タグ:本 ( 52 ) タグの人気記事

ドロドロの世界、本当?

ルミネ10%offスタートの日💓💓

張り切ってルミネ1の本屋さんへ。

開店してすぐカゴを持って本屋さんの中をウロウロしてる皆さん、

本が大好きなんですね!ってシンパシーを感じた✨

文庫を7冊、単行本を1冊買い、自宅に届けてもらう。

ところで、先日おおこに貸してもらった『蒼煌』はすごかった。

『蒼煌』 黒川博行著 文春文庫

日本芸術院の日本画壇のお話。

会員選挙に勝つために億の金を使うことが当たり前の世界。

ドロドロです 😱

しかし人間、ドロドロの世界を覗きたいものですね 😅

ひぇ〜っ!!と思いながら面白くてたまらない ←

ここまでお金を使ったんだからと心なしか応援してる?自分。

この世界は、創作ですか?

いやいや、なかなか近いものがあるんですよ、ですか?

昔日展で何かきな臭いことがあったよな。

ヒエラルキーは不動と聞いたこともある。

院展でなんでこの絵が評価されてるのかな?

私の見る目がないのかな?という絵に会うことがある。

現実世界はどうなのか、とっても知りたい。

あ〜、恐ろしくて、でも面白かった!😆




b0134673_22392505.jpeg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-11-08 22:41 | | Comments(0)

山里くんは天才だよ

買い物に出てついでに一人でランチをしてきた。

可愛い席に案内されてラッキー 💓

椅子も二人がけのソファでテンション上がる 😆







b0134673_18160205.jpeg





居心地がよくて、ポットに紅茶がたっぷりで

読みかけの本を読み切ってしまった 😆

読みかけの本ってこのシチュエーションには不釣り合い 笑

お笑い芸人、山ちゃんの本

山里亮太著 『天才はあきらめた』

ちょっと前に買ったのだけど、

今や本屋さんにドーンと平積み、ズラリと面陳!








b0134673_18190486.jpeg



ライターさんではなく、山ちゃんがちゃんと自分で書いたに違いない。

そこがまた伝わってくるんだなぁ。

自分は天才じゃないから天才っぽく振る舞うことで

恐怖や怠け心に逃げようとする自分の言い訳を潰す。

嫉妬と劣等感をガソリンに自分を鼓舞する山ちゃん。

途中から、本に頭を突っ込む程引き込まれて、

陰険な山ちゃんを心から応援していた。

陰険な山ちゃんは、私の心にも…きっとみんなの心にもいる。

山ちゃんが正直なだけ。

だから、山ちゃんに幸あれ!と夢中で読み進んだ。

最後は泣けたよ〜 😭

そしてあとがきの若林正恭(オードリー)がまたいい!

数年前にまゆさんと近所の住宅街を歩いてたら

山ちゃんとすれ違ったことがある。

その時は私既に、結構山ちゃんが好きで、凄いぞ!この人と思ってた。

だから、山ちゃん!頑張ってください!応援してます!って言いたかった。

でも、あっ、って思った瞬間に山ちゃんから放たれたのは

何見てんだよ!声かけんなよ!オーラ。

卑屈な視線でギロリと見てきた。

それで私たちも下を向いて静かにすれ違った。

今でも後悔している。

そんなオーラに負けずに、応援してるよ!って言えばよかったって。

まゆさんとも、言いたかったね、

でもあの雰囲気じゃ言えなかったよねと悔やんだ。

本を読んだらなおさら。

あぁ、本の中のあの辺りの時期だったんだね、あの顔は…って。

でも、それでも嫌なヤツとは思わなかったな。

屈折してるのが山ちゃん、と思ってたから 笑😆

やっぱりこの人は天才?!

若林くんもそう思う?

ちなみに、若林も大好き。

若林くんも天才だよ。

陰険で卑屈なはずの山ちゃんに

最後は泣いて勇気をもらった。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-17 18:43 | | Comments(0)

辻村深月、村田沙耶香

  • 今日も達成感の土曜バイト!

