カテゴリ:アドラー心理学( 97 )

恒例の翻訳の時期がきました

 毎年、カナダからアドラー心理学を教えにペルグリーノ博士がやって来ます。また来日の日が近づいてきました。講義用のテキストの準備を始める時が来ました。

 私も博士から送られてきたテキストの一部を、今年も訳させていただきます。

 今年は、博士ご高齢のため、10年来の来日が最後になるかもしれません。思い出があり過ぎて、考えただけで胸が詰まります。夫はもっともっとです。

 今はそのことは考えず、一生懸命翻訳をしたいと思います。



 このところ時間の隙間を使ってお裁縫を楽しんでいましたが、完成を待たずにお休みです。翻訳のめどがつくまでは、翻訳を最優先しようと思います。



 裁縫はここでお休み。襟ぐりの始末と袖つけが残っているけれど...翻訳頑張ります。

b0134673_20115562.jpg
b0134673_20121681.jpg



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな

 
[PR]

by housewife_life | 2009-10-19 20:18 | アドラー心理学 | Comments(6)

脳みそフル回転のあとの楽しいひと時

 土曜、日曜と「アドラー心理学カウンセラー養成講座」の5回目、6回目でした。

 何人かの方の、早期回想(10歳以前の、ある日ある時の出来事を回想してもらったもの)をみんなでひたすら読み解いた2日間。気が付いたらみんな休憩時間にはチョコレートなどの甘いものを口にしていて、やっぱり脳みそフル回転だったので脳の栄養を求めていたんですね。

 でも読み解けば解くほど、人の心の深さを知ります。演習の段階で時間をかけて読んでいるうちは、大変だけれど面白いものです。カウンセラーはこれを瞬時に行わなければならないのですから、本当に数をこなし、身につける地道な努力が必要です。

 土曜は講座の後、頭を寄せ合って考えた仲間と飲み会でした。この仲間だからこその楽しさ!年齢も性別も職業も様々な人たちです。特に今回は心理学には縁がなさそうな理系の職業の男性3人がなかなか魅力的です。理系の論理的思考がとても勉強になりましたし、どんなジャンルでもカウンセリングマインドを生かして生活して行こうという意欲が素敵だと思いました。


         今日もまた神楽坂。路地を入ってすぐのお店で飲み会でした
b0134673_22401934.jpg


 楽しい飲み会のあと、夫の提案で、飯田橋の「カナルカフェ」へみんなで繰り出しました。以前、夫と私で夜にお茶をしていたら、ちょうどウェディングパーティーが始まって、花火を見られたあのカフェです。

 地方から勉強にこられている方が多いので、東京にこんなところがあるなんて!とみんな感激。独身男性陣は、
「こんなおしゃれなところでプロポーズしたらいいなぁ!」
女性陣は、
「ここでプロポーズされたら、断らないね」
と無責任なことを^^;

 お堀の水辺から吹いてくる、だいぶ涼しくなった夜風に吹かれながらの夜のティータイムは、夫と二人の時とはまた違った楽しいひと時でした。

 去年とは違って、私は随分外界との接触が増えています。

 

 去年の今頃は、姉の死を受け入れるのと、タクロウの自立を受け入れるのに必要な時間をすごしていたんだなぁと思います。中途半端にしなかったから今があるんだと、停滞していたように思えた去年一年がとても重要で価値のある一年だったと感謝しています。
 タクロウもまた、たった一人で受験を戦った(もちろん家族や彼女の応援が彼を支えていてけれど)経験が、いかに彼を成長させていたか、今になって見えるときがあります。

 停滞しているようなとき、陰のとき、人は水面下で成長を始めているのだと思います。



 明日の夕方は、夫の従兄弟の息子さんが婚約相手を連れて御挨拶に来てくれます。彼はいつも人に感謝を忘れない誠実な青年です。それに寄り添うお嫁さんもまた素晴らしいです。夫を慕ってくれていて、わざわざ来てくれるのです。私たちは感激しています。

 2日間脳みそフル回転で疲れたけれど、明日はお掃除お料理頑張って二人を歓待します。

b0134673_22392012.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな


 
[PR]

by housewife_life | 2009-09-20 22:57 | アドラー心理学 | Comments(2)

勉強は楽しい? 木蓮は幸せそう!

