<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ハティフナット

 楽しみにしていた日がきました。

 とっても寒くて、晴れていたかと思うと急に暗くなったり、途中でみぞれも舞ったようです。私は連日のスケジュールに追われお疲れ気味でしたが、昨日はみえちゃんと素の自分のままのんびりと過ごせる癒しの日でした。

 「ハティフナット」という、素朴で可愛らしいお店に行きました。

 アメフト部の母たちと行く予定のとき参加できなかったので、やっと来ることができました。

 可愛い可愛い「ハティフナット」
入り口の扉の高さは130センチ。ここから身をかがめて中に入ったら、子供の気持ちに戻って楽しんでね、というコンセプト。

b0134673_1429070.jpg

b0134673_14292270.jpg

b0134673_14294079.jpg



 小さなおうちの中、一階が厨房で急な階段を上がるとテーブルがあります。
さらにこの梯子を上がると、屋根裏部屋に席があります。アメフト部母たちはこのはしごを必死で上がったそうで、想像して思わずおかしくなってしまいました。大騒ぎだったろうな・・・って^^


b0134673_1435115.jpg
b0134673_14352245.jpg





 私たちは、普通の席で緑を眺めながらのんびり。
メニューカバーも可愛いウールで手作り。

b0134673_14383129.jpg



b0134673_14385064.jpg



 ランチは「茄子とカレーのドリア」「玄米ときのこのクリームドリア」
 どちらも玄米で、ホワイトソースがとろとろであつあつ。森のレストランのメニューみたい。

b0134673_14422841.jpg



 デザートは「チーズケーキ」と「焼きチョコレート」
可愛い!二人とも紅茶党なので注文しませんでしたが、カフェラテが本当は可愛いのです。おリボンをつけたかわいい女の子の顔が描かれてくるのです。

b0134673_1445771.jpg



 残酷映像!?
中は美味しいベルギーチョコがたっぷり!

b0134673_14461260.jpg



 みえちゃんといると、いつも少女気分に戻ってしまう。可愛い雑貨屋さんをのぞいたり、のんびり一日を過ごしました。

 最後に飲んだ紅茶専門店のお茶、おいしかったね。有機栽培ベルガモットを使ったアールグレイ、香りが体中に沁み渡って、散策した疲れがフーッと飛んで幸せな気分になりました。早くもあのアールグレイ、また飲みたいなぁと、思うのでした。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-30 14:57 | 日常 | Comments(2)

ことり、窮地を脱して「フクナガ」に行くの巻

 濃い3日間から疲れも充分とれぬうちに、友人から色紙にイラストを描いて欲しいという依頼を受けました。

 タクロウが通っていた中学校の校長先生の退職の時に差し上げるとかで、急ぎの依頼でした。迷っていたのですが、その校長先生、女性で、テレビでおなじみの杉並区の藤原校長並みのやり手で人気者。私たちもお世話になったことだし、土曜の予定がなくなったからできるだろうとお引き受けしました。

 引き受けた後、土曜の予定が復活しました。土曜はアメフト部母たちと、例のパーラー「フクナガ」に行くのです。行きたいじゃぁないですか!でも、イラストが終わらなければ行けない・・・。窮地に立たされました! 

 引き受けた色紙に、いつものペンと透明水彩はきちんとのるのか?という不安があったので、下描きだけ済ませて、イラスト教室の先生に相談しようと持って行きました。

 「う~ん・・・。これがいい和紙だとすごく滲むと思う。そうしたら、ドウサ(滲まないように和紙に塗るもの)をかけましょう。ちょっとやってみて、滲んだら私が応急処置をしてあげるから、ことりさん、今日は作品の続きは止めてこれやりましょう。必要なら、ドウサも世界堂で買ってきましょう」
と、先生。

 ありがたや~!教室とは関係ないことなのに面倒みてくれるなんて!世界堂もすぐそばにあるし、ここでやれたらすごい時間稼ぎになります。

 結局、色紙はどうやら安ものらしく、画用紙のような質で、問題なく描けることが判明。自分の作品はできなかったけれど、依頼されたほうのは半分位教室でできました。

 そして、何とか頑張ってぎりぎりで色紙を依頼主に渡し、めでたく「フクナガ」に行くことができました。


 ジャ~ン!