月曜辺りに、筋肉痛 come on!です。


ところでこの間最近読んで当たり!だった本のことを書きました。

『本屋さんのダイアナ』柚木麻子著 と 『ポイズンドーター・ホーリーマザー』湊かなえ。








b0134673_18170404.jpg






あとの2冊。

『鍵のない夢を見る』辻村深月著

5編の短編小説から成る直木賞受賞作です。

彼氏が欲しい、幸せになりたい女たち。

なぜ、そこにある危うさに気づかないのだろう?

そして転落していく彼女たち。

そんな彼女たちと自分の境界線は紙一重のようにも感じます。

しかしその薄い境を越えることなく

私たちは絶妙なコントロールで健全な方に向かって生きていくこともできる。

その紙一重の差はとても大きい。


5編の中の最後の『君本家の誘拐』は、

車で近所のショッピングモールに行き、

ベビーカーを押してほんの少しだけウインドショッピングをし、

ヘアゴムを買おうと一瞬ヘアゴムに気をとられ、

手元を見るとベビーカーがなくなっていたところから始まる。

パニックになり、店員や警備員たちがベビーカーを探すが見つからない。

夫に連絡をとろうとバックの中を見ると携帯を家に置いてきたことに気づく。

携帯がないので、夫の電話番号もわからない。

そこで警備員らに赤ちゃんを探しているから取りに行くように勧められ、

パニックになりながら車で家へ向かう中、

子どもを欲しいと思ったときから、

生まれてからの想像以上に大変だったことの細かな一つ一つが思い出される。

夜泣きのひどい子で、自分も一緒に泣いたことや

そんなとき協力的ではなかった夫のこと、

昼間この子がいなかったら一人になりたいと思った自分のこと。

そんなことを思ったからこんなことになったんだと自分を責める。

一方あの子がいなくなったら自分はもう生きていけないと思う。

ここから先は書きません。

その結末…私は心を打たれました。

母なら(とても大らかな母は感じないかもしれませんが)主人公がこうなったこと、

理解できるのではないでしょうか。

彼女の行動は信じられない!と思う人もいるかもしれません。

しかし、こうしてみんな母になっていくという、

ちょっと極端なようで実は現実的な母の心の物語だと思いました。

子どもを産んだ途端に母になれるわけではなく、

むしろみんなお嬢ちゃんのまま母になるから、

泣いたり、自分の立場は理不尽だと思ったり、子どもに当たったり、

そして自分を情けなく思い、落ち込んだりしながら

時間をかけて子どもに大人にしてもらうのです。

それでもこの子を命がけで育てあげようと思うのです。

そんな若い母たちを未熟だとか、甘えているとかではなく、

頑張っているね、と抱きしめたくなる、そんな物語でした。



『コンビニ人間』村田沙耶香著

読みかけで寝たら夢に出てきてうなされて目が覚めてしまいました。

思ったことをそのまま口に出してしまう主人公。

そこに怒りや感情はないが、いや、ないから口に出してしまう。

それでは社会でやっていけないと家族に言われ、

そんな自分を出さない為に、学校ではいつも一人で過ごしてきた。

ある日そんな彼女がビルの一階に新しくできたコンビニの前を通る。

ガラスの水槽の中のようなコンビニ。

ここでなら働けるような気がして店員として働き始める。

自分は他の人の喋り方の真似が上手いことに気づき

他の店員の喋り方をコピーして、自分の喋り方を出さないように店員たちと会話をする。

仕事はよく覚え、品出し、客の動きを見ながらのレジ打ち、

売れ行きを考量しての陳列など仕事の信頼は厚い。

昼も夜もそのコンビニで買ったものを食べ、

主人公は、私の身体も生活もコンビニでできているのだと思う。

そしてそれまで社会への所属感がなかった主人公は

初めて世界の部品になることができたと思った。

ある日新入りの男性店員がやってきて、彼女の生活は

実に奇妙に変わって行く。

私は、そこで中断して寝たものだから、

新入りの変な男と奇妙な生活にうなされてしまったのです 笑

この後の結末は書きません。

コンビニ人間、相当変わり者のように思えるかもしれません。

