「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日はちょっと長くなります  オルコット、ヘッセは私の教科書

 山本有三  

 学生の頃に大好きな作家の一人で、「路傍の石」「真実一路」「女の一生」「生きとし生ける者」「風」「波」を、むさぼるように読みました。今となってはストーリーは覚えていませんが、山本有三が描く、真実を求めてたくましく生きる人々に強く惹かれた感動だけははっきりと覚えています。

 山本有三の人と柄について知ることもないまま私の中で美化され、作者も物語に出てくるような人に違いないと思っていました。

 ところが先日、山本有三が新聞にとりあげられていて、それによると、彼の小説は先生が子供たちに教訓を垂れるような、説教くささがある言われることがよくあったとありました。調べたところ、山本有三は政治にも通じていて、何か運動を起こすとなかなか情熱的に活躍していたようです。漱石の門下生の久米正雄という人と仲が悪く、久米が漱石の娘をもう一人の門下生と取り合った時は、久米を中傷する怪文書を漱石に送りつけたりしたそうで、えっ~!ですね。

 私が想像していたような、ピュアで悲しくて、静かででも強い心を持って人生を見つめていた人とはちょっと違ったみたいです。それが、人間の面白いところです。現実の生と、小説に描いた生、どちらもその人には違いありません。山本有三の作品、今読んだら説教くさいと感じるかちょっぴり興味があります。


 同じ時期に、私が人生の教科書のように大切にしていた本があります。
 オルコットとヘルマン・ヘッセです。

b0134673_13561816.jpg
 
 オルコット
「昔気質の一少女」「八人のいとこ」「花物語」「花ざかりのローズ」 

 タイトルだけ見ると何と少女趣味な!と思われるかもしれませんね。女性がまだコルセットを巻いて、スカートの下にはパニアを履いていた時代、1850年前後に書かれた小説です。

 その時代においてオルコットは、少女の心身の健全さと、良心を小説の中で説いていました。コルセットで腰を縛り、着ている物で評価されたいと思うことの不健全さや、並んだ虫ピンのように少女たちが流行におぼれることの愚かさとか、また健康的な本を読むこと、気品ある態度によってこそ人に感銘をあたえられるのだとか、が書かれているのです。

 それは「赤毛のアン」より私をとりこにしました。

 今でもよく思い出すのは
「『八人のいとこ』の主人公ローズが、医者である叔父に犠牲について熱心に尋ねるところです。
『犠牲的行為をした人たちはとっても愛されて、尊敬されるのね?そうでしょう?』
『もしその犠牲的行為がほんとうのものならね。だが、一番勇敢な犠牲的行為の大部分は、人に知られずもせず、ほめられもしないものだよ。それだからと言って、その行為の美しさを損ねはしないのだ。もっとも、その人たちにとってはおそらくずっと辛いだろうがね。 何故かというと、私たちはみんな同情して貰いたいものだからね』」

というところです。
そんな本当の犠牲的行為ができるような人になりたいとその時切に願い、大人になって少しは色々な経験をするにつけ、このことの難しさ、深さを思い知らされているのです。それで、今でもいつもいつも思い出すのです。

茶色くなった本をめくっていくと、ところどこにアンダーラインが引いてあります。

  ローズのいとこの少年が親との関係が良くないことについてのくだりで、
「父親たちや、母親たちは事業や家政にあまりにも関心を奪われていて、自分の子供たちを観察せず、子供たちにとって一番の守護となり、一番鋭い力となる美しい自然の信頼を育もうとしない。そのために若い心には悩みや誘惑が潜むようになる。 ―略― 同情、助け、赦しを得られる、すべての事を父なり母なりに自由に話せる少年少女たちは何と幸福なことか。又、自分自身の経験から、子供たちの責任ある魂を教え、高めることのできる両親たちはその倍も幸福である」
というところにアンダーラインが引いてありました。

