<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

のだめぐみに恋!?

 映画館で映画なんてめったに観ないこの私が、2日続けて一人で映画を観て来ました。

「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」と「アリス イン ワンダーランド」です。

 豊島園ユナイテッドシネマは大江戸線の駅の上にあって、7つの映画館があります。とても綺麗で割りと空いていて、シートは座り心地がよく、いつもチュロスの甘い香りが漂っていて、それがディズニーランドっぽくってワクワクするいいところ。

 でも、ここに来たのは「マリーアントワネット」以来です。あら~まぁ~(゜o゜)

 さて映画…昨日観たのが「のだめ」で、今日が「アリス」ですが、まずは「アリス」から。

 「アリスインワンダーランド」は、私は期待はずれでした。
19歳になったアリスは、幼い頃に来た記憶のないまま再びウサギを追ってワンダーランドに転がり落ちます。でもそこはアンダーランド。幼かったアリスはアンダーランドをワンダーランドと勘違いしていたのです。ストーリーは「不思議の国のアリス」をなぞっていますが、19歳になったアリスのストーリーは別物でもあります。
 スターウォーズ並みのスピード感と戦闘シーンが多くて、もちろん空を飛んだりはしませんが、チェスのシーンでは赤いトランプたちが鉄の甲冑を着てザッザッと現われ、スターウォーズの砂漠の戦闘シーンを彷彿とさせるのです。そしてあのアリスがこれまた甲冑に身を包み、選ばれし戦士として果敢に剣を振りまわして、巨大な竜と戦っちゃうのです。えーと、これなんの映画でしたっけ?私は、そんなアリスの映画が観たかったのではなかったのでした。
 
 前日の「のだめ」がとってもよかったのでお調子にのってきちゃったけど・・・って言う感じでした。面白いところもありましたけどね。


 一方「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」は、とてもよかったです。もう一度観たいくらい!
 実は、前編も観ていないし、コミックも読んでないし、ドラマも何回か観ただけなんです。(ファンの皆様すみません!新参者です)でも、テレビで後半の前触れ番組を観て、とっても観たくなったのでした。

 アニメーションとの融合も、全然不自然に感じないし、むしろいつもの私の頭の中の状態だ!と、世界がなだれ込んでくる感じで融け込んで観ていました。

 何よりのだめの純粋さと揺れ動く切ない心に涙してしまいました。「のだめ」観て泣く?!と自分に焦りましたが、周りからも鼻をすする音が・・・。やっぱり、そうだよね。詳しく書いてはいけません。
 
 今日は「アリス」を見た後、売店に直行して「のだめ」のパンフレットを買って帰りました。隅々まで読んで幸せを味わっているところに夫が帰宅。昨日から私の頭の中が「のだめ」になっているのは知っています。帰った夫に「千秋せんぱ~いっ!」と抱きつくと、ちゃんと間髪入れず「のだめ~っ!」とやってくれました!素晴らしい!

 当分私は、女の子「のだめちゃん」に恋して過ごします。(千秋じゃないのか?!)

b0134673_19584178.jpg


                   パンフレットの写真より

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-04-27 20:14 | 鑑賞 | Comments(8)

もっと丁寧に、もっと向上したいと思わせてくれる人

 コットンフィールドで、私もおみっちゃんも材料をお買い上げ。
私は、今作っている手提げの革ひもを幅広のものに変更しようと、幅広の革ひもを。
おみっちゃんは、やはり手提げを作るためのナイロンの布と持ち手のテープを。

 出かけたのは雨の金曜日。雨の憂鬱も忘れる、布屋さんに雑貨屋さん。ランチタイムにティータイム。

 ざっと布屋さんを見てからまずは腹ごしらえ。
キャトルセゾンでキッシュとサラダのプレートと海老のポタージュ。寒い日だったので温かいポタージュが美味しかった。

b0134673_9382837.jpg

b0134673_939099.jpg











b0134673_9392718.jpg

 そして再び布屋さんに突撃です。

b0134673_947503.jpg

b0134673_9481969.jpg

b0134673_948378.jpg


 実際はこの何倍もあって、素敵なディスプレーもあるのですが撮りきれなくて残念。
かなり興奮、ハイテンションな二人。布をなでなで、レースをなでなで。店内をぐるぐる何周もしても、必要なものだけ買った私達って、かなり偉い!?主婦たるもの、簡単に財布の紐をゆるめちゃぁいけません。

