タグ:考え ( 38 ) タグの人気記事

静かな時間を取り戻す

昨日の続き 🍀

cafe Mo.free(大泉学園)→ 文房堂(神保町)

の次に行ったのは、シャララ舎(笹塚)でした。






b0134673_17222067.jpg





シャララ舎は、琥珀糖を売っているカフェ。

私たち、笹塚をいつの間にか幡ヶ谷と勘違いしていて

1つ手前の幡ヶ谷で降りてウロウロしてしまいました 笑

まぁ、そんなことがありましたが、

シャララ舎ではとても良い時間を過ごせました。

と言うのも、ノスタルジックな雰囲気のカフェの中は

展示がいっぱい。そしてとても静かだったからです。

お店からカフェに入る時、

お話は小さな声で、小さな声でも長くお話されませんように…

と言われました。

私たちはそっと席に着き、そっとオーダーをし、

そっと展示を観て過ごしました。

地下室があって、そこにも展示がありました。

鉱物オブジェ作家さんの作品は、

柱時計の振り子の箱の部分や、ビン、電球の中などに

小さな小さな人間や動物の世界が創られていて、

中をブラックライトで照らすと、そこに施されている鉱物が

星のようにキラキラと青い光を放つのです ✨✨

薄暗く静かな店内で、息を潜めてテーブルや棚に並べられた

たくさんの小さな世界にライトを当て

その静かな煌めきにため息をつく…。

静かで不思議なお話の世界に入ったような気分になりました。





b0134673_17300204.jpg







b0134673_17301440.jpg




暗い中なので写真がなかなか上手く撮れません。

行って見ることをお勧めします。

この薄暗さと、静けさ込みでの密やかな世界ですから。

(私的には、作家の小川洋子さんの小説の世界を思い出しました)




ところで、友人がオーダーした鉱物ソーダ水。

琥珀糖が入っていて綺麗。





b0134673_17322570.jpg




私は水でじっくり抽出したアイス珈琲。

とても美味しい珈琲。

実際は暗いのですが、写真は明るく加工してあります。



b0134673_17330113.jpg



会話もせずそれぞれ静けさに浸っていると

聴こえてくるのは時計の針が時を刻むカチカチという音。

静けさの中でずっと続くカチカチという音は、

やがてその空間を共にする友のように感じてくるから不思議です。

しばらくして柱時計が低い音でボーンボーンと時を報せました。

空間を壊さないように遠慮がちに

でもお仕事なのでちゃんと聞こえるようにと鳴らしているみたいに。

狭い店内には私たち以外にも3人のお客様がいたけれど誰も話さない。

時計の音だけが聴こえる心地よさ。

ここで絵を描いたら集中できるだろうなぁと思うと同時に

この静けさを日常の中でも取り戻したいと思いました。

この静けさとは、空間の静けさのことではありません。

心の中にこの静けさを取り戻そうと思ったのです。

例えば情報。

本当に必要のないものまで、

例えばSNSを開けばいくらでも情報が流れていて

習慣的に、あるいは惰性で覗けば、心はその必要のないものにまで忙しく反応しています。

意識しているつもりはなくても、心はその過剰な量にせわしなく動き、

時に自分というものを見失ったりしているように思います。

そんなに周りの音や情報を必死で、あるいは惰性で取り込まなくても

私は十分な私を持っている。

持っているのにそれを見えなくして、

やがて私というものを失ってしまっている人もいるかもしれません。

時計の針の音だけが聴こえるシャララ舎のカフェでそう思いました。

楽しかった1日の最後をこんな思いに至ることができた

静かな時間の中で締めくくれてよかったと思います。

連れて行ってくれた友だちに感謝!です。







b0134673_17561316.jpg






b0134673_17563065.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-12 18:28 | 日常 お出かけ | Comments(0)

