目黒雅叙園で源氏物語

 今日は、母と目黒雅叙園に行きました。

 雅叙園名物、百階段での人形師、辻村寿三郎が創る源氏物語を見に。

 雅叙園に行くのは三度目です。一度目は、華道家仮屋崎省吾のお花を、二度目は黒澤明監督の絵コンテの原画を見ました。

 百階段と途中途中にある七つの間、そしてその部屋に展示されている人形などの撮影を禁じられているので、残念ながら写真でお見せすることができません。

 人形は思ったより小さいものでしたが、源氏物語のストーリーに沿ってなかなか精密に作られていて、とても楽しめました。

 というのも、私は源氏物語が結構好きで、瀬戸内寂聴訳の源氏物語を2回読み、源氏物語の女達のことを解説した本なども興味深く読んでいました。

 小さなお人形を見ながら、物語を反芻するのは楽しいものです。

 七つの間も、それぞれにテーマがあり、天井、欄間、床柱などの、彫刻や日本画も見ごたえ充分。中にはため息が出るほどの、贅を尽くしたものや、日本の自然の美しさを清楚に表したものなど様々です。

 百階段以外の場所も漆塗りや螺鈿を使い贅を尽くしたものがあちこちに見られます。

 雅叙園の中を散策するだけでも目の保養になります。

 撮影ができるところを少しだけ撮ってきました。

エレベーターの扉と内装は全て、漆と螺鈿でできています。こちらは大きな牡丹の花です。
b0134673_22334037.jpg


こちらはトイレの入り口です。
b0134673_2234571.jpg


入ったところにまた漆と螺鈿の飾りが…。
b0134673_22355246.jpg


トイレの天井。撮れなかったけれど、トイレ内には小さな庭に水が流れ、赤い太鼓橋を渡って個室の方へ行きます。
b0134673_22375027.jpg


雅叙園の建物の中に日本料理の茅葺屋根の料亭が建てられています。
b0134673_22395177.jpg


一部しか納まらないのが残念ですが、庭園の見えるカフェラウンジも素敵です。
b0134673_22411132.jpg


真ん中は吹き抜けになっているのですが、吹き抜けを見上げると各階に写真に見えるような瓦屋根が突き出していてまるで「千と千尋」の世界のようです。

一昨年、外国からのお客様をお連れしたら大感激されました。もし訪れたら、上の方にある広間やレセプション会場も片っ端から覗いてください。必ず、素晴らしい装飾がなされていますから。



 さて、帰りに母が目黒のアトレでタクロウくんにおみやげを買ってくれました。
目黒地蔵どおりの御門屋の揚げ饅頭餡とゴマ餡)です。
b0134673_22514437.jpg

本と、美味しい~!タクロウも夫もお喜びでした。



 今晩の我家の夕食は、地味な色合い。昨日は、鶏の蒸し焼きに美味しい~ニラだれでボリュームたっぷりだったので、今日は日本人のお食事で。
b0134673_22533985.jpg

ご飯から時計周りに、しめじのピリ辛煮、もやし炒め、だっし、大根葉と桜海老炒め、もずく、銀だらの煮付け、小松菜と豆腐の味噌汁。真ん中は、油揚げをトースターで焼いて生姜じょうゆをかけたもの。枠外に金時煮豆や小梅ちゃんもあります。




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

# by housewife_life | 2008-06-05 23:08 | 鑑賞 | Comments(0)

梅干、梅漬け、梅ジュース

 らでぃしゅぼーや(無農薬野菜の宅配)に、梅酒や梅ジュースにする梅の注文が入ってきました。

 さあ、また梅の季節の到来です。

 今日は、途中お使いや昼食をはさんで一日がかりで、残っている梅干、梅漬け、梅ジュースのチェックや、小さな容器への移し変えをしました。

 梅干は、なんと2002年に漬けたものの残りと思われる、小さな瓶がでてきたりして。大きな瓶にも残っているので今年は、梅干はお休みすることにしました。

b0134673_17361447.jpg
 

 梅ジュースは、夏の暑い時に美味しくて、夏ばて防止、整腸作用もあって欠かせません。
漬けてから3ヶ月くらいしないと飲み頃にならないので、去年の分を少し残しておきました。梅を入れたままにしていたので、梅を取り出し、ジュースをこしました。

