タグ:アドラー心理学 ( 72 ) タグの人気記事

発見

母の家を少しお片づけをしたら……

はい、その通り。

帰ってきてお片づけの火がついてしまいました。

新しい絵の具が届いて「嬉しい〜!」と小躍りしたにもかかわらず、

絵筆より片づけ…ゴミ袋を掴んでいた私がいました。

(でも、新しい絵の具に全とっかえ。嬉しい!これこれ)







b0134673_22474501.jpeg



このところ奇蹟的にぽか〜んと空いている日が続いていたので、

絵を描いたり次のお仕事のために頭を整理しておこうと思っていたのに、何をやっているんだ、私は(笑)

でも、この熱は来た時に燃やすのが一番だからいいの。

さすがに今日は疲れたから、PCで仕事の整理をしておこうと思っていたら、

突撃隊長からSOSが入りました。

それがまた、どんぴしゃ、私の次のお仕事内容に関わる相談。

「隊長、大歓迎だよ!受けて立とう!」

ということで、隊長が飛んできました。

相手は隊長なので、私もいいサンプルと遠慮なくカウンセリングさせてもらいました。

隊長は満足して感謝してくれましたが、感謝したいのはこっちだよ〜!と私も大感謝。

このタイミングでこの相談(どの相談?笑)

隊長に語ることで頭の中が整理され、気づくこともあり、隊長が帰ってから急いでまとめました。

私は父親っ子で父を尊敬し、母は姉と同列の、つまり親というより姉妹側の仲間という認識が強かったのですが(母は子どもを支配しない人なのもあって)

母に隊長のことを電話で話しているうちに、父の影響だと思っていたことが、実は母の影響であった!と気づき驚きました。

母の幸せの感じ方も私とそっくりで(いや、そっくりなのはあなた…私でしょう?!笑 )、親への認識がこれから少々変わるかもしれないと感じました。

お母さん、ありがとう!!

そして、ご機嫌で遅くに帰ってきてこの話をたっぷり聞き(筋トレしながらも)、それをアドラー心理学的に端的にまとめてつたえてくれた夫、ありがとう!!



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-06-22 00:12 | アドラー心理学 | Comments(0)

子育てのための発達心理学入門セミナー

土曜日 ヒューマン・ギルドにて

大森哲至先生による「子育てのための発達心理学」の講座を受けてきました。



b0134673_15015461.jpeg



久しぶりに学生に戻ったような、6時間びっしりの講義でしたが、大変わかりやすく、一言一言が興味深く心に入ってきて、私にとっては興奮の6時間でした。

私の子育て時代はもとより、幼稚園教師時代の子どもたちへの熱い想いが蘇っていました。

幼稚園教師時代、前半の頃はまだアドラー心理学には出会っていませんでしたが、出会う前も、出会った後と変わらぬ保育をしていました。

ということは、アドラー心理学以前に、大学時代に学んだ発達心理学、児童教育は私の中に深く根付いていたのだと、時を経て改めて強く感じました。

大森先生の話す一つ一つに、そう!だから私はあんな保育をしたのだ、あんな子育てをしたのだと、したことの理由を確認するような感覚でした。

自分では日頃意識していなかったのですが、大学時代の学びが子育てにも大きく影響していたのだと気付かされた日でした。

バイトを休んででも大森先生の講義を受けて本当によかった!(迷わず休んだけれど 笑)

私が、興奮できたのも?!(笑)、大森先生に見事にまとめあげられた内容であったからこそ。

どこからつついても、必ず出典を明らかにしながら明解な答えが返ってくることに大学講師、研究者の迫力を感じました。

さすが、選択科目であっても300人の学生が殺到する人気だというのがわかります。

心理学とは、学んだことを自分なりにどう考察するかが重要であると大森先生がおっしゃいました。

目まぐるしく考察中です!

それはまたそのうち整理して書きたいと思います。


今日は、夫が休みでホントーーに珍しくタクロウもいて、3人でコーヒータイムです。

ならば、このカップで。


b0134673_15223272.jpeg


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-06-05 15:31 | アドラー心理学 | Comments(0)

講演、柔らか裏話

日曜日、甲府でお招きいただいて、アドラー心理学による「勇気づけの子育て」講演をしてきました。

固い話ばかりではつまらない。

裏話を少し。

今回単独だったので少々緊張して甲府に到着したのですが、お迎えに来て下さった京子さんの車に乗ると!

