人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

タグ:コンサート ( 18 ) タグの人気記事

素敵な一日 ✨✨

今日は楽しい1日だった 😊

昼間は久しぶりにカレンさん、静香さんとランチ&お茶。

夜は夫とコンサート ♪

カレンさんは編集者であり本を書きたい人のパーソナルコンサルタントで、

私に本を出しませんか?と言ってくれた人 ✨

静香さんは講座や講演、本を通じてアドラー心理学をお伝えしている人。

最近の私は、講演よりもイラストを中心に持って来て

そんなマイペースを大切にしている。

人前でキラキラしたいタイプではないので

思いは作品に込めて。

そんなそれぞれの3人だけれど、

自分の核、軸をしっかり持っているから

それぞれを尊重できるのだと思うし、

気持ちよく応援し合えるのだと思う。






b0134673_22283954.jpeg



それぞれを感じながら、私は私のペースが大好きで愛おしいなぁと改めて強く思った。

3人でフィーカ(スウェーデンのゆったりとしたお茶タイム)、ヒュッケ(デンマークの仲間と楽しむお茶タイム)

の話になった。

いいよね〜!と言いながら、私は自分の人生には

ちょっぴりだけどそんな時間がいつもあることに気づき、

そのことに小さな誇りを感じ、

そんな生活をまたまた愛おしく思った ✨

夫はとても忙しいし、休みなく仕事をしている。

今年の10連休中も8日間は講座などをしている。

でも考えてみると、よく私と短いフィーカをしてくれる。

そういうところは柔軟で、ちょっとの隙間で、

またお茶こそ飲まないけれど寝る前のひと時、

おしゃべりの時間を持ってくれたり。

私の方に余裕があれば、夫はそれに合わせて

ゆったりする時間を持つことができるのだと感じている。

タクロウともよく、ちゃんとポットで紅茶を入れて

とりとめもなく話をしたものだ。

一人暮らしを始めたタクロウは

真っ先にティーポットとカップ&ソーサーを買ったのは母さんの影響だなと言っていた 😊

嬉しかったな 💖


そして夕方、コンサートの前に四谷の paul で食事をした。

ここでも、夫とゆっくり楽しい時間が過ごせた 😊






b0134673_22394731.jpeg

paul のカジュアルでのんびりした雰囲気も手伝ってくれていたと思う。

だからお店の雰囲気って大切 ✨

そして紀尾井ホールでの河村尚子さんの

ベートーヴェン・ピアノソナタ・プロジェクト vol.3 へ。






b0134673_22465769.jpeg

vol.2は2階で上から演奏を、指使いを堪能した。

今日は横から指使いも、顔の表情もよく見える席で

耳から目から酔いしれた。

26番、27番、

そして交響曲に匹敵するようなソナタと言われてる29番。

演奏が終わった時、すごい…と声にならない声が漏れた。

そうそう、夫は紀尾井ホールに着くなり、

vol.4の先行販売チケットを購入。

河村尚子さんにはそういうファンがたくさんついていて

チケットを買う長蛇の列ができる。

わたしもこのプロジェクトを追いかける夫にちゃっかりついて行きます!



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-04-25 23:07 | コンサート | Comments(0)

嵐コングッズ

今日はちょっとホリデー 💓

(チョイチョイ ホリデーあるやんけ 笑)