 この頃から、子供の教育に関心があったんだなぁと、過去の幼い自分に微笑んでしまいました。私は今、その幸せな親になっていますよ、と。

 オルコットは少女時代の私の教科書。少女たちの時代と流行のはざまで苦しくなる時、いつも自分らしくありなさいと勇気づけてくれる本でした。



 その後、私に大きなショックを与えたのがヘッセの「知と愛」です。


 ヘッセの「車輪の下」「春の嵐」「デミアン」「幸福論」、それから特に「シッタールダ」は何度も読みましたが、やはり何と言っても「知と愛」です。

 「修道院で暮らす、純粋でどこまでも良心に沿って苦しみながらも自らを律して生きる優等生のナルチスと修道院を脱走して、強盗、強姦、にまで手を染めながらもどこまでも生の人間として生き、修道院に戻ってくるゴルトムント。精神を選んだナルチス、知を断念して愛をえらんだゴルトムント。修道院に戻ってきたゴルトムントは臨終の際に人間愛を知っていた。ナルチスは誰にでも公正ではあったけれどついぞ人を愛したことがなかった。ゴルトムントはナルチスより神に近いところにいた。」 

 清く正しくありたい少女は、観念だけではだめなんだ。社会でいろんなことを経験し、傷つくことも恐れず、汚れることさえ物ともしない人こそ、本当の愛や、悲しみや、慈しみを知ることができるんだと感じ、自分はナルチスで、ゴルトムントからはほど遠いところにいると大きなショックを受けたことを覚えています。

 考えてみると私は、男性は観念で生きる繊細過ぎる人より、転んでも立ち上がり、恐れずチャレンジする人間味あふれるたくましい人が好きです。
 
 今は、ゴルトムントの良さもナルチスの良さも理解して生きたいと思います。私はどっぷりゴルトムントにはなれないけれど、ナルチスにしかない良さも生かすことができる。そう思って。

 
b0134673_14362751.jpg


そして「少女パレアナ」エレナ・ポーター著

 これは数年前に新しく買った文庫ですが、私はたしか「ポリアンナ」というタイトルで読んだ記憶があります。

 「パレアナは孤児であるにもかかわらず、「何でも喜ぶ」ゲームで頑なな人の心を溶かし、それがやがて町全体に広がっていくという1900年初め頃に書かれたお話です」

 どれも少女時代に読んだ本なのに、今も私の基盤になっているように思う、まさに私の教科書のような本たち。これらの本が私に選ばれたところに、私のライフスタイルが見えて面白いです。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
 
[PR]

by housewife_life | 2009-10-30 15:02 | | Comments(2)

ラファエル様とことりお気に入りの服

 翻訳が終わりました^^

 今日は昨日とはうって変わって高く澄んだ青空が広がっています。昨日と同じ様に着ていたカーデガン、いつの間にか椅子の背に。

 午前中はイラストの下描きをしました。本番の紙に下描きの下描きを移したので、今度は仕上がり通りに細部まで細かい下描きをします。

b0134673_21585861.jpg
b0134673_220944.jpg


 私が使っている紙はラファエルの極細目の厚い方です。ペンで描くので、滑らかに描けるように極細目で、透明水彩絵の具で色をつけるので厚い方なのです。水張りしなくても、紙が歪まずに描けます。

 A4サイズ以下の大きさの時は、ラファエルのこのブロックになっているのを使っています。

b0134673_2215543.jpg
b0134673_222134.jpg



 紙がぴったりくっついていて、水張りしてあるような状態で描けます。周りが黒いのは、これでぴったりくっつけているから。描き終わったら、白いところから、カッターナイフを入れて一枚だけグルリとはがします。