おぉ!!

一気に私を溶かす嵐さんの曲がガンガンかかってるじゃありませんか! ‧˚₊*̥(* ⁰̷̴͈꒨⁰̷̴͈)‧˚₊*̥

私: きゃー!京子さんありがとー!

京: どの曲が好き?

私: なんだって全部!

京: 私はいつも講座開く前には UP TO YOU 聴くの

私: あ〜!おーちゃん振り付けのやつ〜

から始まり、ARASHIトークが止まりません。

二人:嵐のことアドラーで語れるよね。深いよね。嵐、なめんなよだよねー!(誰と戦っているのでしょう?笑)


テンション上げるのには一番いいんです。

講演の打ち合わせもせず、盛り上がる二人 (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)

お陰様で私のテンションは上がり、心はリラックス。

京子さん、ありがとう!なのでした。



さぁ、あと10分くらいで講演がスタートという時、気がつくと夫からメールが来ていました。

「ご検討をお祈りいたしております。
あまりたくさん伝えようとしないでね。
リラックス、リラックス」

ありがたや〜 T_T

そう、緊張するとあれもこれもお伝えしなくては!と思ってしまいがちな私に、始まる寸前に的確なアドバイス。

ふっと力が抜け、そうだよね〜、たくさん伝えようとしなくてもきっと伝わるよね (੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ---✩

10年選手(以上の方も!)のアドレリアンの方たちのお顔が見えます。

アドラー心理学の先生のお顔も。

そんなお顔にも見守られ、無事終了したのでした。



そして今日の夕方

京子さんからこんな素敵なお花が届きました。

京子さんが、全国のフラワーショーなどでもご活躍のフラワー王子に、

私のイラスト、イメージをお伝えしてくださって作っていただいたアレンジメントだそうです。

王子というだけでトキメク〜 ✧*。(ˊᗜˋ*)✧*。

それにしても、びっくりです!

薔薇やカーネーションはもちろん好きですが花束の定番で入っているお花。

定番ではないお花が、一つ残らず全部大好きなお花だったのです!

このまん丸のダリアなんて、何故入れた?! (号泣)

ありがとうございます!

全部私の好きなお花だったけれど、このアレンジは爽やかな優しさの京子さんにも見える私です (*ˊᵕˋ*)





b0134673_23341286.jpeg






クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-05-30 23:44 | アドラー心理学 | Comments(0)

この数日を書きます

いや〜、色々あって書くことも滞ってしまいましたが、備忘録として書いておきましょう。

5月5日、夫と二人、長岡にお招きいただき「勇気づけの子育て」の講演をしてきました。






b0134673_22523654.jpeg




信頼と、信頼には決意と忍耐が必要なことを特に強くお伝えしました。

そして、日帰りで帰宅。帰宅した途端、突然iPhoneの画面が真っ黒になってしまいました!

翌6日、急いでショップへ

電流が流れない…壊れてしまったとのこと。

リカバリーと迷ったけれど、結局6Sに機種変しました。

急いで家に帰って設定、データの回復。もう、iPhoneのことで頭はいっぱい!

完全に終わらないうちに7日。この日は昼間はバイト、夜はヒューマン・ギルドへ。

iPhoneが気になりつつも放置状態で、庭野先生のSMILE講座の懇親会に出ました。

というのも夫方の姪っ子がSMILEに出ていたの。姪っ子の彼氏も呼びました。

彼氏は大学の講師で、6/4にヒューマン・ギルドで発達心理学の講義をしてくれることになっています。

とっても楽しい夜を過ごし、本日のiPhoneはそのまま放置。

翌8日。タクロウがパラオから帰ってくる日。

私はテーブルの上に5Sと6Sを白々しく並べてタクロウの帰りを待ちました。

そこへタクロウからのメール「iPhone海に落としました。ショップに寄ってから帰ります」

えーーーっ!!

………………

えーーーーっ!!

