人気ブログランキング |

ままごと日記 polianna.exblog.jp

小さい頃、ままごととお絵描きが大好きでした。今だに私の生活ままごとみたい。紙の上でもお絵描きでままごとしてます。お家好きなことりの日記です。  


by ことり
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

きものが紡ぐ不思議な縁

 実家で母と話していると、母のご近所友だちから電話があり、
「お嬢さんいらしてるなら、ちょっと一緒に顔出さない?」
とのお誘いが…。

 ご近所友だちのIさんは、着付けの師範を持つ大の着物好き。でももう腰が痛く、曲がってもきてしまったので思い切って持っている着物を処分する決心をしたとのこと。Iさんにもお嬢さんはいるのですが、着物には興味がないので、Iさんの従姉さんに好きなだけ持っていってもらったそうです。

 それでもまだいくらか残っていて業者に買い取ってもらうことにしたので、その前に欲しい着物があったら私にくださるというのです。

 ちょっと見せていただくだけ…のつもりで行ったのですが結局、着物を3枚、羽織を1枚、帯を一本いただいてしまいました。もう私は夢見心地。

b0134673_15555675.jpg


 左の黒いのは羽織、真ん中は礼装用袋帯、右は小紋です。着物あと2枚は、まだ実家に預けてあります。優しい明るい藍色に絞りの小紋と、黒地に赤と白で細かい模様を配した小紋です。

 残った着物なんて、とんでもない!他にも、法事などに着るための色無地とそれに色をあわせて作った道行や訪問着、小紋の数々。ほんとはもっとたくさんいただきたいものがあったのですが、それも図々しいかと…。

 それにいただいた着物と羽織は、着丈と裄丈を出さなくてはなりません。これもまたお金のかかることですし。いただいた着物はぴったりに直して素敵に着こなし、必ず私にもらわれてよかった着物にしたいと思います。

 Iさん、本当にありがとうございました。これらは亡きご主人から買っていただいた着物です。私の父が亡くなる前に、このご主人にあとのことを色々頼み、お葬式の手配からその後一人暮らしになった母を家族みんなで大切にしてくださいました。ところがそのご主人も2年後、何の因果か父と同じ病気にかかってからあっという間に亡くなってしまいました。
以来母とIさんは、夫たちが願った通り、助け合って仲良く、楽しく暮らしています。二人とも夫に可愛がられた幸せな妻でした。
 そのご主人が妻のために買った着物を私がいただくというのも、何か不思議な縁を感じます。
着物だからできることで、洋服ではできないこと。
義母にいただいた着物も然り。色々な人の思いをのせた着物、大切に着たいと思います。



 帰りに、タクロウがセンター試験で疲れて帰ってくるだろうと甘いものを買って帰り、夕食のあとお茶と一緒にいただきました。
b0134673_1634238.jpg

 見た目もかわいい椿まんじゅうです。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
by housewife_life | 2009-01-18 16:37 | 着物 | Comments(0)