 ただ今「フクナガ」苺フェア! 

「フクナガ」の王道のパフェ。今日は季節の「苺パフェ」

b0134673_17405253.jpg

 
 苺ヨーグルトとイチゴショートケーキ(ガラスのカップ入り)

b0134673_17394935.jpg



b0134673_17412617.jpg


 真ん中の一個はあまおう。切ってあるのは栃乙女。さすが果物屋さんのパーラー。とってもいい苺で美味しい!


 この後は、四谷、市ヶ谷から神楽坂にちょっと寄り道して、飯田橋まで歩きました。残念ながらお堀沿いの桜は3分咲きくらいでした。そして「カナルカフェ」で、こちらはまだ2分咲きの桜を見ながらお茶・・・というところで私は帰宅。なんでって?花粉症の私、オープンカフェはこの時期お預けだから><

 ざんね~ん!!


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-27 18:03 | 日常 | Comments(4)

濃い数日間 「SMILEリーダー養成」

 濃い日々を過ごしていました。よって、ただいまヨレヨレです・・・^^;
が、今日お彼岸ラストの日は午後から、からだに鞭打って、父と姉のお参りに行ってまいります。今週はやること満載ですが、がんびゃりゅりょ~~ぉ~ぉ。

 さてさて何が濃かったか・・・。



20日から22日までの連休は、朝から晩までアドラー心理学の勉強に明け暮れた3日間でした。今回参加したのは「SMILEリーダー養成講座」。

 またまた他の講座でご一緒した同級生がいてくれて、ほっと、嬉しくなりました。今回は全員がそれぞれリーダーになって講座を進める勉強だったので、過去の復習、予習、本番と大変でした。でも実際には失敗から課題がたくさん見えて、とても有意義な経験になりました。良いことも悪いことも、こんなに愛情をこめたフィーバックをしたのも、されたのも初めてかもしれません。フィードバックされたことはもちろん、したことが自分にも大きな役にたっていることに驚いています。そんなわけで、他の方の姿からも本当にたくさんのことを学ばせていただきました。それぞれ見事に個性(愛すべき)の違うメンバーで、それぞれに魅力的なリーダーになる!と確信しています。

 予想以上に大変で、終わるやいなや、頭痛が始まり体調を崩していますが、私はとても充実感を感じています。みんなに感謝でいっぱいです。

 講座では忌憚のない指導をしてくれた上に、3日間(いや、今も続いている?)家事免除で外食に連れて行ってくれた夫には頭があがりません!ハイ。22日は帰るなり頭痛の私に変って風呂掃除でしたね。ありがとうございました!


 体調を崩してしまったものの23日はまたまた、「西本智実指揮 東京交響楽団 さらなる新世界」のチケットを買ってあったので、夕方まで寝てなんとか行くことができました。

b0134673_1042717.jpg



  スメタナ      わが祖国よりモルダウ 
  シューマン     ビアノ協奏曲イ短調作品54   ピアノ 實川風(じつかわ かおる)
  ドヴォルザーク  交響曲第9番ホ短調新世界より
  
  アンコール  ドヴォルザーク  スラブ舞曲


 いつもペルグリーノ博士の通訳をしてくれている埴原さんも、お友達とおっかけにきていました^^
私たち夫婦も一年のうちにこれで3回目の西本さんです。

 でも今日の注目は、ピアニストの實川くん!くんって、あなた・・・。

b0134673_10193241.jpg

 
 だって實川くんタクロウと同じ歳の若干二十歳のピアニストなのです。ステージ上の實川君はタクロウのいけてて、できる友達、という感じがしてしまうのでした。アンコールに少々戸惑ってコンサートマスターを見たりと初々しくて・・・。でも演奏は数々のコンクールを制覇してきた経歴にふさわしい素晴らしさで、今後の彼の活躍に注目です。


 
最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-24 10:24 | アドラー心理学 | Comments(4)

3月 ことり知的生活月間!?