 その割りにはすぐお茶…。紅茶専門店「Gclef」へ。手前が私の「紅茶好きに捧げる!」というミルクティーのアイスクリーム。奥はおみっちゃんのトライフル。

b0134673_942348.jpg

 店員さんは若い女の子ですが、とても礼儀正しくて、丁寧で、それだけで何倍も可愛らしく見えました。心美人は中から滲み出ると二人ともよい気分にさせていただきました。

 お茶を飲みながら本の話、おみっちゃんは日本画を描いているので絵の話、今の何事もスピードの時代にあって、だからこそひとつひとつゆっくり丁寧に手を惜しまずやっていくことの意味なんかを、いっぱい語り合いました。
 こんな話題に花を咲かせることができるのは幸せです。もっと丁寧に、もっと向上したい、おみっちゃんと会うといつもそう思います。



 日曜は、新しい携帯にした母を再特訓?!調子が悪いのではなく使い方に問題ありでした。なんとかマスターしたので、二人でショッピングに。母は優しいおとなしいピンク色のスプリングコートを買いました。シルエットが細身で綺麗で可愛くて、ベージュの方だったら私も欲しいくらい。あれはいい買い物だったと、私までいいものを買ったようなよい気分になりました。

 私は夫とタクロウにお揃いのマグカップを買いました。二人がコーヒーを飲む時用。私はコーヒーが飲めません^^;


 さぁ、月曜日。新しい週の始まりがお天気だと張りきれて嬉しい。たくさん洗濯して、雑草抜きをしました・・・。タクロウが出かけたので私も・・・!

 そう言えばタクロウは、今日一年の映画製作を一緒にするサークル員と初顔合わせだとか。待ち合わせ場所はいつもタクロウの大学の学生であふれているので、みんな看板を持ったり変装したりしています。ちなみに去年はタクロウたちは、仮面ライダーのショッカ―を探して落ち合ったそうです。今年はタクロウが高校時代のアメフトフル装備で目印になるそうな。恥かしい~!



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-04-26 10:06 | 日常 | Comments(6)

角田光代!

 角田光代さんの本を15冊程読みました。15冊と言っても全部を3月4月で読んだわけではなく、3月、4月で読んだのは、そのうちの9冊です。

 3月ことり知的月間とか言って、知的生活で残ったのは今日まで角田さんの本を読むことだけで、手芸やイラストに興じていました。

 以前に読んだものは比較的新しいものでしたが、今回は初期のものから読みました。

 新しい作品に慣れていた私は、初期の作品を読んでショックを受けました。

 登場人物たちは、行ってはいけないあちら側に簡単に(例えばよく知りもしない男を部屋にあげてしまうとか)に行ってしまったり、人生に何を求めたらいいのかわからなかったり、そうかと思えば、そのうち来るだろうと待ち続けたり・・・。
 恋愛も仕事もモラトリアムの延長上にあり、先が見えなくて、虚無感が漂う作品。 角田さんがフリーター作家・アパート作家と言われた頃です。

 ところが、2003年から2004年を境に…
作品の最後には、未来に向かう一筋の光が見えるようになりました。強い力が見えるようになりました。

「ドラママチ」という短編集があります。
 
 コドモマチ
 ヤルキマチ
 ワタシマチ
 ツウカマチ
 ゴールマチ
 ドラママチ
 ワカレマチ
 ショウカマチ

 ・・・の8編からなる短編集です。

 日常の中で非日常を、或いは求めて手に入れるべきものを待つ物語の短編集です。前半の作品には、やるせなくなるような頽廃的な日常が描かれているのですが、「ゴールマチ」あたりから、物語の最後に光が、意味のある明日につながる今日が見えてくるようになります。
 それがやはり、2003年終わりから2004年に書かれた作品なのです。これは発見だ!と思っていたら、解説にも書いてあってやっぱりと膝を打ちました。

