<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

サッカー、アメフト、大学野球

 先日夫と、神宮に大学野球を見に行ってきました。

 若いエネルギーがうずまいていて、楽しかった~!

 子どもの頃、がよく巨人戦に連れて行ってくれました。母も姉も野球には興味がなく、私だけが選手の名前を覚え、喜んで父と野球を見ていました。学校から帰ってくると、「行っちゃおうか?」と父が「ナイターに行ってきます」とテーブルに書置きして、私はそれが秘密めいていて嬉しくて父と腕を組んで出かけたものです。二人だけの懐かしい思い出…。

 幼稚園に勤めると、同僚たちが巨人ファン。幼稚園は朝は早いが帰りも早いので、仕事が終わるとダッシュで後楽園や神宮球場に走りました。とっても楽しい思い出…。同僚が「たつのり~!」と絶叫していたあのタツノリは今やWBC日本代表の監督です。

 結婚したらやっぱりも巨人ファン。タクロウを実家に預けナイターに行ったものです。神宮球場で野村監督が歩いていると知るや夫は少年のように追いかけて行ってしまいました。彼は野球少年でしたからね。タクロウが小学生になると一緒に後楽園に行くようになりました。イチロウや清原、松井もネット裏から真近に見ました。

 でも…やがて私はサッカーにはまります。まさしくはまりました。サカキチ?
Jリーグ、日本代表のことならなんでも聞いて!というぐらいよくお勉強、研究に励みました。好きこそものの上手なれ…放っといたって勉強しますよぉ。その姿は実に幸せそうだったらしく、夫は「サッカーがあってよかったねぇ。ことりは幸せそうだねぇ」としみじみと言ったものです。ワールドカップのときは、家事が手につかなくても、ワールドカップに免じて許してくれました。

 やがてタクロウもサッカーチームに入り、私はJリーグ、日本代表に加えてタクロウの応援と充実したサッカー人生を味わうのでした。

 しかし、タクロウが高校に入り、予想だにしなかったアメリカンフットボールを始めると、不名誉なことにサカキチは完全に返上しなければなるまい、ただの普通のサッカーファンになりさがり、アメフトの応援に青春を再び見出したのです。タクロウが3年の秋で引退後は、可愛い後輩達の応援に通っているものの、タクロウの姿がないそこは寂しさが否めません。

 そして、今回久しぶりにと野球場に復帰した私。学生諸君のエネルギー溢れる応援と、懐かしいダイヤモンドに魅了されました。夫と並んで仲良く観戦できるのも、タクロウの子育てが終わったあとのご褒美、やっと戻ってきた楽しみに感じられました。選手の名前も覚え(サッカーでもアメフトでも、自分でも驚くほど背番号と名前を覚えるのが早い…他のことは覚えられないのに…)しばらく大学野球を楽しめそうです。



 パソコンを買い換えることになりました。
それで、設定などのため更新が遅れてしまうかもしれません。
もし、更新がなくてもご心配なさいませんように…^^


b0134673_1835118.jpg

                    うの花が満開です


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな 
[PR]

by housewife_life | 2009-04-29 18:37 | 日常 | Comments(2)

ごちそう様、ありがとう

 学食のバイト、3回目に行ってきました。
少し慣れて、子どもたちの顔を見る余裕が出てきました。

 食器をさげる子ども達と対面しながら食器を洗ったのですが、「ごちそう様」と言う子が少なくてびっくりしました。タクロウは家族にも、ラーメンやさんでも、タクシーの運転手さんにも、誰にでも大きな声で、「ごちそう様」とか「ありがとうございました」と言います。私の生活の中では当然のことでした。

 ここは2桁の東大合格を誇る学校。でも、ほとんどの子が黙って食器を返却して行ってしまいます。そんな中で、ごちそう様と言ってくれる子がいると、本当に嬉しくなります。食器は、軽くゆすいでから返却するのですが、ごちそう様を言う子は、すすぎも丁寧です。
ごちそう様を言える子は、感謝を感じるセンスが育っているのでしょう。

