人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー

楽しい友達、読書は楽しい

 久しぶりにタクロウの幼稚園時代の母友達で会いました。6人のうちの4人がこられました。

 もう17年の付き合い!しかも濃い!だからなんでもわかってる!そしてオカシイ!

 今日も笑って、笑ってよいホルモン、3日分くらい出してきました。幸せな私達。みんないい子に育ってくれて、それぞれ色々あってもみんな生活に感謝していて、幸せな私達だなぁと嬉しく思いました。

 ニューオータニのブッフェに行ったのに、楽しくて写真撮るのをすっかり忘れてしまいました。まぁ、いいか…。
 写真も撮らず、お腹いっぱい食べて、大笑いしての帰り道。行く時は雪混じりの雨でしたが、帰りは日が差して、上智大学とお堀の散歩道の常緑樹が香るほどに緑を濃くしていて、また春を近くに感じました。

 それから、おみっちゃんとも「着物着ようね」って話して、楽しみができました。気張らないで、持ってる着物を何度でも大事に着たら楽しみがひろがりそうです。もしかしたら一緒に着られるかも!って思っただけで し・あ・わ・せ!^^



 さてさて、この間当たった本「戦友の恋」の大島真寿美さんの他の本、二冊見つけたので早速買って読みました。

                  「宙(ソラ)の家」と「水の繭」です。

b0134673_21404098.jpg
b0134673_21405984.jpg


 個人的には、「宙の家」が好きです。「宙の家」はデビュー作のようですが、とても瑞々しくてため息が出ます。解説にもあるように、書き過ぎない。のに細かい描写が素晴らしい。
 「宙の家」も「水の繭」どちらも、家族、人の死による喪失感を日常的に描いています。「戦友の恋」もそうでした。それがテーマだとすると、よしもとばななもそうですが、よしもとばななより書き過ぎない余白を感じます。よしもとばなな、大好きですが、いつからかどれも似たような作品に感じられてしまって少々残念に思っています。
 「水の繭」の解説を尊敬する角田光代さんが書いています。この解説がまたさすが角田様!です。角田先生の言葉をお借りすれば、大島さんという作家は、喪失したものを取り戻せるという嘘をつかない。でも、絶望を描いた小説でもない。喪失と共に生きることをさりげなく与えてくれる。
 大島真寿美さんの他の作品も早く読んでみたいが、文庫ではたぶん全部調べたつもりですが見当たらない。もう一度探してみます。読書は楽しい^^


 
クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
Commented by おみっちゃん at 2010-03-01 10:18 x
本当に昨日は楽しかったですね。
4人テーブルの私達の向かい側にJちゃん、Iちゃん。
とっても苦労人なのに辛いことも悲しいことも極上のお笑いネタに
してしまえる素晴らしい特技を持つこの2人。
だからいつも涙を流しながら大笑いしてしまい、そして頑張ろう!って
気持ちにさせられます。
昨日は美味しいものを頂きながらこの2人のライブを見ている
ようでしたね。なんという贅沢で楽しいひととき・・・
ホテルという意識を忘れお笑いライブ会場となったテーブルでした(笑)

でもさすがにホテルだけあって行きかう人は皆おしゃれ。
お日柄が良かったのか着物の方が多くてその季節を感じさせる装いの
美しさにウットリ!
ことり先生、着物のこといろいろ教えてね。

Commented by ことり at 2010-03-02 21:19 x
>>おみっちゃん
うん。楽しかった^^
「待て待て~ぃ!」なんて呟きながら笑ってます。

ライブと言えば、あの席は本当によいライブ席だったと思う。
J&Iのライブはもちろん、着物姿をばんばん見れたという点でも!
留袖、振袖、色無地、訪問着、顧問、紬!結婚式だけでなく着ている人がたくさんいたから、ほぼ全種類見れたものね。
素敵だったね。
ことり、頑張るわ!おみっちゃんもご一緒に!come o~n!!
by housewife_life | 2010-02-28 22:08 | | Comments(2)