今日も私は本を開く

山崎豊子著『約束の海』を読み終わりました。

山崎豊子絶筆の作品で、1988年に海自潜水艦「なだしお」と

民間の釣り船が衝突して三十名もの犠牲者を出した

「なだしお事件」がテーマになっています。

山崎豊子さんと言えば『大地の子』。

若い頃にその『大地の子』を読んで以来の山崎豊子作品でした。

『約束の海』は、小説のための取材力に圧巻されました。

綿密な取材があってこそのこの小説。

それにしても、この本に限らずその詳細な取材をした山崎豊子さんの情熱にこそ驚かされるばかりです。

『約束の海』の前は、海堂尊著『ブラックペアン』と『ジーン・ワルツ』を読んだのですが、

海堂尊は外科医だけあってこれもまた医学界の問題や

手術のカンファレンスシーン、手術の手技などがリアルに伝わってきて引き込まれました。

読書は、私が決して経験できない世界、時代を覗くことができます。

それを機に問題意識や興味を持つチャンスもくれます。

本の中で、私の周りにはない環境で生きる人々に出会ったり、

私が経験したことのない人間関係をじっくりと疑似体験することができるのです。

小さな私が経験できる量を遥かに超えた世界を垣間見ることもでき、

それは決してリアルな経験ではないけれど、

私はいつもその状況、その人の感情などを理解しようと想像力を駆使することになります。

一生懸命駆使するその想像力は、共感力を育てる一つの力になっていると思っています。

私は姉の影響で読書が好きになりました。

お姉ちゃんに追いつきたい!と焦った頃がありましたが、

幼いながらに、姉には追い付けなくとも一冊ずつ読んでいくしかない、と決意したことを覚えています。

気がついたら読者好き、活字好きになっていました。

小説が好きですが、

夫の読む本、今ではタクロウの本の中からも漁るので(笑)

比較的色々なジャンルの本を読みます。

せっかく読んだのに忘れてしまっているようなことも

ちゃんと無数の点になって残っていて

何かの時に、その一見別々のジャンルの点がシナプスのようにパーッと繋がって突然理解できたり、

一つの考えにまとまることがあります。

夫が、それが教養の一つだよと言っていました。

昨年後半に読んだ『サピエンス全史 上・下』は、

私の現在、未来の価値観を変えたすごい本です。

今日も私は本を開く。

そして、一番ゆっくり本が読めるからお風呂に…入る 笑






桜が主役の季節ですが、様々な種類の椿も満開ですね。




b0134673_21404501.jpg







b0134673_21405867.jpg






b0134673_21452071.jpg








b0134673_21453410.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-03-29 21:59 | | Comments(0)

天才✨✨

今晩は、久しぶりのコンサート。





b0134673_23050509.jpg



ブラームスの協奏曲第一番、とてもよかった!



長年夫にお付き合いでコンサートに行っているうちに

相変わらず曲名は覚えないけど 😅

コンサートを楽しめるようになってきました。

じゃぁその前は楽しくなかったのか?っていうと…

夫とコンサートに行くそのことが嬉しくて楽しかった 😆

いや、毎回それなりに感動していたから楽しかったですよ。

でも、これっていい演奏なの?まぁまぁなの?とか…

私はクラシック音楽を理解していないから正解がわからない?

ホントはどうなんだろう?

って、自分の感覚より人や専門家はどんな評価を下すのだろう?

と思うことがよくありました。

正解なんてね 😅

自信がないからそう思うんですね、きっと。

もちろん今も他の人の感じ方にも興味があるけれど、

私はここが好き、ここがよかった!

と自分の感覚を楽しめるようになってきた…

そういう意味の楽しめるなんです ✨

今日はピアニストの横山幸雄氏のピアノを聴きながら

この人ホントの天才ダワ!✨✨

と思いました。

そりゃそうでしょう、と言われそうですが、

横山氏の演奏を聴くのは初めてだし、

辻井くんの指導をしたことぐらいしか知りませんでした。

演奏を聴きながら指揮者やソリストの経歴、

楽章ごとの解説を読むのが好きです。

ピアノに引き込まれ、オケだけの演奏になった時に

横山氏の経歴に目を走らせました。

「ショパン国際コンクールで日本の歴代最年少で入賞

ショパン生誕200年のとき、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」が授与される

「ショパン・ピアノ・ソロ全166曲コンサート」を行う(ギネス認定)

その他自ら数々の意欲的な企画で高評価を得る

リリースされたCDは数々の賞を受賞、毎年リリース

東京FMで「横山幸雄のピアノでめぐり逢い」のパーソナリティ

東京、京都にレストランをオープンし音楽と旬の食をプロデュース

上野学園教授 等々…」

が詳しく書かれていました。

ピアノだけで苦労して努力してソリストとして名を挙げるのも天才ですが

横山氏は、私が想像するに、やりたい事があって、

そこに到達するために何をしたらよいか、

するべき事を淡々と(かどうかはわからないけど😆)

とにかくやってきたのだと思うのです。

自分がやりたい事だから、物凄く練習したとしても

苦労とか苦しいとかの割合は、

凡人の感じるそれより少なかったのではないかと。

そんな風だから、コンサートやCDを次々と企画して

(むしろ面白くて仕方ないくらいでなければできないでしょう)

レストランまでオープンしちゃったのでしょう。

軽やか!

