『名作誕生』

絵が描き上がって、この3日間ちょっと腑抜けになっています 😅

で、『ラプラスの魔女』を観に行って

録画しておいて観ていなかった『帝一の國』観て爆笑し、

今日は夫が午後から休みを取ったので

上野で待ち合わせて『特別展 名作誕生 つながる日本美術』を観て来ました。

プーシキン観てたから半券持って行って100円引きで 😆







b0134673_22271293.jpg





ある日突然現れた名作というのは存在しなくて、

時代の流れの中で大きな影響を受けた何かが存在がする。

技術を継承しながら、新たな手法にチャレンジしているのがわかるように

基盤となった作品を並べて展示しているので

なるほど〜が連発で

夫と『なるほど展』だったねと話しました。

残念だったのは、夫に長谷川等伯の『松林図屏風』を観せたかったのだけど、

それは会期前半の展示だったこと。

私ももう一度観たかった 😭

夫は今日しか時間が取れなかったので仕方ない。

今回私が一番惹かれたのは、俵屋宗達の道を描いた屏風。

伊勢物語の在原業平が左遷された寂寥感が表現された道。

金色の中にただ緑の蔦の葉が垂れる緑の道が続く、

マットな色とシンプルなデザイン的な屏風。

人は描かれていないのに

どこまでも続く何もない道に侘しさが漂っていて美しかった。

日本の誇れる琳派の始まりこのデザイン的な表現は本当に画期的!

日本の誇りを感じてうっとりでした。

人の絵の影響を受けてしまうと自分を見失うのではないか、

と未熟だから不安になるけれど、

影響を受けることの大切さを感じたなぁ。

イヤでも影響を受けてるけど 😅

恐れすぎてもいけないのかもしれない…そんなことも考えさせてもらえた。

少し疲れたので隣の法隆寺宝物館のカフェでお茶休憩。








b0134673_20520968.jpg



綺麗な池の奥にある静かな宝物館。




b0134673_20561660.jpg




宝物館から見た景色も美しかった。





b0134673_20565104.jpg




そして帰りは居酒屋さんで、

クラシック音楽好きの夫はクラシック音楽を

私はヨーロッパの絵画の歴史を

時代背景と照らし合わせていったら面白かった。

この3日間はちょっと腑抜けだったお陰で

読書時間もたっぷりとれて、

映画や展示もたっぷり楽しめちゃった 💓😊





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-05-25 21:28 | 鑑賞 | Comments(0)