 2003年以前の作品は、直面することに気付かないのか、或いは気付いたとしても流されて疲弊していく登場人物に私も疲れてしまうようで、もうこれで読むのはやめようと思うのに、みごとな描写としつこさのない表現と、巧みなストーリー展開、そしてやはりとことん日常が描かれていて、一つ読み終えると次の作品を手に取ってしまうのでした。

 2003年以前でそうなのですから、2004年以降の作品の素晴らしさったらありません。

 2009年3月に書かれた「くまちゃん」は、今回最後に読んだ作品てす。

 一貫してふられ話のオンパレード。
 最初の章で苑子は英之にふられます。次の章は、その英之の恋。ユリエという恋人に英之はふられます。次はユリエが新しい恋をしてふられ、ユリエをふった恋人が次の章の主人公になります。まるでリレーのような展開。
 そうしている間に彼らの上を10年の月日が流れていました。これから読む方もいるでしょうから、内容は言いませんが、最後は失恋の形容し難い痛みをからだと心一杯に感じながら、でも力強くて、健気で私は共感とエールの涙を止めることができませんでした。

 ここに至るために巧みに描かれた数々の恋。この展開。角田さんの人、人の心の観察力と表現力。 角田ワールドが冴えわたっていました。そして15冊読んでも裏切られなかった!

 吉本ばななも大好きでよく読みましたが、あるときからどの作品も同じように感じられるようになってしまいました。今でも、吉本ばななの世界は大好きだけれど・・。角田さんの作品は、ご本人と等身大の成長をとげているのかもしれません。


 さーて、タクロウが「1Q84」の3巻を読み終えたそうなので、私の番です。村上春樹も一時期はまって、長編はほとんど読んだのですが、「1Q84」は、私はさほど夢中になれませんでした。3巻は読んでおくか、というのが本音です・・・^^;
 しかも角田さんの文体がしみ込んでいる今、それよりまたもう一冊角田さん・・と思ってしまう私がいます。



今のところの私のお勧めベスト5!
 「ドラママチ」
 「対岸の彼女」
 「夜をゆく飛行機」
 「森に眠る魚」
 「くまちゃん」





最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな

 
[PR]

by housewife_life | 2010-04-22 23:37 | | Comments(10)

発見!・・・のどかな裏道散歩


 タラの芽をいただきました。我が家の大好物。天ぷらにして、塩でいただきました。

b0134673_16153228.jpg

b0134673_1615593.jpg


 筍はらでぃっしゅぼーやに入ってきました。夕飯に間に合うようにと急いで下茹でしました。筍ごはんと若竹煮にしたのに、若竹煮の写真がないっ!・・・撮らなかったの?私・・・。(←あぶないですねぇ・・・^^;)

b0134673_1620682.jpg


 鶏と里芋と大根の炒め煮とあさりのバター蒸、なめこ汁。

b0134673_1622622.jpg

b0134673_16222367.jpg

b0134673_16224131.jpg


 
 昨日は、母と夫と三人で散歩をしました。

 この間機種変したばかりの母の携帯の調子が悪く、修理に出していました。修理が済んだので取りに行き、お昼を食べて、池袋の駅から実家までの裏道散歩です。私は池袋のサンシャイン60のふもと?で育ちました。ビルばかりで殺伐としていますが、裏道には静かな風景もあります。

 母が体操に通っているところにはリンゴの木がありました。小さな小さなリンゴが実るそうです。真っ白で清楚で可愛い花です。
b0134673_16294010.jpg

b0134673_1630222.jpg


 池袋のパルコの裏にはこんな「サトザクラ」の木や八重桜がたくさんあり、小さな神社では猫がのんびり昼寝中です。夫は初めての道にこんなところがあるのか、と驚いていました。

b0134673_16314781.jpg
b0134673_1632868.jpg


 大塚駅にだいぶ近づいたあたりで橋の真ん中に立って見ると、なんと
「スカイツリー」
が見えるではありませんか!ここは豊島区。「スカイツリー」は墨田区ですよ!写真ではかすかにしか見えませんが、肉眼ではもっと大きく、色もはっきりと見えました。高い!もっともっと高くなるなんてびっくりです。母は
「近所の人たちも、この橋から見えるなんて気づいてないわよ!今度、みんなに言わなくちゃ!」
と興奮気味。

