夫の青春を辿った日

昨日のブログで、明日は午後から夫にお付き合い、

って言っていたでしょう?

なんのお付き合いだったかというと…

夫の青春を辿るお付き合い。

夫が大学1、2年の時と、3、4年の時に下宿していた場所を

辿ってみたのです。

途中寄り道をしながらね。

スタートは、12:50「てんや」早稲田店 笑

まずは、腹ごしらえ ☝️

そしてすぐそばの早稲田文キャン前にある放生寺へ。

家のお墓を綺麗に磨いて、姉のお墓参りもして

頼んでおいた一陽来福のお札を戴きました。

放生寺の後ろにある穴八幡は、元々は放生寺で

神仏分離で穴八幡に分かれたのです。

穴八幡は神社なので一陽来福の福の字が「復」になっています。

一陽来福の方はお経から取っているので、

神社である穴八幡は「福」を使うわけには行かず、

「復」の字の方にしたのだそうです。

今日は穴八幡には寄らず、

夫が3、4年の時に下宿していた西早稲田の下宿屋へと歩きました。

周りは閑静な住宅やマンションですが、その下宿はかなりのオンボロ 😅

でも今も下宿生が住んでいます。

当時はみんなこんな感じだったよねと話しながら諏訪神社に寄りました。

すぐ近くの西早稲田駅から副都心線に一駅乗って

雑司が谷で降り、鬼子母神に寄り道。

鬼子母神ではタクロウが私のお腹にいる時、

腹帯をいただいたことがあります。

そしてタクロウが小さい頃遊びに来て夢中になった駄菓子屋さんもありました ☺️









b0134673_22294963.jpg









b0134673_22293275.jpg






タクロウにお土産〜 😆😆👍








b0134673_23081300.jpg








b0134673_22305646.jpg






鬼子母神は、私が懐かしい場所でした。

鬼子母神からまた歩いて、夫が大学1、2年の頃下宿していたところへ。

そこは日本女子大の寮の横。

もう建物は立て直して住宅になっていました。

ここは友だちの溜まり場で、

夫はよく友だちに料理を作ってあげたそうですが、

メニューを作ってお金も取ったんですって 😆

とても材料費まで持てないと 笑

その下宿から大学までどんなルートで歩いて通ったのか、

私も歩いてみたいと思い、案内してもらいました。

田中角栄邸の前を通り、日本女子大付属の豊明幼稚園の前の坂を下り、

神田川を渡って都電の早稲田駅の所に出ました。

時間は16:00。

ずっと歩きっ放しで喉も渇いていたので、

大隈講堂までの途中にあるグッドモーニングカフェでお茶をすることに。

今日は北風が頬を刺すように冷たかった!🌬

暖かなお店のソファ席に座ると

カチコチになっていた身体がほどけて

初めて疲れを感じたほど、疲れよりも寒かったのです 😖

このときスマホを見たら15,000歩🏃歩いてました。

思わず甘いものを求めてしまった二人 😋









b0134673_22502575.jpg





ミントパフェは、夫だよ ☝️

私は寒くて 😭

一度座ったらなんか動くのが嫌になったね 😅と言いつつも

大隈講堂、本キャン前を通って早稲田駅まで歩き、

これでついに青春を辿り一周したのでした 👏👏👏

ついでに新宿に行き、ルミネでお年賀を買うことに。

ルミネに着いた途端水を得た魚状態の私。

夫に「ここ、私の庭だから」😆✌️

夕飯も居酒屋さんで食べて帰りました。

さて、これで終わりかと思いきや…

某銀行の横の道でその銀行の通帳とカードの落し物を拾ってしまいました 😱

年の瀬に気の毒すぎます 😣

銀行に届けた方が早く持ち主に戻りそうですが、

銀行はとっくに閉まっています。

交番まで歩き、届けて帰りました。

19,400歩 😵

夫の青春を辿る旅。

今となっては昭和のモノクロ映像のよう。

そんな夫の大学時代のエピソードを聴きながら歩いた半日は、

とってーも寒かったのに心暖まるとても楽しい時間でした ✨✨






クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-12-28 23:26 | 日常 お出かけ | Comments(2)

Commented by u73213 at 2017-12-29 11:43
なんて、ほのぼのするデートでしょう。
思い出を辿るデート、自分の人生を楽しく振り返る、そんな時間は、これからの自分も応援してくれる気がします。
Commented by housewife_life at 2018-01-04 15:33
そうですね。頑張ったこと、楽しかったこと、辛かったことさえ乗り越えて今があると思うと、応援してくれているように感じますね。自分以外の人の思い出を辿るのも楽しいものでした。