人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

かわいい絵

ピエール・ボナールの絵を、ナビ派の絵を

可愛い〜と心の中で呟きながら観ていたが、

それはあながち間違いではなかった。

昨年「かわいいナビ派」 高橋明也 杉山菜穂子 監修・著 この本に出会った。







b0134673_22331576.jpeg




左上の丸の女性と右の猫はボナール。

猫の下の小さな女の子はヴュイヤール。

「派」の字の左横と下の大きな絵の女性はドニ。

下の猫はヴァットロンの絵。

タイトルが「かわいい」… こんな本があるなんて!😆💕

著者の高橋明也さんの抱く「かわいい」とは…

「シンプルで本質的なものだと言う。

勇ましさ、重厚さ、偉大さ、権威、威厳や畏怖、支配、完璧性や絶対性とは遠いもの。

自由、自然、優しさや柔らかさ、近親感や癒し、未完成、自発性、感覚性、

いわば等身大の身体的、直感的なもの」

なるほど。

私がかわいいという一言でいってしまうその中には

確かに上記の要素が含まれている。

古典やバロックの美術には重厚さや権威、畏怖、支配、完璧などが溢れているものねぇ。

「この感覚は山川草木、風のそよぎや木漏れ陽の中に様々な精神を感じながら、

どちらかと言えばひっそりと、民衆的視線の中に育まれてきた日本の美術には、

古代から現代のサブカルチャーに至るまで

「かわいい」感覚が溢れている」

「かわいい」は、日本人特有の自然や柔らかさなどそれらの独特な表現なのだなぁと思った。

で!ナビ派の人たちは、特にボナールは日本美術かぶれだったから

ナビ派をかわいいと感じるのはその点においても理にかなっているのだ。

ナビ派、かわいい!

そういう時、主題の身近さ、柔らかさ、権威に侵されていない視線、等身大、自然などを

同時に感じ取ってかわいいと言っている。

そして、私の絵も主題はかわいい 🙂

風のそよぎや陽だまり花や草木がある。

そしてそこには共感があって、支配や権威はない。

そういう本質的な意味でのかわいい…です ☺️





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-07-21 23:11 | | Comments(0)

遅くなったけど知りたい

もっと早く知っていたら、興味を持っていたら、と思うことがよくある。

子育てだけは例外だった。

あとのほとんどは、知りたい、学びたいと思う時が来るのが遅〜い!とよく思う。

遅熟だわ〜 😣 って 😅

でもそんなこと言ってても仕方ないし、

何より知りたい欲がさっさと知りましょうよ!と言ってくるんで止まっているわけにはいきません 😊

「フランス絵画史」高階秀樹著 講談社学術文庫

を読んでいて、前半はなかなか難しかったが、

そのうち理解し繋がり私の知識になるだろうから焦らない焦らない、と飛ばし読むことも 💦

こだわってないで進んでもやがてわかるから、大丈夫って。

ロマン派あたりからは多少の知識があったので面白くて心が大喜び。

でも、写実主義って、写真のように緻密に正確に描くことじゃないんだ?!

ってここは基本的なことかもしれないけど知らなかったからびっくり 😅

古典主義のように形式にのっとった絵や、神話や歴史画のようなパターン化した絵ではなく、

現実に目の前にあることを感じて描くことなんだと知った。

それで、写実主義が印象派へと繋がっていったのも納得がいった。

古典主義が言う、美とはこういうものである、永遠であるということはあり得ない。

目の前の物は瞬間瞬間に移り変わっていくもので

それを写し取っていくことが写実主義、印象派。

印象派は更に画家が見たその瞬間の印象も含んで色彩で表していく。

そのための色彩分割についても詳しく書かれていて、私が色彩分割の門をくぐる助けになった。

そんな時一昨日の松方コレクションと常設展で原画を観て確かめることができた幸運 ✨😭

私の描く絵なんて、女の子の絵だし…という思いもあって

好きな絵があったら、ただこの絵好き〜 💓 それでいいと思っていた。

日本画はしばしば観に行って少しは自分なりに勉強したけれど、

西洋絵画は2、3年前から急に色々なことを知りたくなった。

たまに自主勉して、やっと点が線になり始めてますます面白くなってきた。

美大に行っていたらこんな勉強をしたのかなぁ。

ところで、今の時点で私が好きなのは印象派、ポスト印象派、そして何よりナビ派が好き ✨

ピエール・ボナール展には昨年2回足を運んだ。

そしたら松方コレクションにもあって、

常設展にはボナールの他、ランソン、セリジュ、

そしてドニ!!😍 もあって、きゃ〜って言いそうになった 😆

好きなことを心から楽しむことは、

「私を私らしく保ち、毎日を輝かせる」

この言葉は ↑ ターシャ・チューダーの孫のお嫁さんが言った言葉。

このことはまた今度書くね 😉💓





b0134673_15291718.jpeg

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-07-11 15:42 | | Comments(0)