 2日間勉強していたのは「アドラー心理学カウンセラー養成講座」というものです。

 全部で8日間。私は最初の2日間はインフルエンザで出席できませんでした。出遅れてしまったけれどできるところまで頑張るぞ~!と参加しました。まだあと4日間授業があります。

 カウンセラー養成の段階ともなると、みなさんアドラー心理学、勇気づけが身についていて、なんて居心地が良いのでしょう。このグループの中では誰もが安心して自己開示し、それを受け入れて勇気づける姿勢が出来上がっているからです。

 今まで受けていた「SMILE」や「ベーシックコース」は単に勉強というより、大きなカウンセリング効果があったと思います。勉強しながら誰もが、カウンセリングを受けた効果を感じてとても勇気づけられます。

 授業を受けている時、夫は夫ではなく、私にとって尊敬できて面白い先生になっているのに気がつきました。先生、すごいなぁ~と思いながら、授業が知的な刺激を促してくれて面白くてたまりません。先生、ありがとうございます!!



 さて、この先生、授業が終わってみると私の夫です^^
「今日から解禁!ビールを飲んで、餃子を食べる」
「そうだね。一週間よく我慢したし、今日はお疲れ様ってことで解禁だね」
ちょうどサークルが終わって帰ってきたタクロウと中華屋さんで落ち合って3人で乾杯しました。


b0134673_1011423.jpg
 

  主婦の仕事はバラエティーに富んでいるのよ!と植木屋さんに変身して我が家の数本ある木を剪定?していた私ですが、ついに今回はプロにお願いしました。

 以前に一度頼んだことのある植木屋さんに頼みました。木蓮が大きくなってどうしてよいのか...。
さすがプロです。支えを見栄え良く入れて、花芽を残して剪定してくださいました。

b0134673_1044892.jpg


 木蓮が幸せそうに見えます^^


 これから急いで支度をして実家に行きます。このところ忙しくて、電話だけで済ませていたので今日は母とお昼ごはんを食べます。えっ?お昼ごはんは誰が作るのかって?...母で~す。
自立しているから母は心が健康なんだと思います。
では、行ってきます。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-09-08 10:17 | アドラー心理学 | Comments(4)

SMILE とイラスト、糸の切れたタクロウ凧

 土曜、日曜とアドラー心理学による「SMILE」という子育て講座を受けました。先生はまたまた夫です。

 私が独身で幼稚園の先生をしていた時と、タクロウが幼稚園の年少の時の2回、この「SMILE」を受けたことがあります。

 今回16年ぶりに受けて、前回の「ベーシックコース」の時と同様に、つくづくよい講座、子育て法だと感じると共に、スマイルの実践のおかげでタクロウが素敵な青年に育ったと、これまたしみじみスマイルの素晴らしさを思いました。

 迷った時、問題が生じたとき、スマイルを実践していたために問題を大きくすることなく乗り越えられたし、また問題に巻き込まれたり流されることがありませんでした。スマイルはしっかり柱となって私を支えていたんだと改めて感じました。

b0134673_21303116.jpg



7月に入って以来、アドラー心理学の勉強(ただいま復習編)とイラストで充実しています。

             庭仕事の後のティータイムのイラストの一部分
b0134673_21305072.jpg


   細長いイラストは園芸店に苗を買いに行った場面です。本当はもう少し長いのですが。
b0134673_21315285.jpg

     少しアップで...
b0134673_21321680.jpg



 今日は従姉の家に行き、二人で美味しいものを食べながらリラックス。二人で、「ここに(私の)おねえちゃんが一緒にいるはずなのに...。でも、今日は来れないだけで生きているような気がするね...」と、ちょっとしんみりしてしまいました。よく三人で遊んでいましたから。
従姉が足や肩をたっぷりマッサージしてくれて、私はポカポカで帰って来ました。本当にありがとう。優しい従姉です。
 

一方タクロウは、この間は例のゴキブリ「SOS」の友達が泊まりに来て朝帰って行き、その日の夜タクロウはサークルコンパの後友人宅へ泊まり、次の日朝帰り、一日空いて今晩は幼馴染のK(ご近所)にお泊りだそうで、タクロウが宅浪時代、私が予測していた通り、タクロウは糸の切れた凧状態ですね。

 でも勉強、サークル、特にサークルは幼い頃からの遊びとアメフト部で培った能力(映像を作る技術や仲間作り、連絡、実務に至るまで)を生かす時が来た~ッと言う感じで生き生きと活躍しています。
いいぞ!タクロウと応援する私です。


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2009-08-03 21:52 | アドラー心理学 | Comments(0)

