人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:旅行( 13 )

エネルギー、半端ない!

台湾のエネルギー、半端ない!

土曜日からバイトが始まるのに

エネルギー不足 💦

台湾のエネルギーくれー!

あの喧騒の中にいると元気になる。

なんにも気にしなくていいような、

あるがままと無秩序の心地よさ。

日本で縮こまっていたものが解けるみたいな気持ちよさ。

写真でチャージだ!

それっ!!










b0134673_18060228.jpeg










b0134673_18061550.jpeg











b0134673_18062632.jpeg










b0134673_18063762.jpeg




台湾エネルギーで

早くバイトに行きてーぜ!←




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-04-11 18:13 | 旅行 | Comments(2)

九份茶坊、最高

昨日は発熱でダウンしていた 😭💦

帰りの飛行機がものすごーく寒くて、風邪をひいてしまったみたい。


ところで、台湾で一番気に入ったところを書いておこう。

それは九份。

厳密には九份にある『九份茶坊』。







b0134673_14125036.jpeg




九份っていうと、千と千尋の神隠しのモデルになったところ?しか浮かばなかったけれど…







b0134673_14523272.jpeg








b0134673_14525940.jpeg






山あいに石段がぬうように続き、

風情ある家屋が軒を並べる街九份は、

清朝末期から金鉱の街だったため、

こんな山の中なのに、映画館さえある歓楽街として賑わったのだそうだ。

私が一番気に入った『九份茶坊』の家屋は

百余年前に建てられた一軒の家で、

使われている石は特別大きく掘り出された石で、

50㎝の厚さがあるものも。

屋根は黒瓦、窓枠や扉は桧で塗装が施されている。

金鉱が閉鎖されるまでは、土地の統率者が住んでいましたが、

閉鎖後はこの家も眠りについたという。

そして1991年に茶芸館『九份茶坊』として生まれ変わったのだそうだ。

絵画の創作を愛する茶坊の主人が、

「茶」「陶」「画」を主題として自らが想う心地よい空間を創り上げたということが、

本当に伝わってくる素晴らしい場所だった。

私たちのテラス席から撮った写真。





b0134673_14283229.jpeg




どの席からも炭火に置かれた鉄瓶から湯気があがっていて癒された。







b0134673_14293462.jpeg







b0134673_14322039.jpeg






お店の中もうっとりするほど素敵だった✨✨






b0134673_14311906.jpeg








b0134673_14313598.jpeg








b0134673_14320396.jpeg





b0134673_14325592.jpeg







b0134673_14331673.jpeg








b0134673_14333607.jpeg








b0134673_14335799.jpeg






お店の人は、日本語で対応してくれた。



b0134673_14344906.jpeg





こちらの店員さんは、日本生まれの安倍さんで

とても親切にお茶のを説明してくれた。





b0134673_14371260.jpeg



おススメ上手な安倍さんのおかげで?

夫が思いがけず私に茶器をプレゼントしてくれました 😆






b0134673_14381323.jpeg




中国茶のセットっておままごとみたいに可愛い。

思いがけないプレゼント。

タクロウの愛が詰まった台湾旅行は、

思い出だけでなく夫の愛も詰まっていました✨




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-04-10 15:02 | 旅行 | Comments(0)

出雲大社へ

出雲に旅に出た。

夫が島根で仕事があり、

1日だけ休みをとってくれて出雲大社に行った。

私は飛行機から地図と見比べながら地形を見るのが好き。

空から見る日本は小さいなぁと思う。

そして富士山は大きいなぁ!と思う。





b0134673_21570142.jpeg








b0134673_21571552.jpeg



出雲縁結び空港から出雲大社までバスで40分ほど。

大社前に着いてから遅いお昼を食べてお詣りに。

正門の鳥居をくぐり、よく見ると

この鳥居ができたのはなんと、

今月!平成30年の10月吉日!





b0134673_22022829.jpeg



新しい!