 うちの様子が垣間見られるようです。

 一人の中学生は、ラーメンのゆでたまごもチャーシューも残したものをお盆ごと私の目の前においていこうとしました。初めての学食体験だったようなので、残飯は捨てること、食器はゆすぐことを伝えると、おもむろにラーメンのつゆの中に手をつっこんでゆでたまごを掴もうとしました。つっこんだものの、あわてて手を引き上げると苦々しい顔をして濡れた手を振っています。
 私も予想外の行動に目が点になってしまいました。ゆでたまごを捨てるとまた、どんぶりをゆすがずに行ってしまいそうになります。、ひとうひとつどうしたらよいか優しく教え、なんとか返却にこぎつけました。 

 ゆでたまごを取るにも例えば、何故、箸や蓮華を使わないのかしらとか、何故周りの人を見ないのか、友達に聞かないのかしら、私にわかるまで聞いてもいいわけだし…。勝手な想像ですが、家では全部お母さんがやってしまうのかなぁと思ってしまいました。その子は恥ずかしい思いをしたことでしょう。
私は、全部終わったとき、心をこめてありがとうございました、と言いました。

 ごちそう様を言う子にも、言わない子にも「ありがとうございました」を心こめて言いました。

 私が幼稚園に勤めていた時、入園式の日から子ども達に「ありがとう」をたくさん言いました。同じくらいたくさん「どういたしまして」も心をこめて言いました。たくろうが生まれてからも同じです。「ありがとう」をたくさん言われたら誰だって「ありがとう」をたくさん言いたくなります。

 
 片付けも終盤になった頃、一人の中学生(一年生)が緊張した面持ちでやってきました。そして「醤油ラーメンおいしかったです」と緊張したまま言いました。

 私の心にパーッと明るくて暖かいものが広がりました。
「美味しかった?!ありがとうございます!嬉しいわー!」
もう一人のバイトさんも
「ありがとう!また食べに来てね!」
その子は耳を赤くして目をふせたまま
「はい。また来られたらきます」
と律儀に応えて帰っていきました。

 「嬉しいね!可愛いね!疲れが吹き飛んじゃうね!」

 初めて食べた学食のラーメンが彼にはとっても美味しく感じたのでしょう。けれどそれを伝えるには勇気がいったことでしょう。それでも伝えるというのはすごいことです。
彼は純粋に美味しかったことを伝えたつもりだっただけでしょうが、私たちはとても幸せな気持ちを味わいました。疲れも忘れるひと時でした。私たちを勇気づける素晴らしい一言でした。


 こんな一言を言える勇気を持った子に育てた家庭は暖かい家庭なんだろうなぁとまたまた想像してしまいました。

 私も、ますます一人ひとりの子どもたちに「お待ちどう様」「ありがとうございました」と心を込めて言おうと決意を固くしたのでした。



 人に貢献するって、こんな一言でもできるのですね。彼本人は気づいていないでしょうけれど、私たちを勇気づけるという貢献をしたのですね。

b0134673_2323091.jpg
b0134673_2323620.jpg



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-04-25 23:07 | 日常 | Comments(8)

美味しい食材 みなさんありがとうございます

 このところお出掛けが続いていたので、今日は一日のんびり…。といかないのが現実。お出掛けが続ば、掃除がたまる…。

 掃除が終わったところに荷物が届きました。義姉さん夫婦の家庭菜園でできた「新玉葱」です。毎年送ってくれる季節の便り。
b0134673_16421428.jpg
 
 こんなにたくさん!ただ、今年はいつものトマトがうまくできなかったとかで新玉葱だけでした。トマトはとっても甘くてとっても美味しくて、毎年楽しみにしているだけに残念!

 早速友達に新玉葱をお裾分けしたら、友達は「蕗」をたくさんいただいたからとお裾分けしてくれました。
b0134673_16435827.jpg

あれこれメニューが浮かんで、何を作ろうかワクワク。友達もよくまめに手をかけて料理を作る人なのでワクワクしていました。
私達って幸せです。

 タクロウは早昼食を食べてから学校です。いただいたきのこで作っておいた「塩きのこ」でタクロウ大好物の「クリームきのこパスタ」を作りました。
きのこがプリプリで、美味しかった~!
b0134673_17141679.jpg