でも私は、『鍵のない夢を見る』で感じたように、

ここにもデフォルメされているだけで、紙一重の私がいるのではないかと。

水槽のようなコンビニは、彼女にとって自分で居られる場所、

人生が必要としてくれる場所です。

逆を言えば、その場所を見つけた時、人は自分になれるのだと感じました。

彼女にとってのその場所がコンビニなのです。

コンビニで働いている時の彼女は、どんなに気持ちよく自分でいるのだろうと想像することが

私には気持ちのよいことでした。

コンビニの声が聴こえる、その声にもっと完璧に従うために存在している。

これを気持ち悪いととるかどうか。

またあとがきには、この結末をハッピーエンドととるか、バッドエンドととるか、

とありましたが、

私はハッピーエンドにとりました。

みなさんはどうでしょう。


『鍵のない夢を見る』『コンビニ人間』普通ということを考えさせられる小説でした。



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-22 18:18 | | Comments(0)

柚木麻子、湊かなえ

このところ読んだ本が大当たりだ。

私の好きな柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』

母娘関係と友人関係を描いた小説。

キャバクラ勤めの母を持ち、母に髪を金髪に染められたダイアナ(大穴)と

お金持ちでおやつは全て手作りする上品な母を持つ彩子。

小学校3年生で出会ったダイアナと彩子の唯一の共通点は本が好きなこと。

そして、二人は友情を育み、互いに相手の母に憧れる。

母の影響が強い環境を絡めながらそんな二人が少女から大人へと成長する過程が細やかに描かれた小説です。

やがて二人の間にはずれが生じ、別々の道を歩む。

母から離れて自分の人生を生きようとするダイアナ。

大切に育てられたが、社会で本当に必要で大切なことを教えられなかったんだと気づく彩子。

たくさんの傷を負いながら二人がありのままの自分に直面していく様は

本当に心を打たれました。

青春って、成長するって、綺麗ごとではない。

だから青春の思い出って、本当は恥ずかしくて、かっこ悪くて

傷だらけで、最悪だったりする。

けれど二人は、その葛藤を通して、母のせいだ!父のせいだ!と恨んできたことを

自分が人生の主人公で自分で選んでいくことにシフトしていくのです。

少女から大人に変わっていく十余年の女の子の気持ちがこんなに生々しく書かれた小説をあまり知りません。

柚木麻子さんが書く女の子や若い女性は天下一品です!

感動の1冊でした。



湊かなえさん『ポイズンドーター・ホーリーマザー』

母娘関係を中心に母娘以外の人間関係も含め、

歪んでいく様を事件の証言を通して見せつけられる。

そう、当事者や娘、母、友人、同僚の証言という形でストーリーは進んで行くのです。

違う人間からの証言を見たとき、いかに人は自分の見方がまっとうで正しいと思っているかという

私的論理の強さが浮き彫りになる。

そこがさすが、湊かなえ!なのです。

初めの証言を読んだとき、ひどい人間だと怒りを覚えていた人間に対して、

その人の証言を読むとさっきの人の証言はなんという勘違い、思い込みだったんだ!

と驚かされるのです。

そしてあとがきに

「湊さんの作品は人物の突き詰め方に容赦がない。心の奥に隠し持つ黒い塊を的確に探り当てて、引っ張り出して自白の下に晒す。」

「読み手自身にも心当たりのある描写をちりばめて『この人物はあなたでもある』と突きつけ、動揺する読み手の心に追い打ちをかける」

とあり、まさにこの手法にみな痛がりながら夢中になってしまうのです。

柚木さんの小説も湊さんの小説も、そこかしこに私がいました。

思い込み、勘違いに救われたときもあれば、間違えたこともある。

小説だからデフォルメされていると思うことも勘違いかもしれない。

あとの2冊はまた今度。





b0134673_19250232.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-18 19:26 | | Comments(0)