タクロウ、6Sに買い替えてから1か月経ってません…。

可哀想に……。しかし、凄く共感できるんじゃないの?これって。

と、共感するその瞬間を半ばウキウキ(こら!)と待つ私でした。

ところが、帰ってきたタクロウは、「えっ?!おっかあの壊れたの?マジ?バックアップ取ったの?」

と、初めは驚いたものの、冷静なの…。カクッ

バックアップ取ってあってよかったね!と言って、自分の方の設定や回復に取り掛かり、

さっさと設定を済ませて、私のもチェックして不備なところを見つけて直してくれました。

買い替えてから1か月経っていない場合、前のアドレスや電話番号は使えず、新アドレス、新電話番号で買わなければならないのだとか。

それってとっても不便。

久しぶりに3人揃った夕飯の時、前のアドレスと電話番号を使う裏ワザの話や、携帯ショップ店員さんとのやり取り劇場に爆笑。

パラオの話も面白くて大笑い!

PCで見せてくれた海の綺麗だったこと。

そして今日9日は、ヒューマン・ギルドで夫の「この頃、アドラー心理学に関して思うこと」を聴きに。

先日も同じお題で開催し、盛況でもう1日増やしたのが今日でした。

と共に、今日の参加費は全額を熊本の被災地に寄付するチャリティ講座でした。

長きにわたって文献を紐解き研究し続け、ペルグリーノ博士という素晴らしい師から学びながら、

多くの人に惜しみなく寛容にその学びを伝え、分け合ってきた夫。

講座を聴きながら、アドラーを単に学問で終わらせるのではなく、実践すること、行動して使うことを広め続けたことでは夫は日本一だと思った私です。

講座の後、典子さんと豊ちゃんとお茶ができて嬉しかった!

神楽坂のレトロなナガシマでね。





b0134673_22440613.jpeg


ふ〜!書けた!

こんな数日を過ごしていたんです。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ
[PR]

by housewife_life | 2016-05-09 23:49 | アドラー心理学 | Comments(0)

カレンさん

今日は会社へ。

夫と共に、中吉(なかぎり)カレンさんとお会いしました。

中吉カレンさんは、編集者であり最近流行りの出版セミナーとは一線を画した、真に本を出す意味を問うたセミナーを開催されたりもしている方です。

そして、カレンさん、実は夫の著書「新しい自分の創め(はじめ)かた」(Gakken)の本の中で、

岩井のカウンセリングのクライアント明日華さん役として、岩井と対話するという協力をしてくださった方でもあります。

数ある夫の著書の中で、「新しい自分の創めかた」は特に気に入っている一冊だったので、カレンさんにお会いできて感激でした。

編集者として活躍されてきたカレンさんのお話が面白かった!

そして…カレンさんは、少女のようにチャーミングな方でした! (ㅅ˙ ˘ ˙ )♡

実りある時間をありがとうございました。


その後、会社をせっせとお掃除、お掃除。

お客様に気持ちよく使っていただきたいですものね。

遅くなってしまったので、夫が夕食は神楽坂の"la kagu"に行こうと。



b0134673_20534299.jpg


この手のもの↑は食べませんでした… ( ˊଳˋ)


夫は、ここにくるとホントにゆったりしている (﹡ˆᴗˆ﹡)



b0134673_20534376.jpg




b0134673_20534416.jpg


ゆったりしながらいい話もできました。


外へ出ると、冷たい風が吹いています。

la kaguの桜は散り始めたけれど、夜はまだまだ寒さが残ります。

でも、気がつけばポカポカ陽気、そして初夏がすぐにやって来るのでしょう。



b0134673_20534439.jpg

右上に桜が…。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2016-04-04 20:58 | アドラー心理学 | Comments(0)

2:3:5

昨日は浦安まで「アドラー心理学 勇気づけの子育て」のお話に行ってきました。

池田彰子さんが開催していた親子セミナー「SMILE」の最終回にお話しさせていただきました。

赤ちゃん連れのお母様もいて(まさにお伝えしたい人!)、もっと丁寧に子どもに向き合おうと思ってくださったとのこと。

これからの子育てに希望や幸せを感じていただけたら!と思って話している私にとって何より嬉しいことでした。


今日は一転、家のことができる幸せを味わう (๑ˊ͈ ꇴ ˋ͈)