 蕗の下処理も、たくさんなので時間がかかりましたが、ウキウキと皮剥きです。夕食はいただき物のおかげでヘルシーで豊かな食卓になりました。

新玉葱とカニカマのぽん酢サラダ          三つ葉のお浸し

b0134673_16534575.jpg
b0134673_16511586.jpg

          蕗とじゃが芋と新玉葱の肉じゃが風(肉なしです) 
b0134673_16572339.jpg

          真鱈の蒸し物(ワカメ、なが葱、生姜のあんかけ)
b0134673_16581567.jpg

       きのこのお味噌汁(きのこはもちろん、そう言えば豆腐もいただき物でした)
b0134673_1659276.jpg

                 苺ミルクの苺もいただきものです
b0134673_16594280.jpg

そういえば、前の晩に作った筍と鶏肉のクリーム煮の筍も、母の友だちにいただいたものでした
b0134673_1725315.jpg

くださった方々の心を感じて、作っても楽しく、食べても美味しい幸せな食卓でした。ありがとうございました。


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-04-22 17:20 | 日常 | Comments(2)

アメフト応援と塩きのこと…

 日曜日、タクロウのアメフト部後輩たちの春大の応援に行きました。

 試合前の気合いを入れる声や、トゥッ!!の掛け声(オードリー、春日のやってるののもっと迫力があるやつ)やっぱりいいなぁ~、アメフトっていいなぁ~!みんなかっこいいなぁ~!

 例年五分五分の相手に50対12で快勝。すごくファイトがあって明るいチームになっていました。

 私達は上機嫌でランチへ。食べ放題のしゃべり放題を楽しみました。


 それから、たくさんのきのこをいただきました。この頃、毎日三度の食事のどこかできのこを食べるようにしています。だからこんなにたくさん、思わず歓声をあげてしまいました。

 せっかくたくさんいただいたので、久しぶりに「塩きのこ」を作ろうと思います。そうすれば保存もきくし。
プリプリ張りがあってとてもよいきのこたち。母にもお裾分けに持って行きました。母もよいきのこだと感心していました。今日は私に着物を譲ってくれた、母のご近所友達の家で3人でお茶を飲みました。

b0134673_227139.jpg

b0134673_227958.jpg
b0134673_2272772.jpg



 そして夜は、初めてタクロウの彼女のお母さんと電話で話しました!
明るくて、感じがよくて初めてなのに話しが弾んでしまいました。
緊張しましたが、タクロウが言っていたとおり、良い感じで暖かくてホッとしました。


 


b0134673_22225198.jpgb0134673_22232656.jpg
b0134673_22235965.jpg
蕗ご飯、酢の物、牛肉と芯玉ねぎの炒め物
b0134673_22253781.jpg
b0134673_22271240.jpg 





だしと塩味のさっぱりキンピラ、関口パンのごまぱんで作ったサンドイッチ
[PR]

by housewife_life | 2009-04-20 22:34 | 日常 | Comments(2)

マンダリンオリエンタル東京

 あ~!!リッチだったわぁ~っ♡!!

 昨日、お友だちとマンダリンオリエンタル東京に行ったのです。

 マンダリンホテルのオリエンタルラウンジで4200円もするアフタヌーンティーを楽しんできたのです。

 当分節約生活ね。でも昨日は友だちと二人だけの小さなお祝いだったから…。

 友だちは、私の初めてのママ友だち。友だちの息子はタクロウの初めての友だち。
誕生日は2週間違い。赤ちゃんのときに公園で出合って、同じ幼稚園に通い、毎日のようによく遊びました。ところがその後は別々の学校へ…。私たちは2駅離れた町へ引っ越しました。

 それでも、母同士はしょっちゅうお茶をしたり、ランチをしたり。ずっと仲良し。

 そして赤ちゃんの頃に出合った二人の息子は同じ大学に通っています。友達の方は現役で入ったので一年先輩です^^

 浪人の1年間、友だちはとても暖かく見守ってくれた上に、タクロウが同じ大学になったことをとてもとても喜んでくれて、赤ちゃんの時には想像もしなかったこの縁に驚き、お祝いしましょうと言ってくれたのです。


 38階のオリエンタルラウンジ。眺めもサービスも一流で、ゆったりたっぷり心行くまでおしゃべりができました。
でも、またおしゃべりに夢中で次々に出てくるアフタヌーンティーのデザートの写真を撮り忘れました…。
最後になってあわてて一枚だけ撮れました。

b0134673_15471039.jpg


 オリエンタルなだけあって、三段のお皿ではないのです。

 一つ一つ、とても凝っていて繊細な味。一つ一つ、ウェイターが膝まづいて説明してくれます。でも特筆すべきは、紅茶の美味しいこと!です。紅茶、中国茶、ハーブティ、ソフトドリンクは飲み放題で、そろそろ飲み終わる頃になるといつの間にかウェイターが横に来ていて、さりげなくメニューを差し出し、次の紅茶を用意してくれるのです。