ティーサロン

大学時代のサークルの友人たちとランチ&お茶 💓

台風を気にしながらも会うことができました。

お茶に入ったところは、

マダムが優雅にお茶をする雰囲気のティーサロンだったのだけど、

男性の芸人さん2人を連れた千原せいじさんが来ました 😵

ケーキ食べてました 😆

ここはいつも比較的空いているし、静かでゆったりしているので、

案外常連さんなのかも 😁

私たちといえば、

仕事から完全に解放された敬ちゃんの自由な生活✨

もうそんなに行ったの?!な旅行の話や

まだまだ楽しく頑張る仕事組。

色々な話で盛り上がりました。

そうそう、このティーサロンにはお砂糖で作った花や人形などが飾ってあるんだけど、

このお茶のテーブルセッティングが可愛い!😍






b0134673_20345158.jpg



細かいところまでリアルで凄い ✨✨

このティーテーブルだけ写真を撮りました。

こんな雰囲気の中に千原せいじがいたわけです 笑




ところで今、海堂尊さんの『スリジエセンター1991』を読んでいます。

『ブラックペアン』からの 『ブレイズメス』の次の本です。

あぁ、ブラックペアンの渡海先生だけが出て来なくて寂しい…。

スリジエには、『ジーン・ワルツ』からの『マドンナ・ヴェルデ』の舞台や

登場人物も何気にチラチラ出てきて、

どこかリンクしています。

海堂尊の本もクセになる👍





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-08-08 20:58 | 日常 お出かけ | Comments(0)

うまいことやる習慣

今日は、ジョセフ・ペルグリーノ博士の講座No.1の2回目の日。

準備や受付をしに行ってきました。

講座は満員御礼。

お客様優先で、講座に出なかった私は

オフィスの方で絵の下描きをしたり

読書をしたり、他にすることがないので

中々有意義な時間を過ごせました。

著者の奧田弘美さんにいただいた

『心に折り合いをつけて うまいことやる習慣』(すばる舎)

を読み終わりました。

奧田さんの精神科医としての恩師中村恒子さんの話を

奧田さんが聴き取り、本にしたものです。







b0134673_22062011.jpg






ちょうどツイッターで、

「バリバリ働いて、子育ても楽しくやって、輝かなければいけなくて、そうできないと罪悪感を感じる社会で生きるのしんどい」(大意)

というような呟きを目にしました。

いいねがたくさんついていて、

多くの人がストレスを感じているのだなぁと思いました。

もちろん、私も実感としてそう感じることがあります。

しかし、バリバリ働いて、子育ても楽しくやって、

輝くことを求めているのは、

本当は社会ではなく、実は自分自身なのです。

社会がそうなれと言っているのではなく、

自分自身がそうでなくてはいけないと思っているのです。

まずこのカラクリに気づくことが必要です。

自分自身が求め、作り出しているそうした葛藤を軽くし、

周りと比べず、自分のペースでほどほどに生きるコツを

優しく教えてくれるのが、この本です。

中村先生の気取りのない語り口調で書かれているので、

優しく諭されるように心にスッと入ってきます。

どんな生き方を選ぶのか、それは自分自身がきめること。

中村先生のような生き方は、私の好きな生き方です✨




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-07-29 22:42 | | Comments(0)