聴きながら、中野信子さんの著書「努力不要論」を思い出していました。

目標に到達するためにやるべき事を理解して

実行できる人。

苦しい苦労話満載の努力は不要な人。

この人はきっと本物の天才だ!✨✨

そう思ったのでした。

天才の演奏は凡人の私のことも

本当に素敵に酔わせてくれました✨





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-03-06 23:48 | コンサート | Comments(0)

可愛い世界の後ろにあるもの

昨日、今日と家事を急いで済ませて

新しい絵を進めています。

小さな絵ではなく、いつものサイズで。

これが私の心を映すのにいいサイズなんだなぁと感じながら。

もちろん上手くなりたいと思っているけれど

一番大切にしたいのは世界感。

私の世界感は平和過ぎるし、可愛いばかりだし、

甘い世界と感じられると思う。

けれどそういう世界は、

人生を楽しくてよいものにし、

他者を大切にしようという決意がなければ

かなわない世界だと思っています。

今描いている二人の女の子たちも

悲しいことや辛いことだって人並みにあるんですよ。

それでも自分を勇気づけてよい一日にしようと笑顔を選べる子たちなんです。

私はこの子たちに私のありたい姿を重ねて描いているのだと思います 😊










b0134673_21303706.jpg








ヒヤシンスはついに全部ビンに移されました。

球根は葉と根を切りました。

風通しのよいところに吊るしておけばいいのかな?





b0134673_21331574.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-02-20 21:39 | イラスト | Comments(0)

腔の話とつながる子育て

福岡でご一緒した「さとう式リンパケア」開発者、

佐藤青児先生の「腔の理論」が面白いです。


人間の身体の軸を成すのは、線の軸ではなくて4つの腔。

1.舌から上顎の腔

2.舌から頸の腔

3.肺から横隔膜までの腔

4.横隔膜から腰の腔

この4つの腔。

線状の軸よりも強い筒すなわちこの腔を立てると外圧に強くなる。

外圧すなわちストレス、恐れ、緊張、捻れなどなどは腔を潰す。

逆に腔を広げるものはリラックス、喜び、愛、きょうかんなどなどである。

腔、または空を広げるということは、

余裕ができ、新しいエネルギー、新しい物が入ってくることである。

空が狭いことが貧しさ、余裕のなさになる。

といった理論で、本当に一部分をごくごく簡単に書かせていただきました。

佐藤先生は住環境の空も大切に考えていらして、

大きな家でも空がなければ空気は流れないし余裕も生まれないと言います。

大いに共感します。

これを私らしく子育てと関連づけると具体的に思い浮かぶことがあります。

寝室に使っている8畳の部屋。

現在の家に越してきた時、本来ならその8畳間に

ベッドを置いてお洒落な部屋に演出することもできました。

他の部屋もそうです。

ソファを置いてお洒落なリビングに…私だってお洒落なインテリアが好きです。

けれど私たちは敢えて寝室にはベッドを置かず、

朝は布団をしまい、昼間は丸々8畳のスペースを空けていました。

リビングにはソファも置かず空けていました。

どちらもタクロウやタクロウの仲間たちが自由に遊ぶ空間にしようと思ったのです。

私たちが世間並みの格好いいインテリアを捨てた空間には

願った通り大勢の子どもたちのエネルギーが流れ込んできました。

その空は、ただの遊ぶ空間ではなく、

その空からは彼らの豊かな創造力、たくましい対人関係力、楽しさ、面白さ、

そして自己を肯定できるような彩り豊かな思い出が生まれました。

福岡の講演の冒頭に言ったことがあります。

「私がぽわ〜んとした空のあるお母さんだったから子育てにはよかったのかも 笑」

抜けててもいい。

この子を操作・支配しようという思いではなく、

生まれてきたこの子と楽しく仲良く暮らしたいと思う

ちょっとぽわ〜んとした

外圧の少ない、空のあるお母さんでいいんですよね。

子どもの空・腔を外圧で潰さない。

子どもが、潰されていない、より広がった空・腔を震わせて発するエネルギーは計り知れないんだなぁ。

福岡からの時間が経って、腔の理論とのつながりをより感じています。


詳しい腔の理論は、佐藤先生のブログ ↓ でお読みくださいね!







クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-12-05 21:02 | 日常 | Comments(0)

そんな話しもした

母と姉の御墓参りをしてからランチをしました。

色んな話に花が咲くのですが、

人生の深い話もします。

母は、娘とこんな話ができて幸せと言うけれど、

私も母とこんな話ができて有り難くて幸せです。

歳をとってきたら、そんな話は面倒だと感じても仕方ないことでしょう?

でも、まだそんな話ができるのですもの✨✨

ところで、好きなことをして生きる話になった時、

ことりは、小さい頃から本当におままごととお絵描きが好きだったねと

大笑いになりました。

なんで大笑いかって、私がいつも一人で真剣に?大真面目に?おままごとをしていたからです。

誕生日プレゼントは、いつもお人形、ままごと、ままごとのお掃除セット 😆

そして私は今でも真剣に、大真面目にリアルおままごとをしています!笑

どんなことだって「好き」な気持ちは大事てす。

くだらないなんて馬鹿にしたり恥ずかしがったりして

好きなことをしないなんてもったいない。

そんな話もしました。

『お金の不安が消えるアドラー流家計管理』の本も、

大真面目におままごとをやり続けていたら形になったのです。

たまたま形になったけれど、本という形にならなくても、

そのやってきた尊さは変わらないと思っています。

世の中には、本を出した人よりもっと頑張って生きている人、

もっと色んなことを知っている人がたくさんいます。

賞賛を得なくても尊さは変わらないし、

むしろ賞賛が目的ではない行動ができる人に尊敬の念を感じてしまうんです。

私の尊敬する何人かの友だちにもそういう人がいます。

そんな話もしました。

深い話と涼しさに、落ち着いた秋の気配を静かに感じた一日でした。










b0134673_20424014.jpg
おしろい花、おしろいの匂いが微かに漂っていた。



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-08-28 20:48 | | Comments(0)

アドラー心理学の子育てもモンテッソーリ教育も

藤井四段が29連勝を決め、

今朝は藤井四段がモンテッソーリ教育を受けていたことが話題になっていました。

5月に私の子育て講演を主催してくださった方も

お子さんたちをモンテッソーリ幼稚園に通わせていたそうです。

モンテッソーリが子どもの選択、意欲を大切にするように

アドラー心理学の子育ても子どもを操作、支配せず

子どもが育つ力を支援します。

そのためには、信頼と尊敬と勇気づけが不可欠です。

親から始める信頼、尊敬、勇気づけは、

それがちゃんとなされていれば、

やがてしっかりとした親と子、相互の信頼、尊敬、勇気づけになっていきます。

私たちの子どものタクロウは、一般人であって一流スポーツ選手でもなんでもないくせに…

という批判をしている人がいました。

その人にとっては、一流であったり有名になることが子育ての成功なのかもしれません。

しかし、モンテッソーリ教育もアドラー心理学による子育ても

一流であったり、人と比べて凄い人を育てるのが目的ではありません。

その子が、社会で自立し、責任感を持ち、社会に貢献し、

時に困難を乗り越え、他者と協力し合い、

自分軸を持って自分の人生の主人公として幸せな人生を歩めるようになることが目的です。

モンテッソーリ教育もアドラー心理学による子育ても、

結局子どもを操作、支配するために使ってしまえば、

なんの意味もなさなくなってしまいますね。

ただブームに乗るのではなく、

そこにある本質をしっかり見て、

よい子育てを取り入れて行くのが大切なことだと思います。


今日は真面目😉

昨日は、勇気づけあって子育てをしてきたおおこと、優雅な✨✨ランチ&お茶をしました。

緑に癒されながら。







b0134673_21120966.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-06-27 21:20 | アドラー心理学 | Comments(0)

義兄の計らい

昨日は、義兄の少し早い49日でした。

夫はゼミナール、演習があっていくことができないので、

今回は私とノリスケとで行ってきました。

ノリスケとは新幹線の中で待ち合わせ。

私はノリスケが大好きなので、先に座っていたノリスケを見つけると

ノリスケ〜♡と笑顔で手を振って隣に座り、

二人で喋りまくっていたら

車掌さんに席を間違えていると言われ、慌てて移動(笑)