 正確な名前は忘れてしまったのですが、エキゾチックなんとか、オリエンタルオリジナル、ダージリン、ラベンダー、アールグレイ、ヴァニラロイヤルミルクティー、と6杯もいただいてしまいました。
その美味しいこと。紅茶好きの私をうならせる美味しさでした。デザートももちろん素晴らしかったけれど、こんな美味しい紅茶が飲み放題だったことが最高でした。

 彼女と会っておしゃべりをすると、いつもきれいなエネルギーをいただいて心が浄化され元気が出ます。いい人生を歩もうと勇気が出ます。本当にありがとう♡




 昨日はマンダリンオリエンタルで素敵なときを過ごし、友達に元気をいただいたので、今日は主婦ことりとして、忙しく過ごしました。
 
 明日の仕事で使うエプロンが大きいのでつめたり、「らでぃっしゅぼーや」の野菜がきたので下処理をしながら、あれこれ献立を考えるとワクワクします。
ふき…ふきご飯を作ろう。新玉ねぎ…牛肉と炒めて、あと血液サラサラになるように冷奴の上、サラダ、なんでもスライスしてたっぷりのせよう…とか^^



b0134673_16111837.jpgb0134673_16113412.jpgb0134673_16115411.jpg


   


     先日作った、家のローズマリーをのせてオリーブオイルをかけて蒸した鯛のホイル蒸など

 
[PR]

by housewife_life | 2009-04-17 16:18 | 日常 | Comments(0)

アクリルタワシとワタシノヨンダホン

 アクリル毛糸の手編みタワシ。
今までは、義兄のお母さんがみんなに編んでくれていました。
会うたにびくれるので我が家の在庫もたくさんありましたが、いつの間にか在庫がなくなっていました。気がついてみれば、義兄のお母さんが亡くなって5年目を迎えようとしています。

 大人しくて、静かで、手作りするのが大好きな人でした。
いつも静かだったけれど、息子の話しをするときに見せる幸せそうに華やいだ笑顔を思い出します。

 今度は私が編みましょう。

そう思って二つ編んでみましたが、使い易い大きさ、使い勝手のよい編み地の固さにするのはなかなか難しい。何気なく使っていたあのアクリルタワシの使い心地は最適だったんだと気づきました。試行錯誤して、あのお母さんのタワシの使い心地を見つけよう。

b0134673_1051839.jpg





 向田邦子さんの「父の詫び状」「阿修羅のごとく」を読みました。
昭和の空気を懐かしく吸い込みながら…。忘れていたあの頃の景色や情景が蘇ってきました。

 映画で直に見てしまうのとは違う、私というフィルターを通して浮かび上がる、もしかしてプライベートな情景。

 …向田さんが子どもの頃、お父様が折り詰めをお土産にぶら下げて帰ってきた。鯛の尾頭付き、かまぼこ、きんとん、海老の鬼がら焼き、緑色の羊羹。折り詰めに詰められたそれらを読んでいたら、鮮やかに、香まで伴ってその情景が浮かび上がってきました。すっかり記憶の彼方に消えていたけれど、こんな折り詰めがありました。結婚式の引き出物にはこれにお赤飯の折り詰めもついて、母がお赤飯や鯛を蒸して食卓に出してくれたものです。

 …海水欲に行って2日目の朝、水着がまだしっとりと重く、冷たくて気持ちが悪いと思いながらも、どうせ濡れるんだからと水着に足を通す、そんなちょっとしたくだりに思わず顔をあげて「そうそう!」
今時の水着は速乾性が高くて、水着だけでなく色々なことが随分快適になり、こんな感覚を忘れていました。
その不便さが、なんだかとても大切な感覚に思えたりするから不思議です。

 「父の詫び状」は母に貸す約束をしました。母こそ懐かしさいっぱいで読めることでしょう。

b0134673_10521366.jpg


 森見登美彦さんの「四畳半神話大系」は後ろにタクロウが控えているので急いで読みました。
「夜は短し歩けよ乙女」の続きという感じの話です。

 主人公が大学に入ってから、映画サークル「みそぎ」に入ったばかりに起こる、薔薇色のキャンパスライフから程遠い悲劇?ソフトボールサークル「ほんわか」に入ればよかったのか!?