 高いんだなぁ…ラファエルの紙…。でもラファエルの紙のおかげで未熟さがカバーされています。紙と筆は、下手な人ほど重要ですから、ラファエル様様です。


 午後のお茶は、暖かい烏龍茶。お茶で一息つきながらいたずら描き。

 ずいぶん若くて可愛いことりです。苦情は受け付けません。エヘヘ。

b0134673_223863.jpg

 今日は「ことりお気に入りのお洋服」でした。



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-10-27 22:09 | イラスト | Comments(10)

柊の花の香りとままごとで気分転換

 午前中は家事をしてカーブスに行き、午後は翻訳を頑張っています。

b0134673_1854577.jpg


 そんな時、少し開けた窓から肩越しに、かすかに甘い香りがしてきました。沈丁花に似た甘い香りです。
思わず覗いてみると、我が家の庭の端っこに植えられた柊の木に、いつの間にか白い花が咲き、そこから甘い香りが漂っていました。

 つい根を詰め過ぎていたので、窓からサンダルを履いて外へでました。傍に寄ってみると形も沈丁花に似た、でも純白の花が咲いていました。

b0134673_18595837.jpg

b0134673_1911780.jpg
b0134673_1913292.jpg


 
花をくんくん、大きく深呼吸をして伸びをして、素敵な気分転換になりました。柊さん、ありがとう^^



  
 先日も夫は出張、タクロウは大学の創立記念日の休みを利用して友達と奥多摩にハイキング。この間は高校時代の親友たちと高尾山登山。でも学校が始まると、学園祭を控えて多忙を極める毎日です。夫もとても忙しい日々。

 朝から晩まで、私は一人でPCに向かって翻訳がはかどりました。

 今日も一人ぼっちの夕飯だけど、気分転換に簡単調理の野菜いっぱい食卓を用意しました。今日はらでぃっしゅぼーやが来た日だったので、新鮮な野菜がいっぱいです。

 いただいたキタアカリは茹でて、バターを溶かして塩コショウ。緑の濃いブロッコリーといただきましょう。
b0134673_19113532.jpg
b0134673_1912434.jpg


 レタスとパプリカをオリーブオイルでたっぷり炒めても、出来上がるとこれだけになちゃいます。

b0134673_19155158.jpg
b0134673_1916614.jpg


 母が旅行先からワカメをたくさん買ってきてくれたので、わかめと冷蔵庫に残っていた竹輪の炒め煮も作りました。
b0134673_19172953.jpg


 サツマイモ、人参、牛蒡、大根、シイタケ、玉ねぎ、小松菜、油揚げで野菜たっぷり味噌汁を作って出来上がり!
b0134673_19305377.jpg


b0134673_19311436.jpg

 並べてみると、これで一人はやっぱり寂しい。喜んでくれる誰かと食べるのがいいですね。でも、またまたよい気分転換になりました。まさに、ままごと気分のお料理タイムでした。

 
今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-10-23 19:36 | 日常 | Comments(6)

恒例の翻訳の時期がきました

 毎年、カナダからアドラー心理学を教えにペルグリーノ博士がやって来ます。また来日の日が近づいてきました。講義用のテキストの準備を始める時が来ました。

 私も博士から送られてきたテキストの一部を、今年も訳させていただきます。

 今年は、博士ご高齢のため、10年来の来日が最後になるかもしれません。思い出があり過ぎて、考えただけで胸が詰まります。夫はもっともっとです。

 今はそのことは考えず、一生懸命翻訳をしたいと思います。



 このところ時間の隙間を使ってお裁縫を楽しんでいましたが、完成を待たずにお休みです。翻訳のめどがつくまでは、翻訳を最優先しようと思います。



 裁縫はここでお休み。襟ぐりの始末と袖つけが残っているけれど...翻訳頑張ります。

b0134673_20115562.jpg
b0134673_20121681.jpg



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな

 
[PR]

by housewife_life | 2009-10-19 20:18 | アドラー心理学 | Comments(6)