今日はのろけます!アドラー心理学と家族のこと

 土曜、日曜と先日の続きの「アドラー心理学ベーシックコース」の3、4回に出席し、感動のうちに終了しました。

 皆さんそれぞれに目標や悩みを持っての参加でしたが、より目標への信念を強めたり、元気のなかった方が元気になられてもっと学びたいと思われたり、その姿に私もたくさんの勇気をいただき、最後は涙が出てしまいました。
 
 勉強しながら改めて、私は拙いながらアドラー心理学で学んだことを生かしてこられたなぁ、私が色々なことに幸せを感じ、感謝して生きているのはアドラー心理学を学んだおかげだなぁと感じていました。

 そして、その証の一つがタクロウだと、講義中に何度も思いました。

 共同体感覚と自尊心をしっかり持ち、権利と責任をわきまえ、人を愛することのできる青年に育ちました。
困難に立ち向かい、受け入れていく強さは、これから経験の中でもっと強くしていくことでしょう。


 失敗したりしながらも私達夫婦はタクロウを勇気づけて育ててきたと思います。私は、特に失敗も多かったけれど、完璧でなくても家族に勇気づけ合う雰囲気があれば、こんな素敵な青年を育てられるのだと実感しています。

 夫は、人に教えていることを家族にもちゃんと実践しています。これは本当にすごいことだと思います。
 夫は感情を使って家族をコントロールすることがないので、私は居心地がよいのです。I'm ok. You are ok.だから私はありのままの私でいられるのです。
「あなた(私のこと)は、…タクロウは…、よくやっていますよ。」
「嬉しいなぁ、ありがとうね」
「幸せそうだねぇ。」
「失敗してしまったんだね。次に君になにができるか考えようか」
そんな勇気づけのことばによって自分を受け入れる喜びを感じ、勇気が育っていくのだと思います。
―勇気とはリスクを引き受けたり、困難を克服しようと努力したり、協力できるといったことで、自己信頼に基づく活力―

 ほめるのとは違う…ほめるのは条件を満たしたらもらえるご褒美…失敗していてさえできるのが、勇気づけなのです。

 授業は笑いがたっぷり。
私は夫の授業が大好きです。分かりやすくて、その上笑いのツボにはまって引き込まれます。

 グループ討議が多いので、他の人の考え方、見方に学ぶところ、気付きがあり、自分の思い込みにも気付くことができました。

 最後は、暖かで包み込むような愛情にあふれているS さんと、夏空のように明るくて自分の心を大切に一生懸命生きているKさんからたくさんの勇気づけをいただき、
「私って、素敵かも!」
なんて思えて^^;なんだかホカホカになって講座を終えました。

 先生!^^受講生の皆さまありがとうございました。


夫の本の原稿ができるたびに、校正という口実で最初の読者になっていた私。子育で迷うとき、何かにつまづいたり苦しいときに開いてみたりしていた夫の本やアドラー派の本を、もう一度ていねいに読みなおしてみようと思います。

b0134673_1624879.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-07-21 16:32 | アドラー心理学 | Comments(10)

20年半ぶりの「アドラー心理学ベーシックコース」とカナルカフェ

 土曜日のバイトの後お医者さんに行きました。ヒョウソウは薬が効いているので、切る必要はなしとのこと。
薬様!ありがとうございます!!
でも、完治したわけではないので、黴菌が入らないように気をつけなくっちゃ。
 バイトは夏休み前の最後のバイトでした。これで9月の第2週までお休みなります。慣れないうちに夏休み。また忘れて一から教わることになりそうです^^;



 日曜日は先日の「夢解釈」で弾みがつき、夫の「アドラー心理学ベーシックコース」を受講しました。
前日に1回目がありましたがバイトで出られませんでした。全部で4回ありますが、あとは全部出られそうです。

 この講座、私は20年半前に受けていて、今回は20年半ぶりの再受講でした。

 生活の中で夫からごく自然に教わることが多いので、講義は理論的なおさらいになり、改めてアドラー心理学の面白さ、必要性、有用さを感じました。つくづく、面白いなぁ!!と。

 たくさんの方と出会えて、ワークを通して真剣にお話できるのも色々な気づきをもたらしてくれます。
 
あと2回が楽しみです。



 それ以上に楽しかったのはアフターワークの一時でした。
タクロウも誘ったのですが友達といて、今回も夫と二人でデートとなりました。
神楽坂のおでん屋さんでいっぱいやり(って、私は飲めないけど^^;、あの冷酒は絶品、ここ数年の中での大ヒット、いや、場外ホームラン!だった)そのあと神楽坂の路地をふらふら。