 ジュースをこすのに人手が欲しいなと思っていたところに、勉強の合間の息抜きにタクロウくんがおりてきました。

 ラッキー!じょうごに網のおたまをのせ、その上にキッチンペーパーを敷いたのを持っていてもらいました。
コレじゃ効率悪いからペーパーを大きくした方が一気にいけるよとか、ご協力いただき助かりました。

 取り出した梅は、夏ばて防止に毎日1個づつ食べようと思います。梅は結構発酵していて、まるで梅酒の中にあった梅のようです。 

 つまみ食いしてみたら、真夏の暑~い青空が広がって一瞬暑い夏が恋しくなりました。梅があれば元気に過ごせそう…って。

b0134673_17445356.jpg


 去年は、梅干じゃなくて梅漬けをたくさん漬けました。

 小梅でカリカリにする予定が、なぜかカリカリにはならなかったけれど、小さいので気軽につまめます。

 暑くなると、夫のお弁当がいたまないかと心配なので、小梅ちゃんに活躍してもらいましょう。
そうは言っても結構減ったので、小さい容器に移し替えました。

b0134673_17575041.jpgb0134673_1759419.jpg



小さな容器へとお引越し






 
        去年取れた梅酢で漬けた生姜も食べ始めようと思います。
b0134673_18132.jpg



 保存食は手がかかるけれど、あとのお楽しみを思うといいものです。
それに時が魔法をかけて、より美味しく、栄養、滋養満点にしてくれます。

 らでぃしゅぼーやから梅が届く頃は、他に予定を入れずに待とうと思っています。
 



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

# by housewife_life | 2008-06-04 20:30 | 養生 | Comments(4)

蜜蜂の羽音

 お花の手入れをしている時、ぶぶぶぶぶ~んとハチの羽音が聞こえてくると、私はのどかで、静かで、幸せな気持ちになります。

 昨日ものどかな羽音が…。

 いつもより大きな蜜蜂さんが2匹、サツキの花の蜜を集めに来ました。

 見ると両足に大きな花粉だんごをつけています。

 それでも忙しそうに花の中にもぐっては出てきて、またもぐっていきます。

 お忙しいところを失礼。あんまり可愛らしいので写真を撮らせてね。


b0134673_2172987.jpgb0134673_2175128.jpg 












 ふと見ると、モンシロチョウさんもひらひらやってきました。
 雨続きの雨間にみんな一生懸命お仕事のようです。

b0134673_2110019.jpg


 人知れず家族のために家事をこなす主婦の私たち、ちょっぴり仲間意識を感じてしまうのでした。



人気ブログランキング参加中です! ワンクリックお願いします!
[PR]

# by housewife_life | 2008-06-03 21:19 | 日常 | Comments(3)

夫の朝帰り

 昨日の早朝、ガチャリ!と玄関の開く音が…

 夫の朝帰りです!!

 「なんだか寝不足だなぁ…」 !!

 落ち着け私!

                       一呼吸…
b0134673_18554260.jpg



 「で、どうだったの!?」

 実は夫、お泊りで「睡眠時無呼吸症候群」なるものの検査をしてきたのです。

 夫は一晩中ではありませんが、結構いびきをかき、お酒を飲むとすごいいびきになります。
観察していると、時々止まっているようで、その後は、ブハーッと苦しそうに息を吐き出したりするのです。

 最近は、睡眠時無呼吸症候群も放っておくと怖い症状として取り上げられるようになりました。

 そんな矢先、知り合いの先生に検査をしてくれる病院を紹介していただき、行ってきたわけです。

 検査には3人きていたそうで、それぞれ個室で寝るのですが、隣の人のいびきが聞こえてきて眠れなかったと、朝検査員に訴えたところ、脳波上ではお休みになられていましたよ。あなたも結構すごかったですよと言われたと苦笑いしていました。

 夕飯を済ませてから手ぶらで行って、向こうではシャワーなども浴びれて、朝はロイヤルホストのモーニングがつきます。(約37000円也)

 で、どうだったの!?

