2018年 03月 06日 ( 1 )

天才✨✨

今晩は、久しぶりのコンサート。





b0134673_23050509.jpg



ブラームスの協奏曲第一番、とてもよかった!



長年夫にお付き合いでコンサートに行っているうちに

相変わらず曲名は覚えないけど 😅

コンサートを楽しめるようになってきました。

じゃぁその前は楽しくなかったのか?っていうと…

夫とコンサートに行くそのことが嬉しくて楽しかった 😆

いや、毎回それなりに感動していたから楽しかったですよ。

でも、これっていい演奏なの?まぁまぁなの?とか…

私はクラシック音楽を理解していないから正解がわからない?

ホントはどうなんだろう?

って、自分の感覚より人や専門家はどんな評価を下すのだろう?

と思うことがよくありました。

正解なんてね 😅

自信がないからそう思うんですね、きっと。

もちろん今も他の人の感じ方にも興味があるけれど、

私はここが好き、ここがよかった!

と自分の感覚を楽しめるようになってきた…

そういう意味の楽しめるなんです ✨

今日はピアニストの横山幸雄氏のピアノを聴きながら

この人ホントの天才ダワ!✨✨

と思いました。

そりゃそうでしょう、と言われそうですが、

横山氏の演奏を聴くのは初めてだし、

辻井くんの指導をしたことぐらいしか知りませんでした。

演奏を聴きながら指揮者やソリストの経歴、

楽章ごとの解説を読むのが好きです。

ピアノに引き込まれ、オケだけの演奏になった時に

横山氏の経歴に目を走らせました。

「ショパン国際コンクールで日本の歴代最年少で入賞

ショパン生誕200年のとき、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」が授与される

「ショパン・ピアノ・ソロ全166曲コンサート」を行う(ギネス認定)

その他自ら数々の意欲的な企画で高評価を得る

リリースされたCDは数々の賞を受賞、毎年リリース

東京FMで「横山幸雄のピアノでめぐり逢い」のパーソナリティ

東京、京都にレストランをオープンし音楽と旬の食をプロデュース

上野学園教授 等々…」

が詳しく書かれていました。

ピアノだけで苦労して努力してソリストとして名を挙げるのも天才ですが

横山氏は、私が想像するに、やりたい事があって、

そこに到達するために何をしたらよいか、

するべき事を淡々と(かどうかはわからないけど😆)

とにかくやってきたのだと思うのです。

自分がやりたい事だから、物凄く練習したとしても

苦労とか苦しいとかの割合は、

凡人の感じるそれより少なかったのではないかと。

そんな風だから、コンサートやCDを次々と企画して

(むしろ面白くて仕方ないくらいでなければできないでしょう)

レストランまでオープンしちゃったのでしょう。

軽やか!

聴きながら、中野信子さんの著書「努力不要論」を思い出していました。

目標に到達するためにやるべき事を理解して

実行できる人。

苦しい苦労話満載の努力は不要な人。

この人はきっと本物の天才だ!✨✨

そう思ったのでした。

天才の演奏は凡人の私のことも

本当に素敵に酔わせてくれました✨





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-03-06 23:48 | コンサート | Comments(0)