<   2018年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

台風なめたらあかん!😣

2日間のバイトが終わりました。

今日は台風に備えて、学園祭を14:00で切り上げたので

勤務時間も減り、比較的楽だったけど

1日目は、ヘロヘロでした〜😣💦

今日は、疲れが回復し切れずに出勤した感じ。

でも、みんなに会ったら元気が出て張り切ったよ👍

大学生の二人のバイトくんも

学園祭のおかげでたくさんお話できて、

すっかりみんなと仲良くなりました 😊


ところで、台風24号。

東京は真夜中に台風が通過とのこと。

バイトから帰ってから、もう一度家の周りを点検しました。

よりによって外壁塗装のための足場がある 😣

幕は張らずに、縦に細く捻って結わきつけてあるのだけれど、

緩いところは強風をはらまないように、

更に紐で結わきつけました。

真夜中とは言え、停電の準備もしておかなくちゃ。

東京って、いつも台風直撃を免れてるんだよね。

でも、今度はそうもいかなそう。

JRや私鉄もどんどん運転中止を決めてるし、

バイトの帰り道にある「星乃珈琲」には、

「台風のためラストオーダーは16:00、

17:00で閉店させていただきます」

という張り紙があって、今度の台風舐めたらあかん!😱

と思いました 😣

被害が出ませんように!

備えられることは備えて祈るばかりです 🙏😣





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-30 17:54 | 日常 | Comments(0)

外壁と屋根の塗装、やります!

家の外壁と屋根の塗装をすることになりました。

築22年。

一度もやっていなかったので、

壁は通常4工程のところ5工程。

屋根は塗装だけでは済まなくて、重ね葺きしなくてはなりません 😔💦

基本的な塗装で済む内にやっておくべきでしたが、

塗装というのは、見栄えの問題程度にしか思っていなかったので…。

今回は塗装の講習会に行き、

塗装が如何に家を守っているものか知りました。

屋根も壁も塗装が用をなさなくなって水が浸み込んでしまえば、

家の骨格が腐ってしまう。

無知な私は、そういうことだったのか!と今頃納得。

信頼できる業者さんに出会い、

今の家の壁と屋根の状態を動画で見せてもらいました。

壁も屋根もそこまでは行ってなかったのは幸いでしたが、

メンテナンスに手間がかかる状態。

それでも、これ以上先延ばしにして

腐らせなくてよかったです。

無知というのは、怖いものですね 😔

この家の骨格は、建築関係の人たちが口を揃えて

とてもいいと言います。

それだけに大切にしなくてはね。


足場を作っていったものの、

明後日辺りに台風の予報です 😱

ちょっと心配。


そして明日、明後日は2日間バイトです。

学園祭なので勤務時間も長くなるし、

1年で一番ハードな2日間 😱

でも、ちょっとみんなで燃えてます 😆✊️




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-28 22:54 | 日常 | Comments(0)

DVDの中の私たち

おおこの家で、幼い頃に子どもを撮ったDVDを観せてもらいました。

おおこの息子Kくんとタクロウは同じ年の同じ1月生まれ。

1歳になる前に公園で知り合って以来のお付き合いです。

それで、Kくんを撮った映像にタクロウも映っていて。

2歳〜3歳の頃の二人が遊ぶ姿。

入園式、運動会、七夕祭り、クリスマス会。

私は、写真は山ほど撮っていたのですが、

ビデオはほんのわずかしか撮らなかった上に、

もはや観ることができなくなっていました。

だから動くタクロウを観ることができるなんて、

本当に感激!おおこに感謝なのです!

幼稚園での映像は、ほかのお友だちや

ママ友たち、先生たちもたくさん映っていて、

懐かしさにおおこと大盛り上がり!

映っていたのはそれだけではありません。

幼稚園の行事を見に来た、まだまだ若い私の母と

今は亡き元気な父も映っていました。

仲良しで、優しくて、笑顔で孫を見守る両親の姿。

幸せな時にタイムスリップしました。

タクロウが通っていた幼稚園は、母使いが荒くて?! 笑

運動会、クリスマス会はみんなこき使われて?お手伝いをしたっけ。

そして、そこに映っていた走り回る私の姿は、

まるで現役幼稚園の先生。

10年幼稚園の先生をやっていたから、

子どもへの声かけ一つも、配る視線一つも染みついていたんだなぁと

さらに過去の幼稚園教諭時代にまで心が飛びましたが、

今の私は、そんな時代を忘れがちだっただけに

もう一人の私を見ているような不思議な気持ちです。

タクロウは、今のタクロウとリンクさせるのが難しいくらい

小さなタクロウ。

可愛いかったな。

小さな頃から人の話を真剣に聴く利発な子で、

活発だけど思慮深い子だった。

DVDの中のたった2歳のタクロウにも、

既にそんな片鱗があって愛おしかった。

私にとっては思いがけずに出会った過去。

おおこのお陰です。

見せてくれてありがとう!おおこ。





ランチはおおこの家で。





b0134673_17593891.jpg






b0134673_17595620.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-27 19:33 | タクロウ | Comments(0)

