<   2010年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

春の早慶戦は終わった 秋の君たちを待っている

 早慶戦、第2回戦は早稲田が勝利したものの、まさしく優勝決定戦となった第3回戦は4-6で慶応の勝利となりました。


 2回戦はTVで観戦。
 3回戦は神宮へ応援に行きました。なんと母を誘って。スポーツに興味のない母。子どもの頃父は、父の野球解説を喜び、夢中になった私だけを野球観戦に連れて行ってくれたものです。二人だけの暖かな思い出です。
 でも今回母は、ふたつ返事で行くと言いました。
「若い人たちからエネルギーをもらうわ!」


 球場内に入った時、不思議な感じがしました。入るなり慶応の方にエネルギーを感じたのです。早稲田の方は、緊張とも違う重たい感じ。なんとしても勝つぞ!楽しむぞ!というエネルギーは、選手にも応援にも慶応の方に感じました。
これが勝負の運をわけるものなのでしょうか…。

 観客の出足は早稲田の方が多かったのですが、斎藤KO後から慶応の学生がぞろぞろやって来ました。平日なので1、2回戦のように観客は集まらないと思っていましたが、最終的に早稲田の外野の学生応援席以外はほぼ埋まっていました。
 早稲田の外野の学生応援席は最後まで空っぽでした。(もちろん、内野の学生応援席はいっぱいですが)
 慶応の方は、高校が午後から休みになったのでしょうか?高校生と、優勝しそうだという情報を得た学生たちが、神宮にやって来たのか外野の学生応援席は途中からどんどん埋まっていきました。

 空っぽの早稲田の外野学生応援席はなんとも寂しく、選手に伝わるエネルギーは全然違うに違いありません。ちょっとショックな光景でした。

埋まりつつある慶応外野の学生応援席
b0134673_22312567.jpg


空っぽの早稲田外野の学生応援席
b0134673_22324414.jpg


斎藤はなにがあったのか…あの斎藤がストライクがとれずフォアボールを積み上げて自滅しました。たった3回を投げて2失点で降板。あんな斎藤見たことありません。

キャプテンとして挨拶をする斉藤とナイン
b0134673_2234178.jpg

出足は好調かと思われたが、その後まさかの乱調に
b0134673_22345129.jpg

b0134673_223592.jpg


打線も打てるのは広陵出身の松永、土生と今治西出身の宇高だけ。宇高は見事ツーランを打ったのですが・・・。

 「野球はツーアウトから」の言葉を信じて、どの回も応援したけれど、やはり最初に感じた印象は最後まで続いていました。あーぁ・・・。悲しい。負けたのも悲しいけれど、早稲田外野の学生応援席が最後まで空っぽだったことが、とても悲しい。早稲田は変わってしまったの? 

 慶応ナインの喜ぶ姿、胴上げ、インタビューも母と見ました。どちらも頑張ったし、ずっと努力してきた。試合の時にコンディションの波が合う合わないも運のうち。プロ野球と違って、いつもその時たった一回しかないことが美しくて哀しいのです。

 深々と頭を下げるキャプテン斉藤と早稲田ナイン
b0134673_2244232.jpg


 喜びに沸く慶応
b0134673_22454378.jpg

b0134673_2246865.jpg
 
b0134673_224730100.jpg

b0134673_22474656.jpg



 閉会式、初めてみました。
b0134673_224859100.jpg

b0134673_22492272.jpg

b0134673_22494573.jpg

b0134673_22501663.jpg


 斉藤は夢からは程遠かった。でも、そんな中からまた復活する日を夢見ていましょう!秋のリーグ戦で、早稲田の打線がうなり、君が立ち直るのを待っているから。


 絵画館前にスタンバイした慶応のパレードの車。
b0134673_22551397.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-31 23:04 | 日常 | Comments(5)

