人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

古楽器でバッハ協奏曲

今晩は夫とコンサート

紀尾井ホールで

「寺神戸亮が名手たちとともに贈るーバッハ協奏曲」


フルートとヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲 イ短調

ヴァイオリン協奏曲 第一番 イ短調

ヴァイオリン協奏曲 第二番 ホ長調

ブランデンブルク協奏曲 第五番 ニ短調

アンコール : G線上のアリア


演奏はバロック・バイオリンをはじめ全て古楽器

フルートは木管

チェロは現代のより小さくて、ヴィオラは見るからに大きい

今日の演奏を聴くと

現代楽器がいかに均等に大きな音が出るように改良されているのかがわかります

でもその代わり

バロック音楽に重要な一つの音を弱音から次第に強くして、また弱くして終わる

という技法などは失われていってしまったんですって

バロック・バイオリンは、各弦に個性があって均等さを求める現代楽器から見ると

それは欠点に見えるけれど、実は様々な音色を持っていて

とてもよい効果を発揮しているのだそうです


確かに、均一さや音量には欠けていたけれど

弓が上がっていく間に、たった一つの音が柔らかく弱くなったり強くなったり

思わずひきこまれるふくよかな表情がありました

紀尾井ホールは室内楽向きの比較的小さなホールですが

もっと小さなホールで聴きたいなぁと思いました

灯りもちらちら焔が揺らめく灯りで…

とてもクラッシックなところ…


嬉しかったのはアンコール曲、G線上のアリア

古楽器で聴くG線上のアリアは、本当に素敵でした


まさに暖かな焔の灯りが揺らめく

ドイツの小さな教会にいるような気持ちになったことりでした

…ため息…


b0134673_22321039.jpg

by housewife_life | 2014-01-23 17:17 | コンサート | Comments(0)