下描き中 ディフューザー甘い香り

絵の下描きからしばし離れていました。

午前中に掃除、買い物を片付けて下描きを再開。

細かいところがたくさんで、

さーて、どこから手を付けよう。

根気よく一つ一つ描き込んでいきましょう 💦

…と描いて、半分以上は描けてきました。

なんか、必死で描いてたら紙が汚れてないかい?💦

描いてる時、頭の中のイメージと、

技術的な問題で😅どんどんズレていき、

こうなったか、みたいな感じになることがありまして 😅

(誰の絵?笑)

前よりは、その差が縮んできたとは思うのですがね。

でも、何ヶ月か経って絵を見たとき、

ちょっと感動する時があるんです。

まぁ、それなりによく描いたなぁ、って。

諦めずに完成させれば、そんな日も来るんです。

それを知っているから、

これ、ホントに見られる絵になるのか?!💦

というネガティブな気持ちに負けないで

最後まで描こう!と思えるんだな 😊👍


ところで、この前新しく取り替えたディフューザー、

いい香り〜 ✨✨✨






b0134673_17570176.jpg



アルコールが入っていないんですよ、これ。

パチュリとクローブの甘い系の香りです。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-25 18:01 | イラスト | Comments(0)

テレビっ子

昨日は1日眠かった 😴

この頃、疲れを疲れたぁと感じるより

眠いと感じる 😅

これって、どうなの? 😆

そして今日はちょっぴり筋肉痛を感じてます 笑

お彼岸なので、母と放生寺に行き

ゆっくりランチをして帰ってきました。

今日はちょっとテレビっ子でして

夕方、東京ラブストーリーの再放送を

夫にめっちゃ解説しながら観て、

(最終回は今でも号泣できると思う 😭)

夜、楽しみにしてたV6愛なんだ!2018を観た 👍

これ、大好きなんだ。

もうお腹抱えて笑って

時々ちょっぴり涙 😢 も

嵐さんにはない破天荒なV兄さんたちならではの番組だなぁ。




しじみ蝶?(子どもの頃そう呼んでた) が、

よくペパーミントやローズまりーの花にやって来ています。





b0134673_23373201.jpg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-24 23:41 | 日常 | Comments(0)

辻村深月、村田沙耶香

  • 今日も達成感の土曜バイト!

月曜辺りに、筋肉痛 come on!です。


ところでこの間最近読んで当たり!だった本のことを書きました。

『本屋さんのダイアナ』柚木麻子著 と 『ポイズンドーター・ホーリーマザー』湊かなえ。








b0134673_18170404.jpg






あとの2冊。

『鍵のない夢を見る』辻村深月著

5編の短編小説から成る直木賞受賞作です。

彼氏が欲しい、幸せになりたい女たち。

なぜ、そこにある危うさに気づかないのだろう?

