人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

動と静

 前回ご紹介した柴田トヨさんの詩集「くじけないで」を手に入れたい方は下記に500円(送料込)を振り込むと郵送していただけます。(振り込み手数料が別途かかります)

 郵便振替口座番号 00110-9-570449
 加入者名  「ウェーブ産経」事務局
 通信欄に「朝の詩係」と明記のこと   


 トヨさんのお写真が出ていますが、この詩通りの優しい素敵な素敵なお顔です^^

 母にも「くじけないで」をプレゼントしました。母は枕元において寝ているそうです。今でも十分頑張っている母ですが、頑張る勇気がわいてきたと喜んでくれました。そして、友達と電話で「がんばろうね!」と励まし合ったそうです。
 

 <動>

 さて土曜日は、母と夫と義兄(姉の夫)とでタクロウの学園祭に行ってきました。実は夫も義兄もタクロウの大学のOBなのです。義兄は去年も来て、一日楽しんで帰ったそうです。今日はみんなで!

 タクロウが小さい頃はこの近くに住んでいたので、学園祭にタクロウを連れて行ったものです。身動きできないほどの人ゴミと、ぎっしり並んだ屋台と、アホなこと?をしているお兄さんたちのお祭り騒ぎを見て、大学って毎日こんなことをしていると思ったのか、
「おっとぉも、毎日こういうことしてたの?」
と瞳をクルクルさせて尋ねたのを懐かしく思い出しました。
その時は、裸でふんどし(でも前に垂れているだけでまたの部分はない、危険なふんどし)姿のお兄さんが、
「ABC体操」なるものを披露していました。
黒山の人の前で、音楽に合わせて、身体でAからZまでを表現するのです。当然、見てはいけないものが見えたりするわけで、女子は
「キャ~!!」
と叫びつつ、指の隙間から見ていたものです。4,5歳だったタクロウにバカ受けでした。素敵な大学!と思ったかどうか知りませんが、強烈な印象であったには違いありません。

 16万人は訪れるという学園祭。相変わらずアホな学生は健在でしたが、私たちは「合気道」の道場に演舞を観に行き、あほな学生たち、少しは合気道でもやりたまえ!などと思うのでした。師範のお話は深くて、流れている日常の中でふと心の足を止める時間になりました。

 それからメインステージへと移動している最中、この何万人という凄い人ごみ中でタクロウに会いました!奇跡だぁ~!タクロウは放研のビラ配りをしていました。おばぁちゃんと伯父さんまでいたのでびっくりだったでしょう。

 若者たちのすごい熱気です。あの喧噪に興奮できたのはずっと昔のことのように思えました。私たちは、喧噪を逃れ、静かな居酒屋さんで楽しい一時を過ごしました。



 <静>

 そして今日は香道を習っている友達のお誘いで「遊香会」に行ってきました。

 若い頃、親に作ってもらった色無地の着物に、母の友人に頂いた帯をして行きました。所は神田明神の横にある「神田の家」という、江戸時代に建てられたという総杉の木造りの家。
b0134673_21175337.jpg

 全景を収められなかったのが残念です。「井政」というのは大工さんの屋号です。大工さんだからこそこれだけの杉が手に入ったそうで、天井、欄間、床の間、柱どこをとっても杉の木です。

 この火鉢のある部屋が待合の部屋でした。
b0134673_21223117.jpg


 去年に続き、2度目の体験の遊香会。すべてが静かで、すべてがたおやか...。これを求めて、今年も楽しみにやって来ました。時も現実も忘れて香炉に鼻を寄せて香を聞く。全身が香りの中に包まれている感じで、鼻という部分を使って嗅いでいる(聞くと言いますが)という感覚が消えていくのを感じました。

 去年は「源氏香」、今年は「月見香」です。初めに「月」の香り(かぐや姫)の香炉が回って来ます。その香りをお作法に従って聞き、覚えておきます。その後、「出香」、「二炉」「おしまい」の香炉がそれぞれ回ってくるのでそれぞれ聞き、それが「月」の香りと同じであれば、「月」違うと感じれば「ウ」と書いて提出します。
三つお炉を聴くのでたとえば「月 月 月」という答えになったとすると、全部が月なので「十五夜」と書きます。「ウ 月 月」なら満月に少し足りないので「宵待」と書きます。風流ですね。源氏香のときは、源氏物語の登場人物の名前でした。

 静かに、お作法の型を通して心を整えながら香りを聞き当てる千年の時を超えた遊戯(ゲーム)というのでしょうか。かすかな緊張感も心地よく、楽しいひと時でした。答えの発表までは、子供たちが出してくれたお茶とお菓子を楽しみました。
b0134673_21383061.jpg

 お菓子は、青山骨董通りにある「菊屋」さんの、「仲間月」(今日のために創作)、お茶は「青山園」の「御所車」だそうです。「菊屋」さんには、故向田邦子さんがよくいらしたそうです。青山園」さんは明治神宮で使われていて、「御所車」は今度オバマ大統領が来日して、明治神宮にいらしたときに出されるお茶だそうです。

