<   2009年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ありがとう、お花

夕方から雨になるというので、ベゴニアとヒヤシンスの鉢を軒下に移動しまいました。

b0134673_21362392.jpg


このベゴニア、半年前にタクロウが倒して根元近くからポッキリ折れてしまい植え変えてやったものです。
雨が苦手で、雨ざらしにすると葉や茎がすぐ腐ってしまうので、植え変えてからは、前もって雨になることがわかっている時はとにかくこまめに軒下に移動していたらこんなに大きくなり、蕾までつきました。
嬉しくて可愛くなります。ヒヤシンスは春に欠かせない大好きな花です。花も香りも大好きです。

b0134673_21374727.jpg
b0134673_2138453.jpg


 パンジーを点検すると、もう徒長し始めているのがあります。
苗を植える10日位前から土に肥料を混ぜて土作りしておいた鉢は、よく育って徒長が始まっているのです。
放っておけばヒョロヒョロになってしまうので思いきって摘みました。
摘んだパンジーは部屋の中に飾って…。
ありがとうって言いたくなる優しい美しさです。

b0134673_2141967.jpg

b0134673_21412722.jpg


 ついでに家中の花も変えました。

b0134673_21421126.jpg
b0134673_21425580.jpg

いつも近所の花屋さんのサービス花を買ってきて、気負わず飾って楽しんでいます。
フリージアとそしてアネモネ!これも春の大好きな花です。
もう少しすると、この花屋さん、アネモネだけを束にしてお安く売ります。
いつもそれを狙っていることりです。

お正月の花がまだ使えます。長い間可愛らしさをありがとう、って切って切ってまだ飾らせてもらいます。
b0134673_21434028.jpg


今日のお昼はタクロウと久しぶりに近所の竜宝に行きました。
前回は快晴で気持ちよく散歩しながら。今日は曇り空。でもひんやりした空気が気持ちよく、お店の中でも「笑っていいとも」を見ると不思議なのどかさを感じます。

タクロウはトマトラーメン。私はモヤシラーメン。竜宝はカリスマラーメン店と違って、優しい味で飽きないよねと、満足してお腹をさすりながら帰って来ました。
穏やかなお昼時です。


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-01-29 21:49 | 日常 | Comments(4)

ことり復活

 土曜、日曜とヘロヘロでした^^;

 どうしたの!?ことりさん!です。

 手足の筋肉がわなわなしてしまって、だるくてだるくて、まさに「どうしたの?ことりさん」状態でした。

 タクロウも心配し、夫も酔っ払って帰ってきたのに40分も手足のマッサージをしてくれました。

 先週は一日おきにカーブスに行き、それもハードワークを心がけ(タクロウが以前、筋肉は限界まで使って一度壊してから更に太く再生するものと言っていたのを思い出しながら)、その他の日はイラスト展の準備のために重い額縁を運んだり、別の日もイラスト教室に特製の重いスケッチブックを運んだりと張り切って動いていました。

 それだけでここまでダメージある?というのも事実ですが、私は母や姉と同じく膠原病を持っているので疲れやすく、こんな状態になるとみんな心配になります。

 それで無理をしないように2日間はゆっくり過ごしたら、月曜からだいぶ元気になりました。
今日などはまた、カーブスに行くことができました^^v

 出がけにタクロウが
「おっかぁね、絶対摂取カロリーが追いついてないと思うよ。なのにハードワークするからあんなになっちゃうんだよ。これからはもっと肉食って…そうだ、あなたみたいな人は毎日メガマックを食うべきだ」 まぁ、後半はいつものジョークですが、そう忠告されました。…確かに…(いや、ダイゴではありません^^;)

 カーブスに着くと、新しい情報が貼ってあったので読んでみると、ほとんどが体重を落としたい人のための情報なのですが、下のほうに「痩せている人、筋肉をつけたい人」というのがありました。!!カーブスに来る前におにぎりを一個食べるなど、エネルギーを摂取してくる、カーブスのあとお肉などのたんぱく質を摂ること!!