そして転落していく彼女たち。

そんな彼女たちと自分の境界線は紙一重のようにも感じます。

しかしその薄い境を越えることなく

私たちは絶妙なコントロールで健全な方に向かって生きていくこともできる。

その紙一重の差はとても大きい。


5編の中の最後の『君本家の誘拐』は、

車で近所のショッピングモールに行き、

ベビーカーを押してほんの少しだけウインドショッピングをし、

ヘアゴムを買おうと一瞬ヘアゴムに気をとられ、

手元を見るとベビーカーがなくなっていたところから始まる。

パニックになり、店員や警備員たちがベビーカーを探すが見つからない。

夫に連絡をとろうとバックの中を見ると携帯を家に置いてきたことに気づく。

携帯がないので、夫の電話番号もわからない。

そこで警備員らに赤ちゃんを探しているから取りに行くように勧められ、

パニックになりながら車で家へ向かう中、

子どもを欲しいと思ったときから、

生まれてからの想像以上に大変だったことの細かな一つ一つが思い出される。

夜泣きのひどい子で、自分も一緒に泣いたことや

そんなとき協力的ではなかった夫のこと、

昼間この子がいなかったら一人になりたいと思った自分のこと。

そんなことを思ったからこんなことになったんだと自分を責める。

一方あの子がいなくなったら自分はもう生きていけないと思う。

ここから先は書きません。

その結末…私は心を打たれました。

母なら(とても大らかな母は感じないかもしれませんが)主人公がこうなったこと、

理解できるのではないでしょうか。

彼女の行動は信じられない!と思う人もいるかもしれません。

しかし、こうしてみんな母になっていくという、

ちょっと極端なようで実は現実的な母の心の物語だと思いました。

子どもを産んだ途端に母になれるわけではなく、

むしろみんなお嬢ちゃんのまま母になるから、

泣いたり、自分の立場は理不尽だと思ったり、子どもに当たったり、

そして自分を情けなく思い、落ち込んだりしながら

時間をかけて子どもに大人にしてもらうのです。

それでもこの子を命がけで育てあげようと思うのです。

そんな若い母たちを未熟だとか、甘えているとかではなく、

頑張っているね、と抱きしめたくなる、そんな物語でした。



『コンビニ人間』村田沙耶香著

読みかけで寝たら夢に出てきてうなされて目が覚めてしまいました。

思ったことをそのまま口に出してしまう主人公。

そこに怒りや感情はないが、いや、ないから口に出してしまう。

それでは社会でやっていけないと家族に言われ、

そんな自分を出さない為に、学校ではいつも一人で過ごしてきた。

ある日そんな彼女がビルの一階に新しくできたコンビニの前を通る。

ガラスの水槽の中のようなコンビニ。

ここでなら働けるような気がして店員として働き始める。

自分は他の人の喋り方の真似が上手いことに気づき

他の店員の喋り方をコピーして、自分の喋り方を出さないように店員たちと会話をする。

仕事はよく覚え、品出し、客の動きを見ながらのレジ打ち、

売れ行きを考量しての陳列など仕事の信頼は厚い。

昼も夜もそのコンビニで買ったものを食べ、

主人公は、私の身体も生活もコンビニでできているのだと思う。

そしてそれまで社会への所属感がなかった主人公は

初めて世界の部品になることができたと思った。

ある日新入りの男性店員がやってきて、彼女の生活は

実に奇妙に変わって行く。

私は、そこで中断して寝たものだから、

新入りの変な男と奇妙な生活にうなされてしまったのです 笑

この後の結末は書きません。

コンビニ人間、相当変わり者のように思えるかもしれません。

でも私は、『鍵のない夢を見る』で感じたように、

ここにもデフォルメされているだけで、紙一重の私がいるのではないかと。

水槽のようなコンビニは、彼女にとって自分で居られる場所、

人生が必要としてくれる場所です。

逆を言えば、その場所を見つけた時、人は自分になれるのだと感じました。

彼女にとってのその場所がコンビニなのです。

コンビニで働いている時の彼女は、どんなに気持ちよく自分でいるのだろうと想像することが

私には気持ちのよいことでした。

コンビニの声が聴こえる、その声にもっと完璧に従うために存在している。

これを気持ち悪いととるかどうか。

またあとがきには、この結末をハッピーエンドととるか、バッドエンドととるか、

とありましたが、

私はハッピーエンドにとりました。

みなさんはどうでしょう。


『鍵のない夢を見る』『コンビニ人間』普通ということを考えさせられる小説でした。



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-22 18:18 | | Comments(0)

貢献の指揮者 小林研一郎

今晩は夫とコンサートに行きました。

日本フィル杉並公会堂シリーズ

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲「展覧会の絵」

指揮:小林研一郎
ピアノ:清水和音








b0134673_22152151.jpg





チャイコフスキーピアノ協奏曲第1番と言えば、

8月に聴いたばかりです。

24歳のピアニスト反田恭平の演奏に大感動!だったのですが、

それだけに違うピアニストでもこの第1番を聴いてみたいと思ったのです。

そうしたらちょうど、なんと大好きなコバケンさんが振る第1番があり、

ピアニストは清水和音。

幼稚園に勤めていた頃、とてもピアノが上手い歳下の同僚が、

「和音様〜 😍」と叫びながら彼のおっかけをやっていました。

若い頃はイケメンでしたしね 笑

私はクラシックコンサートにはたびたび行くのに、

今に至るまで、清水和音のコンサートに行ったことがありませんでした。

一度は聴いてみたい、しかも第1番、指揮者はコバケン!