フルーツパーラー「フクナガ」 魅惑の葡萄パフェ

 ついに行っちゃいました!「フルーツパーラー フクナガ」 
 四谷三丁目にある、昔ながらの果物屋さんの2階が、昭和の香りあふれるパーラーです。
                  ね、素朴なお店の外観でしょう?
b0134673_20253661.jpg


 アメフト部の仲間(母)が見つけてきたこのお店、フルーツパフェが魅力的で早く行きたくて行きたくて、バイトの後午後3時に四谷三丁目に集合して行ってきました!今日来られたのは5人。

 まずは、「フルーツサンド」、一人は「アボカドサンド」を注文。私ともう一人は昼抜きだったのでここの名物「アボカドのチーズトースト」も頼んで、半分こに。

 b0134673_2032199.jpg
b0134673_20332673.jpg

b0134673_20335424.jpg

 「フルーツサンド」には、バナナ、柿、洋梨、葡萄、ネクタリン、キウイ、生クリームが。食べやすいようにフルーツをカットしてあって、生クリームは控えめなのではみ出すこともなくいただけます。
 アボカドの方は、本当は「アボカドのディップトースト」が食べたかったのですが、きょうは終わってしまっていたので、こちらのトーストに。でも塩と胡椒だけの味付けで、アボカドとチーズが溶けあってとっても美味しかった。

 さて、一落ち着きしたところで、いよいよ本命のパフェです。サンドイッチでウォーミングアップして別腹の準備も万端!

 今日は季節のパフェ狙いで「葡萄のパフェ」です。珍しいでしょう?

b0134673_20412479.jpg

b0134673_20415953.jpg
b0134673_20422188.jpg


 巨砲、ピオーネ、甲斐路、アレキサンドリア、えっと緑のはなんだったけ...忘れちゃった^^;
そして、中はアイスクリームと、砂糖を使っていないとかの葡萄のシャーベット、葡萄がたっぷり入っています。まさに、果物屋さんのパフェです。余計なものは一切入っていません。高級感のあるお味!美味しかったです!

 こうなったら、季節のパフェを片っ端から制覇したいと5人で興奮!満足で新宿までおしゃべりをしながら歩きました。「また行こう!」


 
 朝、あまりにサークルが忙しくて外食続きのタクロウが、「金がやばい」と嘆いていました。
今日は、早朝からサークル→授業→昼食→授業→夕方デート→夜また学校に戻ってサークル、と聞いていたので、新宿からメールしてみると、
「新宿で夕飯ご一緒願えませんか?」
ちょうど、新宿で彼女を見送ったところだったのです。運のいいヤツだ。

 しょうがない、貧乏学生に夕飯をご馳走してやるか。正直私はまだ全然お腹が空いていない。私のパスタもタクロウが半分以上食べました。満足した学生は、連日の寝不足に耐えながらまたサークルに行きました。
明日は、高校の友達と高尾山に登ると行っていたけど...。
 


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-10-17 21:09 | 日常 | Comments(4)

究極のごっこ遊び!?

 昨日は夫が出張でいなかったので、朝起きてから猛烈に働きました!
「どうしようかな?」
と考えると
「今度にしようかな?」
と思ってしまうので、考えずに次々とこなしました。午前中でヘトヘト。

 でも!働いたお陰で昼食が美味しかった。20分の昼寝で体力復活!

 午後はカーブスに行った以外は、ひたすらイラストの下描きを。無心で没頭して、下描きの下描きができました。

 ラフな下描きでは棒人間だった人に、動きや洋服や表情を入れたり、風景にも細かい描写を描き込んでいくと、どんどん絵に温かみが出てきて、生き生きしてきます。

 この過程が好きです。

 この子と女の子は顔を見合わせて笑っていて、こんな洋服を着ていて、この町はこんな感じで、と私は画用紙の上でお人形遊びをしているかのようです。これって究極のごっこ遊びだったりして!?