ピアノから広がる森

凄い雨でした。

展示が昨日まででセーフだった 💦

今日は、お礼状を印刷、宛名書きをして

夕方、雨が止んだので投函してきた。


ここ数日夢中になってる本が

恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷 下巻」

文庫出版待ちでやっと今頃読んでます 😆

ピアノって森や緑が広がって行くイメージがあるのでしょうか?

宮下奈都さんの「羊と鋼の森」を読んだ時もそうだった。

「羊と鋼の森」の方はピアノ調律師さんの話ですが。

ピアノという音があるはずなのに、

静かな印象を受ける小説でした。

そこが泣きそうになるほど好きで…

ちょっと話はずれるけれど

三浦しをんさんの「舟を編む」もその感覚でした。

きっとどちらも裏方仕事だから、

すごい情熱で取り組んでいても人目に触れることなく

それでもこの世の中や私たちが知らないどこかで

物語が熱く静かに進行してるように感じて好きなんです。

注目されたい、注目されてこそ成功、

そんな風潮があるこの世の中で、

そんな欲望なんてかけらもなく

ひたすら裏方仕事に没頭する姿は美しい。

そして、そんな生き方は幸せだと思います。

だから「羊と鋼の森」はピアノの音が鳴っているのにとても静かでした。

そんな「羊と鋼の森」を読んだ時に描かずにいられなかった絵。

シンとした森の中で音が広がり、

ピアノから森が広がる。

「蜜蜂と遠雷」はたくさんの音が描かれていたけれど、

風間塵や栄伝亜夜が弾いている姿が自分で描いたこの絵にちょっぴり重なりました。







b0134673_21113295.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-05-21 21:34 | イラスト | Comments(2)

平成にこんな本を出した

今日はアメフト部母たちでランチ。

小さな可愛いビストロで、ワイワイ話に花が咲いた。

桜 🌸 より咲いたかも?! 😆

ところで、一昨日の夜、

夫と夫の仕事関係者の方とヒルトンホテルで食事をした。

ヒルトンの手前にあるアイランドタワー、

ここには出版社のキノブックスが入っている。

キノブックスさんから2016年12月にこの本を出した。




b0134673_18275956.jpeg



その時に何度かキノブックスにお邪魔した。

懐かしいなぁと見上げた。






b0134673_18300542.jpeg



数字が苦手で、家計簿がつけられない私が

困りに困って考え出した今の収入で確実に貯金を増やす簡単な方法。

家計に関してダメダメだから誰にでもできる簡単な方法になったのだ。

その方法とは別に、

その方法を実行するために必要な心構え、

自分自身を勇気づけることを

丁寧に寄り添う気持ちで書いた。

こちらの方は、アドラー心理学の日頃の実践から書いた。

面白いのは、家計管理も子育ても心構えは一緒ということ。

なんならダイエットでも勉強でも同じ。

目的を明確にする。

目的を明確にするとやるべきこと、手順が明確になる。

明確になったら一歩ずつ実行する。

できなかったらハードルを下げる。

そして何度でも決意し直して継続する。

ちょっとでもできたらたくさん勇気づける。

子育てもイライラしたり、

言わなくていいことを言ってしまったら

決意し直して目的を思い出して自分を勇気づければいい。

そうそう!子育てに関しては夫のこの本をどうぞ。





b0134673_21593977.jpeg

これもキノブックスさんから出た本で、私もお手伝いした。

私たちの子育ての実りは、

タクロウが成人してからも、今もなお驚きを持って感じている。

あれ?アイランドタワーから本の宣伝になっちゃった。

まぁ、いいか。

来月で平成も最後。

だから平成に出した本の宣伝、しておきましょう 😊




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!