というわけで、今回は私が夫にお願いして行くことになりました。

で、普通は第1番と『展覧会の絵』の感想を書くべきなのですが、

今日は、アンコール曲マスカーニ : 歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲

のことを書きます。

『展覧会の絵』の演奏が終わり、ブラボーの喝采の中、

コバケンさんらしく、オーケストラを賞賛。

コバケンさんは、いつも自分を横に置きオケを称えます。

オケのメンバーを一人一人大きな声で呼んで讃え、

アンコールは鳴り止みません。

そうしたアンコールで何度か出入りし、再びオーケストラを讃えた後、

またいつものようにコバケンさんが客席に向かって語りかけました。

これもまたいつものように、客、スタッフ、会場への心のこもった感謝の言葉。

そして今日は、西日本や北海道の災害について触れました。

コバケンさんは胸に手を置いて

「この災害で突然亡くなってしまった人もいます。

ご冥福を祈りつつ…『カヴァレリア・ルスティカーナ』を捧げます」

そう言うとクルリと後ろを向きタクトを上げたのです。

突然の演奏に私たちは驚きました。

哀しい、しかし精一杯祈るような表情で、

時に天を仰ぎながらタクトを振るコバケンさん。

フルオーケストラが奏でる『カヴァレリア・ルスティカーナ』の調べ。

魂のこもったその姿に、真に他者に関心を持つ他利の心を見ました。

被災地から遠く離れた私たちには

何もできない無力感があります。

ともすれば無関心になります。

しかし、魂を込めてタクトを振るコバケンさんの姿を目の当たりにして、

無念にもこの世を去ってしまった会ったことのない人

残された人たち、被災地に

私も祈らずにはいられませんでした。

そしてコバケンさんの、いつも心から他者のためにある姿に

涙が止まりませんでした。

周りの人たちも泣いていました。

そうか!ここでコバケンさんによってみんなが馳せた想い、関心は、

被災地と集合的無意識としてつながっていくんだ!という思いがストン落ちました。

だから無関心になってはいけないんだ。

コバケンさんは指揮者としてできる貢献に限界がないのです。

指揮者である自分を最大限に使うのです。

タクトは名誉や名声のためのタクトではなく貢献のタクトなのです。

心が洗われ、もうしばらく思い切り泣いていたかった。

幸い隣の見ず知らずの女性ととても波長が合っていて、

二人で泣いていました。

実は夫も涙が止まらなかったそうです。

今日のコンサートの最高の一曲は

こうしてアンコールでひっくり返り

『カヴァレリア・ルスティカーナ』となったのでした。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-20 23:42 | 鑑賞 | Comments(0)

面白いお食事会

夜、夫の仕事の関係者の方たちと会食をしました。

仕事関係というと堅苦しいかんじですが、

今日は配偶者と共にという設定で

3組の夫婦での食事会。

仕事関係者は、夫と女性二人。

そして配偶者として初対面の面々が、

女性たちの夫二人と私という、ちょっと珍しい組み合わせ。

Tさんのご主人は、企業を早期退職されて年末に起業する。

Aさんのご主人は、元ヤクルトドラフト3位入団の野球選手→日本ハムファイターズの一軍ヘッドコーチ→筑波大学大学院生。

というわけで、そうそうたる選手やコーチ、監督と今でも公私にわたりお付き合いがある方。

ヘッドコーチとして大谷選手も指導したり

相談にのっていた方です。

だから何を聴いても面白くて、野球の話で大いに盛り上がりました。

Tさん、Aさん二人の妻も唖然とするほど二人とも面白くて

お腹が痛くなるほど笑いました。

二人の妻もずっと爆笑。

こんなに楽しい会になるとは予想していませんでした。

少々真面目な会になるのかなと思っていました。

真面目な会にならなくて、楽しくてよかった 😆

私たち夫婦って、本当にあまり遊ばない。

今日皆さんを見ていて、よく働き、ダイナミックに遊ぶんだなぁと

自分たちにないものを感じたし、

遊びの中で、色々なチャンスも掴んでいるようにも感じました。




さて、今日は夕方まで新しい絵の下描きをしていました。

昨日、名刺のイラストサンプルをお見せしたところ気に入っていただけました。ホッ 😆

ホッとしたら、新しい絵の面倒なところも

やる気満々になるからゲンキンなものです 👍






b0134673_00003872.jpg




<

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-20 00:02 | 外食 | Comments(0)

