人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

「パパの電話を待ちながら」

「パパの電話を待ちながら」ジャンニ・ロダーリ(伊)

「本書は、出先から父が娘に毎晩聞かせた話を集めた、という構成になっている。
本書のパパであるビアンキさんは、ロダーリの幼い頃からの親友の名前でもある。親友ビアンキさんは、若くして戦争で死んでしまった。
ビアンキさんはまた、幼い頃に死んでしまったロダーリの父親でもあろう」(後書きより)

「お話一つ一つが短いのは、お父さんが娘に出先から電話でお話しを聞かせていて、あまり長電話ができなかったから。」で始まる、小さなお話しの数々。

チョコレートの道や、コンフェッテイ(砂糖菓子)の雨やシュールな冒険、シュールな街の人、場所が次々と現れる。

大人にはナンセンスでつじつまが合わない世界は子どもの視点だ。

そしてそれは子どもにとって面白くてたまらない世界だ。

不思議が不思議ではなく存在したりする。

子どもたちが目を輝かせて、或いはケラケラ笑い転げてお話しを聴く姿が目に浮かぶ。

大人の私もクスクス笑っている。

道徳的で教訓的な大人好みのお話でない、思いつく限りに自由な発想の子どもたちの心の中そのもののお話。

ロダーリは、イタリアの子どもたちにそういう本を数多く残した作家だそうです。




b0134673_23112863.jpeg


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
by housewife_life | 2016-05-17 23:14 | | Comments(0)