by housewife_life | 2019-03-31 22:14 | | Comments(2)
今日は会社で1日単調な事務仕事。

B4サイズ3枚の2つ折り+1〜5枚ほどのA4サイズチラシ(宛先により枚数が異なる)を

揃えて3つ折りにして封筒に入れ封をする。

これを560通ほど。

午前中に1回、頭がガクッとなって睡魔から解放。

ガクッとなるまでは睡魔と闘っていて、

チラシのイラストを指でつまもうとしている自分にびっくり。

びっくりしたけど、依然として意識は朦朧としていた。ガクッとなるまで。

昼食後が怖いんだよなと思っていたが、

結構長い時間冴えていた。

よかった!眠くならないと思って張り切っていたのに

あの眠気は突然やってくる…。

なんか眠いかもと思った時は、闘いが始まっているのだ。

途中紅茶を入れに行って復活。

2度目は、作業内容が少し変わって復活。

単調な作業をしながら

津村記久子の著書『この世にたやすい仕事はない』

を思い出していた。

ちょっと地味な本だと思うが、

最近読んだ中でかなり気に入った本だ。

主人公が就く仕事は、ホントにこんな仕事あるの?と思うような仕事。

簡単だったり、単調だったり…

まぁ、出来る人がかっこよくする仕事とは程遠い仕事。

そんな一見妙で簡単な仕事でも、

やってみればたやすくはないと主人公は思う。

その主人公にはシンパシーを感じる。

心の中で思っても口をつぐんでいわなかったり、言いそびれたり、自信がなかったり…。

あーだろうか、こうだろうかと考えながら

それでも工夫したりして仕事をする。

一見地味な展開なのだけれど、

結構色んなことが起こり始めて一緒に不安になったり、

どうなるのだろうと推察する。

でも、文章や構成が、無理にドラマチックにせず、

日常を描くように淡々としていて

うまいなぁ!と感心した。

例えば、柚木麻子や湊かなえだとクライマックスとか

かなりドラマチックに感じるけれど、

津村記久子さんはずっとそういうところも抑え気味な感じで、

私の中ではその抑え気味なところが、

勝手に村田沙耶香(『コンビニ人間』)とかと同じ分類な気がしてる。

ちなみに『コンビニ人間』大好きです!

津村記久子さん、他の本も読んでみようと思っている。

今日の私は、睡魔と闘いはしたが、

『この世にたやすい仕事はない』の主人公みたいだなぁと思えて

ちょっと楽しかった 笑




b0134673_20553618.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-27 21:18 | | Comments(0)

リーサの庭の花まつり

昨日、散歩の途中、古本屋さんで見つけた ✨

エルサ・ベスコフの『リーサの庭の花まつり』
b0134673_20282931.jpeg

『野の花の本』で、いつもエルサ・ベスコフの絵を

好きだなぁ💕と眺めていた。

絵だけでなく、絵本でストーリーを読んだら、

擬人化されたお花、雑草、野菜たちのお話もなんて可愛いいの!😭

スウェーデンの自然の中で、

野の花々を慈しんで育ったエルサの優しさとユーモアに溢れていて!

↓↓2枚の絵の上の絵は、いちやく草。

こんな可憐なお花が好き。

絵本では寂しそうないちやく草。

花言葉を調べてみたら「恥じらい」だった。

下の可愛い絵はバター色したきんぽうげの親子。

子供たちの可愛いこと!





『リーサの庭の花まつり』より

b0134673_20444756.jpeg
前に、エルサの絵かな?思われる絵が入った食器を見たことがある。

ちょっと色と絵の配置がどぎつくて残念に思ったあれは、

エルサの絵だったのか?アレンジしたものだったのか?

ま、いいか 笑



さっき書いた『野の花の本』はこれ。





b0134673_21285104.jpeg




クラシカルなボタニカルアートや私の好きなクライドルフも出ている本。

私もこんな風に可愛いらしくお花を描きたいな。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-22 21:38 | | Comments(0)

やること渋滞

変な夢を見た。

人も物もごちゃごちゃ出てくる。

家のどの部屋も扉を開けると色んな物が置いてある。

自転車とギターが部屋いっぱいに整然と何台も並んでいたり

布団が敷きっ放っなしの部屋もあった。

親戚が来るのにそののまま出かけてしまって

出先で帰らなくちゃ!と焦っている。

帰っても食材が何もないけどどうしようと迷っているうちに家に着くという夢だった。

昨日、

アイロンかけなくちゃ💦

お掃除しなくちゃ💦

ギャラリーに画像データ送らなきゃ💦

と気にしていたからこんな夢を見たのかな?