 夫とある講演を聞きに行きました。夫とお出かけ嬉しいな^^

 という動機でしたが、とても面白くて勉強になりました。

 夫曰く、「現代日本の代表的知性」・・・上智大学名誉教授、渡部昇一氏
 
 氏は英文法が専門だそうですが、日本史、世界史、哲学、文化、どこからでもかかってこいの知性です。もう80歳なのにもかかわらず、1時間半立ったまま原稿なしで講演されました。話はよどみなく、ユーモアもあり、私は身を乗り出して聞きました。学ぶということは面白い、快感だ!と感じさせてくれました。

 夫が「現代日本の代表的知性」と称えるのももっともでした。



 内容の一部に天皇家のことがありました。
「第25代武烈天皇には、皇子も皇女もいなかった。皇嗣がいなくなる恐れがあった時、大伴金村が仲哀天皇の5世を探し出してお迎えしようとしたが逃げられてしまい、次に応仁天皇の5世を見つけ出して懇願し、ようやく継体天皇として即位していただけた。」
という話がありました。「歴代天皇事典」愛読?の私は事典で読んだその話が出て嬉しくなってしまいましたが、それより、「天皇家が男系でつながってきたことの、日本が日本として存在できるための重要性」をより深く理解しました。


 また、以前「尼門跡寺院展」に行って、なぜ皇女たちがこんなに門跡に入るのか、疑問に思っていたのですが、その謎も解けました。

 江戸時代、徳川家が800万石だったのに対し、皇室はたったの3万石だったのです。男子は皇嗣争いを避けるために、後継者以外は門跡に入っただけではなく、後継者以外を養っていくのは大変なことだったために男子のみならず、女子も門跡に入っていたのでした。



 前に知人が歴史には興味がないと言いました。同じ過ちばかり繰り返していて、空しくなると・・・。
私は、同じ過ちを繰り返さないために、歴史をもっと深く学ばなければいけないと思っています。そして、今回それをまた痛感しました。

 21歳だという青年の質問も読まれました。若い姿もちらほら見られ嬉しく思いました。今日の話はタクロウも関心を持っていることなので伝えたいと思いました。



 3月は「ひとり 角田光代研究」?・・・ほとんど中毒のように次々と読みふけっています。夫も「読書、楽しそうだねぇ」。
 20日からはまた3日間、アドラー心理学の講座に出ます。3月、ことり知的生活月間です^^


b0134673_2152252.jpg



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-18 21:51 | 日常 | Comments(0)

お気に入りのお店

 「昼食を食べてからサークルに行く」
とのことで、ろくなものを食べていなさそうなタクロウに急いで昼食をつくりました。
 牛肉とセロリとジャガイモ炒めに、かぶとブロッコリーのサラダとタクロウの好きなウーロン茶を淹れてと・・・

b0134673_216120.jpg





 午後は私もマスクをして (花粉症!><) お出かけ。

 布バッグにつける革ひもを買いに。
 一番お気に入りの生地屋さん。でも今日は、生地は買わない!見るだけ!

 
b0134673_21105344.jpg


 さまざまな生地を見て、ヴィンテージの生地なんかも見て、軽く発狂しそう。あぁ、見ているだけで幸せ!でも買ったらもっと幸せが待っているような気がする・・・。でも、買わない。今持ってる生地のを仕上げてから!