 タクロウの言うとおり。そう言えば、アメフトの練習の前、パンとかおにぎりとかジュース一本でもいいから飲め、練習の後時間をおかずにたんぱく質、炭水化物を補えと言われていたっけ。

 帰ってからこのことを報告すると、
「おっかぁは、ワークで消費しただけのカロリーが補えてないし、筋肉に変える肉もないし。頑張って食べなさい」
とまた指導が入りました。

 そういうことならいいんだけど、病気になったら困りますものね。これからはエネルギー補給に気を遣うことにします。



 月曜日は元気をつけようと、具沢山スープを作ったんですよ。
野菜クズを冷凍しているのでそれを使って、今回は鶏肉ではなくベーコンでだしをとりました。ベーコンの賞味期限がきていたので^^;

b0134673_16444532.jpg

b0134673_16371325.jpg野菜クズを冷凍してあります








 今日の昼食はまたまたフォーです。今回は鶏でだしをとり、具も生玉ねぎの薄切り、青ネギ、パクチーのみで本格的に。
 前回のリベンジなって大成功!とっても美味しくできました!

b0134673_16482286.jpg



 私も元気になったけど、お花もお日様を浴びて嬉しそうです。
b0134673_16503111.jpg


 今日のカーブスの後遺症がちょっぴり怖い^^;けど、元気でいきましょうっと♪(夫様、心配かけてごめんね。)


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!


 
[PR]

by housewife_life | 2009-01-27 16:56 | 日常 | Comments(2)

今年初めのイラストは…

 昨日はイラスト教室の日でした。
 一昨昨日も教室に行きました。教室で1年に1回の、自分達の作品の展示会をする準備でした。去年は、5枚ほど作品を出せたのですが、今年は2枚(「ひだまりでガレット」と「手芸屋さんに行きましょう」)しか出せませんでした。ちょっとだけ大きめの作品だったので、時間もかかったのですが、今年はもう少し精力的に描こうと思っています。

 そう決心したら色々アイデアが湧いてきて…今年の第一作目は3つの小さなイラストで構成することにしました。1枚でもよいし、3枚並ぶとお話になっているイラストです。
 張り切って下書きを描いています。お絵かきを楽しむお子ちゃまの気持ちで^^
b0134673_16254398.jpg



 美大を目指しているアメフト部の後輩が、昨日久しぶりにデッザンの写真をメールで送ってくれました。4月に画塾に入ってから度々送ってくる可愛い奴です。
 毎回感心するのですが、今回の石膏デッサンも素晴らしくて家族みんなで感激しました。
 若い時から基礎を学べて羨ましい限りです。好きな道を心のままに歩めるのも素敵なことだと応援している私です。



 夕べは冬の我が家の定番、「粕汁」を作りました。具は今回は塩鮭で作りました。体が温まっていいですねぇ。
若い人で粕が苦手というのをよく聞きますが、タクロウは小さい頃から粕が好きです。後日、余った粕で甘酒を作りたいと思います。夫もタクロウも大好きなのです。
b0134673_1636815.jpg




午後になって雨が上がり、4月の陽気になりました。雨上がりの匂いも、春の雨上がりの匂いです。でも明日は、またまた気温がグッと下がるそうですね。春はまだ遠いようです。

b0134673_1641292.jpg

雨上がりのパンジー。お日様が出たら下を向いた花も力強く上を向いて開くことでしょう。明日は晴れるといいね。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-01-23 16:42 | イラスト | Comments(8)

笑って、作って、よい香

 森見登美彦は面白い!
今年に入って3冊目の本「夜は短し歩けよ乙女」を爆笑しながら読みました。あぁ、痛快!

 森見さんって、京都大農学部出身、同大学院農学研究科修士課程を出ている30歳。

 言葉のリズムに巻き込まれて、賑やかな音や豊かな色彩が紙面いっぱいに広がったかと思うと、登場人物たちの汗が熱気が紙面から吹き出てくるのではないかと思うほどのエネルギーがあるのです。

 後半の主人公をはじめとする青年達の青春のあほらしさ。書きようによっては涙を誘う恋物語も爆笑を誘う。でもこんな不器用であほらしい方が現実であり真実かも…とさえ思ったりして。私たちが大学生だった頃、こんな男子がいたのを思い出すのでした。

 とにかく痛快!森見さんの他の本も読もぉっと!


