人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

かわいいは深い

かわいいが好き。

なんでもすぐかわいい!と言ってしまう。

いや、なんにでもは言わない 😆

このかわいいと感じる感覚、

幼稚で恥ずかしいことと一人でそっと楽しむだけのことにせず、

もっともっと大切に表現していこうと思う。

(いや、もう相当出ちゃってますよ、かもだけど 😅)

美術書『かわいいナビ派』高橋明也 杉山菜穂子 監修・著

の「はじめに」に書かれていることにとても共感して

我が意を得たり!の気分になった。

そして、かわいいと感じる感覚に自信を持っていいんだと思えた。

せっかくなので「はじめに」の一部をどうぞ!



「私が抱く「かわいい」感覚の源流は、ごくシンプルであると同時に本質的なものだ。

勇ましさや重厚さ、偉大さ、権威、威厳や畏怖、支配、完璧性や絶対性などという言葉とは遠いもの、

自由、自然、優しさや柔らかさ、親近感や癒し、未完成、自発性、感覚性などの言葉で代表されるような、

いわば等身大の身体的、直感的な感覚である。

そうした感覚は、政治・宗教・経済的な権威と寄り添って大きく発達してきた西洋の美術からは、

しばしば失われ覆い隠されてきた、というのが私の考えである。

その点では、山川草木、風のそよぎや木漏れ陽の中にさまざまな精神を感じながら、

どちらかと言えばひっそりと、民衆的現場の中で育まれてきた日本の美術には、

古代の作品から昨今の現代美術やサブ・カルチャーに至るまで「かわいい」感覚が横溢している。

……… 略 ………

印象派の画家たちよりさらに先に進んで、ナビ派の作品ではもう決定的な画題は存在せず、

日常的なあらゆるものがモティーフとなった。

……… 略 ………

子どもや動物、植物が持つ溌剌とした生命力、母親が新生児に寄せる生物的な「無償の愛情」、

そして、ありふれた日々の生活の中に潜むささやかな事物…。

権威とは無縁のそうした画面のそこここに、私たちは限りない「かわいさ」を見出すのだろう。 高橋明也 」



私が、ナビ派の代表的な画家ピエール・ボナールに

直感的に強く惹かれるのにもここに書かれたような訳があるのだ。

かわいいにも色々あって、例えば私はゆるキャラなどの

キャクターものに心からかわいいと感じることはない。

でもボナールの絵はかわいい!と思うし、

やかんやお皿、家の窓辺やカーテン、カーテンを揺らすそよ風や差し込む陽射しをかわいいと思う。

暖かい日常生活を支える物、事象、人をかわいいと感じる。

ただ、私にとって、その一見甘いかわいさは、

強い決意と意志が支えている。

暖かい日常を紡いでいくためにある密やかな強い決意と意志。

それはまたおいおい。

それにしても、印象派〜ナビ派の展示をいくつか重ねることが、

私にとっての「かわいい」の大切さの理解を深めることになるとは思ってもいなかった。 ✨✨

何がどう繋がるかはわからないものだ。


ところで、ご近所さんにいただいた ツッカベッカライ カヤヌマのイースト菓子。

これもかわいい!!✨✨





b0134673_17151657.jpeg



前にツッカベッカライのクッキーを頂いたことがある。

ピンク一色の質素な缶にギッシリ入った手作りクッキーは、

うっとりするほどかわいかった ✨✨

そこのイースト菓子だからなぁ 😍




b0134673_17182728.jpeg







b0134673_17183958.jpeg




お茶をいれて、みんなでにこにこ食べる景色…

それもあったかくてかわいいなぁ ✨✨



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2019-01-18 17:55 | 日常 | Comments(0)