 葛藤が溢れ出ていますね^^;

 でも、ちゃんと我慢しました。次のお楽しみをとっておきましょう。



 買わなかったのに、お店の中に小一時間いた。心の栄養補給、できました。



 我慢を重ねて喉がカラカラです。これまたお気に入りのカフェに^^

b0134673_21295282.jpg


 月曜日の昼下がりはお店も空いていて、ほっとしました。

b0134673_21272953.jpg


今日はアールグレイではなく、濃い目のアッサムでミルクをつけて、苺のクラフティを頼みました。

b0134673_21205280.jpg


b0134673_21211883.jpg


b0134673_2122054.jpg



 日常の中の小さな旅みたい。楽しい数時間でした。

 夫は今日あたり、いただいた「マッコリ」を飲もうかなと言うだろう。お刺身を買って、水餃子と大根と新玉ねぎのサラダとポテトサラダを作ろうと、急いで帰りました。

 急いでいて夕飯の写真はなし^^;



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-03-15 21:41 | 日常 | Comments(4)

迷うところ、そして苦笑^^;

 去年の昨日は、タクロウに「マイナス0.5の奇跡」が起きた日でした。家族で思い出して改めて思い出し、心新たに感謝しました。



 ペルグリーノ博士のワークショップのテキストの翻訳を夫から依頼されました。

 来日は8月ですから、今回は随分早くから準備が始まります。時間がたっぷりあると思うと、かえって直前になって慌てるというのがよくあるパターン。

少しずつ早めに始めようとファイルからプリントアウト。すると、金欠タクロウが、
「金、まじやばいから翻訳やらせてもらおうかな・・・。17日までに放研関係のホームページを二つ作らなきゃだから、やる時間あるかな・・・」

 期限は先だから構わないけど、私の衰える一方の英語力は、翻訳をすることで少しは目を覚ます・・・のも事実。
「今回のはまた、面白いよ~」
と夫も言ってたからなぁ。迷うところ・・・。


b0134673_14242544.jpg

 

 
 木曜はイラストが一枚完成!パチパチ!

 次のイラストは手芸教室の中の一こま。それも二つのイメージがあって、どっちも描きたい。

 一つは大きなテーブルがある、よくありそうな手芸教室。楽しそうな明るい一こまに。

 もう一つは、ひっそりアンティークな感じの静かな、手芸教室というより手芸をするお部屋。おばあさんが手芸をしているのが似合いそうな素敵な感じのお部屋。

 どっちを描こうかな・・・。春めいてきたせいか、明るい絵が描きたいかな。迷うところ・・・。

b0134673_15115392.jpg

 

 迷ってばかりもいられない。昨日は迷わず、母と二人で携帯を機種変更しました。

 まずは母の携帯を色々設定して、使い方を特訓!?

 家に帰ってから、自分の携帯を離さず、中学生や高校生みたい・・と苦笑。
 散々いじくりまわしてもう疲れた!と投げ出し、本を持ってお風呂へ。


 角田光代さんの初期の「まどろむ夜のUFO」(角田さん26歳ぐらい?の時の作品)を読み、今は「庭の桜、隣の犬」(33歳ぐらい?)を読んでいます。(現在43歳)
角田さんのその時々、年齢の感性が素晴らしく出ているのを感じます。ここ数年の作品は凄い!けど・・アパート作家、フリーター作家と呼ばれた頃の角田さん、そう呼ばれる所以を感じつつやっぱりすごいなぁと離れられません。

 夢中で読んでたら
「こら、ことりいい加減にしなさい」
の夫の声。のぼせきって慌ててお風呂から出たことりでした。
毎日お風呂で読書していますけど、今回はよっぽど長かったみたい^^;
またまた、中学生や高校生みたい・・と苦笑。


b0134673_1440284.jpg

 
 

今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-03-14 15:23 | 日常 | Comments(4)

それは道端に、日常の中に。

 昨日はあんなに暖かかったのに、今日は冷たい雨。

 菜の花がきたのでお浸しにしようと思ったら、結構お花が咲いていました。菜の花の辛子和えも食べたいし・・・お花のところだけ切ってあとは辛子和えに。


 小さな菜の花が家のあちこちに春を咲かせてくれました。可愛らしい風景!


b0134673_13364476.jpg




b0134673_13375988.jpg

b0134673_13372473.jpg





 ヘルシー食材2品。アボカドとヤーコン芋です。


 アボカドは「パーラーフクナガ」の真似をして、ディップにしてオープンサンドに。新玉ねぎも来たので、みじん切りにしてディップに入れました。レモン汁とマヨネーズと胡椒を少々。美味しい!
b0134673_13435489.jpg