柚木麻子、湊かなえ

このところ読んだ本が大当たりだ。

私の好きな柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』

母娘関係と友人関係を描いた小説。

キャバクラ勤めの母を持ち、母に髪を金髪に染められたダイアナ(大穴)と

お金持ちでおやつは全て手作りする上品な母を持つ彩子。

小学校3年生で出会ったダイアナと彩子の唯一の共通点は本が好きなこと。

そして、二人は友情を育み、互いに相手の母に憧れる。

母の影響が強い環境を絡めながらそんな二人が少女から大人へと成長する過程が細やかに描かれた小説です。

やがて二人の間にはずれが生じ、別々の道を歩む。

母から離れて自分の人生を生きようとするダイアナ。

大切に育てられたが、社会で本当に必要で大切なことを教えられなかったんだと気づく彩子。

たくさんの傷を負いながら二人がありのままの自分に直面していく様は

本当に心を打たれました。

青春って、成長するって、綺麗ごとではない。

だから青春の思い出って、本当は恥ずかしくて、かっこ悪くて

傷だらけで、最悪だったりする。

けれど二人は、その葛藤を通して、母のせいだ!父のせいだ!と恨んできたことを

自分が人生の主人公で自分で選んでいくことにシフトしていくのです。

少女から大人に変わっていく十余年の女の子の気持ちがこんなに生々しく書かれた小説をあまり知りません。

柚木麻子さんが書く女の子や若い女性は天下一品です!

感動の1冊でした。



湊かなえさん『ポイズンドーター・ホーリーマザー』

母娘関係を中心に母娘以外の人間関係も含め、

歪んでいく様を事件の証言を通して見せつけられる。

そう、当事者や娘、母、友人、同僚の証言という形でストーリーは進んで行くのです。

違う人間からの証言を見たとき、いかに人は自分の見方がまっとうで正しいと思っているかという

私的論理の強さが浮き彫りになる。

そこがさすが、湊かなえ!なのです。

初めの証言を読んだとき、ひどい人間だと怒りを覚えていた人間に対して、

その人の証言を読むとさっきの人の証言はなんという勘違い、思い込みだったんだ!

と驚かされるのです。

そしてあとがきに

「湊さんの作品は人物の突き詰め方に容赦がない。心の奥に隠し持つ黒い塊を的確に探り当てて、引っ張り出して自白の下に晒す。」

「読み手自身にも心当たりのある描写をちりばめて『この人物はあなたでもある』と突きつけ、動揺する読み手の心に追い打ちをかける」

とあり、まさにこの手法にみな痛がりながら夢中になってしまうのです。

柚木さんの小説も湊さんの小説も、そこかしこに私がいました。

思い込み、勘違いに救われたときもあれば、間違えたこともある。

小説だからデフォルメされていると思うことも勘違いかもしれない。

あとの2冊はまた今度。





b0134673_19250232.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-18 19:26 | | Comments(0)

ナンと、梨を使った生姜焼き

夫は今日はもうお仕事です。

お腹はなんとか治ったようでよかったけれど 😣

タクロウはお休み。

てことで、お昼はまたまたタクロウに頼んで

Uber Eats に注文してもらっちゃいました 😆

あっ、でも今日は私のおごりです。

「蟻月」はタクロウが出してくれたし

(結婚記念日と敬老の日で母もいたから気を遣ってくれました)

Uber Eatsはタクロウの引き落としになってるので

いつもご馳走してもらっていたの。

今日もいいよ、いいよ!と言ってくれたけれど甘えてばかりはいられない 😉

今日はなんか、ナンが食べたくて ←

バターチキンカレーにしました 。








b0134673_21483551.jpg



ナン、久しぶりで美味しかったー 😋

それから夕飯に生姜焼きを作ったのだけど、

昨日マナブで観た作り方に挑戦。

それは、タレに梨のすりおろしを使うというもの。

梨が甘いので、そこに生姜と醤油を足すだけで、

甘辛ダレになるの 😋

マナブでは、焼いた肉は取り出して

グツグツ煮たタレをその肉にかけ回していたのだけど、

私はグツグツ煮たタレにもう一度焼いた肉を戻して絡めました。

写真撮らなかった〜 😣

すごく美味しかった!

マナブ Thank you !



ところで、名刺の絵が描きあがりました。

明日フォトショで調整します。

明日中にお送りできそう。

終わったら、早く途中になってる下描きの絵を描きたい。

自分にとってはチャレンジな絵だから楽しみなんだ 💓





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-09-17 22:15 | 日常 | Comments(0)