カテゴリ:アドラー心理学( 101 )

勇気づけリーダー・トレーナー

 土曜、日曜の二日間、ヒューマンギルドで私にとっては今年最後の講座を受けていました。

 勇気づけリーダー養成講座「ELM」です。

b0134673_21173663.jpg


 カウンセラー養成といい、スマイルリーダー養成といい、今回の勇気づけリーダー養成といい、リーダー養成ともなると、皆さんアドラー心理学がすっかり身に付き、学んだことを社会に向けて発信しよう、役立てようという意欲に溢れています。講座も活気に満ちていて私も多いに刺激とパワーをいただいた2日間でした。

 いつもは夫の講座を受けていますが(夫の講座、大好きなの^^)、今回は、ELM開発者四人のうちのお二人、鈴木三穂子さんと米山秀樹さんが講師でした。

 土曜は夫も会社にいて時々顔を出していましたが、日曜は夫は家でお仕事。我が家は通りがお見通せる掃き出しの大きな窓があって、毎日私は、夫やタクロウを窓から手をふってお見送りしています。今日は二人が手を振って私をお見送りしてくれました。


 講座ではみんなが交代でリーダーを経験し、講師とグループのメンーバーのフィードバックを受けます。私達のグループは、三穂子さんにずっと指導していただきました。

 三穂子さん、夫からかねがね話しを聞いていましたが、お会いしたら美人で!はつらつとしていて抜群の行動力とプレゼン力!でかっこいい。すっかりファンになりました。
 「自信を持って、楽しんでやってね!」 
そうだ、こんないいことを伝えるのは楽しい。そう思ったら2回目のリーダー体験は楽しくできました。このことば、ずっと忘れません。
 ありがとうございました!楽しかったです!

 
 さて、家にいた夫は仕事以外に、エアコンのフィルター掃除、「捨てるぞ~!」と本などの整理→BOOK・OFFへ、夕食用にキムチ鍋を作るなどをした後、講座の終わり頃登場してくれました。(嬉しくなっちゃう私^^) 

 疲れて家に帰れば、夫が作ったキムチ鍋が待っています。本当にありがとう。美味しかったよ~!今日はお昼におうどんを入れて完食しました。

 b0134673_21215035.jpg




b0134673_2122396.jpg




  世の中の役に立てば・・・とか、悩んでいる人を助けたい・・・とか、知ってもらいたい・・・とかのことばより、三穂子さんの「楽しんで!」がとってもしっくりきました。
 自分が伝えることが楽しい!嬉しい!・・・それが私に一番必要な動機だったのです。着付けの時と一緒です。大好きなことを伝えている時、とても楽しかった。

 去年から今年は復習も含めて、勉強の年でした。
「ELM」がインプットの締めくくりになりました。これで、私もスマイル、勇気づけを自信を持って教えられるようになりました。
来年からは、必要としている人たちに伝える楽しみをつくることを目標にしていきたいと思います。
 



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-12-13 22:00 | アドラー心理学 | Comments(2)

私の連休 7分の4経過

  手提げがひとつ完成~!ちょっとクラシックな感じのデザインで。

 
b0134673_10585972.jpg

b0134673_10595032.jpg




 連休初日(29日)は夫の講座に参加。その名も「男と女の心理学」

 夫婦で参加が理想的。初めは女性の参加が圧倒的に多かったのですが、ふたを開けてみれば男性も大勢参加されて、グループごとの話し合いも盛り上がりました。

 色々な事例を見て、まずは男性から感想や意見を述べ、続いて女性が述べます。男女の違いだけでなく、それぞれのパーソナリティーの違いもありますが、それでも「女性はこうなのよ」と主張する前に男性のことをもっと理解しようと努めたら両者が幸せになれるなぁと思いました。そもそも男女の違いは、生物学的なものが大きいのですから(もちろん社会的因習によるものもかなりありますが)そこは男女とも理性的に理解する努力が必要不可欠です。
 もちろんここでの歩み寄りには、人として安定した精神であることが前提となると思いますが。
 夫も私と違うから面白い。私と違うから魅力的なのですもの。男性の違うところを好意的に受けとる時、男性も女性の男性とは違うところを魅力的に受けとるのではないでしょうか。