 ヤ―コン芋は見かけはサツマイモみたいですが、生で食べるんですよ。日本にヤ―コンが入ってきたのは1985年ごろだったそうで、その頃は分からないことが多く、みかけがサツマイモに似ているのでふかして食べたらおいしくなくて普及しなかったそうです。
b0134673_13494113.jpg


 ごしごし洗うと、白くなります。皮を剥いて薄切りにしてマヨネーズで和えます。
b0134673_13505931.jpg

 ほんのかすかにウドのような香り、シャキシャキした食感でほんのり甘く、リンゴにも似ていますが、食べたことのない味。さっぱりしていていくらでも食べられる感じです。

 このアンデスからやってきたヤ―コンは素晴らしいんです。

 お芋なのに低カロリー。世界一オリゴ糖を含む野菜。他の芋の1.5~2倍の食物繊維。赤ワイン並みのポリフェノール。カルシウム、マグネシウム、鉄、カリウム、亜鉛を多く含む。抗酸化作用は緑茶のカテキンをしのぐ!なので、糖尿病や高血圧に有効なんだそうです。


 素晴らしい!我が家は去年から、このヤ―コンの葉からつくったヤ―コン茶というのを飲んでいます。お茶にももちろん同様の効果があるそうです。

 

 

 雨の中おつかいに歩いていると、ふと私をひきとめる香りが。
「あっ・・・、これは!」
 辺りに忙しく目を走らせると、ありました、ありました、小さな沈丁花の木。
「もう、こんなに咲いたのね?」
思わず引き寄せられて、顔を近づけて何度も深呼吸をしました。心の奥深くまで沈丁花の香りが届くと、雨粒も輝いて見え、幸せな感じが内側から身体の外へあふれ出します。

 「ありがとう」

 沈丁花をパチリと写しました。香りも一緒にとれればいいのに。アップした写真から香りがたったら、みんな癒しの一時を味わえるのにな。


b0134673_14103632.jpg


b0134673_14105238.jpg



 あの雪に埋もれたヒヤシンスも甘い香りを放ちながら咲き始めました。


b0134673_1413576.jpg




b0134673_1413204.jpg

 

 こんな小さな花たちが、一生懸命幸せな一時を用意して、命を輝かせて道端で待っている。一人ぼっちで寂しい人にも、行き詰って苦しい人にも、花を買うお金のない人にも。それにあなたが気づくかどうか・・・。



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2010-03-06 14:29 | 日常 | Comments(2)

絵師の正体を見た・・・長谷川等伯

 母と国立博物館に「長谷川等伯」を観に行きました。

b0134673_1694563.jpg



 久しぶりの青空を気持ちよく仰ぎながら、博物館に向かって歩いていると、「ことりさ~ん」と聞き覚えのある柔らかな声。振り返るとそこにいたのは、3日前に会ったばかりの・・・
「おみっちゃ~ん!」
 でもその時はお互いに、今日等伯に行く話はしてませんでした。こんなに広いところで同じ時間にここに来たなんて、すご~い!と感激。母もびっくり。

 中に入り、美術館巡りの好きなおみっちゃんと別れ、音声ガイドを借りて いざ鑑賞。大きな特別展は、広い会場、たくさんの作品、その上混んでいるので要領よく観ないと、疲れ果ててしまいます。おみっちゃんも、目ぼしい作品へと走ったとか。

 私はマイペースな母を見失わないようにしつつ、「ここは遠くからさらっと行くよ!」、「ここのポイントはね、後に繋がるから覚えておいてね」と、手綱をひいたり緩めたりと、倍の労力を使いながらの鑑賞。素直な母は、「分かった!」と一生懸命応えての鑑賞。
母のために、等伯の人生をたどる順番で鑑賞し、最後にもう一度国宝「楓図壁貼付」と「松に秋草図屏風」に戻り、最後の最後に国宝「松林図屏風」に戻り、静かにゆっくりと眺めました。眺めても眺めても尽きない。