 結果は後日。まだわかりません。

 夫はお気軽に検査に行ったけれど、調べてみたらとても怖い病気だったと言っていました。

 寝ている間に酸素が脳にいかないわけですから、ぼけやすくなったり、心臓に負担がかかったり、交感神経にも影響して熟睡感を得られなかったり、トイレに近くなったりもするそうです。

 昼間睡魔に襲われて、自動車事故を起こした例は、いくつか聞いたことがあります。

 そうそう、これ、太っている人にありがちと言われていますが、夫は太っていません。またやせていても顎の小さい人はなり易いそうです。私も、わからないぞぅ…。




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

# by housewife_life | 2008-06-01 19:37 | 日常 | Comments(2)

手提げ袋できました

 先日作っていたのは、手提げ袋でした。そして完成~!
 b0134673_227048.jpgb0134673_2273179.jpg








 バケツ型に、長細く作ってみました。
底を四角くとって、ボール紙を裏地と表地の間に入れてしっかり作りました。

 実はこの生地、ランチョンマットでした。

b0134673_2293721.jpg

 雑貨屋さんのバーゲンで一枚100円。
 縞模様の間に刺繍をちょこっと施しました。
 内ポケットは、4つもつけました。ティッシュ用、Suica用、携帯用、鍵用に。



 ちなみにこんなのも前に作りました。

b0134673_22292117.jpgb0134673_22295857.jpg


 




ストラップ飾りも作ってつけました。


             これは、今はカーブス用に使っています。
b0134673_2231848.jpg

 袋は季節ごとに、楽しんで作ります。

 私はこんなバッグが、きちんとした皮のバッグより好きです。ナチュラルな洋服に袋は可愛いなと思います。
 
 作れば毎日のように使うので、他の袋も写真に撮って見たけれど、よれよれに写ってしまうので載せるのをあきらめました。気が向いたらそのうち…ということで。




 先日金時豆を煮たとき、半分は甘酢で漬けてピクルスにしておきました。 程よく漬かったようなので、今日はポテトサラダに入れました。
 b0134673_2241616.jpg
b0134673_2243762.jpg

 たんぱく質も摂れていいのです。



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

# by housewife_life | 2008-05-30 22:55 | 手作り | Comments(3)

母への電話

 昨日、従姉が来て一日遊んでしまったので、今日は雨の中おつかいやクリーニング屋さんに行ったり、たまったアイロンがけをしたりとなかなか忙しい一日でした。

 時間に追われて、夕方あわただしく母に電話をしました。

 毎日電話をするのは、時に面倒に感じてしまうこともあります。

 何かに夢中な時、電話の時間だと気づくと束縛されているようにも感じます。

 けれど母が電話を待っていると思うと、とにかくかけなければとかけます。

 母が旅行に行っていてかけなくていいと言われているときは、時間を得したような気がします。

 しかし、ちょっと待てよ…。

 毎日電話に出る母はどうだろう、とふと考えました。

 今まで、母が電話に出ることを面倒くさがったり迷惑がったりしたことはありません。 
 
 姉が元気だった頃は、毎日二人の娘から電話がかかってきていたのですから、母の方が電話に割く時間は多かったわけです。

 そう考えると、あぁ、母の方こそ、心配して電話してくる娘に感謝して快く受け入れてくれていたんだ、と気づきました。

 私の電話が遅れることがあれば、母も生活のリズムが狂うこともあるはずです。

 でも私が電話をすると、いつも弾んだ明るい声で出てくれるのです。

 母はそういう人です。

 私が電話をしてあげているのではない。私に電話をさせてくれているのだと、今日はハッとした私です。

 毎日電話をしてくる娘の幸せを、母は毎日祈っているに違いありません。私が思っている何倍も何倍も。

 ありがとう、お母さん。

b0134673_2303576.jpg




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
  
[PR]

# by housewife_life | 2008-05-29 23:04 | 日常 | Comments(3)