 お茶の後は正解発表。
b0134673_2220119.jpg

「月 ウ 月」で「水上月」が正解
でした。私は一つはずしてしまいました。私の列で7人中正解は一人でした。去年は全問正解で「叶」と記されました。去年は大切な知人を亡くした直後で、神経が弱っていました。そんな時はとても敏感になるのだそうです。だから、
「全問正解しなかったら、健康なんだと喜び、全問正解だったら、身体の事を少し気遣いそして、感覚が優れていると思ってください」
と、先生がおっしゃいました。どちらにとっても良い遊戯であるところがまた、素敵です。

 お茶のあとは、隣のお茶室に展示された生け花を鑑賞しました。
b0134673_21444442.jpg

 小学5年生の男の子が生けたダイナミックな作品。写真がよく撮れていなくて申し訳ないのですが、都会の子供でもこのような野趣溢れる作品を生ける感性を持っていることに感動しました。
b0134673_2147186.jpg

 私が一番気に入ったのは、この野菊の作品です。楚々として控えめで、愛らしい野菊が表現されていて、一目で気に入りました。
b0134673_21495328.jpg


 今日は運がよく円山応挙の山水画の屏風が席にたてられていました。お香の先生が骨董の先生でもあるが故にいただけた幸運です。お香の会が数日ずれていたら見ることはできなかったそうです。

 屋久島杉と霧島杉を交互に配した天井の、木目が描く柔らかい流線型が本当に心をほどいてくれます。自然の姿に余計な装飾をほどこさず、自然の与えた美しさをそのまま愛でる日本人の感性もまた、静かで美しい。趣味のない人が見たら古くさい家かもしれませんが、この家はどこもかしこも静かに呼吸をしているのです。デコラティブで、実はさりげなく自慢気な煩い心があちこちに垣間見られるインテリアやお家にはない、シンとした静けさが自尊心のように感じられる、歴史ある日本家屋特有の感じが好きです。

 本当なら私には縁のないこんなひと時を楽しませていただけるのも、このお友達のおかげです。いつもありがとうございます。お友達のおかげで、私にも縁が少しあったようです。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
Commented by みるる at 2009-11-09 11:20 x
ことりさん、遊香席をこんなに素敵に書いて下さってありがとうm(..)m
私の大好きな特別な静かな空間で同じ時間を共有できたこと、とても嬉しかったです。 ことりさんの、明るい卵色のお着物姿もとても素敵でした。

そして〈動〉の学園祭。 うちの夫も、タクロウくんの大学のOBなので、かつて、学園祭に行きました。そのとき、焼きそばを買ったのですが、
あいにく雨が降り出し、屋台の男の子達が、濡れますから、僕らの部室でどうぞと案内してくれました・・・が、そのアメフト部の部室の物凄さときたら・・今でも、あの饐えたような臭いは忘れられません(笑)
今度、行く機会があれば、ぜひ、ふんどし姿のお兄さん達のABC体操を拝見したいです。(笑)

Commented by saineria at 2009-11-09 11:26 x
動と静・・・。

ことりさんの素敵な生活をまた御一緒させていただいた気分です。
若いパワーを吸収する(?)ことも必要だし
静かに充電することも大切だし。

ブログでたくさんのことを学ばさせていただいています。
いつもありがとうございます。
私も、もうすこし上質な生活をめざさないと・・・
Commented by ねこ at 2009-11-09 21:17 x
ことりさん、はじめまして。
白猫のみるるさんの香仲間のねこです。遊香を素敵に紹介くださりありがとうございました。
お迎えする側としてはあっという間の1日で、ただただお客さまに少しでも楽しんでいただけるように...という思いだけ。師匠の挨拶にあったようにとても拙いお席だったと思います。でも、ことりさんのブログで少しでも楽しんでいただけたことを知って本当に嬉しかったです。
来年に向けて稽古を続ける力を頂きました、ありがとうございました!
Commented by みるるさんのご近所猫フリル at 2009-11-10 13:34 x
はじめまして
白猫みるるさんのただのお友達の「フリル」です。
香の「こ」の字も心得のない者が読ませていただいても、すっと心が自由になるような「全問正解しなければ健康と喜び、正解したら健康を気遣い感覚が優れていると喜ぶ」という言葉の深さを忘れないようにしたいと思いました。
Commented by ことり at 2009-11-10 15:56 x
>>saineriaさん
動も静も、よく考えると、周りの人に頂いた機会、時間ですね。
有難いことです。
saineriaさんも、旅行を楽しんだり色々チャレンジして素敵です。
子どものためのお仕事が本当に好きというか、大切なんですね。いてもたってもいられなくなるsaineriaさんですもの^^
尊いなと思います。
一緒に、向上心を忘れずにいきましょうね。