だってー!東京ドームで嵐コンサートグッズのプレ販だったから。

15(月)は、国際フォーラムでプレ販だったけれど

予定があって行けなかったの 😔

国際フォーラムはダダ広いのでスイスイ買えていた。

ドームは並び始めて買い終わるまでちょうど1時間だった。

まぁまぁ、そんなもんで通常ペースだけど

私はいつも長くて40分で買えていたから

少し混んでたのかな。

嵐さんは5×20 ( 5人で嵐×20周年 ) というアプリがあって

ドームの近くに行くとアプリのグッズ購入にチェックインできるの。

チェックインしたら並んでる間に欲しいグッズと数量にチェックを入れ、

決定するとQRコードが表示される。

自分の番が来たらQRコードを読み取ってもらい待っていると

オーダーしたグッズを揃えてくれる。

今年からそのアプリにクレカ登録もできるようになり

QRコードを読み取った時点で決済も済み、

お金のやりとりがない分所用時間が短縮。

欲しいグッズを1つ1つ告げる手間や

お財布を出す手間がなくて楽チン 👍

普通なら、1時間も並ぶのぉ?!😣

なのだろうけど、楽しい行事みたいなものなんだ 💓

コンサートは明日から3日間。

でも5大ドームを回りながら

また東京ドームに10月中旬、12月前半、12月後半と帰ってくる。

昨年から始まり全50ドーム公演をこなすツアーなのだ。

これだけやって、しかも今回はファンクラブ会員しか申し込めなくても

落選もたくさんいる…。

レギュラー番組、ロケ、ドラマ、映画、雑誌をこなしながらと言うタイトな中、

いつも全身全霊で魅せてくれるコンサート。 😭

今週後半は思い切り嵐を楽しむよ〜 😆💖


みんなお金を払って買っているのでお顔は隠すけど、

このクリアファイルにアプリをかざすと動画が見られるの😍

あとパンフレットもアプリをかざすと動画が見られるんだ〜 😍






b0134673_21213445.jpeg
ありがとう、嵐 💙❤️💚💛💜




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-04-17 21:30 | コンサート | Comments(0)

えっ!退場?!

今日はいいピアノ演奏を聴けた✨✨

「繊細なタッチ、情熱的な演奏、

聴く者の耳を、観る者の目を奪う

新進気鋭のピアニスト」(フライヤーより)

實川風(じつかわ かおる)ピアノ・リサイタル ✨✨

(於:中野ZERO小ホール)










b0134673_21350261.jpeg



演奏曲は…







b0134673_21455989.jpeg



オーケストラのコンサートにはよく行くが、

ピアノリサイタルとなるとあまり行っていない…

あっ昨年末、クリスマスシーズンに紀尾井ホールで

河村尚子ベートーヴェン・ピアノ・ソナタを聴きに行ったか…。

しかも夫がベートーヴェン好きなので、↑の河村尚子さんにしてもベートーヴェンで、

今回のようなシューマン、ドビュッシーのピアノ演奏は、

正直眠くなっちゃうなぁ(ごめんなさいっ🙏)と思っていた。

ところが!予想に反して實川風のピアノは眠くなるどころか

初めから終わりまでずっと引き込まれ続けた。

フライヤーの紹介文そのままの、繊細で情熱的な

そして全身全霊の演奏だった。

なのに…

なのに…なことが起こった。

休憩が終わり、後半一曲目、ピアノソナタ第2番「葬送」の演奏が始まったにもかかわらず

客席の照明が落ちなかった。

未だかつてこんな明るい客席で演奏を聴いたことない!

一瞬、これは演出なの?と思ったが、いや、あり得ない。

ホールのミスだと思った。

明るく見渡せてしまう客席で演奏を聴きながら、

居心地が悪くてたまらなかった。

暗くして欲しい!