 読書を楽しんではいますが、ご飯作りもがんばってますよ。

 夕べは好評の「蒸しサワラのネギ添え」
b0134673_22493129.jpg

 お酒で蒸したサワラにねぎとしょうがの千切りをのせ、熱したごま油をかけ、醤油をかけていただきます。中華風で美味しいです。ちょっとアップ過ぎましたね。


 今日の昼食はタクロウのリクエストで「フォー」を作りました。
b0134673_22393638.jpg

 トムヤムクン(これは前に作ったもの)
b0134673_2241725.jpg
をつゆにして、と思ったのですが、タクロウに辛い汁じゃないよと言われ、味見をしてもらいながら作りました。「具があり得ない」といわれつつも、パクチのおかげで美味しくできました。

 夕食は、素朴でご飯がすすむものというリクエストにお答えして、納豆、鮭の西京漬け、鶏肉の卵とじ、きのこのバター炒め、アボガドサラダ、チキンのチーズ包み揚げ(これは買ったもの)フォーのスープの残り、写真にはないけれどなすの漬物と生卵も加わりました。
b0134673_2312617.jpg

 凝ったおかずじゃなくてもご飯がすすむ夕食でした。



 京都の出張から帰ってきた夫のおみやげの一つ。私がお願いしていた匂い袋です。きれいな色で可愛い。好きな香りで、うっとり。ありがとう。
b0134673_2344252.jpg



今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-01-19 23:09 | | Comments(2)

きものが紡ぐ不思議な縁

 実家で母と話していると、母のご近所友だちから電話があり、
「お嬢さんいらしてるなら、ちょっと一緒に顔出さない?」
とのお誘いが…。

 ご近所友だちのIさんは、着付けの師範を持つ大の着物好き。でももう腰が痛く、曲がってもきてしまったので思い切って持っている着物を処分する決心をしたとのこと。Iさんにもお嬢さんはいるのですが、着物には興味がないので、Iさんの従姉さんに好きなだけ持っていってもらったそうです。

 それでもまだいくらか残っていて業者に買い取ってもらうことにしたので、その前に欲しい着物があったら私にくださるというのです。

 ちょっと見せていただくだけ…のつもりで行ったのですが結局、着物を3枚、羽織を1枚、帯を一本いただいてしまいました。もう私は夢見心地。

b0134673_15555675.jpg


 左の黒いのは羽織、真ん中は礼装用袋帯、右は小紋です。着物あと2枚は、まだ実家に預けてあります。優しい明るい藍色に絞りの小紋と、黒地に赤と白で細かい模様を配した小紋です。

 残った着物なんて、とんでもない!他にも、法事などに着るための色無地とそれに色をあわせて作った道行や訪問着、小紋の数々。ほんとはもっとたくさんいただきたいものがあったのですが、それも図々しいかと…。

 それにいただいた着物と羽織は、着丈と裄丈を出さなくてはなりません。これもまたお金のかかることですし。いただいた着物はぴったりに直して素敵に着こなし、必ず私にもらわれてよかった着物にしたいと思います。

 Iさん、本当にありがとうございました。これらは亡きご主人から買っていただいた着物です。私の父が亡くなる前に、このご主人にあとのことを色々頼み、お葬式の手配からその後一人暮らしになった母を家族みんなで大切にしてくださいました。ところがそのご主人も2年後、何の因果か父と同じ病気にかかってからあっという間に亡くなってしまいました。
以来母とIさんは、夫たちが願った通り、助け合って仲良く、楽しく暮らしています。二人とも夫に可愛がられた幸せな妻でした。
 そのご主人が妻のために買った着物を私がいただくというのも、何か不思議な縁を感じます。
着物だからできることで、洋服ではできないこと。
義母にいただいた着物も然り。色々な人の思いをのせた着物、大切に着たいと思います。