 「夜は…」を読んだタクロウと、
「映画サークル『みそぎ』みたいのに入っちゃたら大変だよ~。サークルには気をつけなよ~」
「『みそぎ』こえ~」
などと冗談を言い合っていましたが、「四畳半…」の後半は凄い!
「後半の『八十日間四畳半一周』は哲学してるよぉ~!」
「早く読んで回してくれよぉ」

 森見ワールドやばいです。「夜は…」は舞台になるそうですが、ほんとに再現できるのでしょうか、と頭にうずまく森見ワールドのめくるめく映像を思い浮かべながら頭をひねることりでした。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-04-15 10:55 | | Comments(2)

ひとつの夢―ことりのチャレンジ

 今日、私のある一つの夢が叶いました。

 結婚してから夫の仕事のお手伝い以外、一度も仕事をしたことのなかった私。

 仕事をしてみようかな、と思っても勇気がなくて、夫に
「ことりは無理しなくていいよ。帰ってきたとき、ことりがにこにこゆったり迎えてくれる方がいいなぁ」
と言われるとホッとして、
「そうよねぇ。その方がいいよねぇ」
と、行動力がないことを棚上げしていたのです。

 でも今度こそは勇気を出して、えいっ!とばかり、挑戦しました。

 その仕事とは、長年憧れていた食堂のおばちゃん!

 私は大学生のとき、友だちのお兄さんの勤める建設コンサルタント会社で大学生のサークルみたいな楽しいバイトをずーっとし、将来の仕事の練習にと保育園のバイトしかしたことがありませんでした。
本当はウエイトレスとか、喫茶店とか、食事を作るバイトをずっとしてみたかったのですが、父が友だちのお兄さんのいるその会社のバイトしか許さなかったのと、引っ込み思案の私はついに自分から飛び込んでいくことができずに就職し、結婚してしまったのです。

 時折、そんな仕事をしてみたいと言う私に夫は、「青春の忘れ物なんだね」と言ったものです。

 タクロウが大学に合格して数日後、その募集を見ました。

 「男子中高一貫校の学食、簡単な調理、接客、片付け、10時~2時、週一でも可」

 たった4時間、週一でも可?!

 決め手はこれです。あまりタフでない私。青春の忘れ物のために好奇心でやったみたい私には願ったり叶ったりの条件。やってみたい!

 いつもの私は慎重にできるかなぁと色々考えて、結局できないものですから、今回はえいっ!と目をつぶって電話をしてしまいました。慣れてる人や行動力のある人からしたら信じられないかもしれないけれど、私にしたらものすごいことなのです。

 先に夫に相談したら、また甘えてしまいそうだったので電話で面接日を決めてから話しました。

 「一週間に一度、私は学食っていうカルチャーセンターに行くと思って!」

 夫は拍手で私のチャレンジを称えてくれました。タクロウも快く受け入れてくれました。

 
 小さいい時から本当にままごと好きだった私は、華やかな仕事より、こういう仕事に憧れる傾向がありました。去年、幼稚園の先生として、ある幼稚園の再建をしないかというお話をいただいたのですが、幼稚園の先生の仕事は完全燃焼してしまったように思います。本当に一生懸命やり、その後わが子の子育ても心から楽しみました。

 今度は一週間に一度、大おままごとです。お客様は、可愛い高校生の男の子達♡


 今日は、揚げ物をやらせていただいて、カウンターではラーメンをベテランさんと一緒に作りました。そして、ついこの間までそばにいた、アメフト部の子たちみたいな男の子達に
「とんこつラーメン、お待ちどう様!」
って、出すのです。

 新鮮だからなのかもしれないけれど、楽しかった。



 でも緊張していたのか、帰り道は「疲れたぁ~」と思ってしまいました。そんな時、改札でタクロウと会い、私のお仕事第一日の話、タクロウの今日の授業の話を交わしながら家に帰りました。


 明日は筋肉痛かなぁ~?^^;


 夕飯は夫はなし。「豚ひれ肉のにんにくの香り和風おろしダレ」がタクロウに好評で、ウマイ、ウマイとおかわり3杯でした。
b0134673_2345083.jpg


 

