表現の欲求

今日はおおことランチ&お茶 💖

おおこが先日描いた原画を見せて💕と言ってくれて…

私は嬉し恥ずかし😆

そう、恥ずかしながらも嬉しくて持って行きました。

この絵たちです。







b0134673_21415487.jpg




優しいお姉さんの心を持ったおおこは

優しくて暖かい眼差しで原画を見てくれて 😭

(私の姉も私の絵をいつも暖かく見てくれたの😭)

それだけでもう私は勇気づけられました。

このところのプーシキンや至上の印象派展は

ちょうどそういうタイミングだったのか、

とても心を揺さぶられ、気づくことがたくさんあったのですが、

その一つに、私は下手だからこそ(技術がない)、

ちゃんと正しく描かなきゃ💦と思っていたことに気づくというのがありました。

でも…表現したいことは下手なりに感じたままに表現すればいい。

ピアノから木が生えてくる感じが溢れてきたらピアノを正しく描くことより

その感覚を表現すればいい。

森の色も空気の色も私の心が言いたがっている色で描けばいいんだ。

そんなことを少しはぶつけられた絵でした。

もちろんそんな単純なことではないし、

技術も兼ね備えられること、

そのために精進することが必要です。

でも表したい何かに感覚を研ぎ澄ました作品には心を打たれます。

おおこは多いに共感して、某人気天才的画家(私たちも大好き)でさえ

パースを勉強し、余りにもきちんと描けるし見えてしまうから

それを崩したくても崩すことが難しいのだそうだと話してくれました。

その画家の画力、パースの見事さ美しさは宝だけど

職人技と心に湧き上がるものの表現はやはりちょっと別のようで、

こんな天才みたいな画家でも表現の欲求との葛藤があるんだろうなと

これはとても心に残る話でした。

他にも心に深く残る話がいくつもあって

ちょっと笑っちゃうけど本人(私ね)は大真剣!な話も

(思い出すとやっぱり私オモロイ😆 )

たくさん聴いてくれて…

おおこよ、今日もありがとう!!💖 でした。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-06-06 22:32 | イラスト | Comments(0)