 そして土日はまたまた夫のもとで「アドラー心理学リーダー共育塾」に参加しました。 
 
 夫は最後に短い総括講演をするだけで、運営はすべて実行委員によるものです。3つのシンポジウムの計9人のシンポジストも司会進行も。

 その実行委員のうち、応援したい二人の大切な人がいました。それが私が参加した理由です。二人ともいつも笑顔の明るい女性ですが、人の先頭に立って引っ張ていくタイプではなく、むしろこんな仲間がいたらリーダーは心強いだろうな、というような謙虚で協力を惜しまないタイプの人、という印象を私は持っています。

 その彼女たちが今回実行委員に立候補し、そして盛り上げ、大成功のうちに会を終えることができました。もう一人、今回最年少のkくんも、みんなをリラックスさせるソフトでユーモラスな雰囲気で盛り上げました。世の中で既に活躍している専門家、先生、強者揃いを前に頑張った3人は、1日で別人になった!と私は思いました。友人として尊敬します。う~ん、格好いい~!


ところがダウン 

 普段、空を見て、花や木を見て、のんびり縫物、イラスト描きに興じている私はと言えば、皆さんのエネルギーに当たって、情けなくも講座終了後はダウン。帰りに寿司屋でタクロウと落ち合うも、気持ちは悪いは、頭は痛いはで店先で別れて家に帰り、そのまま朝までダウン。

 夫は朝もゆっくり寝かせてくれて・・・自立した夫でありがとう。夫は連休中はいつも講座の連続です。お疲れ様。

「のだめ」で癒す^^ 

 夫が出かけた後、強いエネルギーの波動にあたって弱った私を癒すには・・・としばし考え・・・!
そうだ、「のだめ」だ!夫のCDコーナーへ。
「のだめ」で演奏されたモーツァルト「2台のピアノのためのソナタ ニ長調K.448」、ベートヴェン「交響曲第7番」「ピアノソナタ第8番(悲愴)」「ピアノソナタ第31番」  ゆっくり聴きます^^



 利休梅(別名「花うつぎ」・・・「卯の花」の仲間)をいただきました。

b0134673_11423540.jpg
b0134673_1143658.jpg


b0134673_11434118.jpg



 そして美味しいいただき物も・・・

 八ヶ岳の麓の美味しいパン屋さんで焼かれた、美味しい食パン3斤!熱く切ってハニートーストに。思わずちぎって食べようとして、おっと、写真!写真!

b0134673_11461388.jpg


 赤坂にある「ツッカベッカライ カヤヌマ」というところのテーベッカライ(クッキー)

b0134673_11491154.jpg

 さすがの良質なお味!変に凝っていなくて、サクサクっとバターと小麦の風味が広がって紅茶の美味しさも倍増です。

 「はらドーナッツ」私の町にもできました。この間高円寺でも見ました。知らなかったけれど有名だそうです。

b0134673_11515992.jpg

 今度大阪は心斎橋に進出するとか、テレビで騒いでいました。素朴な手作りの優しい健康的な味でした。


 連休は今日を含めてあと3日。天気も上々です。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-05-03 12:18 | アドラー心理学 | Comments(8)

濃い数日間 「SMILEリーダー養成」

 濃い日々を過ごしていました。よって、ただいまヨレヨレです・・・^^;
が、今日お彼岸ラストの日は午後から、からだに鞭打って、父と姉のお参りに行ってまいります。今週はやること満載ですが、がんびゃりゅりょ~~ぉ~ぉ。

 さてさて何が濃かったか・・・。



20日から22日までの連休は、朝から晩までアドラー心理学の勉強に明け暮れた3日間でした。今回参加したのは「SMILEリーダー養成講座」。

 またまた他の講座でご一緒した同級生がいてくれて、ほっと、嬉しくなりました。今回は全員がそれぞれリーダーになって講座を進める勉強だったので、過去の復習、予習、本番と大変でした。でも実際には失敗から課題がたくさん見えて、とても有意義な経験になりました。良いことも悪いことも、こんなに愛情をこめたフィーバックをしたのも、されたのも初めてかもしれません。フィードバックされたことはもちろん、したことが自分にも大きな役にたっていることに驚いています。そんなわけで、他の方の姿からも本当にたくさんのことを学ばせていただきました。それぞれ見事に個性(愛すべき)の違うメンバーで、それぞれに魅力的なリーダーになる!と確信しています。

 予想以上に大変で、終わるやいなや、頭痛が始まり体調を崩していますが、私はとても充実感を感じています。みんなに感謝でいっぱいです。

 講座では忌憚のない指導をしてくれた上に、3日間(いや、今も続いている?)家事免除で外食に連れて行ってくれた夫には頭があがりません!ハイ。22日は帰るなり頭痛の私に変って風呂掃除でしたね。ありがとうございました!