特別な早慶戦 一回戦 裏もお伝えいたします

 夫と早慶戦に行きました。バイトは試験中でお休み!超ラッキーな土曜日です。

 勝った方が六大学野球の優勝、という優勝決定戦第一回戦特別熱のこもる早慶戦となりました。(先に二勝した方が優勝)その上早稲田には斎藤というスター選手がいます。一方、慶応は今年から元プロ野球選手だった江藤監督を迎えています。

 試合開始は午後1時。開場は午前9時。私達も心がはやり、9時少し過ぎには家を出ました。内野席に席をとったら本でも読んで、始まるまでの3時間余りを過ごすつもりでいましたが、思い出してもアッという間の3時間。

 男性合唱団グリーまでやって来て校歌を歌ったり、チア、そして応援団&チア、が休みなく盛り上げて、飽きる暇がありません。
(このグリーの中には、実は慶応の学生がちゃかり所属している!いったいどんな気持ちで「都の西北」を歌っているのか・・。ゲームのCMで「グりー♪」って一瞬歌うのはこのグリーです)
b0134673_1173988.jpg

b0134673_10483238.jpg

(応援団を持ち上げてしまうチア。恐るべし!)
b0134673_10484876.jpg


 11時には内野席は埋まり、外野の学生応援席も続々と埋まっていきます。通常の六大学野球とは全く違う雰囲気です。

 慶応の方は幼稚舎が入ってきました。ご高齢の早稲田の教授から聞いたことがあります。教授がまだ学生だった頃、早慶戦でこの幼稚舎軍団が早稲田応援席に向かって
「ひゃくしょ~!」
と叫んだと。…。

b0134673_10493593.jpg


 ところで早慶戦のときには、学生たちは学生応援席に座るために抽選に応募します。抽選に通ると、大隈講堂の前で「早慶戦実行委員会」と応援団による、もったいぶった、いえ、厳正なる二回目の抽選が行われます。一人ひとり壇上でくじをひくと学ランの実行委員がチケットにドン!と判こを押してくれて(いちいちイベントです)当日はその番号順に並んで入場になるのです。

 12時には外野席もほぼ満員。全員が立ち上がり見つめる視線の先に、両校の応援旗が厳かに運びこまれました。そして、選手の練習を観ながら両校校歌を歌ったり、エールの交換をしたり「早慶戦讃歌」の大合唱があったりと興奮のボルテージは上がっていきます。

b0134673_1192696.jpg

b0134673_10504430.jpg

b0134673_1051580.jpg


 前の方に、夕べ我が家に泊まり、始発で神宮に来たSくんIくんがいました。彼らは揃いの放研のウインドブレーカーを着てお仕事です。応援団席に、いつもはないマイクが早慶戦では設置されます。彼らは家が遠いので、我が家にお泊りしたのです。




 さぁ!斎藤がマウンドに立ちました。
b0134673_10513388.jpg



 …今日の斎藤は悪くなかった。慶応の竹内も頭角を顕してきたピッチャーですが、球の速さは全然違います。でも早稲田の打線は慶応より安打が多いのに、繋げることができなかった。
慶応は少ないチャンスを確実に生かして、結果は1対2で慶応が勝ちました。
 最後は一点差に追いつき、竹内を引きずり降ろしてのツーアウト満塁でさよならのチャンスだっただけに残念無念!
b0134673_1052891.jpg


 私は斎藤のために早稲田に優勝して欲しいのです。私は、ミーハーなハンカチ王子ファンではありません。甲子園でのマークンとの熱闘で、崖っぷちに立っても決して崩れない凄い奴がいる!と日本中が夢を見ました。真央ちゃんや石川もそう、日本中の人に夢と勇気を与えてくれます。
 少なくとも私は夢を見たし、勇気と感動をもらいました。そして何の巡り合わせか、斉藤は早稲田の百代目のキャプテンとなりました。だから神様、もう一回夢を見たいし、夢をくれた斎藤にご褒美をあげてもいいでしょう?そう思うのです。


 今日は福井先発、大石でつないで勝ちますように!そして月曜、また斎藤先発で早稲田に勝利を!