 人一人の一生にこれだけの絵を描き残す。どん欲なまでの向上心。雪舟や狩野派に学び、中国の牧谿の水墨画を学び、ついに狩野派を凌駕し時代の寵児となる。でも、26歳の息子を亡くす悲しみ、狩野派との壮絶な闘争も全て作品に吐きだされている。まさに、「絵師の正体を見た」のキャッチフレーズ通り。

 「松林図屏風」は、そんな壮絶な中から生まれた静けさ。濃淡だけで描き出された余白には、松の香りのたつ湿度を感じます。「参った・・」ついにここで人々はじっと動かずにこの屏風を眺めるのでした。

b0134673_16381791.jpg

 


 きりがないからとようやく外へ出ると、青空と陽射しに溢れていました。

 満開の梅

b0134673_16462754.jpg
b0134673_1646436.jpg

b0134673_16474589.jpg


 河津桜も満開
b0134673_16485636.jpg
b0134673_16491469.jpg


 上野公園を散歩して、昼食を食べた後は松坂屋で母の買い物にお付き合い。今頃おみっちゃんは、待ち合わせたご主人と動物園を楽しんでいるはず^^仲好ね^^



 私も帰りに夫と待ち合わせて、居酒屋さんへ^^
ここのお刺身は美味しかった!でも、二人でこのお刺身は多すぎたね^^;
b0134673_16533288.jpg


 驚き、感動がいっぱい詰まった濃い一日でした。あっ、最後にお母さん、等伯のタダ券ありがとう!!
(タダ!でしたっ^^;)


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-04 17:02 | 鑑賞 | Comments(4)

活字、活字、活字

 夕べは、タクロウの放研仲間が五人ばかり泊まりに来ていました。彼等の声と夜中につつくキムチ鍋の香りが夢の中まで入ってきて、少々寝不足気味です。タクロウも寝ないまま、バンドの朝練に出かけて行きました。

 それで静かになった家の中。私は昨日に引き続き夫の原稿チェックです。

b0134673_21314585.jpg


 いつの間にか書かれていた新しい本の原稿。ふんだんに入れられた文献。夫は毎日、数冊平行して日々たくさんの本を読みます。でも!

 毎日筋トレやステップアップ運動もするし、大量のメールチェックもするし、もちろん原稿書きは仕事の一部で他のたくさんの仕事をします。出張もあります。
 色々な人達とのお付きあいもあるし、テレビだって「ニュース」、「竜馬伝」、「不毛地帯」と「TVタックル」は見ます。

 買い物も一緒に行ったりするし、外食も連れて行ってくれる。家事も手伝ってくれるし、私とお互いにマッサージをするし、私とアホなふざけっこも朝に夕にしております。

 そんな中、今回はいったい、いつの間に書き上げたのか知りませんでした。

 夫の行動力に惚れ惚れしながら^^、原稿の内容の素晴らしさと面白さに、チェックにも熱が入ります。

 専門的な本なので少々難しいところもありますが、面白くてどんどん読みたい気持ちを押さえて、赤ペン片手に誤植がないか確かめながら、寝不足も忘れて読みました。


 あともう少しという頃、夫がたい焼きを買って早めの帰宅。お茶を入れて休憩です。私は、桜あんの入った白たい焼きをいただきました。

b0134673_2105997.jpg


 たい焼きで体力を盛り返し?!ついに終了。

 「勇気づけのリーダーシップ」(仮題)学事出版から私の誕生日の4月1日出版です。




 せっかく買ってきた角田光代様の「夜をゆく飛行機」。原稿チェックをしたあとでも、読みたくてウズウズ。角田様一頁読めば、もう逃れられません。


 そして、こうしてPCに文字を打ち込み、新聞も隅々まで読む。


 活字、活字、活字。活字は楽しい。素晴らしい。




 そうそう、明日はお雛様。我家に雛飾りがないので、我家のホームドクター新井先生の診療所の立ち雛をパチリ。30センチ近くもある立派な人形です。

b0134673_2124965.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-02 21:10 | | Comments(6)