夫の提案で飯田橋のお堀端の「カナルカフェ」へ。大好きなところです。

b0134673_1065139.jpg
b0134673_1071434.jpg

↑ここが入り口です。正面を進むとレストラン、右に行くとカフェです。
レストランは結婚式のため貸し切りになっていました。
b0134673_10103438.jpg

でも私たちは、お堀の風に吹かれてのお茶をしに来たので右の通路へ。
カナルカフェはお堀の上に浮かぶイタリアンレストラン、カフェです。
b0134673_1013843.jpg

高いビルは法政大学です。
通路を歩いて、奥の白いテラスでお茶を飲みました。

b0134673_10151549.jpg
b0134673_10154471.jpg

向こうに見えるのがレストラン。結婚式で盛り上がっているようです。

花嫁、花婿がボートで私たちの横を通ってレストランに上陸!
b0134673_10204647.jpg

それと共に花火があがりました。

b0134673_10182420.jpg
b0134673_10185990.jpg




テラス席のお客さんたちは素敵なハプニングに拍手でした。
心地よい風に吹かれて楽しいテーィタイム。今日の素敵なしめくくり。
b0134673_10312572.jpg


素晴らしい講義と、素敵な一時をありがとう^^ 20年半前のベーシックコースがあって、今の私たちがいるんだね。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな


 
[PR]

by housewife_life | 2009-07-06 10:44 | アドラー心理学 | Comments(4)

アドラー心理学による夢のワーク  探し物はインク壺と...

インク壺を探しに銀座に行きました。

イラストで使っている私のペン軸が、異常に汚れる...。

それは、インク壺の口が狭いからなのでした ^^;

そこで素敵なインク壺にインクを入れ替えようと、素敵なインク壺を探して銀座に旅に出たのでした。

銀座の近くに住んでいる友達のあっちゃんが付き合ってくれました。あっちゃんは美大出身なので、伊東屋、鳩居堂、ハンズのどの売り場もさっさっと案内してくれて頼もしい限り。

香水の瓶のように素敵なインク壺が9800円で売っていましたが、「いや、そこまでは...」
私にとってインク壺は素敵といっても実用の範囲のもの。持ち運びもするので丈夫で、蓋がしっかりしているのが最低条件。

結局、今日は買わずじまい。でも、こんな可愛い「ことりのシール」を見つけて買いました!
b0134673_1937389.jpg


そして、あっちゃんとアールグレイとジャスミンのブレンドティーをいただきながらおしゃべり。この珍しいブレンド、すっきりした味わいでとてもおいしかったです。
b0134673_19372512.jpg



そして今日は「アドラー心理学による夢のワーク」に参加しました。講師は夫です^^

夢を上手に解釈できると
1.性格的なものや仕事、交友、愛、スピリチュアルなものの解決、あるいはそのヒントを知ることができる
2.自分が今置かれている状況を明確化できる
3.意識が蓋をした感情を開放する。その情動の喚起が行動を後押しできる
4.夢の中で将来のリハーサルができる
  

「夢は行動(という目的)に向けて情動を喚起する」という、このアドラー心理学の解釈が建設的で健全で素晴らしいところだと思います。

そのためには、
1.夢の象徴の罠にはまらないように注意しなければなりません。出てくるものの中に象徴はありますが、決めつけをしない。(フロイトの解釈のように、ステッキは男性自身などのように。そうであるかもしれないし、違うかもしれないという柔軟なとらえ方をする)
2.登場人物を固定しない。出てきた人その人は、ほかの人或いは自分自身の置き換えであることが多い。
3.どんな感情が残ったかが重要
4.何のリハーサルをしようとしているのか
などに注意を払いながら行います。
その他、アドラー心理学らしいコツ、解釈に必要な重要なことを学び、実際にみんなで夢解釈をしていきました。


「夢は私の心のお手紙」と夫が言うように、夢からは私のメッセージが「気づいてちょうだい」と肩をたたいているように感じました。或いは、将来起こり得ること(起こらないかもしれない)ことのリハーサルもしていました。

どうやら私は、探し物をしているようです。でも探し物が見つかりそうになると、私は不安になるようです。これは私の性格、人生の傾向への大きなヒントです。

何度もそんな夢を見てリハーサルをしてきたのですから、そろそろ探し物を掴む勇気を持とうと思う私がいます。

ちなみに、そんな私が人生で迷うことなくしっかり掴んだ最大級のものがあります。それは、夫です。^^v

だからインク壺も探し物も私はきっと見つけ出して掴むことでしょう。

b0134673_20403342.jpg



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-06-28 20:41 | アドラー心理学 | Comments(11)