ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごとが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもままごとしてます。イラストレーターの わたくし、ことりの日記です  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

柚木麻子、湊かなえ

このところ読んだ本が大当たりだ。

私の好きな柚木麻子さんの『本屋さんのダイアナ』

母娘関係と友人関係を描いた小説。

キャバクラ勤めの母を持ち、母に髪を金髪に染められたダイアナ(大穴)と

お金持ちでおやつは全て手作りする上品な母を持つ彩子。

小学校3年生で出会ったダイアナと彩子の唯一の共通点は本が好きなこと。

そして、二人は友情を育み、互いに相手の母に憧れる。

母の影響が強い環境を絡めながらそんな二人が少女から大人へと成長する過程が細やかに描かれた小説です。

やがて二人の間にはずれが生じ、別々の道を歩む。

母から離れて自分の人生を生きようとするダイアナ。

大切に育てられたが、社会で本当に必要で大切なことを教えられなかったんだと気づく彩子。

たくさんの傷を負いながら二人がありのままの自分に直面していく様は

本当に心を打たれました。

青春って、成長するって、綺麗ごとではない。

だから青春の思い出って、本当は恥ずかしくて、かっこ悪くて

傷だらけで、最悪だったりする。

けれど二人は、その葛藤を通して、母のせいだ!父のせいだ!と恨んできたことを

自分が人生の主人公で自分で選んでいくことにシフトしていくのです。

少女から大人に変わっていく十余年の女の子の気持ちがこんなに生々しく書かれた小説をあまり知りません。

柚木麻子さんが書く女の子や若い女性は天下一品です!

感動の1冊でした。



湊かなえさん『ポイズンドーター・ホーリーマザー』

母娘関係を中心に母娘以外の人間関係も含め、

歪んでいく様を事件の証言を通して見せつけられる。

そう、当事者や娘、母、友人、同僚の証言という形でストーリーは進んで行くのです。

違う人間からの証言を見たとき、いかに人は自分の見方がまっとうで正しいと思っているかという

私的論理の強さが浮き彫りになる。

そこがさすが、湊かなえ!なのです。

初めの証言を読んだとき、ひどい人間だと怒りを覚えていた人間に対して、

その人の証言を読むとさっきの人の証言はなんという勘違い、思い込みだったんだ!

と驚かされるのです。

そしてあとがきに

「湊さんの作品は人物の突き詰め方に容赦がない。心の奥に隠し持つ黒い塊を的確に探り当てて、引っ張り出して自白の下に晒す。」

「読み手自身にも心当たりのある描写をちりばめて『この人物はあなたでもある』と突きつけ、動揺する読み手の心に追い打ちをかける」

とあり、まさにこの手法にみな痛がりながら夢中になってしまうのです。

柚木さんの小説も湊さんの小説も、そこかしこに私がいました。

思い込み、勘違いに救われたときもあれば、間違えたこともある。

小説だからデフォルメされていると思うことも勘違いかもしれない。

あとの2冊はまた今度。





b0134673_19250232.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]
by housewife_life | 2018-09-18 19:26 | | Comments(0)