いや、それだけではない。

『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』佐々木典士著

を読んだからだ。

著者はミニマリスト。

私は、ミニマリストは極端すぎると感じているし、

モノはそれなりに好きだったりもする。

しかし、片付けや整理整頓は掃除より好きで、

そこそこ捨てられる性格。

持っているもの全てに住所があるから、

戻すだけのシステムもできていて、どこに何があるか空で言える。

そんな私だけど、きっと自分で思っている以上に

まだ減らしたい欲求があるのだろう。

だから、こんな本に手が伸びたんだ。

既にわかっていること、実行していることがいっぱい書いてあったけれど

本当にはわかってないこともいっぱい書いてあった。

だって、ミニマリストになったことはないから、

あそこまでモノを持たないとどんな気持ちになるかはわからない。

今、やるかことが渋滞している & この本

が、あんな夢を作り出したのだ ☝️

そうなったら行動するしかないわけで。

いや、ミニマリストにはなろうとするわけではないよ。

まず、現実的に、やるべきことをさっさとやる。

掃除して、

2017年分までやって止まっていた

作品をパソコンに取り込む作業を

今年の分まで全部取り込んで整理し、

画像データにする作品を選び、

ダータを作ってギャラリーに送信した。

アイロンがけが残っているけど、だいぶ気持ちがスッキリした 😊

ついでに、現物の作品や資料なども整理していたら、

この本に書いてあって、

でも自分ではわかっているつもりのことが、

実は芯からわかっていなくて

こういうことか!と腑に落ちた。

それはまた今度 😉

夢のおかげで行動できてよかった😊


おまけ

2日続けて、確率が凄い!



昨日


b0134673_19523801.jpeg






今日


b0134673_19525113.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-19 20:04 | 日常 | Comments(0)
会社に着いた途端みんなに大丈夫〜?!💦と言われたから

大丈夫じゃありませ〜ん と元気よく言ってやった 😭

でも、旦那さんが一番大変かも…と言うと

何で?

私の涙の嵐話聴かなきゃだから…

みんな爆笑してた。

いや、旦那さん、ホント大変なのにありがとう。


他に意識を向けようと本を買ってきた。

いやホントは、

今年に入ってホモ・ゼウスとか落合陽一さんとか読んでて

小説から離れてたから飢え始めていた。

敬愛する白石一文さんの本が文庫になってた!

小説の限界に挑む超大作!

白石一文さんの小説はほとんどが長編が当たり前。

もう、期待でワクワクする。

白石さんのはほぼ全部読んでいる。

重い内容だけど魂の琴線に触れる本ばかりだ。





b0134673_20345284.jpeg





白石一文さんと森絵都さんの本こんなに厚い!

ホモ・ゼウスより厚い(ホモ・ゼウスは表紙も厚いから)

白石一文本文のみで577頁

森絵都本文のみで606頁

ちなみに津村記久子さんのが本文のみ424頁

読み応えあるぞー 😆💓





b0134673_21032506.jpeg



ホモ・ゼウスを時々混ぜて読む。



仕事は忙しかった。

夜出張帰りの夫と待ち合わせて夕ご飯を食べて帰ってきた。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-01-30 21:23 | | Comments(0)

とりあえず

モッコウバラ、やっと描けたー。

肩トントン💦

描けたと言ってもベースが描けたのであって

他のところを彩色しながらバランスを見て

おいおい色の強弱をつけるから

とりあえず…だな。







b0134673_20452744.jpeg







昨夜『ホモ・デウス 上』ユヴァル・ノア・ハラリ著を読み終わって

下巻に入った。

『ホモ・サピエンス 上・下』の続きだ。

昨年早々にホモ・サピエンスを読んで

価値観が大きく変わった。

ゼウスでそれが加速中。

ホントに面白い!