外と家と絵がバランスよくあると嬉しい。

2:3:5だと最高かなぁ (ㅅ˙ ˘ ˙ )♡

そろそろ絵の方に行きたいというか、行かなければ……ご注文が2件あります。


昨年、放ったらかしにしていたムスカリと、土に球根が混ざっていたのかヒヤシンスが咲きました。


b0134673_21132167.jpg




b0134673_21132182.jpg

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-03-23 21:15 | アドラー心理学 | Comments(0)

充実の日々

長らく間が空いてしまいました。

土曜にビッグイベントがありました。

「アンガーマネージメントとアドラーに学ぶこれからの子育て」のシンポジウム。

於:ベルサール汐留


b0134673_22122559.jpg

電通の方ではなく(笑)このビルのB1が広いイベント会場になっています。

アンガーマネージメント安藤俊介代表主催でアドラー派からは夫が、そしてもう一人乙武洋匡さんが招かれました。

1000人近くの人が集まるシンポジウムだったので、私も本の販売などのスタッフとして永藤さん、目次さんと参加しました。


b0134673_22170315.jpg





b0134673_22191115.jpg




お一人ずつの話も、3人の鼎談もとても面白くまた、勉強になりました。

皆様の満足度が高いなぁと実感したのは、用意した子育て書籍が完売だったことです。

乙武さんの写真はマスコミ以外撮ってはいけないとのことで、タレントだなぁ!と思いましたが、

打ち合わせの時など、とても人柄のよい方だったと夫が言っていました。

夫の話はもちろんのこと♡ですが、安藤さんのお話も心に深く残りましたし、

乙武さんの話も、私が講演で話していることと重なり共感しました。

ビッグイベントでしたが、とても楽しく充実感溢れる1日でした!


そして、昨日は名古屋から諸々の用事があって上京したしょんこに会うことができました!

時間をやり繰りしてくれてありがとう!

日曜日もまた、濃密な充実幸せに溢れた時間になったのです。

明日は、アッコさんのところでSMILEを終えた方にお話をさせていただくことになっています。

今日は、パワポの確認をして、新しくレジュメを印刷したりしていました。

明日が楽しみです!


b0134673_22122672.jpg






クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-03-21 22:13 | アドラー心理学 | Comments(0)

児童文学者リンドグレーンと私の子育て

さて、今日は、昨日ご紹介した「エーミル」の感想です。

リンドグレーン作
「エーミルはいたずらっ子」
「エーミルとクリスマスのごちそう」
「エーミルの大好きな友だち」




b0134673_21484691.jpg





両親と妹と作男アルフレッドとお手伝いのリーナと農場で暮らす5歳の男の子エーミルのお話です。

エーミルは、村の人がお金を出し合ってエーミルをアメリカへ追いやろうとした程のいたずらっ子。

しかし、このエーミルを見ているとエーミルはいたずらをしようなどとは思っておらず、

役に立とうとしたり、好奇心を満たそうとしたり、自分の意志を貫こうとしたり、ちゃんと目的を持っていることが感じられるのです。

少々長くなりますが、ある日のお話を例にあげてみましょう。

キッチンにネズミが出たので、お父さんが納屋の猫を夜中キッチンにおくことにしました。

しかし猫は、納屋にいる方がたくさんのネズミにありつける、そう考えたエーミルは夜中に猫を追い出してやり、ネズミ取りを仕掛けました。

どこに仕掛けようかと考えた挙句、食卓のお父さんの椅子の下に豚肉と一緒にネズミ取りを仕掛けました。

お父さんは、よくパン屑をこぼすので、ネズミがやってくると考えたのです。

翌朝、ネズミ取りに足の指を挟まれたお父さんの怒りからエーミルをかくまうために、お母さんはいつものように急いでエーミルを木工小屋にパジャマのまま引っ張って行きました。(お母さんはエーミルをとても可愛がって愛しています)