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-30 11:25 | 日常 | Comments(6)

色々やっちゃって、タクロウのために張り切る

 紅茶で筆を洗ってしまった時・・・あっ昨日の続きですが・・・洗ったと言っても、ジャブジャブ洗ったわけではないんです。筆先をちょぼっと入れてしまったと言った方が正しいのですが、その時私が一番初めに思ったのは、絵具の安全度を確かなければ!ということでした。咄嗟にイスから立ち上がろうとして、
「そうじゃないだろ!」
と気づいて座りました。
 イエローオーカーのついた筆を洗ったので、イエローオーカーのチューブを見て毒性を調べようと思ったのです。

 なんでかって?!

 その時は、毒性がなかったら飲めると思ったんじゃないでしょうか・・・。ミルクティーだったんで、色は変わってなかったんですよ。いえ、一瞬まじでそう思っちゃたのです。一瞬ね。・・実際は飲まなかったし・・・。

 怖いわ~、自分。

 今日、イエローオーカーを見てみたらカドミウムが入っていました。毒性があります。怖っ!っていうか、毒性以前の問題ですよね・・・・。



  さて、このように毎日色々なことをしていることりさんですが、最近作って写真が撮ってあったものを載せちゃいます。

 ビビンバ
b0134673_22492399.jpg


 ホウレンソウのドリア
b0134673_2254158.jpg


 夫と二人の日の食卓
b0134673_22502542.jpg
b0134673_22505182.jpg


b0134673_22511593.jpg
b0134673_22515626.jpg


b0134673_22522339.jpg


 本日の夕飯
b0134673_22542135.jpg

 豚しゃぶにたっぷりの新玉ねぎをのせて・・・付け合わせはアボカド
b0134673_2254531.jpg


 この献立は先日みるるさんに教わったものです。教わっただけではなく、問屋さんから取り寄せた海苔とおだしの効いたお醤油もいただきました。
b0134673_2259442.jpg


 減塩になっていて、それでもだしが効いているのでとても美味しい醤油です。アボカド一個に、この醤油を大さじ一杯と胡麻油小さじ一杯と海苔1~2枚(私は2枚!)で和えるのです。
 とっても美味しかった!ありがとう、みるるさん^^

 今日も夫と二人の夕飯。でも、珍しく9時半頃タクロウが帰宅。しかも夕食を食べていないという。
 ちょうどお風呂から出た私は、嬉々として夕食の準備。久しぶりの我が家での夕食だもの。
 タクロウも大好物のアボカド。このアボカドの海苔和えは大好評でした。

 可愛いタクロウのために張り切る単純な母なのです^^



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-05-27 23:17 | 日常 | Comments(0)

それは紅茶ですよ!

 お出かけが続いて、やらねばならないことに目をそむけてきた私。

 涼しい顔をしながら、実は内心焦り始めてました^^;
焦るのは、大の苦手です。焦ると、いつもろくなことがないので。

 昨日から、他のことはあっちに置いておいて、頼まれたイラスト完成に精を出しました。下書きの下書きはできていたので(それでたるんでいた・・・)トレースして下書きを完成させて、ペン入れまでを昨日済ませました。

 今日は昨日のペン入れで凝った肩をほぐすべく朝からカーブスに行って、彩色です。

 3時・・・紅茶を淹れ、傍らにおいて続きを・・・
ハッと気付いた時、絵筆を紅茶で洗っていた!まだ一口しか飲んでなかったのに~!
仕方なくたっぷりの紅茶を捨てて(愛する紅茶さん、ごめんなさい!)また入れ直して続行。
 「おっと!危ない!」
寸でのところで、また筆を突っ込むところだった。

 筆を置いて、今にも雨が降りそうな空を窓越しに見上げる。
「もう、めどがついているんだから、落ち着いてゆったりと、だよ」
そう自分に言いながらしばし休憩。

 あと一つ描いたらできあがり。友達がプログラムの挿絵に使う小さなイラストです。

b0134673_22301760.jpg

 