49日。まだ悲しみ冷めやらない時なのですが、

告別式のブログにも書いたように、

故人がこの場を、残された者たちの勇気づけ合いの場にしてくれていると感じざるを得ません。

いつも笑顔でおおらかで、愛妻家で、お洒落で格好よかった義兄らしい計らいに感じるのです。

ここにいるみんなの中に、愛を感じました。

私は夫の実家の人たち、親戚の人たちが好きです。



家の中は寒いと感じていましたが、

外は思いのほか暑かった。

気分がのって草むしりをしてから出かけました。

そしてアイスコーヒー、飲みました♡







b0134673_14334394.jpg





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-04-24 19:27 | 日常 お出かけ | Comments(0)

山と夢

ほぼ一日、絵のために時間を使えました。

ちょっと気合いを入れて描きたいところにきていたので、ありがたかった〜。

もし、絵が完成しても、

今日の気合いは、どの辺りのことでしょうか?

なんてことですが、

私にとっては、小さな山を一つ越えたんです。

越えた!嬉しい。

また、少しの間楽しみながら描けそうですが、

まだ小さな山、残ってます。

一つ一つ越えていきます。



今朝見た夢。

ときめいて、明るくて、幸せな夢でした。

匠子たんと、夫が解釈してくれました。

二人の解釈の基本は同じでした。

夫は、それにプラスしてステージが上がった夢だね、と言ってくれました。

夢を見るまで、迷いながら自分に言い聞かせ、言い聞かせしていたことは、

ステージが上がる混沌だったんだなぁ、と今は清々しい気持ちです。


いただいたアレンジメントをほどいて、小分けにしました。

ゼラニウムの香りが本当に好き。

どの花もピークは越えています。

あと少しだけ、可愛い姿を楽しませてね。





b0134673_22313812.jpg





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-04-16 22:55 | イラスト | Comments(0)

人知れずとも美しく生き

恒例、二人だけの4月生まれさん誕生会 💖

私たちの息子たちも同じ1月生まれさん。

その息子たちが歩き始める前に知り合った、

私にとって最古のママ友。

嬉しいことも悲しいことも知っているね。

きょうは、ゆったりアフタヌーンティーを楽しみました(なんだかんだ言って、いつもゆったりしちゃってるけどね (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑))








b0134673_22154924.jpg







b0134673_22161095.jpg








b0134673_22164671.jpg



サンドイッチやスイーツもさることながら、

色々な種類の紅茶を好きなだけ味わえるのも

アフタヌーンティーの魅力。



ところで、SNSで自分の意見や、生活の一部をうまいこと切り取って

人々の目に触れさせることが当たり前のようになされている昨今

(かく言うワタクシも、もうかれこれ9年このブログをやっています)

決してSNSで人目に触れずとも美しく、また正しく生きている人々がたくさんいます。

人目に触れる以上、人目を意識するわけで、

中にはついつい盛ってしまっている人や

ここで承認欲求を満たしたい気持ち満々な人もいたりするわけです。

一方、人知れずとも美しく生き、ただ自分自身が自分の生き方を認めて生きている人もいます。

おおこは、そういう人です。

せいぜい、「こんなことがあったのよ」「感動したのよ」「これでいいのよね」という

友への報告レベルだけで、

他の誰にも、その情報は行かない。

尊敬に値するような深い内容のことでさえ、

自分自身が認め、聴いた私が認めるだけ。

たくさんの「いいね」やフォロワーがなくても、その尊さに欠けるところは一つもありません。

SNSに夢中になり、人を見、自分の評価を気にする中に入ってしまうと忘れてしまうことを思い出させてくれました。

身の周りを静かにして、自分自身のためにやるべきことをやり、

他者の評価を求めず進むことの当たり前さ。

巻き込まれてしまうと、簡単な当たり前が実に難しいものになってしまいます。

SNSの中で華やかな人が、充実した人生を送っているかどうかなんて、わかりませんね。

見えていないところで、良き人生を淡々と送っている人の人口は計り知れなく、

その存在を忘れてしまって、見えているところで右往左往している人たちもまた計り知れなく存在しているのだ、

と、何故か今日、思ったのです。

見えようと見えまいと、おおこの人生を尊敬するし、

縁があって友だちでいられることに感謝した日です。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-04-14 23:03 | 日常 お出かけ | Comments(0)