エーミルは木工小屋が大好きで、出してもらえるまで木のおじさん人形を彫るのです。もう98体も掘りました。

小屋から出してもらった後、キッチンの窓から下で寝転んでいるお父さんに今夜のご馳走、豚の血入りパルトを見せようとして手を滑らせてしまいました。

お父さんは血だらけ。お母さんはまた急いでエーミルを木工小屋に押し込みます。

パルトが台無しになったので、お手伝いのリーナはジャガイモパンケーキの生地を作りました。

ジャガイモパンケーキの生地が入った陶器の鉢を運んでいたリーナのお腹を、小屋から出してもらったエーミルが指でつつきました。

くすぐったがりのリーナは、身をよじって鉢を飛ばしてしまいます。そして、その先にはまたしてもお父さんが!お父さんはジャガイモパンケーキの生地だらけになってしまいました。

また木工小屋に入れられるエーミル。100体目のおじさん人形を掘りながら、エーミルは怒っていました。2度とこの小屋から出てやるものか!

エーミルにとってお父さんは、ネズミ取りに指を挟まれたり、よりによって2度もパルトやジャガイモパンケーキの生地を被るようなところに偶然出てきて(笑)、お父さんこそエーミルの邪魔ばかりしたのです。

それなのに自分ばかりが怒られて!不公平だ!

エーミルは内側から鍵をかけ、お母さんたちがエーミルを出しに来ても出ない!と宣言します。小屋の中には食べ物もあるのです。

ついに夜になり、お父さんとお母さんの説得も及ばず、二人は外側の鍵を開けてやったまま泣き泣き家に入りました。

しかし、日頃エーミルをよく思っていないリーナがまた鍵をかけてしまいます。

それに気づいたエーミルは怒り心頭。今度はなんとしても脱出してやろうと、なんと、暖炉の中に入り、煙突を登ったのです。

小屋の煙突のてっぺんに真っ黒人間が現れて、リーナは仰天!

しかし、エーミルが大好きな作男アルフレッドは飛び降りた真っ黒なエーミルを抱きとめ、夜の湖で泳ごうと誘うのでした。


どうです?エーミルは、大人を困らせてやろうなどと思ってもいないでしょう?

いつも大人の都合の中でエーミルはいたずらっ子に仕立て上げられるのです。

たった5歳で自分の意志と目的をしっかり持っているだけなのです。

作男アルフレッドが真っ黒になったエーミルを抱きとめて、湖で泳ぐシーンがとても好きです。

アルフレッドは丸ごとエーミルを受け入れてくれる大人の友人なのです。

エーミルを読んで感じたことです。

・子どもには子どもの都合がある

・目的を持っていて、それは誰かを困らせようとしているのではない

・内発的動機づけで行動し、その結果エーミルはたくましく色々な技術を身につけていく

エーミルは何故このように描かれたのでしょう。

作者リンドグレーンは、物語りの途中途中で、「エーミルは悪い子などではありません」
「エーミルは大人になって、地方会議の議長になり、レンネベリア中で一番素晴らしい男の人になったのです」
と言います。

リンドグレーンは、子どもの本当の姿を大らかに丸ごと受けとめる眼差しと心を持っていたからではないかと思います。

リンドグレーンは、ユーモラスにエーミルを描き、こんな男の子こそ素敵な大人になるということを教えてくれているのだと感じました。

長々と書きました。さぁ、果たしてここまで読んでくださっている方がいるかどうか…笑

読んでくださっている方にお伝えします。

私の「アドラー心理学で幸せな子育てを…勇気づけの子育て」の講演(お話)は、このリンドグレーンのような眼差しからのお話です。

長い間、私が楽しんだ子育てを人に話すことなど考えたこともありませんでした。

しかし、リンドグレーンの作品を読んでみても、子どもの生き生きとした姿とその姿に向けた私の眼差しは、若いお母様方にお伝えする価値があるのではないかと思えるようになってきました。

息子タクロウの赤ちゃんの時からの写真とと共に、どんな眼差しでタクロウを見て、育ちのお手伝いをさせてもらってきたかをお話ししています。

SMILEで習ったことを、セオリーに囚われ過ぎずに、腑に落としていただけると思います。

私の子育てのお話しは、理論や理屈の方が後からついてきます。

SMILEリーダーの皆様の受講生さん(SMILEが終わった方・ELMだけ終わった子育て中の方・これからSMILEにお誘いしたい方の入門としてなど)に、よりSMILEに親しんでいただけるようリーダーさんの裁量でお使いくださいませ。