 昨日、ペン入れが終わってから秘密の花園を覗いてきました。
数日行かないと、お花が次々咲いて変わっていきます。
この間、クレマチスの上にあった薔薇。あの時はまだ固い蕾だったのに、満開でした。
 
b0134673_2237784.jpg

b0134673_22374647.jpg

b0134673_22382840.jpg

b0134673_22385380.jpg



 薔薇で覆われたこのお家。やはり近所の家なのですが、この家、ガラス張りなんです。薔薇が大きくなるまでは心配しましたが、今では作戦成功!

b0134673_22412280.jpg



 明日はイラスト教室です。自分の「手芸教室」のイラストを描きます。棚に並んだ生地を描くところで楽しみです。



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-05-26 22:46 | イラスト | Comments(4)

初めてのマーラー

 夫とサントリーホールでのコンサートに行きました。夫がチケットを買っておいてくれたのです。

 プログラム

 東京フィルハーモニー交響楽団
 指揮:コンスタンティン・トリンクス
 フルート:斉藤和志
 ハープ:田島緑

 モーツァルト:フルートとハープのための協奏曲 ハ長調
 
 マーラー:交響曲第五番 嬰ハ短調



私はマーラーを聴くのは初めて。マーラーのコンサートは、夫はいつも一人で行っていました。

 始まるやいなや、その大迫力に恍惚としてしまいました。
 
 嵐のように激しく、荘厳な葬送のようでもある第一楽章から続く第二楽章のコラールは高みに昇りつつも頂点に達する前に終息します。
 長い三楽章のあとの(ここまでで55分が経過)美しい第四楽章。弦楽器だけが奏でる、切ない旋律。千秋先輩も、いえ指揮者コンスタンティン・トリンクスも(スミマセン!)指揮棒を置いて、しなやかに流れるような指揮を繰り出します。胸がいっぱいになったとき、高らかに響くホルンの音色。第五楽章へと続く流れは、バッハ仕込みのフーガを経て、一気に明るく第二楽章のコラールが再び蘇り、今度は私達を満たすかのように頂点へと導き、歓喜のうちに指揮棒が、バイオリンの弓が振り抜かれてこの交響曲は終わりました。

 ブラボーの嵐!

 私もしばらく興奮に浸ってしまいました。素敵なコンサートをありがとう!

b0134673_23113193.jpg

(絵葉書の写真より)

  ところで、こんな魂のこもった指揮、演奏を堪能させていただいておいて、演奏が終わるなり席をたつ人がいるのには興ざめです。ブラボーと拍手、指揮者が下がってはまた舞台に出てくるさなかにも、帰る人があとをたちません。
 いつもそういう人がいて、私は残念に思います。せっかくコンサートまで来て素晴らしい音楽を聴いて、混雑を避けて我先に帰ることに気を奪われて…もったいない。
 音楽に人生をかけた人によってしか表現することができないものを聴かせていただいて、感謝と賞賛の拍手を送りたいと思わないなんて不思議な人達です。

 マーラーだったからか、聴衆は珍しく断然男性が多かったせいもあったのでしょうかねぇ。・・・というのは男性に失礼かしら?



 コンサート前の一時。ホール前にはおしゃれなカフェがいくつもあります。オープンカフェになっているその前は、今日はちょっとしたローズガーデンになっていました。とっても綺麗で薔薇を楽しみながら写真を撮りました。サントリーホールの上にも本格的なローズガーデンがあります。薔薇の時期だけオープンします。

b0134673_2381764.jpg

b0134673_2313370.jpg

b0134673_2383886.jpg
b0134673_2385858.jpg

b0134673_239405.jpg

b0134673_2310069.jpg

b0134673_23101228.jpg

b0134673_23103472.jpg



 薔薇の写真を撮っていたらホールオープンの時間を知らせる仕掛け時計が音楽を奏で始めました。

b0134673_23135246.jpg


さぁ、コンサートの始まりです。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-22 23:20 | コンサート | Comments(6)

長い一日  着物で過ごした一日

 昨日は無事、着物を着て非日常的ランチ^^を堪能することができました。
 
 場慣れしてない私は、ちょっとビビりながら^^; でも、友達は場慣れしていて、堂々としていて頼りになります。

 実は、写真は何も撮っていません。一皿ずつ写真を撮ることに気を取られるのは止めにしました。せっかく着物で行ったので、写メを必死で撮るのも止めました。(撮りたい誘惑を断ち切って!)

