<   2018年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ありがとう!2人の青年たち!

今日で外壁と屋根の塗装が終了した。

昨日、洗濯機を買いに行っている間に足場が解体され、

坂道を登りながらピカピカになった我が家の全貌が見えた。

塗装も屋根もほぼそれぞれ1人での作業だった。

補助は必要な時だけ。

塗装屋さんも屋根やさんも依頼した会社の職人さんで

2人とも若かった。

ちょっぴりやんちゃしてたのかなぁという面影があった。

ベテランが来るとばかり思っていた上に、

それぞれ1人での作業に初めは驚いたけれど、

毎朝挨拶に来て、その日の作業予定を話してくれる。

お隣さんに会うとお隣さんにも快い挨拶をしてくれる。

お茶出しもない、外出もOK、一切煩わせない。

帰りにはまた挨拶に来て、作業内容と明日の作業予定を話してくれる。

そしてそれを書き込んだ交換日記を渡してくれる。

不在の時にはポストに交換日記が入っている。

息子と変わらないような年端の青年たちの働きぶりに

毎日感動していた。

大きな家ではないけれど、小さいとも言えない、

少し凝った家ででこぼこが多く塗装面積は

壁も屋根も見た目より多い。

それを毎日1人でコツコツ作業し続けるって、

若い子にとって孤独だろうなぁと思ったりした。

作業始まりと終わりには、顔を合わせて挨拶をしたい!と思い

なるべく夕方には家に戻った。

交換日記の返事、感想は毎日心を込めて感謝や感動を伝えた。

会社の人に2人の働きぶり、綺麗な仕事を伝えると

会社の人の彼らへの信頼ぶりが伝わる返答だった。

「はい。彼らには自信を持っています。

コンテストをしたりして、彼らは技術向上に努力していますから」

勇気づけの会社だなぁ。

だから営業の人も、職人さんも会社に誇りを持って

会社を背負う1人としての誇りも持って仕事をしているのがわかる。

片付けている途中で土砂降りの雨が降った日もあった。

風邪をひいてるのに頑張っているな、という日もあった。

足場を解体した後の清掃に来てくれた今日が本当に最後の日。

2人の青年たちに心から感謝している。

一生懸命毎日伝えたけど、伝わったかな。

足場がなくなりスッキリしたはずなのに、ちょっぴり寂しい。

2人の手が、コツコツと私たちの家をこんなに綺麗にしてくれた。







b0134673_17220925.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-30 17:26 | 日常 | Comments(0)

洗濯機を買いに

洗濯機が壊れた 😱

危ないね〜とは言っていたのだが…

今朝はコインランドリーに行った。

家の近くには2つのコインランドリーがある。

1つは、薄暗くてスウェット上下のちょっと怖そうな若いお兄ちゃんがいたのを見たことがある。

見たことがあるというだけで、あそこのランドリーは怖いと思う私 (・∀・;)