b0134673_16414588.jpg


 町をのんびり散歩するのもいいものです^^


 我が家の近くも夫と散歩。またまた発見。
「真っ白い花がいっぱいついたこの木はなんでしょう?!」

b0134673_16445572.jpg


 傍によって見たら白い花だと思ったものは若葉でした。生まれたての若葉です。このー木何の木、木になる木~・・・。

b0134673_16455371.jpg


小さな教会の庭も可愛らしい。

b0134673_1654023.jpg

 

 のんびりのどかな休日でした^^


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-04-19 17:02 | 日常 | Comments(4)

中国語とニラ玉

 私のニラ玉は美味しいよ~。
 更に美味しくしてくれるのが、龍鳳のおじさんが作った「食べるラー油」

 ところで、今我が家は中国語がブームです。と言っても私一人、ブームにのれていませんが。^^;

 中国で仕事があるので、夫が中国語を学び始めたのです。朝のラジオ講座を聞き、一昨日から中国語教室も始まりました。

 タクロウも第二外国語は中国をとっているので、二人で
「この発音がまぁ~↑で、こっちはまぁ↓」
だとかなんだとか、文字では表わすことのできない発音が部屋の中に響き渡っています。

 一昨日の夜は、夫の初めての中国語教室が終わるのを待って、三人で外食しました。教室が終わるまで、私とタクロウは買い物。夕飯にありついたのは、9時。3人ともお腹ペコペコのクタクタ状態でした。

 それで夕べは、手提げ作りを早々に切り上げて、張り切って美味しい夕食作りです。

 そこで先ほどのニラ玉です。

 ニラ玉は、初めから溶き卵にニラ、塩、胡麻油を混ぜておきます。
卵を流し入れた時、フライパンがジュワ~ッ!!と派手な音をたてれば大成功。
ニラがクタッとせず、匂い、辛味があって美味しい。生姜醤油をかけて食べていましたが、今は龍鳳のおじさん手作りの「食べるラー油」が、ニラの匂いとベストマッチです。

b0134673_2138555.jpg

b0134673_21391435.jpg


 大根とみず菜のサラダ、おでん風煮物、とろとろ豆腐(近所のスーパーで買ったら、レジの人に「これ、美味しいって評判いいんですよ」。ほんとに美味しかった^^夏にはいっぱい食べたいな)キャベツとジャガイモとワカメのみそ汁等。

b0134673_21491727.jpg

b0134673_21501561.jpg

b0134673_21503654.jpg


 予想通り、最高気温7~8度だった今日。
 お家時間を過ごしましたが、手芸はお休みして、レンジをはじめ台所をせっせと磨きました。
 
 何~っ!?
タクロウがこれからBを連れてくるとのメールが。
まぁ、いつものことですが、今日はこれにて終了です^^;


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!


 
[PR]

by housewife_life | 2010-04-15 22:08 | 日常 | Comments(7)

私の時間 花と手芸で

 明日は東京、最高気温が8度ですって!
このところ手抜きにしていた花の世話を、暖かい今日のうちにしておこう。

 サクラソウがたくさん咲いたので切り花に。

b0134673_15524816.jpg

b0134673_15515774.jpg


 去年植えたパンジーは、バレエのチュチュみたいに咲くパンジー。

b0134673_15543826.jpg











b0134673_15551963.jpg

b0134673_1555457.jpg












 うの花もつぼみがぎっしりついて、暖かくなったら甘い香りを漂わせていっせいに咲くことでしょう。

b0134673_15581231.jpg


 
 背中にぽかぽかお日様を感じながら、雑草を抜いたり、アブラムシを探したり・・・。気がついたら、もうお昼!