 体調を崩してしまったものの23日はまたまた、「西本智実指揮 東京交響楽団 さらなる新世界」のチケットを買ってあったので、夕方まで寝てなんとか行くことができました。

b0134673_1042717.jpg



  スメタナ      わが祖国よりモルダウ 
  シューマン     ビアノ協奏曲イ短調作品54   ピアノ 實川風(じつかわ かおる)
  ドヴォルザーク  交響曲第9番ホ短調新世界より
  
  アンコール  ドヴォルザーク  スラブ舞曲


 いつもペルグリーノ博士の通訳をしてくれている埴原さんも、お友達とおっかけにきていました^^
私たち夫婦も一年のうちにこれで3回目の西本さんです。

 でも今日の注目は、ピアニストの實川くん!くんって、あなた・・・。

b0134673_10193241.jpg

 
 だって實川くんタクロウと同じ歳の若干二十歳のピアニストなのです。ステージ上の實川君はタクロウのいけてて、できる友達、という感じがしてしまうのでした。アンコールに少々戸惑ってコンサートマスターを見たりと初々しくて・・・。でも演奏は数々のコンクールを制覇してきた経歴にふさわしい素晴らしさで、今後の彼の活躍に注目です。


 
最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2010-03-24 10:24 | アドラー心理学 | Comments(4)

黄金のトライアングル

 昨日、ジョセフ・ペルグリーノ博士達が帰国しました。
夫は本当にお疲れ様でした。

 例年、私は彼らが東京でワークショップをしている間、彼のパートナーのリーズの観光案内をしているのですが、今年は最後の来日になるとのことだったので、観光案内を他の方にお願いして、2つのワークショップに計3日間、参加させていただきました。

 でもジョセフ、リーズ、初来日のジョセフの娘のマリールー、彼女の息子のフィリップ(10歳)の面々と夫と私で日光に行ったり、タクロウも合流して家族だけで3時間もかけて楽しく会食したりすることもできました。ワークショップのメンバーとのパーティーも、ジョセフの家族とタクロウも参加して盛り上がりました。

 昨日、最後はお互いの家族みんなとで上野公園をのんびり散歩し、ランチを楽しみました。(タクロウはランチ後大学に急ぎましたが)みんなで過ごす、プライベートなリラックスできる時間は、素敵です。

 でも、今回は久しぶりにジョセフのワークショップに参加して、今もまだその余韻に浸っています。ジョセフ、通訳の埴原さん、ファシリテーターをする夫の黄金のトライアングルは、素晴らしいワークショップを提供した以上の教えを私達にプレゼントしてくれました。

 春、ジョセフの今回の来日にドクターストップがかかりました。セカンドオピニオンのドクターからもストップを宣告されました。ジョセフは落ち込みました。しかし、
「これは私の人生だ。意見やアドバイスは受け取っても、私の人生を彼らに操作することはできない」
そう思った瞬間にジョセフのセルフモチベーションは高まり、
「私の人生は、ずっとアドラー心理学でたくさんの人々を援助してきたではないか。私はできる。日本へ行こう」
という決意に到りました。
埴原さんの、
「あなたはこのままで日本で待っている人とお別れしてはいけない!最後にもう一度来てください。私達が全力でサポートします!」
という強いメッセージもジョセフを勇気づけました。
夫も全責任を負うと表明してジョセフの来日をプッシュし、準備を中断しませんでした。

 そばで見ていた私は、ことの重大さに、来られないことを受け入れることが優しさではないかと思う反面、ジョセフが日本に来てワークショップを成功させられたら、それはどんなに大きな勇気をジョセフ自身と私達に与えるだろうとも思いました。現実的でなければいけないけれど、ここを乗り越える選択をすることが私がいつも尻込みしてしまう「勇気」というものなのだ、と強く感じました。

 黄金のトライアングルは力強くワークショップ開催に向けて動きだしました。地方開催を担うMさんも固く来日を信じて、結論が出るまで会場をキャンセルしようとしませんでした。


 ワークショップ開催前から勇気づけに満ちていたのです。そして一昨日、大成功のうちにワークショップは終わり、最後にジョセフは私達に誓いました。


 「健康が許す限り、来年もまた来る」と!

