火傷とあせもの手作り薬

 手作り薬の前にいちさんのリクエストにお答えして、ゴーヤの味噌和えのレシピを。
 
 といっても友だちからの受け売りです。主婦同士の情報交換なので、大雑把で大さじ何杯とかありませんが、それぞれのさじ加減で美味しく作ってみて下さいね。私も早速作ってみましたが美味しくできました。

 ゴーヤの味噌和え

*ゴーヤは薄切りにして塩をふり、さっと茹でてから水でさっと冷やし絞っておく。 

*和える材料
  白ゴマ(一掴みくらいたっぷりすっておく)
  酢
  砂糖 
  味噌
  醤油(少々)
  おろししょうが
  酒(少々)
  ごま油
  みょうが(みじん切り)
  紫蘇の葉(千切り)
 以上をよく混ぜ合わせ、ゴーヤを加えてよく和える

b0134673_1632114.jpgb0134673_16322353.jpg







さんざん食べたあとの残り物の写真ですみません。


火傷に「びわの葉エキス」

 先日調理中に、鍋の淵に手首をぶつけて火傷してしまいました。ちょっとした火傷にしては重症です。すぐに水につけながら、ちょうど降りてきたタクロウに
「びわの葉エキス持ってきてー!」
と叫びました。
 コットンでエキスをバシャバシャつけ、エキスをたっぷり浸み込ませたコットンを患部につけてネットで押さえました。
 料理をしながら、食事を食べながらコットンが乾く前に取り替えてはつけを繰り返しました。

 初めはヒリヒリして、水ぶくれは免れそうにありませんでしたが、根気よくつけ続け、翌日見てみると茶色く痕になってはいますが、水ぶくれにはなっていませんでした。やったぁ!

 それでも、しっかり茶色の痕が…。ところが5日くらい経った頃からその茶色がかさぶたとなってはがれ始めました。下にはピンク色の新しい皮膚が。良かった~。この茶色は消えるんだ。さすが、びわの葉エキスです。

*びわの葉をはさみで切って焼酎で漬ける。(我家のエキスは十年ものです。ひどい日焼けの時にも助かります)


あせもに「天使の肌水」

 夫のあせもがひどいと悩んでいたところ、友だちに教えてもらいました。「天使の肌水」という名称で市販されていますが、簡単に作ることができます。

 原液を作って、用途に応じて希釈して使います。

原液の作り方…半年くらいもつ
*尿素     50g (園芸店で1k300円くらいで売っています)b0134673_1725345.jpg
*水       200g(日持ちをよくするために水道水で)
*グリセリン 5ml

顔に使う場合…10倍希釈  1(原液):9(水) 
身体に使う場合…5倍希釈  1:4
 どちらも1ヶ月くらいもつ



 ペットボトルに原液を、スプレー容器に5倍希釈を作りおきして、お風呂上りに夫にシュッシュッ!ほんとうによく効くのでびっくりです!
皮膚科に行ったほうがよいかしらというほどでしたが、一回使ってすぐ効果がでました。
助かったぁ~!



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2008-08-15 17:07 | 養生 | Comments(2)

Commented by いち at 2008-08-15 19:56 x
レシピどうもありがとう。
みょうがも紫蘇もあるし早速作ってみますね。
尿素化粧水作っていましたが
あせもに効くんですね。早速夫に・・
どうもありがとう。
Commented by housewife_life at 2008-08-17 15:59
>>いちさん
いちさんのご主人様もあせも?まごっちちゃんは大丈夫かな?
よく効くのでホント、助かりました。ご主人様にも効くといいな。