 帰りに、タクロウがセンター試験で疲れて帰ってくるだろうと甘いものを買って帰り、夕食のあとお茶と一緒にいただきました。
b0134673_1634238.jpg

 見た目もかわいい椿まんじゅうです。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-01-18 16:37 | 着物 | Comments(0)

幸せのサンドイッチ

 おまけで買ったはずの「読むだけですっきりわかる日本史」が面白くて、「家族の言い訳」と平行して読書に興じています。

 ずっととは言わないけれど、はまっている時には一日中ひたすら本を読めたらいいなぁと思うことがあります。

 午前中の明るい日差しの中で本を読み始める。昼食は近所のカフェまで空を見上げながら散歩して、サンドイッチを片手に本を読む。食後に紅茶を味わいながら本を読んだら、スーパーでちょこっと買い物をしてのんびり歩いて家に帰る。そしてまた本を読む。気がついたら日が暮れ始めていて、部屋の中はうっすら暗くなっている。慌ててカーテンを閉めて電気をつけ、また本を読む。夕食はパスタかなんかを簡単に作って、またまたフォークを片手に本を読む。もちろんお風呂でも本を読んでしっかり暖まり、ストレッチなどした後、まぶたが重くなるギリギリまでお布団の中で本を読む。

 な~んてね。いつかやってみよう。

 

 本を読みながらサンドイッチ、映画を観ながらサンドイッチ、素敵なカフェでサンドイッチ、緑のどこかで風に吹かれながらサンドイッチ…。サンドイッチはなんだか幸せな感じです。

 さて、昼食はサンドイッチでした。卵のサンドイッチが食べたいということでタクロウと私の意見が一致したのです。

b0134673_2244395.jpg

 卵のサンドイッチを多めに、レタス・きゅうり・ハム・チーズのサンドイッチを作りました。奥のお皿はおかわり用。2種類だけでしたが、サンドイッチって美味しいな♡
たっぷりのミルクティーで幸せ気分のランチタイムになりました。


今日<もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2009-01-12 22:53 | 日常 | Comments(4)

へこたれない夫   大切な宝物

 夫はとっても裕福な家庭で育ちました。

 どのくらい裕福だったかというと、夫は5人兄弟の末っ子(兄、姉、兄、兄、夫)だったのですが、兄たちは外車を乗り回し、中禅寺湖にはボートを持っていて水上スキーを楽しみ、夫が中学に入った時は、田舎なので公立中でしたが、制服をテーラーでカシミアで注文、仕立てた…。

 食事はお手伝いさんが作るので、母の味はあまり覚えがなく、家にお菓子のいっと缶があって、中身が減るとお菓子やが補充していき、好きなだけ食べ、日常的に御寿司、ウナギを店屋物でとってはみんなで食べ、当時では高級だったものをしょっちゅう食べていた…。だから、一人を除く兄弟みんなが痛風になってしまったのだ!

 ところが夫が大学4年の時、父親の経営する会社の工場が全焼、倒産という目に遭いました。後に会社は再建しましたが、夫は大学院進学をあきらめ、そのために就職も第一志望のところには入れず、外資系の会社に入社するという挫折を経験しました。

 その後は、結婚子どもも授かり、20代にしてマイホームを建て、会社では出世街道まっしぐら。

 ところが出世街道を突き進んでいる間に、夫婦仲はいつのまにか修復不可能な状態になっていました。会社も不振に陥り、夫は社員の人員削減の指揮を執り、自ら誰よりも先に辞職届けを出しました。妻は家を出、夫はクレイマークレイマーをしながら、これらをやり遂げました。

 そして、離婚が成立、子どもを泣く泣く手放し、財産も全て妻に渡し、職も辞し、夫は一から人生を始めました。

b0134673_161263.jpg




 そしてそれから6年後、夫と私は出会いました。タクロウも授かりました。これで夫の子どもは女の子と、男の子と男の子の3人になりました。私は、彼らのステップママですが、私と夫は10歳の歳の差があるので彼らの母親の年齢には若いし、彼らにはれっきとした母親がいるので、不思議なつき合いです。


b0134673_1622193.jpg



 そして14日、その女の子が彼氏を連れて我が家にやって来ます。
どの子もみんな、彼氏、彼女と遊びに来てくれたり、みんなで旅行に行ったりもしましたが今度はちょっと将来につながりそうなので、みんなドキドキです。