でも、こんなに魂を込めて演奏してるのに途中で暗くしたら、

それこそ演奏の妨げになってしまうだろうな。

せめて第1楽章が終わったら照明を落としてくれるだろうか、

演奏者はどう感じているのだろうか、

と落ち着かない気持ちでいるその時だった。

實川さんが演奏を止めてパッと立ち上がり

すみませんと言って舞台の袖に下がってしまった。

すると、しばらくして客席の照明が落ち、

實川さんが戻って来てマイクを取った。

私は当然、照明について説明するのだろうと思ったが

…せっかくですから初めから弾き直します

とだけ、にこやかに言って再び演奏を始めた。

その演奏はさっきとは全く違うものだった。

さっきの演奏も魂がこもっていると感じていたが、

今度の演奏を聴いて圧倒された。

曲と一体になった全身全霊の演奏だった。

集中なんていう程度の言葉では表せない、全身全霊の演奏を

ホール全体があんなに煌々とした照明の中で弾くことなんてできない。

そう、この演奏をしたかったから彼は演奏を中断したのだと納得した。

中断の言い訳はしなかったけれど、

私は場を創り直し、素晴らしい演奏を魅せてくれたことに感謝と感激でいっぱいだった。

そして、それがまたかっこよかった!✨✨

あれだけの演奏をしたのにアンコールに2度も応えてくれた。

1度目は「英雄ポロネーズ・ショパン」

えー、あれだけの演奏をしたのに(何度も言うけど)

激しい英雄ポロネーズをアンコールで弾いちゃうの?!

でも嬉しいっ!と感激だった。

その上2度目のアンコール演奏までしてくれるとは!

「ヒースの荒地・ドビュッシー」

力強く超絶技法の英雄ポロネーズの後に

なんて繊細な!✨✨

拍手に包まれて實川風が去るか去らないうちに

よかった〜〜!!よかった〜〜!!

と座席の背もたれに沈んでしまった私だった。

演奏を中断して演奏者が退場する場面に出会えたことも

ちょっと貴重な体験だった。

かっこいい退場だったからね。

今日も、夫のチョイスしたコンサートで感動させてもらえて、ありがとうございました!

實川風、また聴きたい←アピール?😆





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-03-15 23:30 | コンサート | Comments(4)

華麗なるオペラ特集

一昨日言っていた通り、昨夜は東京文化会館大ホールで

「ららら ♪ クラシックコンサートvol.4 華麗なるオペラ特集」

のコンサートだった。





b0134673_16512588.jpeg



ソプラノ 森麻季 砂川涼子

テノール 笛田博昭 宮里直樹

バリトン ヴイタリ・ユシュマノフ

指揮 松下涼介

東京フィルハーモニー交響楽団


いつものコンサートと違ったのは

このコンサートはNHKのEテレ音楽番組「ららら ♪ クラシック」

で紹介した名曲を豪華キャストで生で

聴かせるためのコンサートだったので、

番組司会者の高橋克典と金子奈緒がMCでコンサートを進めたこと。

と言っても収録ではない。

そのため、いつもなら聞くことのできない

歌手、指揮者へのインタビューがあって

歌だけでなく、生のお喋りも聞くことができた。

皆さんの人柄がよくて楽しかった。

歌は1人1人が唯一無二の、この人ならではの声、

表現ですっかり魅了されてあっという間の2時間半だった。

笛田博昭のトゥランドットは圧巻だったなぁ!

何年か前まで、秋葉原にトナカイと言うライブハウスがあって、

ここでは色んな歌手のアリアを

食事をしながら聴くことができた。

ジョセフもクラシックが好きなので、

ジョセフが来日した時連れて行ったこともある。

トナカイはなくなってしまい、昨夜は久しぶりに

たっぷりと聴くことができて素敵な夜だった ✨✨

そして、夫はインフルの病み上がりで仕事、仕事だったし、

後からインフルになった私もまだ病み上がり感があったから

ツヤツヤの歌声に癒された。



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-02-15 17:13 | コンサート | Comments(0)

今年最後のコンサート

夫が休みに入り、オペラシティにウクライナ国立歌劇場管弦楽団の

ベートーヴェン第七番 & 第九番を聴きに行った。

始まるまでコーヒーでまったり。

年末にのんびりできるって幸せ。





b0134673_20494159.jpeg





7番は夫も私も大好き。

そしてのだめを見たくなる 😆

少し離れた席のおばあさんが拳と頭をガンガン振って

曲に入り込んでいるのか、身体を激しく揺さぶっていた。

あんなことする人見たことない。

両脇の人が可哀想なくらいの入り込みようだった。

あれじゃぁ、隣の人は自分のペースで演奏に集中できない 😣

なのに!なのに演奏が終わったら拍手もせず

さっさっと帰っちゃった 😳

えーーっ!