もう一つの方は明るい。

それで、そっちのランドリーに行った。

先客に70代と思しき女性がいて、

「おはようございます!」と快活に挨拶をしてくれた。

一気に気持ちが和んで、洗濯機が壊れたことを話す。

「でも、乾燥機は使わないで家で干そうと思って」

と言うと、その方もそうするのだと言いながら

腰巻きを畳んでいた。

昨日が詩吟の発表会だったそうで、

着物で汗をびっしょりかいたと朗らかに話してくれた。

詩吟の会には94歳の人がいて、

みんながその人を目標に

「100歳まで頑張りましょう!」

と言ったら、その人が

「あら、それじゃ私はあと6年しかないわ」

と言ったので目標を110歳に変更したのだと楽しそうに話した。

こういうお年寄りは気持ちがいい。

洗濯が終わるまでに30分かかるので一度家に戻る私と

入れ違いで入って来たのはこんにちはをしているほど

腰の曲がったお年寄りの女性だったが、

慣れた様子で洗濯機を使っていた。

お年寄りもコインランドリーを使いこなしているんだなぁとちょっと感心した。

午後、洗濯機を買いにビックカメラへ。

店員のお兄さんに、持参した壊れた洗濯機の取り説を見せ、

これと同等の仕事をする洗濯機でいいです。

その中で安いヤツ!とリクエストした。

今までの洗濯機で充分満足している。

他の機能はいらないのだ。

私の他に主婦が2人いて吟味していたが、

その2人も同じ考えのようだった。

そうだよねぇ、普通に洗えれば恩の字だよねぇ。

今まで使っていた東芝かSHARPか迷って

安い方のSHARPにした。

東芝は音が静かで、SHARPは使う水量が少ない。

とっても静かでないとしても、家電として成り立ってるわけで、

だったら水量。水道代もわずかながら節約になるし。

日立のジャケットを着たそのお兄さんは、

「SHARPのこれ!コスパがいいですよね。

じつは私、昨日もこれ2台売りました

その言葉でいい買い物をした気になるよ、お兄さん。

迷うことなく、さっさと済ませた珍しい家電の買い物だった。





b0134673_22184030.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-29 22:24 | 日常 | Comments(0)

秋のお花屋さん

やっと絵が仕上がった!

展示を観に行ったり、旅行に行ったりで

中断が多かったのと、

細かいところを少しずつ進めたので時間がかかった。

何回も下描きを直して

本描きの紙になってもしつこく何度も描き直しちゃったから

紙を汚してしまったのは反省…😓

でも前だったら、何回やっても無理って思って

もう少し楽に描ける絵にしてしまったかも。

色々がサッと紙の上に決められる技術がないのはあるけど

時間をかけて描く絵も描きたいと思う。

時間はかかったけど楽しかった。

『秋のお花屋さん』

お花屋さんなら春、のイメージだけどあえての秋。

大好きなダリアとかススキとかケイトウとか。

暖かな色にしようと思って描いた。








b0134673_22092469.jpeg





今回はペン入れをせず、絵の具だけで描いてみた。

暖かい色と柔らかな輪郭で。






b0134673_22094316.png




描き上がって、ちょっと腑抜けになりそうだ 😆



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-28 22:19 | イラスト | Comments(0)

カラフルな絵

久しぶりにがっつり絵と向き合った。

秋の絵だけれどカラフル。

昨年も秋の絵を今回のと同じサイズで描いた。

26㎝×36㎝。

昨年の秋の絵は、色づいた葉がハラハラ散ってくる林の中で

あの子たちがリース作りをしている絵。

秋はこの落ち葉がカラフルで思いがけず明るい色彩に包まれる。

寒くなってきたのに暖かい明るさ。

今描いている絵は、また違うカラフルさ。

でも、私の中では秋なのだ。

って、何言ってるのかよくわかんないですけどって言われそう 😆

完成するまでテーマは秘密にしておきたいの 笑


ところでタクロウが大阪にしゆっちしていて

お土産にリクローさんにチーズケーキを買ってきてくれた 👏👏👏

前も買ってきてくれた。リクローさんのチーズケーキ。

絵を描いていた途中で紅茶を入れて、

リクローさんのチーズケーキを温めて

(温めると美味しさ倍増!☝️)

休憩タイム。





b0134673_22211728.jpeg



また直ぐ描き始めたいので

ごちゃごちゃの中でのお茶タイム 💦

この絵、出来栄えはどうであれ、楽しめてる絵です。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-26 22:25 | イラスト | Comments(0)

母のお楽しみ

母に出雲と足立美術館のお土産を届けた。

行ったついでに扇風機を片付けたり(ホント今年は今頃のお片付け)

必要な冬のものを出したりしてきた。

そして歩いてサンシャインへランチへ。

ランチは母の楽しみ。

今日は珍しくオムライスに真っしぐらの母でした 笑

ランチ後2人でフラフラしていたら、

大判のふわふわのストールが気に入ったようだったので

プレゼントした。

若い子の安いお店の。

気軽に使えばいいねって。

それからやっぱり楽しみにしているお茶をした。

「あ〜楽しかった!

