人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ぼくの小鳥ちゃん と  流しのしたの骨

 ここ三日間ほど、腰痛―厳密にはお尻から脇腹の筋肉痛―と、大学時代のクラス会以降、食欲の衰えない夏バテ風の症状で、なんだかフーフー言いながら過ごしています。

 夫は、三日三晩私のマッサージに追われています。ありがとうございます。

 おそらくこれは、暦の上では秋が近づいてきて、夏の疲れとクーラーによるだるさが出てきたのではないかと思われます。食欲が衰えていないことは、ありがたいことです。痩せの私にとって食べられないというのは致命傷なのです。

 暦の上で秋が近づけば、朝や夕方にはちゃんと秋の気配を感じるようになります。夏が終わっていく匂いがします。日差しが長く、少しだけ弱くなります。

 私はそんな時、思い切り深呼吸します。夏から秋へと移り変わる短い季節が、私の一番好きな季節だから。

 バテている間に、心暖まる本を2冊読みました。


「ぼくの小鳥ちゃん」 江國香織著 新潮文庫 b0134673_15533964.jpg

 僕の書く、部屋に舞い込んできた小鳥ちゃんと、ぼくとぼくの彼女の物語。

 この物語から私は色彩を感じ、彼らの住む町が、いつの間にか居心地のよい自分の知っている町のように感じていました。北欧のある町のようにも、悪い人なんかいない、平和などこかの町ようにも感じながら、でも私はもうこの町のことは知っているのです。

 静かに流れる日常。

 最後の解説を角田光代さんが書いています。そこで、
「このものがたりのなかで、あなたは一番誰が好き?だれになりきっている?だれに最も近しいと思う?だれにもっとも憧れる?」
と質問をなげかげています。

 私は、小鳥ちゃん。この質問を読む前から、ずっと私は小鳥ちゃん。だから憧れるのは、小鳥ちゃんではない、ぼくや彼女かもしれないけれど。


 「流しのしたの骨」 江國香織著 新潮文庫b0134673_15541019.jpg

 題名に驚くことはありません。
 私、こと子19歳と二人の姉、心の一番平らかな弟と、両親のちょっと変だけれど心地よくいとおしい物語。

 「よそのうちのなかをみるのはおもしろい。その独自性、閉鎖性。
  たとえお隣でも、よそのうちは外国よりも遠い。ちがう空気が流れている。階段のきしみ方もちがう。……略……それだけで私は興奮してしまいます」
 と、あとがきに江國さんが書いていました。


 私は、家族や日常をていねいに静かに描いた映画や小説が好きです。

 こと子を包む、晩秋から春までの季節が私の肌にも感じられて、いとおしさを感じるのでした。




 もう一冊、とてもためになった本。少し前に読んだのですが、マスコミや意味のわからないまま雰囲気で科学的な言葉に踊らされている私たち、必読です。

「疑似科学入門」 池内了著 岩波新書 b0134673_161221.jpg 

 エセ科学がいかに人々をだまし、科学の本当の価値をおとしめているか、反省をこめて読みました。
 この本を読んだおかげで、これからはもっと冷静にものごとを見て、判断できるようになると、感謝の気持ちで、本を閉じました。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな 
Commented by いち at 2008-08-21 11:51 x
こんにちは ことりさん
江國さんの本ですね。
私もそのうちに読んでみたいです。
刺繍もビーズも素敵ですね。私にはできない・・・・
今日はゴーヤの味噌和え作ってみようと思います。
Commented by ことり at 2008-08-22 10:05 x
>>いちさん
最近、気づいたら江國さんを読んでいます。「号泣する準備はできていた」を読んだときは、それほどでもなかったんですが…。
前に書いた「すきまのお友だち」を読んで以来、気に入ってしまいました。
ゴーヤの味噌和え、いちさんのはどんなお味に作られるかナァ。楽しみです。
Commented by saineria at 2008-08-22 10:26 x
おはようございます。
最近の読書は、うちのヨビロウくんに強制?される本ばかり。
伊坂氏の魔王とか、ハリーポッターも言われているけどうーん。
なにせ、読後の感想を共有する相手がほしいとか。
期待には、答えたいけど・・・。なかなかじっくり読む気力が・・・。
Commented by ことり at 2008-08-22 11:26 x
男の子の好む本と私たちの嗜好ってちょっと違いますものね。
でも共感したいと思ってっもらえるのって幸せかも。いいわ、ヨビロウくん。
そういえば、村上春樹の「海辺のカフカ」「ノルウェーの森」は共感しあいました。
だけど!音楽を共感しようぜって、このベース音いいと思わない?とか言われても、どこをさしていいと言ってるんだっ?ってついていけませんっつうの!です。
でも老化防止になると思って若者の嗜好にも耳を傾けようとムチうっております。とほほ。
Commented by 腰痛アドバイザー at 2008-10-01 02:37 x

腰が痛いのは辛いものです。
私も14年間悩まされました。

私が考案した腰痛解消法をお試しください。
現在、日本で一番多く実践されるようになりました。

【3分腰痛解消法】で、検索すると見つかります。
腰をお大事に。
by housewife_life | 2008-08-20 16:07 | | Comments(5)