そんなに陶酔させてもらったのにぃ?

ちょっとびっくり。

でも会場は、何度も何度も暖かい拍手でアンコール。

第九の合唱団の最後の1人が退出するまで拍手が続いた。

それから指揮者が、譜面台に置かれた楽譜

ー大きな文字でBEETHOVENと書かれたー

を立てて敬意を示したことに感動した。

この喝采はベートーヴェンのものであるというように。


コンサートが終わると楽団の人たちって速攻で帰るので

初台の駅でバイオリンパートの人6人くらいと一緒になった。

みんな革ジャンにジーンズみたいなラフな格好。

曲をど忘れしちゃったんだけど、

ホームで流れたクラシック音楽に楽団の人が足音でリズムをつけたので、

私たちを含むその辺の多分みんな演奏会帰りの人たちが、

そのリズムに楽団の人たちと笑い合い和やかな雰囲気に。

演奏から会場の外まで暖かい雰囲気の今年最後のコンサートだった。





b0134673_23272221.jpeg

by housewife_life | 2018-12-29 20:46 | 鑑賞 | Comments(0)

検察側の罪人

『検察側の罪人』を観てきました。

前半、理解が追いつかないところもあったけれど

途中で完全に理解してなくてもいいんだと思って観た。

だいたいわかればいいんだろうな、と。

でなければ、脚本がどうなの?ってことになる。

そして中盤から確信した。

監督は、木村拓哉と二宮和也という二人の俳優の

凄まじい演技を見せたかったんだと。

もちろんそれを通して伝える何かがそこにはあるのだけれど、

ネタバレはまずいので…。

二人にはそれに十分に応える、凄まじさ、迫力を感じた。

何度も凍りついた。

ジャニーズ所属、そしてアイドルということで、

彼らは俳優のポジションに立つ度、散々偏見という辛酸を舐めてきた。

アイドルの笑顔も甘さもない検事の役を演じた二人は、

もはや俳優が嫉妬する、

あるいは目標にするのではないか

と思われる俳優で、私はそこにも感動してしまった。

あと、吉高由里子が上手い!

とてもよかった。

GANTZでにのと共演している吉高さん、

俳優としてにのととても相性がいいと思う。

吉高さんを筆頭に

主役二人を取り巻く俳優たちがまた

一癖も二癖もある狂気を見事に演じていた。

重くて、少々難しくて、甘いところなんてない映画だけれど

もう1回観てみたい。





b0134673_22073003.jpg


秘密裏に行われていたこの映画の撮影の際中にも、

にのはバラエティーで、コンサートで、

可愛い笑顔を振りまき、

何10曲というかっこいい歌と

難しい踊りをこなして

キラキラのアイドルをしていた。

アイドルなめんなよ、

どんな過密スケジュールの中でも努力を惜しまない、

その覚悟がなければできることではない…。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-08-29 22:11 | 鑑賞 | Comments(0)

コバケンさん魂の指揮者

今日のコンサート 『コバケン名曲アラカルト』

素晴らしかった!!