 それで昨日、私達は涙の別れをすることなく、笑顔で゛See you agein!゛と見送ることができたのです!

 黄金のトライアングルは、一時は深刻であったにせよ、あとは他者と自分への勇気づけをユーモラスに自然体で軽々とやって見せました。

 「恐れないこと」

 この様な中で行われた「セルフモチベーションを高める」(極めてアドラー的な共同体感覚と健全感のある)ワークショップの効果は、時間の経過と共に、ジワジワと効いてきます。興奮と感動でいっぱいになっていた頭と心が、だんだん整理され、冷静で現実的になってこそ、静かに勇気が沸き、でも肩の力が抜け、ユニークな私で生きるのは楽しいという感じがしてきます。

 黄金のトライアングルはもちろんのこと、受講されたすべての方で作り上げた「場」 、だからすべての方にありがとうございました。

 でも、やっぱり一番ありがとうと言いたいのは、身を粉にしてワークショップを準備しながらも、常に楽しそうに目標に向かってベストを尽くした夫です。いつもあなたはそうですね。本当にありがとう。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-12-01 10:50 | アドラー心理学 | Comments(8)

恒例の翻訳の時期がきました

 毎年、カナダからアドラー心理学を教えにペルグリーノ博士がやって来ます。また来日の日が近づいてきました。講義用のテキストの準備を始める時が来ました。

 私も博士から送られてきたテキストの一部を、今年も訳させていただきます。

 今年は、博士ご高齢のため、10年来の来日が最後になるかもしれません。思い出があり過ぎて、考えただけで胸が詰まります。夫はもっともっとです。

 今はそのことは考えず、一生懸命翻訳をしたいと思います。



 このところ時間の隙間を使ってお裁縫を楽しんでいましたが、完成を待たずにお休みです。翻訳のめどがつくまでは、翻訳を最優先しようと思います。



 裁縫はここでお休み。襟ぐりの始末と袖つけが残っているけれど...翻訳頑張ります。

b0134673_20115562.jpg
b0134673_20121681.jpg



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな

 
[PR]

by housewife_life | 2009-10-19 20:18 | アドラー心理学 | Comments(6)

脳みそフル回転のあとの楽しいひと時

 土曜、日曜と「アドラー心理学カウンセラー養成講座」の5回目、6回目でした。

 何人かの方の、早期回想(10歳以前の、ある日ある時の出来事を回想してもらったもの)をみんなでひたすら読み解いた2日間。気が付いたらみんな休憩時間にはチョコレートなどの甘いものを口にしていて、やっぱり脳みそフル回転だったので脳の栄養を求めていたんですね。

 でも読み解けば解くほど、人の心の深さを知ります。演習の段階で時間をかけて読んでいるうちは、大変だけれど面白いものです。カウンセラーはこれを瞬時に行わなければならないのですから、本当に数をこなし、身につける地道な努力が必要です。

 土曜は講座の後、頭を寄せ合って考えた仲間と飲み会でした。この仲間だからこその楽しさ!年齢も性別も職業も様々な人たちです。特に今回は心理学には縁がなさそうな理系の職業の男性3人がなかなか魅力的です。理系の論理的思考がとても勉強になりましたし、どんなジャンルでもカウンセリングマインドを生かして生活して行こうという意欲が素敵だと思いました。


         今日もまた神楽坂。路地を入ってすぐのお店で飲み会でした
b0134673_22401934.jpg


 楽しい飲み会のあと、夫の提案で、飯田橋の「カナルカフェ」へみんなで繰り出しました。以前、夫と私で夜にお茶をしていたら、ちょうどウェディングパーティーが始まって、花火を見られたあのカフェです。

 地方から勉強にこられている方が多いので、東京にこんなところがあるなんて!とみんな感激。独身男性陣は、
「こんなおしゃれなところでプロポーズしたらいいなぁ!」
女性陣は、
「ここでプロポーズされたら、断らないね」
と無責任なことを^^;

 お堀の水辺から吹いてくる、だいぶ涼しくなった夜風に吹かれながらの夜のティータイムは、夫と二人の時とはまた違った楽しいひと時でした。

 去年とは違って、私は随分外界との接触が増えています。

 

