人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

初夏の夜の素敵な時間  

 夕べは名倉淑子さんのヴァイオリンリサイタルにご招待を受けて、夫と楽しませていただきました。

b0134673_9293324.jpg


 ピアノ:橘高昌男

 バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調BWV1005

 ストラヴィンスキー:ヴァイオリンとピアノのためのディヴェルティメント

 フォーレ:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番イ長調作品13

 ラフマニノフ:2つのサロン風小品 作品6

 <アンコール曲>

 フォーレ:子守唄
 ファーリャ:スペイン舞曲


 音楽を聴きに行ってこんな感想・・・・どうかとも思うのですが、名倉さんが登場されるなり、私は名倉さんのドレスに、その登場の姿に、ハートを射抜かれておりました。溜息・・・。

 演奏が始まる前からめまい・・・です。

 たくさんのソリストのドレスを見ましたが、今回ほど私のハートを掴んでしまったドレスはありません。
初夏の夜の、大人のヴァイオリニストのドレス・・・

 群青色の夜に、大きなまるでぶらんこのような月にも見える銀色の輝き・・・そこから流れるように煌めく星たち。縦に流れる美しい夜のとばり。動くたびにそのとばりの隙間から赤、緑、青、銀色に光線を放つ星々。
 懐かしい光の色。
 私は、ヴァイオリンの音色が、その夜のとばりから、煌めきながら聴こえてくるように思えてなりませんでした。

 今も目を閉じると、星たちを輝かせながら華奢な身体で、一心不乱に演奏される姿とヴァイオリンの音色が蘇ります。
 第一線で活躍されてきた時の経過が生み出す、ヴァイオリンについては私が語るまでもなく、その姿の美しさだったのだなぁと思います。・・・人生をヴァイオリンに捧げてきたのですもの・・・。凄いなぁ・・・。溜息



 リサイタルはもちろん、心を満たしてくれました。


 その後、ご家族やお仲間の方々とお食事にも招待していただきました。

 私は名倉さんは初対面で、すごい経歴をおもち超一流ヴァイオリニストでいらっしゃるのにとても気さくな方で、気軽に色々お話ししてくださって、演奏されている時とはまた違った魅力に惚れ惚れ。

 途中から、お嬢さんのユキエさんと、ユキエさんのお嬢ちゃんのユリちゃん、名倉さんの生徒さんのピアノ伴奏などもされているピアニストのユキさんとも楽しませていただきました。ユキエさんご夫婦は、お若いのにご夫婦で夫のところでアドラー心理学を学んでくださっています。
 ユキエさんもユキさんも、可愛くて、可愛くて、いい子娘たちで(泣)とても楽しい時間でした。

 夫は、名倉さんのご主人と盛り上がっていました。ご主人もベルリンフィルでも演奏されていた経歴もおもちの、ヴィオラ奏者の第一人者です。夫はクラシックが大好きなので、相当お話がはずんだそうです。

 気がついたら、12時!

 奔走して色々気を使ってくださったケイタさん、本当にお疲れ様でした。私たちは、とても有意義な時間をすごすことができましたよ。感謝しています。

 
 
最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
Commented by かこ at 2011-06-27 10:54 x
ヴァイオリンに癒され、ドレスにハートを射抜かれたのね
ことりさんのことだから、絵に登場してくるかも

しろくまくんのきもち、超可愛い!!
いくらだったのかしら
こちらは気温が上がらず、長袖長ズボンでコメントしてます
シュシュのはビックリ!
エコに勤めてますね
Commented by ことり at 2011-06-27 21:28 x
>>かこさん
ドレス、素敵だったわ~。思い出すとまた、ぽーっとしちゃう。
ちょっと都会的なドレス。
・…だから、素朴系な私の絵には出てきそうにないかな。^^;

しろくまくんね、柄ありは1200円で、無地は850円くらいだったと思う。
シュシュも案外効果があってGOODです!
でも、真夏になって連日30度超えの日々が始まったら、しろくまくんがあっても対処する自信ないっす・・・。ショボ。
かこさん、長袖、長ズボン!
日本て、やっぱり細長いんだねー。‘‘;
by housewife_life | 2011-06-26 10:39 | コンサート | Comments(2)