今までのイメージからか、講演会のお声がかかるのですが、SMILEのフォローとして、むしろ「こじんまり」も大歓迎です。遠慮なくお声掛け、ご相談いただければ嬉しいです (ㅅ˙ ˘ ˙ )♡

長々とお付き合いいただきありがとうございました (•ᵕᴗᵕ•)⁾⁾ぺこ




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2016-03-16 22:06 | アドラー心理学 | Comments(0)

私を使って下さい

私が次にしようとしていること…今日FBにアップしました。

それは…

SMILEリーダーさんたちに、私の「アドラー式勇気づけ子育て」のお話を

・SMILEフォローアップ講座として
・SMILE受講生さんが実践したリアル子育てを見る機会として
・SMILEのプレ講座として

使って下さい!というものです。

アップするや否や、さっそくご連絡いただき、3件が動き始め、うち1件は5/29日曜に決定しました。

開催に向けて相談をしたいというコメントも4、5件いただきました。

一番お伝えしたい方々は、子育てをスタートしたお母さん、出産を控えたお母さん、結婚、出産を考えたり迷っている方たち。

夢と希望を持って始めていただけたらと思うのです。

もちろん上記に限らず、思春期のお子様をお持ちの方、リーダーを目指している方、リーダーさん、勉強会に…

と、お声がかかればどこへでも…です!

日頃一生懸命SMILEを伝えていらっしゃるリーダーさんたちですから、リーダーさんには収益を出していただきたいと考えています。

リーダーさんではなくても個人でお仲間が4人以上集まれば、お一人2,000円プラス交通費でお話し会をします。

周りの仲間たちに勇気づけられて、タクロウ誕生からアドラー式勇気づけ子育てをし通したことをシェアしようと動き出します。

無理に引っ張ったり、押したりせず、私を見守り続けてくれた夫は、まさにアドラー式勇気づけの「私」育てをしてくれました。ありがとう♡

b0134673_20523244.jpg

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-03-02 20:53 | アドラー心理学 | Comments(0)

名古屋の2日間

20、21日と名古屋に行っていました。

20日午前中は、私一人で行うのは初めての「勇気づけの子育て」講座でした。

とても素敵な研修ルーム!


b0134673_18324860.jpg


ここでお話しさせていただきました。

研修ルームの前は広々ロビー。


b0134673_18324808.jpg



始まる前の私です (^◇^;)


b0134673_17195958.jpg



夫の飛び入りドッキリなどもあり、無事終了。

午後は夫の講座に参加したのですが、私は疲れからか具合が悪くなり中座。

懇親会も出られず、ひたすらホテルで丸まって休みました (>_<)

高校時代の親友が参加していて、ホテルまで送ってくれたり、手当てをしてくれたり。

遠慮なく甘えられる有り難さと、ここに彼女がいてくれる喜びとで、不思議な縁をつくづく感じたのでした。

夜中過ぎてにやっと嵐のような苦痛が去り、穏やかな朝を迎えられました。

よかった!!

というのも、日曜日は会の主催者しょんこと東京からわざわざ来てくれたアドラー仲間とよんこと

お疲れ様で、名古屋で遊ぶことになっていたから。

元気になって名古屋城にも行けたし!

マリオットアソシアホテル52階の素敵なレストランでランチできたし!

何より二人と話せば話すほど、元気になっていったのです。

これもまた、不思議なことでした。


b0134673_17200019.jpg



b0134673_17200077.jpg


道に迷ったり、新幹線の時間に焦って走ったり

それも私たちらしい楽しい思い出。

幸せに生きている人と過ごすエネルギーってすごいなぁと改めて思いました。

土曜に日帰りした夫。

家に着くとお手製のシチューとサラダが待っていました!


b0134673_17200059.jpg

嬉しい!美味しい!愛おしい!

三拍子揃いました ( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛

さらりと書きましたが、終わってみて思うことが色々あります。

ノートに書いて整理する作業をしています。

やったからこそ気づくこと…おめでとう、考えてごらんなさい、

と手渡されたのかもしれません。



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2016-02-22 18:34 | アドラー心理学 | Comments(0)