 でも、「こんな感じ」がうまく出せなくて考え込んでしまうことも。見かけはよく描けている時でも、
「違うなぁ、こんな町じゃないんだよなぁ。ホントにある町なんかじゃなくていいの。もっと、なんていうか、こう暖かい素朴な感じ...」
と、目を閉じて思い浮かべます。


 いつも妄想トレーニングをしていないとね^^

b0134673_1144423.jpg
b0134673_1131663.jpg


今度はトレッシングペーパーで本番用の紙に写しとります。そしてまたもっともっと細かく描き込んで下描きを完成させるのです。




 さて、夜はまたまたサッカーの代表戦。夫もタクロウもいないので夕飯前にお風呂に入ってスタンバイ。
VSトーゴで岡崎ハットトリック!5対0で快勝!


あっという間に過ぎた一日でしたが、充実感いっぱいでした。


 北海道の知人からジヤガイモとカボチャをいただきました。ジャガイモは男爵とキタアカリ。キタアカリはねっとりしていて、サラダやコロッケに適しているそう。まずはポテトサラダを作りました。本当にねっとりしていて美味しかったです。

b0134673_1174476.jpg
b0134673_1175993.jpg

b0134673_1181854.jpg


美味しい秋の到来です。


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-10-15 11:15 | イラスト | Comments(2)

4つのありがとう ^^

 サッカー日本代表のスコットランド戦が終わりました。
2:0で勝ちました!一点はあちらのオウンゴールだったので、最後に本田が決めてくれて、やっとすっきり^^
代表選のある日は、ホント幸せです。
選手の皆さまありがとう!



 昨日は一日ミシンかけにいそしみました。
お給料を貯めて自分で買って以来、二十年以上も愛用している私のミシンです。

b0134673_2145376.jpg
 
 工業用ミシンで、ボビンケースなども家庭用とは違います。直線縫いしかできないので、時々ジグザグミシンが欲しいなぁ...と思うけれど、ミシン屋さんも
「良いミシンお持ちですねぇ」
と感心する良いミシンなので、大事に使っています。
どんな生地でも(私はできないけれど、ベルベットとかシフォンみたいな生地も)きれいに縫えます。
私のミシン、一度も故障もせずにありがとう!



 「今日は夕飯食います」
というタクロウからのメール。

 牛しゃぶサラダ(胡麻ドレッシングをかけて)と黒米ご飯と米茄子の田楽を作りました。
「うっまい!おぉ、茄子もめちゃくちゃうめぇ!」
と、御上手なタクロウ。作り甲斐がありますね^^
おだててくれてありがとう!

b0134673_21522749.jpg
b0134673_21524834.jpg




 そして今日はバイトの後、足りなくなってしまったミシン糸を買って家に帰ると、在宅勤務だった夫がカレーを作っておいてくれました!
                   
                     夫が作ったチキンカレーです。
b0134673_21592763.jpg


 リンゴを入れたり、野菜も細かく切ってたっぷり入れてあるので、初めはちょっとうすいかな?と思いましたがまろやかでとっても美味しかったです。リンゴの酸味が遠くで感じられて、それが気に入りました。

 忙しい仕事があったのに!私は疲れて帰ってきても夕方ゆっくりできて(紅茶までいれていただきまして...^^;)代表戦の前にお風呂まで入れちゃって幸せでした。

 代表戦を見ながら、
「入れろよ~!」とか、
「いいね、いいね!今のだよ、今の!」
とか、ガラの悪いことりではありましたが、夫にマッサージでお礼をさせていただきました。

 夫よ、いつも、今日も、ありがとう!!



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-10-10 22:22 | 日常 | Comments(4)

台風のあとに風が運んできたもの...

 台風、皆さんは大丈夫でしたか?

 かこさんたちのところは今頃通り過ぎているでしょうか。リンゴも無事でありますように!!


