

また、忙しい仕事の合間に、お茶の温かさをほんの数分目を閉じて味わうことで

忙しさの焦りや、ざわつく心をリセットすることができるようになったというスタイリストさんも紹介されていた。

私もリセットしたい時、紅茶を入れる。

両手にカップの温かさを感じ、

目の前の窓から見える木の葉の色、跳ねる光、そよぎ、をぼんやり味わう。

静かな中に小鳥のさえずりが聞こえる。

ただそれだけの数分間。

そして、さて、やるか!

心はもうリセットされている。

前に、ケーキはその絵面が好きで、

いざ食べると食べなくてもよかったかなと思うと書いた。

食べることより目が満足しているのだ。

さっさっと食べて、さっさっと次のことをするのが当たり前の世の中にいると

それが正解だと思ってしまうけれど、

果たしてそれが正解かどうかはわからない。

生産性が減ったとしても大切にしなければならないこと…

フィーカに憧れたり、世の中ももっと大切にしなければならない何かに気付き始めている ✨



台湾の夜市で食べたパンケーキも可愛くて、甘い香りが素敵で、

食べたら身も心もとろけるようなとろけっぷり!

甘くて、優しくて…😭





b0134673_21115537.jpeg


市場だから雑踏の中で立ち食べだったけど、

よけて行く人々、雑踏の音、色々な食べ物の匂いも楽しかった。

夫とタクロウと3人でつついて

一口食べては、んー!!美味しいーーっ!!って

叫び、その全部が楽しくて幸せだった。

マンゴーかき氷に次いでこのパンケーキがまた食べたい💕




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-05-07 21:26 | 日常 | Comments(0)

素敵な一日 ✨✨

今日は楽しい1日だった 😊

昼間は久しぶりにカレンさん、静香さんとランチ&お茶。

夜は夫とコンサート ♪

カレンさんは編集者であり本を書きたい人のパーソナルコンサルタントで、

私に本を出しませんか?と言ってくれた人 ✨

静香さんは講座や講演、本を通じてアドラー心理学をお伝えしている人。

最近の私は、講演よりもイラストを中心に持って来て

そんなマイペースを大切にしている。

人前でキラキラしたいタイプではないので

思いは作品に込めて。

そんなそれぞれの3人だけれど、

自分の核、軸をしっかり持っているから

それぞれを尊重できるのだと思うし、

気持ちよく応援し合えるのだと思う。






b0134673_22283954.jpeg



それぞれを感じながら、私は私のペースが大好きで愛おしいなぁと改めて強く思った。

3人でフィーカ(スウェーデンのゆったりとしたお茶タイム)、ヒュッケ(デンマークの仲間と楽しむお茶タイム)

