人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

タクロウの笑える話、プール編

 先日、小学校の担任に頼まれてプール指導に行ったタクロウ。
「番号!」
って言うと、あいつら必ず3のところで
「すぁ~んっ!」(世界のナベアツ)
っていうからかわいいよね、と笑っていました。

 でもタクロウが小学生だったら絶対言ってるよね、と私。

 あぁ、言ってる言ってる。俺のときってなにが流行ってたっけ…。あっ!あれだ、あれ。



 小さいときのタクロウは水恐怖症で、シャワーで髪を洗うこともできませんでした。

 小学校2年生の夏の終わり、このままではやばい、余りに格好が悪いと思ったのか、水泳を習いたいと言い出しました。

 夫の知り合いの情報で、泳げない子供のための水泳教室があると聞き、そこに通い始めまし
た。

 自分から習うと言っただけのことはあり、せっせっと通ってめきめき上達し、早々に泳げないクラスを脱してかなり泳げるクラスになっていました。3年生の夏には、学校では学年で一、二番を争うほどに上達。

 そこでタクロウより一つ年上の、M、T、ポルトガル人のVと大の仲良しになりました。

 しかし!こいつらのやんちゃなのなんのって!

 コースで一列に連なって間隔を保ちながら流すときは、コーチが見ていないと前の人においついて足をつかんだり、コースを区切るブイにしがみついて前に進み背中に乗ったり…。これは日常的。

 プールの上の見学室から思わず身を乗り出して見ると、タクロウもその子たちもコーチの目を盗んでつかみ合うのが楽しくておかしくて、それこそ笑って溺れそうになる始末。

 ある日は、あとから見学にいくと、タクロウと例のメンバーだけが一番端のコースでひたすら泳いでいました。しかし、いくら時間が過ぎても、コーチの指示はないし、彼らも会話したり、笑ったり、なんか自由に泳いでいる様子。結局その日はそれで終了。

 プールの後コーチが、
「おきゅうすえてほっときましたよ。普通ほっとかれるのっていやなもんなんだけど、なんか彼らこたえませんからね。、今時こんな子たち、珍しいってスタッフで感心してたとこなんですよ。」
と、笑いながら私に説明しました。
「す、すみませんっ。」
それでも翌週、みんなでコーチに謝り、みんなと泳がせてもらったようでした。

 着替えて出てくるのを待つフロアーは、新体操の女の子の教室が終わるのを待つお母様方と一緒のフロアー。着飾った上品な親子がいるそのフロアーに、プールの更衣室からタクロウたちの下品な笑い声や、奇声が響き渡り、上品な親子の皆様は
「あら、なにごとかしら~?」
ときょろきょろ。私は、その声がおかしくておかしくて、笑いをこらえながら、
「今、おっかぁ!って出てくるな、出てくるなよ~。」
と祈ったものです。

 時には廊下に、水着や洋服がとびかい、油断をすると女子更衣室に洋服を投げいれられるからやばいと、笑い死にしそうなほど笑いながら話してくれました。

 さて、水泳大会の日。

 ここからが、ナベアツの「すぁ~んっ!」からタクロウと思いだし、大笑いした話。

 コースのスタート台にスタンバイし、一人一人名前を呼ばれるときでした。カメラを構えて待つ私。

 「第4のコース、タクロウくん!」

 タクロウは、片手をかっこよく挙げると思いきや、スタート台の上で突然、
「アイーン!コマネチッ!ダッチューノッ!」
のポーズをしたのです。
なにっ?!なにっ、今の。友達のM、T、Vは大喜び。コーチも下を向いて笑っていました。

 証拠写真もしかっり残りました。

 その後、MもTもVもちゃんと?スタート台であり得ないポーズをとるという約束を果たしました。(約束…)

 その話を思い出しながら、でも俺、あの時ぶっちぎりの1位とったからね。あんなことやっても、やることはやりますから、カッコイイ~!ヒュ~ヒュ~ッ!

 …今も、本質は変わらないのか…。





 先日のプール指導では、2日で一万円ももらえるそうです。

 なのに、昼食を買ったコンビニのレシートを、もと担任の先生に出して
「よろしく!」
って、あなた。
でも先生はへこまない人なので、
「一万円もらえるんだから自分で払え!」

 二日目は同級生が4人来たので、先生が帰りにお茶でも飲むんでしょと、5千円くれたらしい。それにもタクロウは、
「アメフト部の監督は、4人で1万円くれました。」
先生は、
「も~!あんたは!」
と小学校のときと同じように爆笑していたそうです。

 そう、タクロウたちは、明るくてサバサバしたこの先生(女性)の笑顔を基準にやんちゃをしていました。男の子のやんちゃを楽しんでくれる先生だったからこそ、先生を本気で怒らせたり、悲しませることは絶対にしませんでした。
 

 今やんちゃな子にとって、「第3のコース」はおいしいに違いない。
Commented by いち at 2008-07-31 09:56 x
こんにちは
楽しい思い出話はいくつあってもいいですね。うちも娘は水泳部でいろいろやんちゃをしてました。
その時は大変なことも無事すぎた今なら笑えるし、いい財産になります。
きらきら光る思い出をあっちこっちにちりばめて生きて行きたいものですね。
そしてそれを忘れないようにもブログを書く、って事でしょうかね。たくろうくんによろしく!
Commented by ひろ at 2008-08-01 17:27 x
あっはっはっは!!楽しい思い出ですね~~♪
爆笑エピソードがあるって、素敵な事だと思いますッ
世界のナベアツ、人気ですもんね~~
誰でも簡単に真似が出来て、覚えやすくてわかりやすくて面白いっていう
子供が大好きそうなネタですもんね♪
Commented by housewife_life at 2008-08-01 23:16
>>いちさん
いちさんって、明るくてほがらかな感じがするんですが、やっぱりそうなんだ!?娘さんもやんちゃをしていたというのを見て確信?
本当に無事過ぎれば財産ですね。どれもこれも忘れたくない思い出です。
よろしくだって、と言ったらニヤッとしてました。

>>ひろさん
楽しい思い出は、日々更新されています。
タクロウは、おもしろいネタの宝庫です。
by housewife_life | 2008-07-30 15:19 | タクロウ | Comments(3)