 お昼の後は、昨日の続きで手提げ作り。

 2つの手提げを同時進行で、ここまでできたのですが・・・

b0134673_1681142.jpg


左の手提げはふちに幅広のレースをつけて、革の持ち手をつければできあがりです。用意していた革の持ち手、ここまで作ってみると、もっと幅が広い方がいいことに気付きました。今度、おみっちゃんと「コットンフィールド」に行くまでねかせておいて、その時持ち手の革を買いましょう。

 右の手提げは、やはりふちにレースをつけて持ち手をつけるのですが、その前に、柄(ブドウ)の上にちょっとビーズ刺しゅうをほどこしてみようかなぁと思っています。だから時間がかかってしまうと思うけれど手作業だから、暇をみつけてはちくちくつけて行きましょう。

 私のビーズ刺しゅうの大事な道具です。

b0134673_16162619.jpg

b0134673_16164915.jpg


 昔?は色々作ったけれど、今では出番は気合が入った時だけ。
 1から2年に一回くらい^^;
 だから今回はビーズさんたちにしてみたら、大変な出番到来です!
 「挫折しないでね~」
 「あいよ~」

 でも、今日は手芸はこの辺でやめて、これを書いています。根を詰め過ぎないようにって^^



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-04-14 16:26 | 手作り | Comments(2)

春になったり冬になったり お日様が照ったり雨が降ったり


久しぶりのバイト
 10日は久しぶりの学食バイトでした。入学式から3日しか経っていないので、中学1年生の姿は見えませんでした。来週は初々しい姿が現われて、それで色々教えてあげたりできるのかなぁと思うと楽しみです。
 春の陽気に誘われて、バイトの人たちとタクロウの大学の庭園をお散歩しました。
 たった4時間のバイトなのに、久しぶりに一生懸命働いたら筋肉痛です^^;


六大学野球始まる
 土曜日からまた大学野球が始まりました。斉藤投手はいつも開幕戦で投げるのですが、バイトがあるので行けません。
 夫と日曜日に早稲田vs立教第二戦を観に行きました。
 汗ばむような上天気です。
 一戦目、早稲田は立教にサヨナラ勝ち。斉藤は同点の時にリリーフ大石(4年)に交代したので、勝ちはつきませんでした。二戦目の先発は福井(4年)でしたが、肩の調子を崩して3回で降板し、またしても大石がロングリリーフを務めました。
 大石の好投に加えて早稲田打線もよく当たり、11vs2で勝ちました。

 早稲田の応援団長も新しく変わり、前年度の団長は横でにらみをきかせていました。新入生は入学式で、そして神宮で「紺碧の空」を唄って早稲田魂をふきこまれていくのです。

 右から3人目が、キャプテンになり背番号が1から10に変わった斉藤選手。
b0134673_12584812.jpg


 帰り道、神宮外苑はお花がいっぱい。絵画館前の花桃、しだれ桜がきれいでした。
b0134673_138719.jpg



 雨の神楽坂
 そして翌日は冷たい雨。真冬の寒さです。
 アドラー心理学の同級生Tさんを神楽坂にご案内しました。寒かったので、鳥茶屋でうどんすきを食べて、おみっちゃんに教わった路地裏をご案内。そして普通のお家を改造したカフェでお茶をしました。
 路地裏歩きは傘をしっかり握っていたので、写真はなし。
 心理学を勉強してカウンセラーを目指す方や、既に実践していてさらなる勉強をされる方が多い中で、私もTさんも少々スローテンポな家庭が第一の主婦。圧倒されてときに落ち込むという彼女に、スローでもそういう人にしかない優しさや良さ、癒しもあるのだからそれを強みにゆっくり頑張りましょう、と話しました。
 二人ともお土産に、またまた五十番の肉まんを買って帰りました。