今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-04-11 22:48 | 日常 | Comments(10)

楽しく作れる余力がポイント

 私を刺したマルハナさん(ハナマルと書いてしまいましたがタクロウにマルハナ蜂だよと間違いを教えられ訂正しました)やっぱり人を刺したら生きていられないのですね。最期の力をふりしぼって移動したのか、私を刺したビオラの鉢の陰で息絶えていました。

 甘い蜜と香りがいっぱいのビオラの根元に置いてやりました。

b0134673_2318657.jpg



 3月末から「お料理頑張りターゲット」を夫に合わせました。
 今まではタクロウが中心になりがちでした。予想に反して、タクロウの授業は午後に集中。家から大学まで30分くらいで行けるので、なんと早めのお昼を食べて行くと言う。
うっそ~!

 でも!ターゲットは夫にシフト!

 野菜たっぷり、繊維たっぷり、蛋白質はバランスよく適量に、炭水化物はほどほどに…。
今までも野菜を見て献立を考えていましたが、タクロウ中心に考えるとカロリーがオーバーしがち。夫を中心にすると、なんだかテーブルにお料理のお皿が少ない気がする。でもそれでよいのです。

 色々楽しく作っていこう!

b0134673_2259932.jpg


b0134673_2305311.jpg


b0134673_231785.jpg





b0134673_235228.jpg

b0134673_2351421.jpg

b0134673_2383681.jpg





b0134673_239422.jpg

b0134673_2393318.jpg

b0134673_2395669.jpg





b0134673_23103591.jpg

 疲れやすい私は、料理を楽しく作れる余力を夕方に残しておくのが大事なポイント。とっても疲れていたり、義務感だけではできないものね。


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-04-07 23:24 | 日常 | Comments(3)

蜂に刺された!


 東京は、開花宣言から大幅に遅れて昨日くらいから桜の花が満開です。

b0134673_1711229.jpg


b0134673_17114537.jpg












 暖かい日差しの中でパンジーやビオラの花がらを摘んでいると、指先に激痛が走りました。
 「痛ーい!!」
 足元に黒い大きな蜂がいました。

 「痛いよー!!蜂に刺されたー!!」 叫びながら家に飛び込むと、タクロウが外に出て蜂を確かめてくれました。
 「大丈夫、大丈夫。マルハナだから毒はないよ」

 「刺されたところを絞りながら水で流しな」
 口で吸うと、毒があった場合、口の中に傷があるとそこから毒が入ってしまうので吸わないほうがいいそうです。それに毒は水に弱いそうです。

 「なんで刺しちゃったんだろう。刺したら自分が死んじゃうからよほどのことがないと刺さないのに」

 マルハナは弱々しく地面を這っています。


 花がらというより、花がらのついた茎の根元から摘んでいた私は、この間も葉の繁みに指を突っ込んで茎をつんでいたら、繁みの中からマルハナがブーンと音を立てて飛び出してきて驚かされたことがありました。

 今日は茎と一緒にマルハナをつかんでいたのかもしれません。そうしたら、びっくりするはずです。
本当にかわいそうなことをしました。君を驚かすつもりも、なにかするつもりもなかったのに…。ごめんね。

 指は腫れて熱くなってしまいましたが、激痛は5分ほどでひきました。

 ゴキブリも殺さないタクロウはかわいそうだなぁとマルハナを見ていましたが、
「これからは手袋をした方がいいよ」
 と言って、出かけていきました。

b0134673_17262018.jpg



この花の繁みに指を突っ込んで花がらを摘んでいました。







b0134673_17272095.jpg腫れてしまったけれど、マルハナさんは死んでしまうのかと思うと悲しい…。b0134673_17282254.jpg





 あとで、マルハナさんを見に行ったら、どこにも姿がありません。風に吹かれてどこかに飛ばされたのかとあちこち植木鉢の下などを探したけれど見つかりませんでした。
 羽ばたいてどこかに飛んでいかれたのかな…。死なないで済んだのかな…。そうだといいんだけど…。

*この蜂、初めハナマルと書いていましたが正しくはマルハナでした。タクロウに指摘され慌てて直しました^^;失礼いたしました。
 
src="http://pds.exblog.jp/pds/1/200804/26/73/b0134673_11335175.gif" border="0" width="80" height="15">
最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-04-05 17:38 | 日常 | Comments(10)