若い子のお店、掘り出し物があるんだねぇ。

ストール、ありがとう。

いつもご馳走になって悪いね。

ありがとう」

いつもちゃんとそう言ってくれる。

ありがとう 🍀





b0134673_23355716.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-25 23:37 | | Comments(0)

足立美術館に行ったー

昨日は夫と玉造温泉からJR山陰本線に乗り、

夫だけ松江で下車…夫はお仕事です…お疲れ様です🙏ありがとうございます🙏

で、私は一人安来駅へ。





b0134673_10310732.jpeg




安来駅から送迎バスで20分。

念願の足立美術館に到着!

1日全部を足立美術館で過ごすと決めていたので

ガイドを借りて一つ一つをゆったりと味わってきた。

日本庭園もゆったり

枯山水の庭




b0134673_11314995.jpeg






b0134673_11321140.jpeg






b0134673_11324704.jpeg






b0134673_11330240.jpeg




池の庭






b0134673_11340724.jpeg





庭を巡る間に茶室にも立ち寄りゆっくり。






b0134673_11362616.jpeg



寿立庵では、入場料1500円で茶室の案内と解説をしてくれて

お菓子と抹茶をいただける。






b0134673_11373326.jpeg







b0134673_11374690.jpeg






b0134673_11380213.jpeg







b0134673_11381542.jpeg




自由に庭に降りて写真を撮れる。

苔がとても綺麗だった。





b0134673_11394934.jpeg







b0134673_11400296.jpeg







b0134673_11401447.jpeg





お茶室を後にして特別展へ。

特別展は「大観生誕150年記念 横山大観vs日本画の巨匠たち」

例えば雨とか、龍とか、雪とか同じテーマで

大観と巨匠の誰かの絵が対で展示されている。

これは面白い企画!

自分としてはどちらが好きかチェックしながら観たら…

15対決中、大観さんは13勝でした!👏👏

以前は細密な絵が好きだったけれど、

大観の言葉を借りれば近年は心で読むような絵が好きです。

対戦相手の絵も当然いいに決まってるけれど、

心が喜んだり震えるのは大観で、

もっとずっと観ていたいと思うのも大観の方かなぁ

と大観に軍配が上がったのだった。

大観に軍配が上がらなかった一つは、

榊原紫峰の「雪中棲小禽」

雪の重みにたわんだ紅い花をつけた椿の枝。

椿の葉の中に葉と見間違えるような緑のめじろが3羽遊んでいる絵。

紅と隠し絵のようなユーモラスな緑が

雪に明るく映えて思わず顔がほころぶ絵だった。

特別展から大観室をゆっくり堪能。

2時近くになってレストラン大観で遅いランチにした。

せっかく遠路はるばる来たのだから待っても窓際席を希望。

20分程で案内されたのは最高の窓際席!






b0134673_12072680.jpeg




前の眺め



b0134673_12074916.jpeg





横の眺め


b0134673_12082982.jpeg




そして足元も




b0134673_12085513.jpeg





ゆっくりランチをした後は、さすがに限るある時間が刻々と迫ってくる。

新館に行って院展を観る。

先日上野で家族と観た院展だけど、

もう一回観られてとてもラッキーだと思っていた。

作品点数も少ないので改めて観ると

上野で見た時より感動が増す作品が多かった。

こうして足立美術館を満喫。

また松江まで戻りリムジンバスで出雲空港へ。

夜の便で帰ってきました。

余談

移動時間、電車の待ち時間におおこに借りた本を読んでいた。

『蒼煌』黒川博行著

ちょっとドロドロした日本画壇のお話。

この小説の話はまた今度書くか書かないか…笑




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-24 12:29 | 鑑賞 | Comments(0)

出雲大社へ

出雲に旅に出た。

夫が島根で仕事があり、

1日だけ休みをとってくれて出雲大社に行った。

私は飛行機から地図と見比べながら地形を見るのが好き。

空から見る日本は小さいなぁと思う。

そして富士山は大きいなぁ!と思う。





b0134673_21570142.jpeg








b0134673_21571552.jpeg



出雲縁結び空港から出雲大社までバスで40分ほど。

大社前に着いてから遅いお昼を食べてお詣りに。

正門の鳥居をくぐり、よく見ると

この鳥居ができたのはなんと、

今月!平成30年の10月吉日!





b0134673_22022829.jpeg



新しい!