の話になった。

いいよね〜!と言いながら、私は自分の人生には

ちょっぴりだけどそんな時間がいつもあることに気づき、

そのことに小さな誇りを感じ、

そんな生活をまたまた愛おしく思った ✨

夫はとても忙しいし、休みなく仕事をしている。

今年の10連休中も8日間は講座などをしている。

でも考えてみると、よく私と短いフィーカをしてくれる。

そういうところは柔軟で、ちょっとの隙間で、

またお茶こそ飲まないけれど寝る前のひと時、

おしゃべりの時間を持ってくれたり。

私の方に余裕があれば、夫はそれに合わせて

ゆったりする時間を持つことができるのだと感じている。

タクロウともよく、ちゃんとポットで紅茶を入れて

とりとめもなく話をしたものだ。

一人暮らしを始めたタクロウは

真っ先にティーポットとカップ&ソーサーを買ったのは母さんの影響だなと言っていた 😊

嬉しかったな 💖


そして夕方、コンサートの前に四谷の paul で食事をした。

ここでも、夫とゆっくり楽しい時間が過ごせた 😊






b0134673_22394731.jpeg

paul のカジュアルでのんびりした雰囲気も手伝ってくれていたと思う。

だからお店の雰囲気って大切 ✨

そして紀尾井ホールでの河村尚子さんの

ベートーヴェン・ピアノソナタ・プロジェクト vol.3 へ。






b0134673_22465769.jpeg

vol.2は2階で上から演奏を、指使いを堪能した。

今日は横から指使いも、顔の表情もよく見える席で

耳から目から酔いしれた。

26番、27番、

そして交響曲に匹敵するようなソナタと言われてる29番。

演奏が終わった時、すごい…と声にならない声が漏れた。

そうそう、夫は紀尾井ホールに着くなり、

vol.4の先行販売チケットを購入。

河村尚子さんにはそういうファンがたくさんついていて

チケットを買う長蛇の列ができる。

わたしもこのプロジェクトを追いかける夫にちゃっかりついて行きます!



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-04-25 23:07 | コンサート | Comments(0)

また語っちゃうけど

ミニマリストまでいかなくても

すごくすっきりモノがない中で暮らすって

どんな感じなんだろう?

昨日、超えてみたいって書いたけど

実は、私はモノがたくさんある風景も好きだ。

雑貨屋さんなんて、そりゃお店だからとは言え、

ごちゃごちゃある風景は可愛くてワクワクする。

部屋だって、その人が本当に好きだと思うもので溢れている部屋は魅力的だ。

どうにもできなくなったもので溢れている部屋と、

その人の好きが詰まっている部屋では気が全然違う。

そうそう、NHKのパリのレイチェルの小さなキッチンなんて

モノと色に溢れていて、

わぁ!可愛い!可愛い!って

お料理よりそっちを見逃すまいと見てしまうの 😆

あと何かを作る時、最大限の材料から選びたいから

物創りの部屋は材料や試作品でごちゃごちゃしてるくらいがカッコいい。

じゃぁ、すっきりしたいの?ごちゃごちゃしたいの?どうしたいの?と言われれば、

人が選んだモノや要らないモノがなくて

自分の好きなモノがそこそこあるのがいいかな。

その好きなモノも経年の結果惰性で置かれたままになるモノと

それでもずっとそこにいて欲しいモノがある。

ここの見分けは自分の感覚ながら難しい。

家の中のモノなんて、惰性で使ったり置いてるモノが多いもの。


さて、今日は夫が休みで街を散歩して

ランチしてお茶してきた 💓

桜はプリンセス雅が咲いていた。






b0134673_16115041.jpeg






b0134673_16120596.jpeg






青空とのコントラストが春だなぁ、綺麗だなぁと心華やぐから

空気と空と色には季節の魔法の力がある ✨





b0134673_16133460.jpeg








b0134673_16134715.jpeg




週末はいよいよ桜一色になるのかな 🌸



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-21 17:47 | 日常 | Comments(2)