参道も、参道のお店も新しい感じ。

出雲大社って、熊野大社のように

山の中の幽玄な感じの神社だと勝手に思ってた。

山の中ではなく、明るく開けた大らかな空気の神社だった。

驚いたのは、参道が下り坂だったこと。






b0134673_22365935.jpeg



この下り坂の参道、神殿が西向きなこと、

参拝の仕方が二礼四拍手などの理由はわからないのだという。

縁結びの出雲大社、この縁結びとは、

生命と生命か繋がるということで、

男女の縁というわけではなかった。

これは、波の上にある生命の玉に感謝を示す大国主命。





b0134673_22363981.jpeg




新旧いくつもの神殿があったが、

有名な一番大きなしめ縄があったのは新しい神殿だった。





b0134673_22390874.jpeg






b0134673_22395022.jpeg






内側からも。


b0134673_22392724.jpeg




因幡の白兎の話から、可愛いウサギの像があちこちにあった。




b0134673_22405906.jpeg




古事記は何度か読み、タクロウにも読みきかせたが、

すぐに忘れてしまう。

また、読み直したら出雲大社の光景から思うことがあるかもしれない。


印象だけでいうと、熊野大社や伊勢神宮の方が荘厳な感じで

感動的だったなぁ。

そして身近な明治神宮(神話からすると新しい神社だけど)の方が気が合う。

思わずこみ上げる感謝とか畏敬の念のようなものが

あまりなかったのはなぜだろう。

松の木参道、旧い神殿は美しかった。

旧い神殿からは今だ木の香りが漂い、

こっちの境内に入れたら神様に近い気を感じたかもしれない。

大らかさもよかったけれど、ちょっと観光優先を感じてしまったのかな。

出雲の神さまはどう感じてるだろう。



蕎麦アイスで一休みして




b0134673_22522034.jpeg





一畑電鉄で電鉄出雲市駅に出て(車内が可愛いかった)





b0134673_22462377.jpeg




JR出雲市駅から山陰本線に乗って玉造温泉で泊まった。

露天風呂が気持ちよかった〜。

お風呂の後の夕食は因幡の白兎が迎えてくれた。





b0134673_22484647.jpeg



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-10-22 21:50 | 旅行 | Comments(0)

行きも帰りも 💦

台風、これから四国に上陸…心配です 😣

広い範囲で強風が吹くとのことで、

関東もこれから暴風雨になるそうです。

そう言えば沖縄に行ったとき、

機上から沖縄が眼下に見えてくると共に

真っ黒で大きな金床雲が見えました。

海上と地上にも見えて雲の下にはグレーの柱が見えました。

その柱はゲリラ豪雨。

那覇空港に近づくと那覇空港の上に金床雲。

そしてその下にグレーの柱 😱

飛行機の窓も激しくしぶきを上げ始めましたが

滑走路に入り、さて着陸か?と思った瞬間に

機体が上向きになり上昇。

低気圧のために着陸できなかったとの事。

その後は管制塔から着陸許可が降りるまで上空にいました。

今年の夏は日本中、こんなゲリラ豪雨やゲリラ雷雨にみまわれている 😣 ⚡️⚡️

帰りの羽田も私たちの飛行機が着陸する少し前から

激しい雨が降り始めたとか。

スムーズに着陸したけれど、飛行機から出るとき

ドアについた雨が落ちてきて

キャビンアテンダントさんたちが拭くのに追われていました。

タクロウによると

その時間、我が家の方は全く降らなかったそうで

局地的に降るのも特徴ですね。

沖縄でも豪雨の中、車で首里城に行ったら

首里城はカンカン照りでした 😵

向こうには黒雲が見えます!





b0134673_11072154.jpg







b0134673_11075785.jpg





反対側の空は、雲は多いものの青空。




b0134673_11081259.jpg






b0134673_11090604.jpg




観光はかろうじてこの首里城に行けました。

私は実は沖縄は40年ぶり 😵

40年前にも首里城に来たけれど、

初めて来たに等しい感覚でした 😧

白い石を積んだ壁が、

白く乾いた道の両脇にある。

ただそれだけ…、いや、

今回端に設置されていたこの門があったかも… 🙄





b0134673_11220310.jpg




それが40年前の首里城の記憶です。

40年後、バカンスではなく、

アドラー心理学を伝えにきた不思議をかんしています。
クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-09-04 11:46 | 旅行 | Comments(0)

出会い

さぁ、今日で会津若松の旅のお話も終わりにしましょう。

最後の今日は、旅先で心がひかれ、

思わず撮った写真をオンパレード!