参道も、参道のお店も新しい感じ。

出雲大社って、熊野大社のように

山の中の幽玄な感じの神社だと勝手に思ってた。

山の中ではなく、明るく開けた大らかな空気の神社だった。

驚いたのは、参道が下り坂だったこと。






b0134673_22365935.jpeg



この下り坂の参道、神殿が西向きなこと、

参拝の仕方が二礼四拍手などの理由はわからないのだという。

縁結びの出雲大社、この縁結びとは、

生命と生命か繋がるということで、

男女の縁というわけではなかった。

これは、波の上にある生命の玉に感謝を示す大国主命。





b0134673_22363981.jpeg




新旧いくつもの神殿があったが、

有名な一番大きなしめ縄があったのは新しい神殿だった。





b0134673_22390874.jpeg






b0134673_22395022.jpeg






内側からも。


b0134673_22392724.jpeg




因幡の白兎の話から、可愛いウサギの像があちこちにあった。




b0134673_22405906.jpeg




古事記は何度か読み、タクロウにも読みきかせたが、

すぐに忘れてしまう。

また、読み直したら出雲大社の光景から思うことがあるかもしれない。


印象だけでいうと、熊野大社や伊勢神宮の方が荘厳な感じで

感動的だったなぁ。

そして身近な明治神宮(神話からすると新しい神社だけど)の方が気が合う。

思わずこみ上げる感謝とか畏敬の念のようなものが

あまりなかったのはなぜだろう。

松の木参道、旧い神殿は美しかった。

旧い神殿からは今だ木の香りが漂い、

こっちの境内に入れたら神様に近い気を感じたかもしれない。

大らかさもよかったけれど、ちょっと観光優先を感じてしまったのかな。

出雲の神さまはどう感じてるだろう。



蕎麦アイスで一休みして




b0134673_22522034.jpeg





一畑電鉄で電鉄出雲市駅に出て(車内が可愛いかった)





b0134673_22462377.jpeg




JR出雲市駅から山陰本線に乗って玉造温泉で泊まった。

露天風呂が気持ちよかった〜。

お風呂の後の夕食は因幡の白兎が迎えてくれた。





b0134673_22484647.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-22 21:50 | 旅行 | Comments(0)

布団カバー

昨日と今日で絵を描く合間に冬支度。

羽毛布団のカバーを掛け替える。

正確には、変えるのは布団の方。

夏用羽毛布団から冬用羽毛布団に変える。

カバーは1年中リネン。

カバーの掛け替えは、もう要領を得ているから大したことはないのだけど、

何が手間がかかるかって言うと☝️ 😟

布団とカバーが擦れてできる布埃。

それが新しい布団にふわふわくっついたり。

おろしたての新しいカバーはそんなことないけれど、

少し使ったらできるんだから。

カバー掛け替えやってる人にしかわからない。

テレビで小綺麗にカバー替えやってるけど、現実ではないぞ 😤

カバーを外した時に出る埃を

掃除機用意して吸いながら大変なんだぞ 😤

でも!今回の私は違う。

掃除機をコードレスにしたでしょ?

軽々ひょいひょいと持って寝室へ。

チョイチョイ吸い取りながら掛け替え完了。

そして仕上げにしっかり部屋中かけて終了。

あっそれからカバーをリネンに変えてから埃はダントツに減りました 😊


そのあと夫の洋服だけ衣替え。

私の洋服は衣替えをしなくて良いように収納してあるの。

恒例の溜めたアイロンがけをして業務終了。


そういえば!卵が双子!








b0134673_21202451.jpeg



でも、これレンジにかけて(いつもやってる秒数で)

あえなく爆発! 😱

うそっ!