もう一つ超えてみたい

私は時々引き出しや収納場所を整理するのが好き。

使うものは使う場所に置き、

一目でわかる、取り出しやすい、ができているかチェックする。

いつの間にかモノが溜まって、わかりにくくなっていたり、

取り出しにくくなっていたりするから

時々チェックするの。

昨日は絵に関連するものをチェックした。

画材ショーとかであちこちのメーカーから貰ってきた紙がそこそこあるんだけど、

いつもならその紙は、

私は絵を描く人だからとっておかねば!と機械的に戻していた。

これ使うかな?とは思うけれど

いつか試し描きしてみなきゃいけないし…と整理して戻していた。

でも、昨日は本で読んだことを思い出して、

これかー!と思った。

私は、画材ショーでもらった紙を実は一枚も使っていない。

理由は、画材研究熱心ではないことと、

自分の絵にとってベストな紙がもう決まっていて

迷うことがないから。

アルシュの極細目が平滑で私にとってのベストだ。

だから貰ったほとんどが荒目の紙に手が出なかったのだ。

つまり、絵を描く私だけど、今はこの紙は必要のないものだった。

描く絵が変わって紙に迷ったら、

またその時、見本をもらって試せばいいんだ。

私は絵を描くのだから、紙は取り敢えず取っておく

っていうような発想をしているうちは、

これ以上モノは減らないんだと気づいた。

取り敢えず片付いているし、っていうのもある。

そのハードルをもう一つ超えると違う景色が見えるかも

と実感した。

もう一つ超えてみたいね 🤔

いや、ミニマリストにはならないよ。

なったことないからそんなこと言ったら失礼だけど😆💦

片付けられる、そこそこ捨てられる私だけど

まだ縛られてるんだなぁと。

画材ショーで貰った紙を見るたび、

この紙使ってみなくちゃという

やらなきゃいけないことをやり残してるような

少しのストレスをいつも感じた。

でも思い切って捨てたら、

今の私は紙なんてどーでもいいんだよ。決まってるんだから。

画材熱心でないのはよくないとか、

やらなきゃなんて思う必要はない!と開放感を感じた。

私は画材研究は熱心じゃなくてもいい。

描きたい方が強いんだし困ってないんだから、って。

モノにはそんな風にこうあるべきと縛る力があるから、

手放せばシンプルにやりたいことが浮き彫りになってくる。

ずいぶん前に、絵にもっと集中したくて、

毛糸や布を手放したことがある。

手芸しながら描かなきゃ!と思い、

描きながら、縫わなきゃ!と思った 😅

手放したことは私にとっては正解だった。

その分、絵の中に手芸用品や縫い物をする姿を描いた。

あの時はそんな思い切りが必要だったけど、

また持ちたくなったら針と糸を持てばいい 😊

でも今はやっぱり筆だけでいい 😆



ところで、今日もまた! 😵

3日連続!双子卵!





b0134673_22522258.jpeg


確率が凄すぎるっつーの!🤣🤣





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-20 23:01 | 日常 | Comments(0)

やること渋滞

変な夢を見た。

人も物もごちゃごちゃ出てくる。

家のどの部屋も扉を開けると色んな物が置いてある。

自転車とギターが部屋いっぱいに整然と何台も並んでいたり

布団が敷きっ放っなしの部屋もあった。

親戚が来るのにそののまま出かけてしまって

出先で帰らなくちゃ!と焦っている。

帰っても食材が何もないけどどうしようと迷っているうちに家に着くという夢だった。

昨日、

アイロンかけなくちゃ💦

お掃除しなくちゃ💦

ギャラリーに画像データ送らなきゃ💦

と気にしていたからこんな夢を見たのかな?

いや、それだけではない。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』佐々木典士著

を読んだからだ。

著者はミニマリスト。

私は、ミニマリストは極端すぎると感じているし、

モノはそれなりに好きだったりもする。

しかし、片付けや整理整頓は掃除より好きで、

そこそこ捨てられる性格。

持っているもの全てに住所があるから、

戻すだけのシステムもできていて、どこに何があるか空で言える。

そんな私だけど、きっと自分で思っている以上に

まだ減らしたい欲求があるのだろう。

だから、こんな本に手が伸びたんだ。

既にわかっていること、実行していることがいっぱい書いてあったけれど

本当にはわかってないこともいっぱい書いてあった。

だって、ミニマリストになったことはないから、

あそこまでモノを持たないとどんな気持ちになるかはわからない。

今、やるかことが渋滞している & この本

が、あんな夢を作り出したのだ ☝️

そうなったら行動するしかないわけで。

いや、ミニマリストにはなろうとするわけではないよ。

まず、現実的に、やるべきことをさっさとやる。

掃除して、

2017年分までやって止まっていた

作品をパソコンに取り込む作業を

今年の分まで全部取り込んで整理し、

画像データにする作品を選び、

ダータを作ってギャラリーに送信した。

アイロンがけが残っているけど、だいぶ気持ちがスッキリした 😊

ついでに、現物の作品や資料なども整理していたら、

この本に書いてあって、

でも自分ではわかっているつもりのことが、

実は芯からわかっていなくて

こういうことか!と腑に落ちた。

それはまた今度 😉

夢のおかげで行動できてよかった😊


おまけ

2日続けて、確率が凄い!



昨日


b0134673_19523801.jpeg






今日


b0134673_19525113.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-19 20:04 | 日常 | Comments(0)