 
 入ってすぐ、大きな革のソファのある、ウェイティングルームに案内されました。入り口には「アラファト?」みたいな人物や「アラブの大富豪?」系の人物、きっと著名人に違いない外国人の方々の写真が、立派な額に入ってたくさん飾られていました。

 天井がとても高く、柱は天井にアーチを描くようにつながり、装飾はルネッサンス調で古い教会を思わせます。少し仕切られたところに私たちのテーブルが用意されていました。真っ赤なバラが飾られて。

 ナプキンの上にメニューがおいてありました。結婚式の席次のような立派なメニュー。 開いてみると・・・(端っこに私の覚書が・・しまった!)

b0134673_19283230.jpg


 わたしったら、緊張して、メニューの「最初の一皿」というのを「最初の一言」と読み違えて、
「お言葉まであるんだ・・・」
と感心。確かに、
「ようこそ・・・ごゆっくりお過ごしくださいませ・・・」
的なことは言いましたが、
「えっ?一言ってそれだけ?」
とすました顔をしながら、心の中で思っておりました。
家に帰ってから、気づきました。最初の一言は一皿だったと・・・。おそっ!!
その最初の一皿は、こんな美味しいオリーブ食べたことない!と言うほど美味しかったオリーブの実の酢漬けと、一口サイズのスモーク肉でした。
「なんで、メニューに載ってないのかしら?」
って、載ってますよ!「最初の一皿」

 場慣れしている友達は、パンとオリーブオイルが運ばれてくると、オリーブオイルに
「バルサミコ、入れてくださる?」
カッコイイ~!
バルサミコ酢入りオリーブオイルでいただくパンは美味しかったです。

 ゆったり、優雅に美味しい美味しいお食事と会話を楽しむこと3時間。私たちの会話を邪魔することなく、絶妙のタイミングで食事や飲み物をサーブしてくれました。

 
 その後、青山墓地の横を通りお散歩しながら乃木坂へ。友達の案内で温室のような隠れ家的カフェに入りました。

b0134673_204733.jpg


 
b0134673_19454628.jpg


 ここでは有機栽培の「黒葡萄の葉」のお茶をいただきました。友達の帯がかすかに写っています。ほら、葡萄の葉の柄^^ぴったりです。

b0134673_19465022.jpg


 
 葡萄のジャムを口に含んでは、お茶をいただきます。見た目は紅茶のように見えますが、味はこっくりと深く、酸味があるのに葉の甘さが漂い、とても美味しいお茶でした。大好きな味です。気に入りました。


 たくさんの深いお話と、優雅な空間。話はそれでも尽きません。
「今日はとても素敵な体験をしたね。今度はカジュアルランチを楽しみましょうね。また着物を着て」
カジュアルランチだったら、ちょっぴり可愛く着物を着て行きたいなと、もう次を楽しみにしている私です。




 長い一日。

 この後、私は夫の会社へ。夫の友人であり、仕事仲間である高畑氏の講座に出ました。高畑氏の仕事とは関係がないのですが、彼のライフワークとして研究している「古神道」についての講座でした。

 古神道を、戦後の国家神道と混同してはなりません。古神道は、弥生、縄文の昔から、自然のあらゆるものが神であると教えてきました。それ故に人は自然に畏敬の念を払い、他者のことも自分のことのように考えることができる日本人を育ててきたのです。まさに、日本人のルーツ、ついこの間まで、脈々と受け継がれてきた日本人が日本人たる理由を含んだものと、私は考えています。
が、今ここで古神道について語ると長くなってしまうのでこの辺でやめておきましょう。
 