ところで、タクロウって私が読んで面白かった本を紹介しても

その時は、読む(ようなことを)言っていても、まず読まない。

私はタクロウのところにある本をけっこう拝借する。

夫の本も。

どちらも専門書的なもので、私の知的好奇心をくすぐるから。

ふと思ったのだけど、私は小さい頃3歳上の姉の真似ばかりしていた。

真似というか、お姉ちゃんのやること言う事に憧れていた。

お姉ちゃんがやることは、私もやってみたーい。

でも、競合の気持ちは全くないし競えるとも思っていないので

姉を抜くことは絶対にない。

お姉ちゃんにいじられながら、

半べそかいて教えてもらったり真似をして喜んでいた。

私のお姉ちゃんって凄いんだ💖そう思いながら 笑

姉は男の子っぽく、我が道を行くタイプで

憧れて擦り寄ってくる私をウザッ!と思っても 笑

姉らしく優しく教えるなんてことはなく、

遊んで欲しければ犬になったら遊んであげるとか言う。

私は天にも登る気持ちでワンワン言ってはしゃいでた。

シッポがあったらこの気持ちが伝わるのにと今でも残念だ 笑

ひどい姉でも、アホな妹でもない。

いや、私はアホだな 😆

本好きになったのも姉の影響だ。

ただ、本の好みはかなり違ってその影響はあまり受けなかった。

私が本を読むときその本は姉のような存在なのだと時々思う。

本を読んでそこにあるいいなと思うことを真似してみたり、実行してみたり。

それをするようになってから姉を頼らなくなった。

そして姉はこの世からいなくなってしまった。

タクロウは小さい時から自分で選んで自分で決めたい子だ。

はい。と返事して穏便にその場を過ごし 笑

実際は自分のやりたいようにやる。

無駄ないざこざを起こさないタクロウは賢い 👍

タクロウは私みたいに姉がいなくても1人でできる子だから

私の勧める本に頼る気はさらさらないんだな 😆

あれ?こんなこと書く気はなかったのに 😅








クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-01-24 21:48 | イラスト | Comments(0)

かわいいは深い

かわいいが好き。

なんでもすぐかわいい!と言ってしまう。

いや、なんにでもは言わない 😆

このかわいいと感じる感覚、

幼稚で恥ずかしいことと一人でそっと楽しむだけのことにせず、

もっともっと大切に表現していこうと思う。

(いや、もう相当出ちゃってますよ、かもだけど 😅)

美術書『かわいいナビ派』高橋明也 杉山菜穂子 監修・著

の「はじめに」に書かれていることにとても共感して

我が意を得たり!の気分になった。

そして、かわいいと感じる感覚に自信を持っていいんだと思えた。

せっかくなので「はじめに」の一部をどうぞ!



「私が抱く「かわいい」感覚の源流は、ごくシンプルであると同時に本質的なものだ。

勇ましさや重厚さ、偉大さ、権威、威厳や畏怖、支配、完璧性や絶対性などという言葉とは遠いもの、

自由、自然、優しさや柔らかさ、親近感や癒し、未完成、自発性、感覚性などの言葉で代表されるような、

いわば等身大の身体的、直感的な感覚である。

そうした感覚は、政治・宗教・経済的な権威と寄り添って大きく発達してきた西洋の美術からは、

しばしば失われ覆い隠されてきた、というのが私の考えである。

その点では、山川草木、風のそよぎや木漏れ陽の中にさまざまな精神を感じながら、

どちらかと言えばひっそりと、民衆的現場の中で育まれてきた日本の美術には、

古代の作品から昨今の現代美術やサブ・カルチャーに至るまで「かわいい」感覚が横溢している。

……… 略 ………

印象派の画家たちよりさらに先に進んで、ナビ派の作品ではもう決定的な画題は存在せず、

日常的なあらゆるものがモティーフとなった。

……… 略 ………

子どもや動物、植物が持つ溌剌とした生命力、母親が新生児に寄せる生物的な「無償の愛情」、

そして、ありふれた日々の生活の中に潜むささやかな事物…。

権威とは無縁のそうした画面のそこここに、私たちは限りない「かわいさ」を見出すのだろう。 高橋明也 」



私が、ナビ派の代表的な画家ピエール・ボナールに

直感的に強く惹かれるのにもここに書かれたような訳があるのだ。

かわいいにも色々あって、例えば私はゆるキャラなどの

キャクターものに心からかわいいと感じることはない。

でもボナールの絵はかわいい!と思うし、

やかんやお皿、家の窓辺やカーテン、カーテンを揺らすそよ風や差し込む陽射しをかわいいと思う。

暖かい日常生活を支える物、事象、人をかわいいと感じる。

ただ、私にとって、その一見甘いかわいさは、

強い決意と意志が支えている。

暖かい日常を紡いでいくためにある密やかな強い決意と意志。

それはまたおいおい。

それにしても、印象派〜ナビ派の展示をいくつか重ねることが、

私にとっての「かわいい」の大切さの理解を深めることになるとは思ってもいなかった。 ✨✨

何がどう繋がるかはわからないものだ。


ところで、ご近所さんにいただいた ツッカベッカライ カヤヌマのイースト菓子。

これもかわいい!!✨✨





b0134673_17151657.jpeg



前にツッカベッカライのクッキーを頂いたことがある。

ピンク一色の質素な缶にギッシリ入った手作りクッキーは、

うっとりするほどかわいかった ✨✨

そこのイースト菓子だからなぁ 😍




b0134673_17182728.jpeg







b0134673_17183958.jpeg




お茶をいれて、みんなでにこにこ食べる景色…

それもあったかくてかわいいなぁ ✨✨



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-01-18 17:55 | 日常 | Comments(0)