Commented by ことり at 2009-11-10 16:05 x
>>ねこさん
ようこそ、ねこさん、初めまして!
コメントをありがとうございます!
紹介というより、感激を一人胸の内にしまっておけないんですね^^
私たちは容易された場で、ゆっくり楽しませていただいたけれど、そのために皆さんは準備等大変だったことでしょうね。
でも、みなさん優雅な振る舞いでそんなことを感じさせないからさすがです!
ねこさんの帯が素敵で、ねこさんが香炉をお運びするたびに「素敵な帯!きれいだわぁ!」とため息で眺めていたんですよ。うっとり...。
素敵な一時をありがとうございました。
またの機会を楽しみにしています^^
Commented by ことり at 2009-11-10 16:16 x
>>みるるさん
こちらこそ素敵な体験の機会をありがとうございました。もっともっとあの場で静かに遊びたかったです^^
みるるさんの亀覗き色の着物も色白の肌にあって、透き通るようで美しかったです。

学園祭、ABC体操の人とは全く違う集団なのですが、「男祭り」という赤ふんどしで舞う(愛裸舞)サークルも最後盛り上げて笑わせた後、ステージ上で一人一人夢を語って、それにみんな泣けたそうです。普段アホなことをしている彼らが大きな夢を持っていて、中には「おかあさん!!俺を育ててくれたありがとう!!」と泣きながら語った子がいて、それにもみんな泣けたとか。この大学の凄い愛好心をまたまた感じたタクロウだったようです。ご主人にも教えてあげてね^^
Commented by ことり at 2009-11-10 16:24 x
>>フリルさん
ようこそ、フリルさん、初めまして!
コメントをありがとうございました!

本当に素敵な解釈ですよね。
人生2度目のお香体験で、何も知らないのですが^^;こんなところに日本人独特の精神性があるようで、私も一つ一つ感激してしまうんです。
フリルさんも、このことばの深さをすぐ気づかれたのですね。
お人柄がうかがわれます^^
Commented by ミルルちゃんの元隣人 at 2009-11-10 18:07 x
昨年のお香の席にご一緒させていただきました。息子さん無事大学生になられたのですね。おめでとうございます。ご自分で着付けをしたというお着物とてもきれいでなんと清楚な方かと思いました。今年のお席もまた良かったようですね。一年に一度でもあのような場所を経験できるとパワーを蓄積できますね。
またお会いできたらと願っております。
Commented by シャム猫「るる」 at 2009-11-11 11:24 x
ことりさん、初めまして♪
みるるさんの香仲間のシャム猫「るる」(みるるさん命名)です(笑)
他の方のコメントにもありましたが、本当に素敵に書いて下さってとてもとても嬉しく拝見致しました。
実際より何倍も(?)素敵に見えます(笑)
こうして、ことりさんが記事にして下さることで、少しでも多くの方に日本文化に興味を持っていただければ嬉しい限りです。
今の日本の日常生活では、お香に触れる機会はあまりないと思いますので、ことりさんのブログがきっかけで、次の機会に参加して下さるようなことがあれば・・・それが私どもの先生をはじめ、私たちの目指すところでもあります。
楽しんでいただいたということりさんのお言葉を支えに、引き続き精進して参りますので、来年も是非!お越し下さいね♪
来年は、みるるさんのお手前の回にでも☆

Commented by ことり at 2009-11-16 18:28 x
>>ミルルちゃんの元隣人さん
元隣人さん!ようこそ!
懐かしいです^^
あの時は思いがけないご縁で、素敵な一時をご一緒できて嬉しかったです。
息子もお陰様で、あの時お札に願いを込めてた大学に入学しました。覚えていてくださったのですね。ありがとうございます。
今年も去年の体験が忘れられず、参加させていただきました^^
たまにしかできない体験ですが、パワーをいただけますね。
日本人の感性が益々好きになって...。
アイデンティティーを感じる一時でした。
また、お香でお会いでいるかもしれませんね!
楽しみにしています。
Commented by ことり at 2009-11-16 18:41 x
>>シャム猫「るる」さん
るるさん、初めまして、そしてようこそ!
コメントくださって、ありがとうございます^^

素敵に書いてくださって、って、本当に思ったまま体験して感じたままに書いただけなんです。
るるさんも、素敵でした。動きの一つ一つがきれいで、見とれてしまいました。お着物姿もうっとりするほど美しかったです!
今時はなんでもBGMつきですが、音のない部屋で、静かに畳の上を足袋が滑るように歩く音や、お隣からの「お先に」そしてお隣への「二炉です」と静かに伝えあう声、季節の香り、季節の装飾、どれも自然からのプレゼント。それを受けとめる日本人の繊細な心を熱く感じてしまう一時でした。
るるさんたちが、精進して継承してくださっている世界を垣間見させていただけとことに、感謝しています。
来年も、今から^^とても楽しみにしています。
るるさん、ありがとうございました。
by housewife_life | 2009-11-08 22:35 | 着物 | Comments(12)