 去年の今頃は、姉の死を受け入れるのと、タクロウの自立を受け入れるのに必要な時間をすごしていたんだなぁと思います。中途半端にしなかったから今があるんだと、停滞していたように思えた去年一年がとても重要で価値のある一年だったと感謝しています。
 タクロウもまた、たった一人で受験を戦った(もちろん家族や彼女の応援が彼を支えていてけれど)経験が、いかに彼を成長させていたか、今になって見えるときがあります。

 停滞しているようなとき、陰のとき、人は水面下で成長を始めているのだと思います。



 明日の夕方は、夫の従兄弟の息子さんが婚約相手を連れて御挨拶に来てくれます。彼はいつも人に感謝を忘れない誠実な青年です。それに寄り添うお嫁さんもまた素晴らしいです。夫を慕ってくれていて、わざわざ来てくれるのです。私たちは感激しています。

 2日間脳みそフル回転で疲れたけれど、明日はお掃除お料理頑張って二人を歓待します。

b0134673_22392012.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな


 
[PR]

by housewife_life | 2009-09-20 22:57 | アドラー心理学 | Comments(2)

勉強は楽しい? 木蓮は幸せそう!

 2日間勉強していたのは「アドラー心理学カウンセラー養成講座」というものです。

 全部で8日間。私は最初の2日間はインフルエンザで出席できませんでした。出遅れてしまったけれどできるところまで頑張るぞ~!と参加しました。まだあと4日間授業があります。

 カウンセラー養成の段階ともなると、みなさんアドラー心理学、勇気づけが身についていて、なんて居心地が良いのでしょう。このグループの中では誰もが安心して自己開示し、それを受け入れて勇気づける姿勢が出来上がっているからです。

 今まで受けていた「SMILE」や「ベーシックコース」は単に勉強というより、大きなカウンセリング効果があったと思います。勉強しながら誰もが、カウンセリングを受けた効果を感じてとても勇気づけられます。

 授業を受けている時、夫は夫ではなく、私にとって尊敬できて面白い先生になっているのに気がつきました。先生、すごいなぁ~と思いながら、授業が知的な刺激を促してくれて面白くてたまりません。先生、ありがとうございます!!



 さて、この先生、授業が終わってみると私の夫です^^
「今日から解禁!ビールを飲んで、餃子を食べる」
「そうだね。一週間よく我慢したし、今日はお疲れ様ってことで解禁だね」
ちょうどサークルが終わって帰ってきたタクロウと中華屋さんで落ち合って3人で乾杯しました。


b0134673_1011423.jpg
 

  主婦の仕事はバラエティーに富んでいるのよ!と植木屋さんに変身して我が家の数本ある木を剪定?していた私ですが、ついに今回はプロにお願いしました。

 以前に一度頼んだことのある植木屋さんに頼みました。木蓮が大きくなってどうしてよいのか...。
さすがプロです。支えを見栄え良く入れて、花芽を残して剪定してくださいました。

b0134673_1044892.jpg


 木蓮が幸せそうに見えます^^


 これから急いで支度をして実家に行きます。このところ忙しくて、電話だけで済ませていたので今日は母とお昼ごはんを食べます。えっ?お昼ごはんは誰が作るのかって?...母で~す。
自立しているから母は心が健康なんだと思います。
では、行ってきます。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-09-08 10:17 | アドラー心理学 | Comments(4)

SMILE とイラスト、糸の切れたタクロウ凧

 土曜、日曜とアドラー心理学による「SMILE」という子育て講座を受けました。先生はまたまた夫です。

 私が独身で幼稚園の先生をしていた時と、タクロウが幼稚園の年少の時の2回、この「SMILE」を受けたことがあります。

 今回16年ぶりに受けて、前回の「ベーシックコース」の時と同様に、つくづくよい講座、子育て法だと感じると共に、スマイルの実践のおかげでタクロウが素敵な青年に育ったと、これまたしみじみスマイルの素晴らしさを思いました。

