人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

ちょっと勉強します

今週は観たいものを観たりと外向きにスタート。

まずは Bunkamuraザ・ミュージアムへ

「印象派への旅ーバレル・コレクションー」を観に。






b0134673_21494608.jpeg



スコットランドはグラスゴーの海運王バレルのコレクションなので、

スコットランドやグラスゴーの画家の絵が多く、

フランス絵画が少ないので

知らない画家の絵が多かった。

印象派ど真ん中ではなく、印象派前夜と言うか、

印象派に影響を与えた画家たちのコレクションが多いのかなと。

あぁ!だから印象派への旅なのか。

旅の途中なのか。

それにしても私が惹かれるのは、

身の周りを静謐に親密に描いた絵だ。

身の回りの親密なものという画題にも引かれるし、

また、小ぶりな静物画に至っては、それが飾られている家の中を想像すると

そこにもまた静謐な親密さが漂っているようでとても惹かれた。

その静謐さは、17Cのスペイン、オランダ画壇の影響を受けているとか?

そんな風に知らないことが多かったので、

美術史を理解したいなぁと思った。

いや、知ろう👍😉

…と、パラパラ見て読みたいと思った「フランス絵画史 高階秀爾著」を買って

早速引き込まれている 💓

でも、バレル・コレクションを日本で観られるのは

本当に貴重で2度とはないかもしれない機会なのだ。

バレルは、作品を門外不出と言い残していたのだけれど

本国の美術館「バレル・コレクション」改装に伴い

奇跡的に日本で実現した展覧会だからだ。

プーシキンやビュールレ・コレクションのような

わー!わー!😭😭とスター揃いの胸ときめくようなコレクションではなかったけれど

(ドガやセザンヌ、ルノワール、シスレーなどの絵もあったけれどね)

私の知らない世界に出会わせてくれたコレクション。

これからの私が、いいコレクションだったなぁ!と

後からときめくコレクションになるかもしれない。


中庭はドゥマゴさんのランチや

フランスのアンティーク雑貨の出店などで長閑だったけれど

今日の私は、さっさと美術館を後にした。

次に行くところがあったから!

どこへ行ったか…それはそこで買った品が届いたら

書くことにしようかな 😏

めっちゃ、楽しかったんだよ〜 😆 💕

現実も身の回りの親密な世界はいいねぇ!




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-06-17 22:10 | 鑑賞 | Comments(0)