そこがどこであっても小さな小さな出会いがあります。

あっ、綺麗!✨とか、

可愛い💓とか、

美しい💖とか…。

理屈はいらない 😊






冬の窓




b0134673_22112548.jpg







ノスタルジックな手の込んだ扉



b0134673_22122774.jpg








塗りの御膳




b0134673_22163462.jpg








雪と青空と柿の実



b0134673_22171319.jpg







東山温泉で…雪の中の懐かしいポスト




b0134673_22180487.jpg







宿の灯り





b0134673_22183798.jpg








部屋の窓、雪の借景





b0134673_22194476.jpg







旅館のご馳走。夜と朝と




b0134673_22210309.jpg



b0134673_22212015.jpg





b0134673_22213770.jpg




b0134673_22215014.jpg







そして磐梯山

見る方向から姿が変わる






b0134673_22222836.jpg






b0134673_22231029.jpg






帰りの車中からの雪原の景色





b0134673_22235314.jpg







b0134673_22240880.jpg




さようなら、会津若松




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-01-19 22:29 | 旅行 | Comments(0)

ノスタルジックな街

会津若松の旅。

夫と別れて ( 夫は仕事 ) 私が向かったのは、七日町通り。

江戸、明治、大正時代に建てられた

洋館や蔵、商家が多く残る街です。

すぐ近くには野口英世が青春を過ごした通りもあります。

あまり時間がなかったので、

チェックしていた場所を端から訪ねました。

まず、木の温もりに包まれたカフェ「三番山下」で、

ワッフルで腹ごしらえ。






b0134673_22012485.jpg








b0134673_22020151.jpg





このカフェ、土蔵を改築したこの建物の2Fにあります。



b0134673_22022091.jpg




もう、歴史とか言われとかは置いといて、

私がビビッときたかどうか 笑

わ〜、好き!💕が一番です 笑


次に訪れたのは、漆器の白木屋商会。

立派な建物!



b0134673_22065650.jpg



中には展示室もあります。





b0134673_22080840.jpg








b0134673_22082694.jpg




蒔絵や螺鈿の施された美しい漆器を眺めるのは大好きです。

ノスタルジックな部屋に、

私の足音だけコツコツ響かせてゆっくり堪能しました。


そこからちょっと道を折れて、

江戸時代創業の老舗味噌屋、満田屋へ。





b0134673_22281065.jpg



ここでは、田楽がいただけるのだけど、

さっきのワッフルでお腹がいっぱい 😅

それに、もう一軒入りたいカフェがあるので

お味噌と田楽味噌を買って退出 💦

通りを眺めながら次のカフェへ。

この時私の持ち時間は20分あるかないか。

慌てて凍った雪に滑らないように気をつけながら

「會津壹番館」へ。




b0134673_22351956.jpg





ここは、野口英世が医師の道を歩むきっかけになった

旧会陽医院を改装した蔵造りの洋館カフェ。

英世はここで書生をしていたのだそうです。

カフェに入り「10分位しか時間がないんですが、

珈琲いただけるでしょうか?!」

というのも自家焙煎で丁寧に淹れるお店だったから。

ブレンドなら大丈夫ということでいただくことができました ✨





b0134673_22390692.jpg



英世カップでいただく珈琲、美味しかった〜 ☺️

わずかな時間しかなかったけれど来られてよかった〜。



店内も素敵でした。





b0134673_22464819.jpg







b0134673_22480595.jpg






レジスターもアンティーク ✨






b0134673_22483538.jpg




珈琲をいただいてからバス停へと急ぎ、

会津若松の駅へ。

ここから各駅停車の磐越線で郡山へ行き、

新幹線に乗って帰ってきました…

って、帰って来ちゃったけど、

もう一回、会津のこと書くつもり 😉




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-01-18 22:58 | 旅行 | Comments(0)
会津若松と言えば鶴ヶ城。