 夫は一番最初に、娘と彼氏と3人で食事に行っています。好印象だったのでご機嫌で、得意のモツ煮込みを作ってもてなすと張り切っています。


b0134673_1662723.jpg



 …香(仮名)は昔女優をしていたことがあり、とってもとっても可愛いのです。読書と絵を描くことが好きで、どちらかというとおとなしいけれどしっかりした子です。そして状況をよく観察していて、ものごとをわかっているけれど、やたらに人を批判したり態度を変えたりしないのがすごいところです。

 息子…紀(仮名)は絶世の美人じゃない、ハンサムくんです。きれいな顔です!(つまり母が美人ということ^^;)初めて会ったとき、あまりのハンサムにびっくりしました。
 性格は姉とは正反対のやんちゃ坊主。頭脳明晰、運動神経抜群、ハンサムと三物を神は与えたもうたが、彼が一番欲しかったのは大好きな父親という存在でした。その父は再婚。どんなにショックだたことでしょう。でも紀と私の気はあいました。小さいタクロウと3人で遊んだり、タクロウが寝てしまうと父親が帰ってくるまで、何時間もふたりで喋りまくったり。
 高校受験の時、大学受験の時、就職活動の時、人生の岐路に、いつも彼は我が家に住み込みました。
 紀の彼女も何人も我が家に来ました。タクロウは紀が違う彼女を連れてきても、絶対他のお姉さんのことを言いません。紀はいつも感心していました。


 へこたれない夫の大切な宝物。どんな状況にあっても大切にし続けた大切な宝物。だから私にとっても、タクロウにとっても大切な宝物です。

b0134673_1682220.jpg



 15日がタクロウの誕生日なので、香はケーキを買ってきてくれるそうです。タクロウは17日にセンター試験を控えていますが、香と彼氏の来訪を快く受け入れてくれました。
 私も何を作ろうか、今からあれこれ考えを巡らせているところです。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな 
[PR]

by housewife_life | 2009-01-10 16:20 | 日常 | Comments(8)

イラスト「今日から友達になろう」

 世間は「七草粥」です。

 我が家は「鶏粥」を作りました。それじゃ意味ないか^^;
でもお粥はお腹に優しいから…。

b0134673_22523995.jpg


 くこの実も入れて、ワンタンの皮を揚げてパリパリ細かくしてのせました。ザーサイがなかったのが失敗!でも美味しくて、たくろうがお鍋の中身を全部きれいにたいらげてくれました。



b0134673_2314569.jpgb0134673_23263.jpg







 デザートはいちご。かわいいなぁ。



 お部屋に冬のイラストを増やしました。
b0134673_23145844.jpg

「今日から友だちになろう」というタイトルです。
タクロウが小さいときに既に下書きができていました。この男の子はタクロウです。くまの家に迷いこんで焚き火の前でお茶をご馳走になりました。お父さん熊の後ろから小熊が恥ずかしそうに覗いています。きっと今日からお友だちになれるよね。

b0134673_23152541.jpgb0134673_23154455.jpg













クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
 
[PR]

by housewife_life | 2009-01-07 23:38 | イラスト | Comments(2)

「2008年ことりが選ぶ文庫本大賞!」…特殊に個人的^^

 初おつかい、初カーブスに行ったのは昨日。今日は初整体でした。
 
 4日まではおつかいに行かないと決めていました。昔の人のように、市場が開くまで家にあるものでやりくりしてみたくて。
おもち、大和芋、塩鮭、うどん。野菜も色々あるし、たっぷり作ってあったおせちの煮物も見事食べきりました。
 