なんか、ごめん…😟





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-19 20:10 | 日常 | Comments(0)

山里くんは天才だよ

買い物に出てついでに一人でランチをしてきた。

可愛い席に案内されてラッキー 💓

椅子も二人がけのソファでテンション上がる 😆







b0134673_18160205.jpeg





居心地がよくて、ポットに紅茶がたっぷりで

読みかけの本を読み切ってしまった 😆

読みかけの本ってこのシチュエーションには不釣り合い 笑

お笑い芸人、山ちゃんの本

山里亮太著 『天才はあきらめた』

ちょっと前に買ったのだけど、

今や本屋さんにドーンと平積み、ズラリと面陳!








b0134673_18190486.jpeg



ライターさんではなく、山ちゃんがちゃんと自分で書いたに違いない。

そこがまた伝わってくるんだなぁ。

自分は天才じゃないから天才っぽく振る舞うことで

恐怖や怠け心に逃げようとする自分の言い訳を潰す。

嫉妬と劣等感をガソリンに自分を鼓舞する山ちゃん。

途中から、本に頭を突っ込む程引き込まれて、

陰険な山ちゃんを心から応援していた。

陰険な山ちゃんは、私の心にも…きっとみんなの心にもいる。

山ちゃんが正直なだけ。

だから、山ちゃんに幸あれ!と夢中で読み進んだ。

最後は泣けたよ〜 😭

そしてあとがきの若林正恭(オードリー)がまたいい!

数年前にまゆさんと近所の住宅街を歩いてたら

山ちゃんとすれ違ったことがある。

その時は私既に、結構山ちゃんが好きで、凄いぞ!この人と思ってた。

だから、山ちゃん!頑張ってください!応援してます!って言いたかった。

でも、あっ、って思った瞬間に山ちゃんから放たれたのは

何見てんだよ!声かけんなよ!オーラ。

卑屈な視線でギロリと見てきた。

それで私たちも下を向いて静かにすれ違った。

今でも後悔している。

そんなオーラに負けずに、応援してるよ!って言えばよかったって。

まゆさんとも、言いたかったね、

でもあの雰囲気じゃ言えなかったよねと悔やんだ。

本を読んだらなおさら。

あぁ、本の中のあの辺りの時期だったんだね、あの顔は…って。

でも、それでも嫌なヤツとは思わなかったな。

屈折してるのが山ちゃん、と思ってたから 笑😆

やっぱりこの人は天才?!

若林くんもそう思う?

ちなみに、若林も大好き。

若林くんも天才だよ。

陰険で卑屈なはずの山ちゃんに

最後は泣いて勇気をもらった。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-17 18:43 | | Comments(0)

フェルメール展

フェルメール展に行ってきた。





b0134673_20073835.jpeg



今年はピュールレやプーシキン展で印象派に夢中になっていた。

固定観念、古い価値観を打ち破っていった印象派の時代は本当に魅力的だ。

バロック期の絵は、当時の常識、価値観が宗教的で権威主義的で堅苦しい印象があるけれど、

フェルメールは違う。

フェルメールというよりオランダは違う。

海洋帝国、新しいオランダは、

国王、貴族もおらず、教会の権威とも距離を置いていたからなのだろう。

市民が肖像画を求め、好み、

市民が主役の風俗画、

市民のための芸術が生き生きとしていて好ましかった。

フェルメールの絵は言わずもがなと言うか

ことばにしたら陳腐なものになってしまうから

言葉にはできない、したくない。

日常の室内という狭い空間の光が惹きつけて止まない。

最高峰と言われる美しい絵から

いつまでも目が離れなかった。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-10-16 20:42 | 鑑賞 | Comments(0)