b0134673_22263887.jpg





コバケンアラカルトだから、

協奏曲などではなく、19世紀のレジェンド7人の作曲家の名作を演奏してくれました。

こんなコンサートもいいなぁと酔いしれました。

前半のヴァイオリニスト 南紫音さんの演奏、素晴らしかった ✨

ロマンスも素敵だったけど…

ツィゴイネルワイゼン、序奏とロンド・カプリチオーソは、

耳から聴くだけでは素人の私には想像もつかなかった超絶高度な演奏テクニックでした 😭

本当に素敵で魅了されました✨

後半は、コバケンさん自らマイクを持ち

演奏する曲の解説をしてくださいました。

その語り口の暖かさは、楽曲へのリスペクト、

今日のオケ、東京都交響楽団へのリスペクトに溢れていて、

その謙虚な姿が満員の東京文化会館大ホールを暖かさで満たしました。

バイオリン演奏の時も

私の席から南紫音さんのバイオリン越しにコバケンさんが見え、

まるで、さぁ、思い切り演奏なさい、と言っているかのような

暖かい表情で指揮をされていて心を打たれました。

人というのは不思議なものです。

その人の心の有り様は滲み出て伝わるものですね。

これは佐渡裕さんにも感じることですが、

コバケンさんは音楽に魂を捧げたというより

音楽を聴く人々に、

音楽を奏でる楽団に、

魂を捧げているように思えました。

決して主役になどなろうとしない人。

その姿が音楽を聴く素直な心(知識や理屈ではない感じるままの)を開き、

演奏者を勇気づけ、演奏をも高めているのではないかと感じました。

あの場にいたすべての人に対して勇気づけできる人…。

モルダウには涙が出た。

あとで聞いたら夫も泣いていたと。

最後のチャイコフスキー「1812年」は

轟く大砲の音、ロシア帝国の国歌、

ロシアの戦勝を祝う最後は左右の客席にトランペット団が現れ

大団円となって華やかに終わりました。

またしても私史上のアンコールの熱量の高さ更新!

「この曲のあとにアンコールなんて野暮はしません」

のコバケンさんの言葉も嬉しかった。

その通り!

そして私もスタンディングオベーション!

だってコバケンさん、東京都交響楽団に

賞賛といただいた感動の感謝をちゃんと伝えかったから 😭👏👏

大満足の心暖まるコンサートでした。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-06-26 23:34 | コンサート | Comments(0)

天才✨✨

今晩は、久しぶりのコンサート。





b0134673_23050509.jpg



ブラームスの協奏曲第一番、とてもよかった!



長年夫にお付き合いでコンサートに行っているうちに

相変わらず曲名は覚えないけど 😅

コンサートを楽しめるようになってきました。

じゃぁその前は楽しくなかったのか?っていうと…

夫とコンサートに行くそのことが嬉しくて楽しかった 😆

いや、毎回それなりに感動していたから楽しかったですよ。

でも、これっていい演奏なの?まぁまぁなの?とか…

私はクラシック音楽を理解していないから正解がわからない?

ホントはどうなんだろう?

って、自分の感覚より人や専門家はどんな評価を下すのだろう?

と思うことがよくありました。

正解なんてね 😅

自信がないからそう思うんですね、きっと。

もちろん今も他の人の感じ方にも興味があるけれど、

私はここが好き、ここがよかった!

と自分の感覚を楽しめるようになってきた…

そういう意味の楽しめるなんです ✨

今日はピアニストの横山幸雄氏のピアノを聴きながら

この人ホントの天才ダワ!✨✨

と思いました。

そりゃそうでしょう、と言われそうですが、

横山氏の演奏を聴くのは初めてだし、

辻井くんの指導をしたことぐらいしか知りませんでした。

演奏を聴きながら指揮者やソリストの経歴、

楽章ごとの解説を読むのが好きです。

ピアノに引き込まれ、オケだけの演奏になった時に

横山氏の経歴に目を走らせました。

「ショパン国際コンクールで日本の歴代最年少で入賞

ショパン生誕200年のとき、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」が授与される

「ショパン・ピアノ・ソロ全166曲コンサート」を行う(ギネス認定)

その他自ら数々の意欲的な企画で高評価を得る

リリースされたCDは数々の賞を受賞、毎年リリース

東京FMで「横山幸雄のピアノでめぐり逢い」のパーソナリティ

東京、京都にレストランをオープンし音楽と旬の食をプロデュース

上野学園教授 等々…」

が詳しく書かれていました。

ピアノだけで苦労して努力してソリストとして名を挙げるのも天才ですが

横山氏は、私が想像するに、やりたい事があって、

そこに到達するために何をしたらよいか、

するべき事を淡々と(かどうかはわからないけど😆)

とにかくやってきたのだと思うのです。

自分がやりたい事だから、物凄く練習したとしても

苦労とか苦しいとかの割合は、

凡人の感じるそれより少なかったのではないかと。

そんな風だから、コンサートやCDを次々と企画して

(むしろ面白くて仕方ないくらいでなければできないでしょう)

レストランまでオープンしちゃったのでしょう。

軽やか!