笑い方がきれいな人

白石一文の小説が好きで、文庫になったものはほとんど読んでいます。

はまると、中毒性がある。

久しぶりに、まだ読んでいなかった文庫を手にしました。

「光のない海」






b0134673_20372760.jpg






この小説の終盤に差し掛かって心ひかれる表現に出会いました。

主人公高梨が社長の椅子を誰に譲るか悩み、友人の富士子に相談する場面。

富士子は専務の大庭でいいじゃないと言う。

「あの人、笑顔も素敵だし、笑い方もきれいよ」

「笑い方がきれい」

…この表現が妙に私の心にはまりました。

「そう、豪快でもないし、上品でもない。

大庭専務はのびのびとさわやかに笑うことのできる人よ。

高梨さんみたいに滅多に笑顔を見せない社長の次は、

そういう社長がきっといいのよ」

そして

「大庭さんなら、この厳しい時代でも、

あの持ち前の笑顔で乗り切っていけそうな気がする」

白石一文の小説って、どんな場面も静かに淡々と書かれているように思います。

大変なことが起こっていても、

主人公たちは何か諦めにも近いような、どこか冷めた視線で

客観的に自分を見ているような感じを受けます。

それだけに、この「笑い方がきれい」は、

小説の中で唯一明るく光った瞬間でした。

わざわざ次期社長の印象を「笑い方がきれい」に設定する白石一文。

ほんの半ページくらいの文章の存在が、

今まで淡々と書かれてきた高梨の人生に

光がないことを際立たせているように感じたのは私だけでしょうか。

「笑い方がきれい」で「のびのびとさわやかに笑うことができる人」

私の脳裏に浮かんだその人は、

他のどんな説明よりもじき社長として適任に違いない

と思わせてくれたのだった。←

「…なのだった」は白石一文さんがよく使う表現で、

真似してみました 笑

そんな笑い方ができる人って、

己に対して心の強い人だろうなぁと思ったりもしたのだった。←


そして今は、辻村深月さんの「ツナグ」を読んでいます。

映画化してたから避けてた←

けれど、読んでよかったです。

辻村深月さん、初めて読んだので、

他の本もチェックしてみます。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-07-26 20:46 | | Comments(0)

はまった本はなーんだ? 😆

今日は本のことを ✏️

すごく面白くてはまった本があるんだけどそれは後半で。



今は原田マハさんの『モダン』を読み中。

マハさんの本は、アート小説に偏って読んでる。

マハさんのアート小説のおかげで、

お勉強っていう感じじゃなく、

引きこまれて美術のことを知ることができるから。

MOMAの創立者やMOMAにまつわる芸術家のことを

知ることができる『モダン』、引きこまれてます ✨

マハさん、どんどんアート小説を書いてください!🙏 ってくらい 笑



『モダン』の前は、

宮下奈都さんの『スコーレNo.4』と

柚木麻子さんの『ナイルパーチの女子会』を読んだのだけど

話の展開がスピーディーで、時にユーモラスで

軽快に読める柚木麻子さんの小説が、今回意外に重かった。

自分で自分のことは分析できない。

自分の夢すら自分では正確には分析できないと

Dr.ペルグリーノの夢解釈で習ったけど

本当にそうなんだなぁと思う。

スコーレもナイルパーチも相手に感じ取るられている自分がわからなくて

わかっているつもりでもずれていて。

一生懸命わかろうと、へとへとになりながら生きている。

少しずつ自分の生き方に折り合いがつけられるようになっていく最後の方でやっと

へとへとになったり、傷ついたりしながらも

人と向き合い、人を通した自分を見たからこそ

折り合いがつけられるようになってきたんだと

暖かい気持ちになりました。



さて、いよいよ、はまった本です。

痛快!面白くて、タメにもなるし読後感も暖かい

垣谷美雨さんの『老後の資金がありません』

これです、これ!!







b0134673_19435446.jpg




あまりに面白くて、超忙しい夫にも

「これは勧める!!

時間ができた時でいいから読んで、読んでぇ!

誰かと語り合いたいのっ!」

ってことで、じゃ、ちょっと、

と寝る前に見ちゃった夫は…

瞬殺ではまりました 😆👍

やめられない止まらないで即、読了。

家計あるある、

夫婦あるある、

友人あるある、

人生あるある、

色々あるある、

満載なところに

まさか!そ、そんなこと?!

まで展開して、まぁ面白い。

これ、映画かドラマになるよね!

監督は山田洋次監督かな?(「家族はつらいよ」を彷彿とした)

配役悩むねぇと盛り上がりました。

その割に、配役誰がいいかなぁ…全然浮かばない 笑

う〜ん、誰がいいと思いますか?