 講座の後は、恒例の懇親会!^^

 さすが、古神道好きが集まっていて実によい気。その中でまだ若いAちゃん。彼女は色々なものが見えてしまう人です。そのAちゃんが神様カードを持ってきていました。(エンジェルカードのようなもので、古事記に出てくる神様のカード)
 
 そして、私のことをそのカードで見てくれました。「あなたに必要なことまたは、あなたはどんな人か」

 2枚のカードが勝手に飛び出し、1枚を私が引きました。

 それらを開けてみると・・・全部女性のカード(この花咲くや姫みたいに名前がついているのですが覚えられませんでした)
 1.月のカード・・・天照(太陽)を支える人
 2.食事をつくる女神のカード
 3.子供を育てる女神のカード

 たくさんのカードの中から引いた3枚のカードはまさに今の私。或いは、私が一番心をかけ続けてきたこと。幸せを感じること。

 1.の太陽は夫で、私は自分が前に出るより、後ろでこの太陽みたいにたくましい夫を支えて(いえ、支えるなんておこがましい・・夫の傍にいたい)いたいといつも思っています。
 2.3.は言わずと知れたことです。びっくりするやら、嬉しいやら^^

 
長い一日。

 講座の皆さんにも、着物姿を褒めていただいてきました。
 「これ、義母の形見の着物なんです」
そういう時、どんな着物より価値があって、私を優しく包んでくれているのを感じます。着物の神様、絹の神様が義母の心をのせて私に伝えているのを感じます。
 



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-18 22:12 | 着物 | Comments(14)

花びら

 薔薇の花は、一日ですっかり開ききって一番の見ごろはその日一日でした・・・本当に。

 窓のところに、赤い薔薇のポプリを飾っていました。時々オイルを垂らしているので、よい香りです。

b0134673_18591099.jpg


 少しの間、オレンジの薔薇の花びらを主役にしましょう。

 花びらをちぎって、ふんわりと。

 写真写りのせいもあるけれど、こんなに色が抜けてしまって・・・。

 どうやら、香りがするのは花びらではなく、雌しべと雄しべのあたりからのようです。その部分も花びらに潜ませたら、ほんのり香りがたちました。

b0134673_1859358.jpg


b0134673_190051.jpg


b0134673_1902072.jpg





 明日は友達と会うことになっています。久しぶりに着物を着ていこうかなぁ・・・と。

 そうしたら、最初に友達が予約しようといていたお店が月曜休みで、違うお店を予約したあとに、お店からドレスコードがフォーマルとのメールが来たとのこと。
 着物を着て行こうかなぁなどと迷っていられません。着物しかない!
 ちょっと贅沢をしましょうとお店を探してくれて、特別席というのがとれて・・・。そこまでは喜んでいた私たち。フォーマル!と聞いて、でも!開き直って・・・着物があるし、そんなランチ、してみようじゃないの!です^^;

 義母にもらった大島紬に、淡いグレーからピンクのぼかしが入り、紅色の手刺繍の入った紬の洒落帯でいきましょう。友達は塩沢紬に葡萄柄の帯で行きますって。素敵!

 あぁ、緊張!明日の朝は落ち着いてちゃんと着物を着て、お店には涼しい顔で行くのよ、ことり!

 


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな

 
[PR]

by housewife_life | 2010-05-16 19:36 | 日常 | Comments(4)

優しさに包まれたなら・・・どこかで聴いたフレーズ?!

 朝、お隣さんのUさんが丹精して育てた薔薇をくださいました。

 優しいオレンジ色の大輪です。

 「この薔薇、香りがとてもいいのよ。でも、たぶん咲いているのは今日一日で、開ききって終わってしまうわ」
Uさんは、薔薇をチョキンチョキンと切りながら言いました。
 
 「わぁ~!嬉しい!いつもありがとうございます。薔薇は長持ちしないけど、一日なんてはかないですね・・・。でも、ホントにいい香り~!楽しませていただきます!」


 家に駆け戻ると(嬉しくて^^)夫に
「ほら見て!見て!Uさんにまたいただいちゃった!こんな立派な薔薇!綺麗でしょう~。ほら、すごくいい香り」

 「またいただいちゃった」
というのも、先月もやはりUさんが見事に咲かせた八重咲きの水仙をいただていたのです。

 どの花瓶にしようかな・・・オレンジ色の薔薇を見ていたら中国の花瓶でオリエンタルな感じにしたくなりました。
甘いというよりも、柑橘系のさわやかな香りのオレンジ色の薔薇です。