 そのお土産を食べる間もなく
 月曜は授業がないタクロウ。放研の制作に追われて夜中から夕方まで部屋で忙しくしていた様子。5時過ぎに私が帰ると、パソコンを開いたまま2階から駆け降りてきて、パソコンに繋がったイヤホンを私の耳に突っ込むと、
「ちょっとこれ聞いて。これからサークル!夕飯いらなくなった。悪いっ!」
と走りまわって準備をしていました。
 放研の映画で使う音楽を作っていたとかで、イヤホンからはとても素敵な音楽が・・・。
「無茶ぶりなんだよ!いつも!てめぇでやれっつうんだよ!もっと技術磨けっつうんだよ!」
 この頃、技術がある人になんでも頼り過ぎな風潮にイライラしているタクロウ。
「わ~、いい曲。私、こういうの大好き。ピアノとベース音がとってもいい・・。綺麗なメロディーだねぇ・・・」
「・・・・・・」 (ちょっと、嬉しそう?)
「無茶ぶりされるのは大変だろうけれど、そのお陰でこんないい曲ができるなら、作るチャンスをいただいたって思ったほうがいいよ。技術磨くには時間がかかるし、日にちが迫ってきたら、私だって『タクロウができるからタクロウに頼もうって』って言うと思うな」
「俺だって、すごく苦労して試行錯誤してやってんだよ。簡単にできてるわけじゃないんだ」
「そうだよね。わかるよ。でも、いつも頑張った人だけが得られるものがある。それは頑張った人だけが知っている・・でしょう?」

 一緒に夕飯を食べられるかなと思っていたけれど、お土産も食べる間もなくタクロウは冷たい雨の中を小走りで行ってしまいました。


 こんなお出かけ日和だけれど
 22度。昨日は真冬並みだったのに・・・。
お日様と暖かい気温で、こんなに元気が出てウキウキしてしまう私。行くあても目的もなくお出かけしたい気が満ちてくる。春の服に腕を通して足取り軽くお出かけしたい。・・・出たか?お外行きたい症候群。

 自転車をぐんぐん漕いで、おつかいへ。そしたら今日はお出かけはしないで、やりかけの春の袋を縫うということで心が落ち着きました。
b0134673_1425367.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-04-13 14:19 | 日常 | Comments(2)

秘密の花園!?


  朝からビッグな肉まん!
 夕べ、夫が神楽坂の五十番で買って来てくれました。ビッグなので15分蒸します。朝からお腹いっぱいです。美味しかった~!

b0134673_16353712.jpg



 イラスト教室に行く前に、イラスト教室の先生が教えている別の教室の展示会を見に行きました。

 こっちの教室は、正統派?水彩画の教室。私達は静物や風景なんて描きゃしない。絵の源泉は妄想なのだ。だから、先生も私達の教室を面白がって、一人一人の妄想理解に力を注いでくれる。

 お手並み拝見!と会場に乗り込むと、やっていたのは「石仏写真展」・・・・ひゅるるるる~~~ぅ・・・・
展示は来週からでした。

 こうなったら仕方無い。教室の時間までちょっと休憩。

 b0134673_16391497.jpg



b0134673_16393489.jpg


 エディアールのオリジナルブレンドティには、フィナンシェのプレーンと紅茶風味がついてきます。それと、生クリームも!生クリームをたっぷりつけて・・・。オリジナルブレンドティはベルガモットの香りとフローラルな香りもして美味しかったです^^



 ここまでは昨日のお話。


 お昼前におつかいを済ませておこうと出かけると、真っ赤な西洋しゃくなげが咲いているのを見かけましたました。

 
b0134673_16472445.jpg


 ここは、以前も紹介した家のすぐ近くの大きなお家です。門の方に回って見ると、ジャスミンがこぼれるように咲き、その先にピンクの西洋シャクナゲの花も咲いています。その奥には桃の花。

 
b0134673_16501993.jpg


 
b0134673_16522175.jpg


 奥の方には可愛い花が咲きこぼれています。

 その時、ここの奥さまと思しき方が出てきました。私は勇気を出して、
「すみません。あんまりお花がきれいだものだから・・・」
と言いました。実は私、今までも季節が変わるたびに、こっそり門を数歩入って庭を眺めさせてもらっていました。うちの三軒先に住んでいるおばあちゃんが
「あそこんちの庭の花はすごいよ。勝手に入って見ても大丈夫。ちょうど珍しい紫陽花が咲いているから見てきてごらん」
とけしかけられて以来。

 優しい奥さまでありますように!の願いどおり、その方はにこにこして
「どうぞ、どうぞ、見て行って。綺麗でしょう」
「あの、真っ赤な西洋シャクナゲの色、珍しいですね。すごく綺麗でひかれてきちゃいました」
「そうなの!ピンクはよくあるけれど、いい色でしょう。十年前に植えたのよ。どうぞ、入ってらっしゃいな。こっちに原種のチューリップがあるのよ」