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-06-02 20:05 | | Comments(0)

『羊と鋼の森』からのインスパイア『森の音』

青い絵ができあがりました。

青い絵…て 😅

『森の音』とでもしましょうか。

タイトルは変わるかもしれません。

宮下奈都さんの『羊と鋼の森』を読んでいた頃に浮かんだ絵です。

あくまでも読んでいた頃に浮かんだ絵なので、

『羊と鋼の森』が、この絵のようなお話というわけではありません。

ところで、原画の透明感が出ないのが残念です。




b0134673_20305782.jpg





絵が浮かんだのは、主人公の僕が、

学校の体育館で生まれて初めてピアノの調律を見たときのことです。

「ピアノの蓋が開いて、そばに男の人が立っていた。

何も言えずにいる僕を、その人はちらりと見た。

その人が鍵盤をいくつか叩くと、蓋の開いた森から、また木々の揺れる匂いがした。

夜が少し進んだ。僕は十七歳だった」

「夜になるのを待って活動を始める山の生きものたちが、すぐその辺りで息を潜めている気配がある。

静かで、あたたかな、深さを含んだ音。そういう音がピアノから零(こぼれ)れてくる」

『羊と鋼の森』より




華やかな演奏の陰で演奏者を支える人たちを描いたこの小説が好きです。

自分は知らない、もっとたくさんのことを見て知らなくては!

と思い、繊細に物事を感じ取っていく主人公の僕。

そんな僕は、一見自信がないように見えるが

知らないと自覚していることこそが、僕の強みだと思いました。

知らない、わからない自分をしっかり持っている。

わからないことが何で、どうわからないのかがわかっているのです。

上っ面でなんとなく生きていない僕だからこそ、

自分にはわからないことがたくさんあることがわかっている。

無知の知という言葉を思い出していました。

それが僕を成長させていく。

美しいという言葉を

「知らなかったというのとは少し違う。僕はたくさん知っていた。ただ、知っていることに気づかずにいたのだ」

僕がそのことに気づいた場面はなぜか涙が出ました。

「その証拠に僕は記憶の中からいくつもの美しいものを発見した。

たとえば、実家にいる頃祖母がつくってくれたミルク紅茶。略

たとえば、泣き叫ぶ赤ん坊の眉間の皺。それ自体が強い意志をもつ生き物のようで、そばで見るとどきどきした。略」

「美しいとことばに置き換えることで、いつでも取り出すことができるようなる。

人に示したり交換したりすることもできるようになる。

美しい箱はいつも身体の中にあり、僕はただその蓋を開ければいい。

これまでに美しいと名づけることのできなかったものたちが、記憶のあちこちからひゅっと飛んでくるのがわかる」

「ピアノが、どこかに溶けている美しいものを取り出して耳に届く形にできる奇跡だとしたら、僕は喜んでそのしもべになろう」

僕はひとつひとつわかろうとする。

周りの先輩たちは暖かく勇気づける人たちで、

僕はそれをちゃんと感じて、受け取って丁寧に成長していく。

その姿が感動的です。

調律という題材の小説でありながら静かな小説です。

情報が溢れる外側ばかり見ていないだろうか?

きちんと自分の感じ方で感じているだろうか?

静けさを持って自分に対峙することの美しさを主人公の僕が教えてくれる小説でした。

と同時に、この本を勧めたいと思う本屋さんの感性が素敵だと思いました(本屋大賞受賞作)

ひたすら「好き」という気持ちで裏方の仕事に徹する人々の思いが乗っているように思えたからです。

最後に、僕の先輩の柳さんが静かに言ったことば。

「才能っていうのはさ、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないかな。どんなことがあっても、そこから離れられない執念とか、闘志とか、そういうものと似てる何か。俺はそう思うことにしてるよ」

主人公の僕にはそれがあると思います。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-22 21:54 | イラスト | Comments(0)

小説を買い込む

ルミネ10%オフ!

本も10%オフになるので小説を買い込んで来ました 😆💓

ルミネは3,000円以上買うと無料配送してくれるので

重たい本も気にせず買い込めます。

だから10%オフになるとまずは本屋さんです 👍

そして夕方本が届きました。

並行して読んでいた、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』

東野圭吾さんの『ラプラスの魔女』を読み終わったので、

次はどれから読もうかなぁ 💓





b0134673_21585996.png




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-19 22:00 | | Comments(0)