聴きながら、中野信子さんの著書「努力不要論」を思い出していました。

目標に到達するためにやるべき事を理解して

実行できる人。

苦しい苦労話満載の努力は不要な人。

この人はきっと本物の天才だ!✨✨

そう思ったのでした。

天才の演奏は凡人の私のことも

本当に素敵に酔わせてくれました✨





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-03-06 23:48 | コンサート | Comments(0)
今日は会社で1日お仕事。

昨日は、またまた夫とコンサートへ。

続きましたね 💓

昨日は、クラシック音楽ファンならこの2つの名を知らない人はいないと言われる

カール・リヒターが創設した

ミュンヘン・バッハ管弦楽団の演奏でした。

ハンスイェルク・アルブレヒトの弾き振り(チェンバロ)。







b0134673_20565696.jpg


このチェンバロでの弾き振り。





b0134673_20480821.jpg




プログラムは…… ↓ ↓






b0134673_20482633.jpg



好きな曲がたくさん!

弾き振りなので、みんながアイコンタクトを取ることが多いのですが、

その度に微笑みを交わす様子が、

卓越した演奏に和やかさ、暖かさを加え、

心から楽しむことができました。

各協奏曲のバイオリン、オーボエ、ファゴット、チェンバロのソリストはもちろんですが、

私は、バッハならではの低音部を美しく支える、

チェロととりわけコントラバスに心を奪われました。

ドイツ人!哲学者!の印象が強いハンスイェルク・アルブレヒト、

音楽を心から愛する優しい上品なおじさま、女性たちの中にあって、

コントラバス奏者は、ニューヨークのお転婆娘のようなイメージ。

チェロのおじ様とアイコンタクトを笑顔で取り合いながら

素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが、

演奏が終わりアンコールの間では、

これはお仕事、やれやれといった表情。

チェロのおじ様に浮かない表情で話しかけたり。

そこがまた、私にはとってもチャーミングに見えて、

私は貴女に拍手を送っているのよ!と彼女に向けて拍手し続けました 笑

最前列にもそんな人たちがいたのでしょう、

それに気づくと、おどけた顔をして手を小さく振っていました。

そうそう、それからリュートの演奏を初め見ました。

このリュートの奏者、リュートの演奏を愛してやまない幸せに満ち溢れた様子で演奏していて、

こちらまで幸せな気持ちになるほどでした。

クラシック、夫のように詳しくはないけれど、

バッハは好きです。

子供の頃ピアノを習っていた時、

運動の方が好きだった私は、コツコツ練習するピアノが嫌で嫌で、

どうしたらやめられるかということばかり考えていました。

でもある日、バッハインベンションの楽譜をもらい

これからこの曲を練習しますよ、

と先生が弾いてくれたのを聴いた時の感激は忘れられません。

なんて美しい曲なんだろう!