雪化粧したお城は美しいものです。




b0134673_15243718.jpg




ここでつららを発見して、

その後つららを追う旅になったのでした。





b0134673_15253479.jpg



会津と言えば白虎隊の悲劇で有名ではあるけれど

NHKの大河ドラマ「八重の桜」のおかげで、

会津が時の徳川幕府と孝明天皇に尽くした忠義のために

どれほどの理不尽な悲劇を味わったかを知りました。

歴史の表面的な流れだけでは見えない

その中にあった八方塞りの中で尽くそうとする会津人の思いの悲しさ。

当時、日本中のどこの藩よりも進んだ「教育」を実践し、

高い志と自尊心があっただけに

会津の歴史は悲し過ぎる。ドラマを見てそう思いました。

今でも年配の方は、長州者(安倍総理とかね)への複雑な思いがあるそうです。

居酒屋でも長州のお酒は置いてなかったり。

でも、よそ者の私にもそんな思いは理解できます。


2日目は高い教育がなされた場、会津藩士の子息が通った日新館を訪ねました。





b0134673_15332457.jpg



こんなに大きいの?!というのが率直な感想。

右側にも同じように長い塀が続いています。






b0134673_15443765.jpg





この門をくぐって日新館に通うことは、

文武に励んで立派な武士になって世のために尽くそうという

若い夢や自尊心に満ちていたのだろうな…。

ここに有名な什の掟があります。




b0134673_15551278.jpg


什の掟は掟が10あるということではなくて(7つでしょ?)

年長の少年たちが 集落(什)の子どもたちに

日新館に入ることができる10歳になるまで

毎日この掟を教えていたことから什の掟というのだそうです。

日新館入学前の6〜9歳まで徹底して教え込まれたそうですが、

教える少年たちも教えることで育ったのでしょうね。

「戸外で女の人と言葉を交えてはいけません」は時代として 😅

一、二の年長者への態度から思うのは、

それだけ年長者も年下の者に対して恥ずべきことのない

身を律した立派な年長者であったのだろうなということ。

そして最後の「ならぬことはならぬのです」

思い通りにならないことにも理不尽なことにも耐えよ

という心を育てるために、

それに見合うだけの立派なお手本と愛があったのだろうと思います。



さて、話は変わって日新館の施設の素晴らしさには驚くばかりでした。

全国から見学に来た(吉田松蔭さんも)というのもうなづけます。


雪と氷に覆われた大きな池。

ここは水練場。そう、プールです。




b0134673_16064087.jpg



武術の全て、馬術などの練習場から

論語、兵学、数学、天文学(天文台もある)、

様々な学問のジャンルと教授陣の充実ぶり。

切腹の作法も教授されていたそうです。

この教え通りに飯盛山で少年たちは自刃したのかと悲しさが増しました。

少年たちの人形が、その子の人となりの記述と共に置かれていました。

並んで勉強していたり、習字をしていたり、寝転んで腕相撲をしていたり…。

まだまだあどけない少年たち…。

そんなことになるまでは、平和と誇りに満ちた日新館だったはずです。

給食も日新館が発祥の地だそうです。

若者を大切な財産として大切に育てていたことを窺い知ることができました。

「八重の桜」主演の綾瀬はるかさんは、

今でも毎年鶴ヶ城の桜祭りやプライベートでも訪れて

会津若松を応援しているそうです。





日新館の向こうに見える磐梯山

b0134673_16175253.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-01-17 16:33 | 旅行 | Comments(0)

つらら

会津若松に行っていました。

会津若松、福島で仕事だった夫が、

1日半休みを取って連れて行ってくれたのです。

軽い気持ちで行くと言ったものの、

何もこんな寒い時に寒い地方に行かなくても…😅

案の定会津若松は一面雪景色でした ❄️

でも、それが私にとっては大当たり!

観光客はいないわ

雪が全てを美しく演出してくれるわ✨で。

観光したところは、

鶴ヶ城、武家屋敷、日新館、七日町通りでしたが、

今日は、そこで見た冬…つらら特集です 😊

東京では見たことがない大きなつららに私は大興奮だったのです。

ほら!太陽の陽を受けて、綺麗でしょう?!







b0134673_17213261.jpg



つらら…会津の人には当たり前のつららが、

私には氷の光の贈り物なのです ❄️

武家屋敷の軒で見たつらら。




b0134673_17253527.jpg







b0134673_17255432.jpg







b0134673_17261122.jpg







b0134673_17263101.jpg









b0134673_17264974.jpg




武家屋敷のお茶室のつららも風情がありました。






b0134673_17273930.jpg








b0134673_17275816.jpg






東山温泉で出会ったつらら。






b0134673_17283700.jpg





日新館(会津藩士の子息が通った学校、大学)のつらら。

広大な敷地に当時日本一と言われ

吉田松陰らも見学に来たと言われる

あるあらゆる設備が整った学校。

校舎の軒もつららも長い!