 奥さまは花を示しては、楽しそうに私に説明をしてくれました。
「こっちは、原種の水仙」

「アネモネ、ムスカリ、私大好きなんです。たくさん咲いてうっとりです。写真撮ってもいいですか?」
「いいわよ。私も撮ってたところだったの。花を撮るって難しいわ」
「目で見た美しさにはかなわないですものね」

「これ、わかる?徳川家の御紋の葵の葉よ。ほら、葉っぱの下のこんなところに花が咲くのよ。土の上に見える丸いのは種。これがはじけるの。とっても甘い種だから、蟻が運んでくれて、ほら、あっちの植えてもいないところにも根付いて、広がって、自然って楽しいわねぇ」

「この木の下の日陰のミニシクラメン。これも原種なのよ。スイスのハイジの舞台になったところに行った時、林の中に一面に咲いていたの。それで、日陰でも育つんだなと思って5年くらい前に植えてみたの。
これはね、イギリスに行った時に初めて知って植えてみたの。葉っぱなのにオレンジや黄色や、お花みたいにきれいでしょう(その葉の名前をド忘れ…さっきまで呟いていたのに…)」

 クリスマスローズも色とりどりに咲いています。オダマキ、桜草、日本桜草、チューリップ、メネシア、ビオラ、パンジー、デージー、バコバ、他にもいっぱい!いっせいに花開いた庭に蝶ちょもやってきました。

「いつでもそうぞ。イギリスみたいに丹精してガーデニングしたんだから、見てください」

私は、もっともっとそこにいたかったけれど
「ありがとうございました。なんだか、小旅行をした気分になれました」
と丁重にお礼申し上げて失礼しました。

 原種のチューリップ
b0134673_1728319.jpg

 原種の水仙
b0134673_17281979.jpg

 アネモネやラナンキュラス
b0134673_17283682.jpg

 ムスカリと色とりどりの花たち
b0134673_1729643.jpg





 午後は角田光代さまの本を借りに図書館へ。

 図書館を上から見渡せるちょっとしたカフェがあります。お茶を飲みながら読書やおしゃべりが楽しめます。

b0134673_17344799.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-04-09 17:36 | 日常 | Comments(2)

思い出したこと

 ご近所友達にをいただきました。イラストを描きながら、さっそく茹でました。

 夕飯はタクロウにパスタをリクエストされていたので筍を使って春のパスタを。筍、キャベツ、アスパラ、舞茸、ベーコンに鷹の爪とニンニクをきかせたペペロンチーノ風に仕上げました。

b0134673_20433748.jpg


あとの筍は明日の夫のお弁当用にだしをきかせてあっさりと煮ました。いつもありがとう。ごちそうさまです!

 今日は気温20度の久しぶりのポカポカ陽気。こんな日はあっさりとした和食がいい。今日の夕飯は、鯛の塩焼き、筍煮、オクラと長芋和え、帆立のお刺身、新玉ねぎとラー油和え、おから(これは買ったもの^^;)煮物仕立てのお味噌汁。

b0134673_20575349.jpg




 
 午前中、かかりつけの先生のところへ花粉症の漢方薬の補充に出かけました。

 待合室には、三歳位の女の子とヨチヨチ歩きの男の子を連れたお母さんがいました。男の子はチョロチョロよく動き回るのですが、お母さんはイライラしたりすることなく、よく見守って、女の子にさりげなく面倒を見させています。そして女の子が
「ママ、しょうちゃんがすぐ飾りを触っちゃうよ」
と言うと、お母さんは
「そのくらいなら大丈夫よ。めいちゃんがよく見てくれてるから、しょうちゃんはいいこにしてるのね。ありがとう」
と言いました。

 近頃は、どちらが大人でどちらが子どもかしら、と眉をひそめたくなる親をよく見ます。我慢するべきは親ではなく子ども、とでも言うよに
「やめて!静かにして!うるさい!もうママいやっ!」…
でもこのお母さんは違います。ゆったり子どもを見ています。私は、この方、SMILE(勇気づけの子育てプログラム)でも受けたのかしら?!と感動してしまいました。二人の子どものおかげで、小さな病院の中は和み、みんなが笑顔になっています。