そして、右手を左手が追いかけるようなカノンの練習は、

本当に楽しいと思いました。

やがてピアノは辞めてしまいましたが、

バッハインベンションの何曲かは、

結婚しても時々弾いていました。

管弦楽では、コントラバスのずっしりと落ち着いた響きが終始心を鎮め、

その音楽のように虚飾のない、ありのままの自分が現れてきて

静かな喜びを感じていました。

バッハの曲を聴くといつも、そんな私が現れてくるように思います。

人と群れずに自分の中に深く入っていく喜びです。

幸せなコンサートでした✨✨

夫に感謝です 🙏✨✨




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2017-09-28 21:42 | コンサート | Comments(0)

P席の景色

久しぶりのコンサートです。

(もちろん夫が用意したもの 🤗)

オペラシティで、初めてのP席です。

P席は舞台の後ろの席で、オペラシティのP席は1列だけ。







b0134673_18571241.jpg

(始まる前にP席から撮ったもの)


私の頭上はパイプオルガン 😆






b0134673_21545157.jpg




そして、今日ききに行ったのは↓ ↓ ↓こちらのプログラム。




b0134673_21551569.jpg


16歳のピアニスト。

演奏は、私にとっては凄い!としか言いようがないので

素人の私が感じていたことを…。

イム・ジュヒさんは、クラシック界のキムヨナみたいな印象でした ✨

私はキムヨナ大好きなのですが、

キムヨナみたいに強い芯のある、

キムヨナみたいに手脚が長くてスタイルのいい

キムヨナみたいにカッコイイ

素敵なピアニスト✨

でもアンコールの挨拶の時は16歳らしく初々しくて可愛いかったな💕

アンコール曲は ↓ ↓ ↓ で、

圧巻の超絶テクニックに魅了されました!

夫によると、この編曲者ジョルジュ・シフラはフランスの超絶ピアノテクニック奏者なんだそうです。










b0134673_22062514.jpg



チョン・ミョンフン指揮なんてこれまた凄い!しかないでしょう。

今日の演奏を知りたければ、クラシックファンや評論家のブログを見ることをお勧めします。ハイ。

私は、せっかくのP席だったわけですから、

そのP席から観察した観客のご様子をお伝えしましょう←なんの役にたつの? 笑

平均年齢が高い中で、両親と来ている中学生くらいの子が数組。

コンサートでよく見かける光景ですが、

真剣に聴いていて将来の音楽家なのかなぁ。

高校生や大学生と思しき若者たちの姿が多数。

こちらもコンサートでは真剣に聴いている姿をよく見かけます。

彼らも音楽家のたまごなのでしょうね。

そして、これもよくある光景ですが、

寝ている人も(目を瞑って聴いているんだ!と言われそうですが 笑)多数。

なんでこの人たち多分毎度寝ちゃうくせに12,000円も払って懲りずに来るんだ?

と、私も寝ちゃう時あるけどご苦労さんと思った 😏

小学生の男の子たちも数人いましたが、彼らはほぼ全滅 😴 で可愛いかった 笑

ほぼ全滅 😴 させられるクラシックの威力!α波?! 笑

あっ、チョン・ミョンフン氏の靴底は全体に厚い!😳 とか…。

音楽に揺れてるお父さん、夫みたいにベートーヴェン狂なのね、幸せそう。

舞台から観客見下ろす気分はこんな感じね、悪くない。とか、とか。

とにかく、一度P席、味わってみるといいですよ😉

あぁ、これがクラシックコンサートの感想かい…😱

ごめんなさ〜い 😥

…………💦

あっ、そうそう!

これこれ!

今日のアンコール、凄かったんです!

ブラボーの嵐にスタンディング出ました。

たぶん在日の韓国の方たちがたくさんいらしていたのかな。

それは誇りに思える指揮者ですよねぇ。

最後までアンコールして、灯りもつき、観客がゾロゾロ退席し、

私たちもやっと通路に出て歩いる時もまだ拍手が聞こえていました。

そのうちそれが凄く大きくなったので途中の扉から入ってみると、

その拍手に応えて、チョン・ミョンフンさんが舞台の袖に現れ、

袖に集まった人たちに握手を差し上げていました。

熱烈なファンを持っていらっしゃるんですね。


オペラシティーから帰る時はいつもタクシーです。

車の中でコンサートの興奮の余韻に浸って帰ってきました。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2017-09-21 22:59 | コンサート | Comments(0)