b0134673_17315183.jpg







b0134673_17320698.jpg








b0134673_17322338.jpg




つららが溶け落ちてチャリーンという音が

静けさの中に響いていました。

雪深い中で簡素に暮らしていた

この地の人たちの苦労が偲ばれますが、

一方では

都会では味わうことのない

自然の美しさの中で暮らすことで育まれる心は

どんなものかという思いも巡らすのでした。

今日はここまで。

次は、また違った会津を載せますね ❄️





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2018-01-16 21:12 | 旅行 | Comments(1)

ハワイア〜ンズ

昨日、今日と福島のスパリゾートハワイアンズに行ってきました。

と言うのも、夫が今日の午後、いわきで仕事があったので、

合間を利用して行こうということになったのです。

夫の仕事にのっかって旅行するのは我が家の定石。

昨夜は、2箇所の温泉に入り、ファイアーショーとフラのショーを観ました。

このショー、ライトやマッピングの演出も含めて、クオリティー高い!!

このショーを観れただけでもよいくらい。

と言うのも、私たちは、水着着用エリアは利用しなかったし、

夫に至っては、二日目はハワイアンズから出勤でゆっくりする時間もない。

言って見ればなんでわざわざハワイアンズ?とやや「しまった」感があったのです。

でも、ファイアーショーもすっごい迫力で拍手喝采だったし、

フラも本当に美しくて素敵でした。






b0134673_17015862.jpg







b0134673_17014047.jpg


昔のフラなんて、梱包用のビニール紐をほぐしたミノのような衣装のイメージだったもの。

シャワシャワ、シャワシャワって。

衣装もダンサーも美しかったわ〜。

そして今日は、私は一人ハワイアンズ。

ハワイアンズでお一人様って! (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)

不審者? (๑•̌.•̑๑)ˀ̣ˀ̣ 笑 (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)

ところが、初めてロミロミマッサージを受けたり、お一人様ハワイアンズは

あっと言う間でした。

帰りは、いわきから夫が乗ってくる列車に、

私は湯本から乗り込み、

車内の座席で落ち合って帰りました。

仕事だけの方が楽なのに、私を気遣って旅行を計画してくれてありがとう。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2016-10-19 23:00 | 旅行 | Comments(0)

高野山

1日夏休みを取って、高野山へ。

天満橋から高野山、また新大阪へ戻って東京に帰るのであまり時間はありません。

金剛峰寺と壇上伽藍の境内をゆっくり観ました。

都会の生活で、電車はすぐ来る。食べたい時にお店にすぐ入れる。

待ち時間、何かしないともったいない。と言うより、もったいないから待ち時間のないように動く。

そんなことが当たり前になってしまっているんだなぁと思いました。

高野山では、そんな都合よくは動けず、観られるところは僅か。

精進料理のプランは捨てて、ゆっくり拝観する方を選びました。

我が家は真言宗高野山派。

しっかりご挨拶しなくちゃ。

金剛峰寺



b0134673_19205411.jpeg




b0134673_19220229.jpeg




b0134673_19224475.jpeg
ここは、今でも使われている台所です。

土間ではなく、家の中に設えてあるのが珍しい。

この部屋が目に入るなり、「わ〜!私こういう部屋が好きなの!」とはしゃいでいたら、

直後に、小学生の女の子が入ってくるなり、「わ〜!私こういう部屋が好きなの!」と!

年齢は激しく違えど (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑) 好きなものはきっと色々一緒かもしれない ( ´͈ ᗨ `͈ )

それは、この部屋だけではなく、好きな生活スタイルとか、心持ちとかも似ているんじゃないかなぁと思い、嬉しくなってしまいました。




b0134673_19344513.jpeg


お茶とお菓子のサービスもあって、いただきながらお坊さんのお話しを聴きました。



六角経蔵の基壇の把手を押す夫。

b0134673_19361422.jpeg


御影堂
b0134673_19393883.jpeg





御影堂、三鈷の松、根本大塔
b0134673_19384696.jpeg


他にも壇上伽藍の境内をゆったりくまなく観ました。

今度は宿坊に泊まって、奥の院まで足を伸ばしたいねと話しながら。


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2016-08-08 17:14 | 旅行 | Comments(0)