 途中でしょうちゃんが、急にドアが開いてびっくりして泣き出してしまいました。しばらくして泣き止むと先生が言いました。
「おや、もういいのかい?泣くときは気のすむまで泣いた方がいいんだがなぁ」
するとお姉ちゃん。
「本当~!?そうなんだぁ。じゃぁ今度私そうしてみる。先生ありがとう!」

 私が診察室に入ると
「おちびちゃんがいると嵐みたいだねぇ。あなたもそんな時があったでしょう」
「はい。もう終わっちゃったけど、私、すごく楽しかったです」
「そう。過ぎてしまうといい思い出か」
「はい(^-^)」

 過ぎてしまわなくても、その真っ只中でも私は本当に楽しかった。忘れていた思いがこみあげてくるのを感じました。

「専業主婦で何してたの?」
と、最近聞かれて、
「何してたんだろう、私…」
と、過ごした時間が真っ白に感じた瞬間があった・・・けど、暖かな待合室で、診察室で、私はあの頃を鮮やかに思い出しました。

 私はあの頃、一番大好きで、一番やりたことをやっていたんだなぁって。だから、他の何かをやらなくちゃと焦ったり、他の何かを我慢している気持ちが全然なかったのです。我が家は子どもの溜まり場で、他の子供たちの成長もいっぱい見ました。毎日、タクロウやほかの子たちのエピソードを夫に話すのが日課でしたっけ。(今でも^^)

 そんな風に、大好きな子育てを思いきり楽しめたのも、大きく見守って信頼してくれた夫のおかげだったな、毎日毎日楽しかったなと、待合室で何故か涙が出てきてしまって、一生懸命ごまかした私でした。

b0134673_20595681.jpg




今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-04-06 21:08 | 日常 | Comments(6)

「お外に行きた~い!」症候群が来る前に

 土曜の夕方、夫の講座が終わる頃出かけて行って、講座に出ていた方々と江戸川橋から神田川沿いの桜を観に行きました。桜の花のつき方が例年より少ないように思えました。と言っても、ここの桜を見に来たのは10年ぶり位かもしれません。なにせ花粉症なものだから・・・^^;

 都会の桜です。

b0134673_1013379.jpg

b0134673_102869.jpg


 その後、タクロウも呼び出してみんなで居酒屋さんへ行きました。



 
 ただ今、家にこもってやりたいことが色々あります。突然やってくる「お外に行きた~い!」症候群が来る前に、やりたいことをやっておこう・・・ってなんか変ですが、奴はいつやってくるかわからんのですよ。

 b0134673_1084465.jpg




b0134673_109622.jpg

 
 こんな材料がそろってますからね。ウズウズです。
ウズウズですが、イラストで遅れをとってしまっているので、次回までに下描きは仕上げておきたいところ。まずはイラストから・・・。

b0134673_10125058.jpg


 下描きの下描きができました。あとはトレースして細かいところも描き込みます。



 我が家の行きつけラーメン屋さん「竜鳳」のおじさんが、「ラー油」を手作りしました。

 「桃ラーって知ってる?みんな手に入らないっていうから作ったんだけど」
と、おじさん。「桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油」

 もともとそういう流行りものやブームは、知っていても飛びつかない私。スーパーの売り場にいつも「ただ今入荷待ち」の表示がでているのも、だいぶ前からブログ上でブームになっているのも知っていました。

 「うちのは防腐剤とか添加物とか全く入ってないから、日持ちはしないけどね。ニンニクを多めに入れてあるから食べ過ぎは注意だよ」

 150グラム350円で分けてくれるそう。次からはこの入れ物を持っていけば300円でいいのだそう。おじさんの手作りなら!と買ってきました。

b0134673_1033258.jpg


 夫もタクロウも色々なおかずにのせて楽しんでいます。


 さて、イラストの続きをやりま~す!



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!

 
[PR]

by housewife_life | 2010-04-05 10:40 | 日常 | Comments(0)