 東京は風は強かったものの、お昼前から青空が広がって強い日差しが差していました。

 今日はイラスト教室でしたが、地上の電車はほとんど止まってしまっていたのでお休みしました。私は、地下鉄を乗り継げば、遠回りしてもたどり着けましたが、先生や教室の人たちのことを考えてみると、何とかたどり着けるのは私ともう一人しかいないはず。そんなわけで、家で作業をしました。

 午後になると、風もだいぶ弱まってきたのでカーブスに行くことに。強い日差しが差しています。
一歩玄関を出ると、
「あっ!」
風にのって良い香りが...。

 金木犀です!

 このところの長雨で、金木犀に蕾がついていたのに気付きませんでした。まだ蕾だったので、台風の風にも吹き飛ばされなかったのね。良かった。

 我が家の金木犀はとても小さくて細いけれど、近所の庭には金木犀の大木がそこかしこにあります。それで町が金木犀の香りに包まれています。

 今も部屋の窓から風にのって、金木犀の香りが私を癒してくれています^^

 台風が去ったあと、金木犀がすぐに穏やかな空気を運んで来てくれました。

b0134673_17291459.jpg
b0134673_17292927.jpg



 季節が変わる時って、来る季節に合わせて色々作りたくなります。一つずつ作って行くしかありません。

b0134673_17331668.jpg


 その時間を楽しんで...。


 
 そうだ!試験めでたく合格しました!良い点で合格できて嬉しかった~。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-10-08 17:39 | 日常 | Comments(2)

ことり、開放感に浸る

 一週間のご無沙汰でした!(古っ!)
 
 急いでブログをアップするぞ!

 はい、急いでいます。


 昨日は「アドラー心理学カウンセラー養成講座」の試験でした。

 問題を作っているのは夫ですが、教えてもらうなんて不正はあり得ません!(きっぱり!)
 
 かと言って、「先生の奥さん不合格~?」は私は全然平気だけど、夫には申し訳ないし...。

 アイロンがけ?...試験が終わってから!
 えっ、またタクロウの友達が泊まりに来るって?掃除が...ええい、ありのままを見てくれぃ!
 入浴中の楽しい読書タイム...持ち込むのは教科書!
 イラスト描きたい...試験が終わってから!
 縫物したい...試験が終わってから!

 と、まぁ見えないところでは色々我慢してたわけです...見えないところでは...。

 土曜の試験前夜の講座の後の飲み会は出ましたが(これを欠席してまで勉強しようとは思えない楽しさだもん)、帰ってからの悪あがきははっきり言って無駄ではなかった!(憐れさを誘う醜さではあったが)

 合格点(80点以上)はとれているはず^^v


 講座の後夫はカウンセリングがあったので、私は家に帰ってからたっぷりたまったアイロンがけをかたずけました。

 今日はまたタクロウの放研の子たちが泊まっていて(この頃3日に一度くらいの割で誰かが泊まっています)
、朝起きたら彼らは夜中に巨大プリンを2つ作ったらしく、洗ってはありましたが洗いかごの中に道具がどっさり入っていてびっくり。冷蔵庫にケーキ型にわずかに残っていたプリンを味見すると!
「美味しい~!」

 私は今日からまた好きなことを思いきりしようと眼医者さんとカーブスとお使いを急いで済ませました。

 眼医者さんには、
「寝不足と疲れがでていますよ。睡眠と脂質を摂ってね」
と言われました。

 はいはい、でも好きなこと...。


 それで、ブログも大急ぎでアップして早く縫物をしたいのです。

 ブログは時間をとられちゃうからね^^;



 でもまたイラストも好きなこと(もちろんままごとを含みます^^)も、そしてアドラーの勉強もどれも頑張ります。

 勉強はやっとスタート地点に立てたところですから、コツコツ積み重ねていこうと思います。講座で一緒になった、目標を持った仲間たちからもらった勇気を支えに。



b0134673_14575811.jpg

 では、これからお裁縫を始めます。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-10-05 15:02 | 日常 | Comments(6)