b0134673_2102582.jpg


b0134673_2113649.jpg

  
b0134673_2155980.jpg







 先月いただいた水仙も写真が撮ってありました。夜撮ったようで、うつりが悪いのが残念です。八重に咲いた珍しい水仙です。

b0134673_213231.jpg


b0134673_2134385.jpg


 Uさんはグリーンフィンガーですね。ありがとうございました。



 イラスト教室のあった日、疲れているだろうからと(タクロウはサークルの飲み会でいなかったし)、夫が外食に誘ってくれました。

 行ったのは去年からできていた駅の近くのピザ屋さん。お店の前の赤いvespaが目印です。その場でこねて、石窯で焼いています。

 シェフがイタリアに修業に行ったとき、初めに食べて忘れられない美味しさとなった「シェフのお勧めピザ」・・・「チーズとベーコンとバジルとミニトマトのピザ」と「マルゲリータ」を頼みました。美味しくて、話が盛り上がって、またしても食べ終わってから
「写真撮るの忘れたー!」

 「シェフのお勧めピザ」、とても美味しかったのでタクロウのお土産にもう一枚焼いてもらいました。家に帰ってからパチリ。

b0134673_21161347.jpg


 Uさん、薔薇、夫の優しさに包まれた日でした。 


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-14 21:28 | 日常 | Comments(2)

今日はちょっと旅行気分?

 吉祥寺に住んでいる高校時代の友達に吉祥寺を案内してもらいました。

 彼女の家は、井の頭公園の中にあると錯覚するくらい井の頭公園のすぐ近くの、素敵な住宅地にあります。

 私達は高校一年の時からの仲良しグループでしたが、グループ内にそれぞれ親友がいて、一緒のグループだけれど、個人的な付き合いはあまりありませんでした。
 
 ところが二人とも結婚して子育てまっただ中の14年前のことです。サッカーフランスワールドカップ出場をめざして、日本代表が苦戦を強いられていた時、何かのきっかけでお互いサッカー気ちがいだということを知りました。それから一気に意気投合し、今では一番連絡をとっています。

 くしくも今日は、23人の代表選手発表の日です。この話は熱くなってしまうのでここでは止めておきましょう。^^;


 吉祥寺が地元の彼女に案内してもらったのは「茶の愉」という人気店。竹に囲まれた明るくて広々としたモダンなお店です。名前の通り色々な種類のお茶がありました。

b0134673_22385118.jpg


私達が頼んだのは数に限りがあるランチ弁当。可愛い風呂敷に包まれて登場です。

b0134673_22391340.jpg


揚げカレイのあんかけや湯葉、特にオクラがすご~く美味しかった!

b0134673_22393572.jpg


デザートはイチジクのケーキ。プチプチしたイチジクが本当に美味しかった!

b0134673_22401954.jpg



今日は旅行並みに写メを撮ってしまいました。私がまだ足を踏み入れたことのないエリアにも連れて行ってくれたので、外観が素敵だなと思うお店を撮ってみました。
 人も多いし、東京と思うと恥ずかしくなってお店の写真を撮るのは抵抗があるので、今日はプチ旅行なのだ!と開き直って…。