 一週間ぶりのカーブスでちょっぴり筋肉痛。整体は最高の気分でした。

 そして帰りは整体の帰りのお楽しみ。本の初買い物。

b0134673_15394259.jpg


 と思ったら、2日に母を送った後本を買ったんだった^^

 暮れに読みたい本が手元になくなってしまいました。文庫本をお風呂に持ち込んで読むのは私の楽しみのひとつなのです。本のないお風呂はやばいです。

 そこで考えました。「2008年ことりが選ぶ文庫本大賞」を設定し、大賞に輝いた本をもう一度読もうと。

 「さてっ!栄えある独断と偏見の2008年ことり大賞に輝いたのわぁ!
 吉本ばななさんの『キッチン』でーすっ!!」
b0134673_15485957.jpg

 そこで2日、今年一冊目も大賞作家の吉本ばななさんの「TUGUMI]を買ったのでした。
b0134673_15504792.jpg

 2008年大賞次点もご紹介しましょう。
b0134673_1551508.jpg

 角田光代さん「Presents」  森絵都さん「カラフル」  湯本香樹実さん「春のオルガン」でした!

 角田さん、よしもとさんの本は他にも落選させるのが忍びない作品の数々がありましたが、心を鬼にして選んだわけです。(誰も選べとは言っていないけど…)

 ご覧の通り、今年は女流作家ばかり読みました。山田詠美さん、梨木香歩さん、江國香さん瀬戸内寂聴さん、恩田陸さん、群ようこさん、小川糸さん、etc…

 あえて感想は書きません。角田光代さんが「さがしもの」という本をテーマにした本の後書きの中で、
「本を読むのはもっとも特殊に個人的であると私は思っている。そうだれかと一対一で交際するほどに。」
と書いていました。
 本と人にはそれぞれに愛称があり、同じ人間でも若い時にはさらりと通り過ぎた本が、あるとき強烈な光を放つ時があるものです。
 去年の私は、常に身近に人の死がある中で人生を暖かく肯定していく吉本ばななさんの本にひきつけられたのです。


 さぁ、今年はどんな本をこの私は選んでいくでしょう。
ちなみに、今日買った本は、若い男性作家、森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」(前にいちさんが紹介していたような…)、森浩美さん「家族の言い訳」、ちょっとおまけで「読むだけですっきりわかる日本史」です。
 この作家さんたちと長いおつき合いになるかな?楽しみです。
 

最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-01-06 16:52 | | Comments(2)

静かなお正月です

 静かなお正月です。

b0134673_1322367.jpg


 喪に服していることもあって、いつもより静かな年末、年始でしたが、年末には何かやり残しがあってはいけないような慌ただしさがあって、そんな時、やっぱり静かに流れる日常が好きだなぁと思います。

 年末から2日まで母が泊まり、1日はいつものメンバーで集まりました。改札口で待つ私たちの前に、一人になってしまった義兄が元気な笑顔で現れたとき、私はほっとして小さな安堵を感じ、思わず一生懸命手をふってしまいました。

 いつも忙しい夫がいて(すぐ仕事をしてしまうけど^^)、今年はタクロウも自室で勉強してるとはいえ家にいて、お茶の時間にはみんなでお茶を楽しみ、ご飯の時間を楽しみにしてくれて、そんななんでもないことがとても幸せです。

b0134673_13335354.jpg




 今日は重箱を丁寧に拭いて箱にしまいます。まだ結婚したばかりの頃、富士山とか丹頂鶴とかの華やかな蒔絵と梅の花とどちらを買おうか迷いました。そして、おとなしくて優しげな梅の花の重箱が我が家にやってきました。

b0134673_13415683.jpg

b0134673_13424736.jpgb0134673_1343373.jpg








 重箱を運ぶ時、蓋を開けて並べる時のことことなる音が好きです。
そっと優しく扱うときの、ことりとなる音が好きです。
私の大切な宝物です。



 明日からまた日常が始まります。また、瞬く間に時が流れて季節が変わっていくでしょう。
何かを失ったり、何かが誕生したり、穏やかだったり、怒涛のような日々があったり、泣いたり笑ったりしながら…。
b0134673_13553061.jpg


 今年もよろしくお願いいたします。


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2009-01-04 14:13 | 日常 | Comments(16)