 

b0134673_22423194.jpg

 カード屋さん、カフェ、食器やさん、子供服などどれも北欧系の小さなお店が入っています

b0134673_22445683.jpg

フレンチのお店

b0134673_22462877.jpg

 南仏料理のお店

b0134673_2247256.jpg

 綿やリネンのナチュラルなお店

b0134673_22475710.jpg

 モントリオールに行った時、こんなお店がありました

b0134673_2253482.jpg

b0134673_22535447.jpg

 フランス片田舎の花器や雑貨のお店

b0134673_2255554.jpg

 小さなボタン専門店



 最後に美味しい紅茶のお店へ。大好きなアールグレイにグレープフルーツをしぼった紅茶。香りもよくさっぱりして、ホットでも初夏を思わせる紅茶で満足^^
 
b0134673_225846100.jpg



 ピアノの先生である彼女の、ピアノの発表会のお手伝いを頼まれています。楽しみです。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-10 23:13 | 日常 | Comments(4)

私の「母の日」

  今日母の日は、母がうちにやって来ました。一緒に昼御飯を食べてから、二人で洋服を買いに行きました。

 母は、出て来る前に、義兄からカーネーションとミニバラが届いて嬉しかったと話してくれました。優しさが、私も嬉しかった。

 洋服選びは盛り上がり、二人で試着室に入り、
「お母さん、こっちの色なら今履いてるパンツが似合う! こっちのを着るときはピンクがかった方をはくとすごく素敵!」
「あら、ホント!じゃあ両方欲しくなっちゃう…困ったわ」
等々。
決まったところで
「お母さん、こっちもすごく素敵だったから買っちゃいなよ!実は、これ母の日プレゼント企画だから!」
初めに言ってしまうと遠慮するので決まってからそう言いました。
そこから先は強引に。でもとても喜んでくれました。俳句、絵手紙、今月は同窓会もあるから、お洒落して出かけてね。

 帰りの道々、綺麗な花をみつけては、特訓の甲斐あり、母も携帯で写メを撮っていました。もちろん私も。

 
b0134673_22493621.jpg


b0134673_2250733.jpg
b0134673_22505199.jpg


 そして家の近くに来ると、例のお花の見事な庭を覗きに。この間満開だった藤の花は終わり、クレマチスが満開になっていました。薔薇は蕾を膨らませていました。咲いたら、さぞ美しくて華麗でしょう。

b0134673_22522520.jpg



b0134673_22525330.jpg


 こんなひと時とおしゃべりを、母は楽しみ喜んでくれました。孝行?させてもらえて幸せです。ありがとう、お母さん。



 私自身もお母さん。
 私の息子、タクロウはサークルでいまだ帰っておりません。まるで会社みたいなサークルで、大きな組織だけにうまくまとまらないこともあったりして大変そうです。悩み事満載で走らざるを得ない毎日。この日々はずーっと先になってから無駄じゃなかったって思うと確信しています。

 こっちの母の日は、「私をお母さんにしてくれてありがとう」の日にしましょう。身体を壊さないでね、タクロウ。



 昼食に、東急ストアのレシピに出ていた「たらこ焼きそば」を作りました。その時写真を撮り忘れ、夕飯の時残りの「たらこ焼きそば」を撮りました^^;
 たらこと麺つゆ、醤油、酒、酢、を混ぜておいて、キャベツとモヤシ三つ葉の茎と、レンジで温めてほぐした麺を炒めます。炒まったら、つゆを混ぜ入れてできあがりです。三つ葉を添えて。

b0134673_2391757.jpg


 それから今日、買ってきた卵を家でパックごと落としてしまいました。生き残ったのは3個。あとはみんな割れてしまいました。トホ・・・。それで卵を使って「卵もやし」を作りました。ねぎも入っています。美味しかったから、まぁいいか^^;

b0134673_23121783.jpg


 たんぱく質多過ぎになってしまうから、当初予定していた肉じゃがは量を少なくして盛り付け。

b0134673_23132494.jpg


 オクラの胡麻和え、新玉ねぎとワカメの酢味噌かけ、

b0134673_23142460.jpg


b0134673_23145179.jpg



 この間作ったドライカレーもせっかく撮ったのでアップ。

b0134673_23195296.jpg



 夫と二人の夕食。
夫も私をお母さんにしてくれた人!ありがとうございます!



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-05-09 23:22 | 日常 | Comments(2)