 迷った時、問題が生じたとき、スマイルを実践していたために問題を大きくすることなく乗り越えられたし、また問題に巻き込まれたり流されることがありませんでした。スマイルはしっかり柱となって私を支えていたんだと改めて感じました。

b0134673_21303116.jpg



7月に入って以来、アドラー心理学の勉強(ただいま復習編)とイラストで充実しています。

             庭仕事の後のティータイムのイラストの一部分
b0134673_21305072.jpg


   細長いイラストは園芸店に苗を買いに行った場面です。本当はもう少し長いのですが。
b0134673_21315285.jpg

     少しアップで...
b0134673_21321680.jpg



 今日は従姉の家に行き、二人で美味しいものを食べながらリラックス。二人で、「ここに(私の)おねえちゃんが一緒にいるはずなのに...。でも、今日は来れないだけで生きているような気がするね...」と、ちょっとしんみりしてしまいました。よく三人で遊んでいましたから。
従姉が足や肩をたっぷりマッサージしてくれて、私はポカポカで帰って来ました。本当にありがとう。優しい従姉です。
 

一方タクロウは、この間は例のゴキブリ「SOS」の友達が泊まりに来て朝帰って行き、その日の夜タクロウはサークルコンパの後友人宅へ泊まり、次の日朝帰り、一日空いて今晩は幼馴染のK(ご近所)にお泊りだそうで、タクロウが宅浪時代、私が予測していた通り、タクロウは糸の切れた凧状態ですね。

 でも勉強、サークル、特にサークルは幼い頃からの遊びとアメフト部で培った能力(映像を作る技術や仲間作り、連絡、実務に至るまで)を生かす時が来た~ッと言う感じで生き生きと活躍しています。
いいぞ!タクロウと応援する私です。


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2009-08-03 21:52 | アドラー心理学 | Comments(0)

今日はのろけます!アドラー心理学と家族のこと

 土曜、日曜と先日の続きの「アドラー心理学ベーシックコース」の3、4回に出席し、感動のうちに終了しました。

 皆さんそれぞれに目標や悩みを持っての参加でしたが、より目標への信念を強めたり、元気のなかった方が元気になられてもっと学びたいと思われたり、その姿に私もたくさんの勇気をいただき、最後は涙が出てしまいました。
 
 勉強しながら改めて、私は拙いながらアドラー心理学で学んだことを生かしてこられたなぁ、私が色々なことに幸せを感じ、感謝して生きているのはアドラー心理学を学んだおかげだなぁと感じていました。

 そして、その証の一つがタクロウだと、講義中に何度も思いました。

 共同体感覚と自尊心をしっかり持ち、権利と責任をわきまえ、人を愛することのできる青年に育ちました。
困難に立ち向かい、受け入れていく強さは、これから経験の中でもっと強くしていくことでしょう。


 失敗したりしながらも私達夫婦はタクロウを勇気づけて育ててきたと思います。私は、特に失敗も多かったけれど、完璧でなくても家族に勇気づけ合う雰囲気があれば、こんな素敵な青年を育てられるのだと実感しています。

 夫は、人に教えていることを家族にもちゃんと実践しています。これは本当にすごいことだと思います。
 夫は感情を使って家族をコントロールすることがないので、私は居心地がよいのです。I'm ok. You are ok.だから私はありのままの私でいられるのです。
「あなた(私のこと)は、…タクロウは…、よくやっていますよ。」
「嬉しいなぁ、ありがとうね」
「幸せそうだねぇ。」
「失敗してしまったんだね。次に君になにができるか考えようか」
そんな勇気づけのことばによって自分を受け入れる喜びを感じ、勇気が育っていくのだと思います。
―勇気とはリスクを引き受けたり、困難を克服しようと努力したり、協力できるといったことで、自己信頼に基づく活力―

 ほめるのとは違う…ほめるのは条件を満たしたらもらえるご褒美…失敗していてさえできるのが、勇気づけなのです。

 授業は笑いがたっぷり。
私は夫の授業が大好きです。分かりやすくて、その上笑いのツボにはまって引き込まれます。

 グループ討議が多いので、他の人の考え方、見方に学ぶところ、気付きがあり、自分の思い込みにも気付くことができました。

 最後は、暖かで包み込むような愛情にあふれているS さんと、夏空のように明るくて自分の心を大切に一生懸命生きているKさんからたくさんの勇気づけをいただき、
「私って、素敵かも!」
なんて思えて^^;なんだかホカホカになって講座を終えました。

 先生!^^受講生の皆さまありがとうございました。


夫の本の原稿ができるたびに、校正という口実で最初の読者になっていた私。子育で迷うとき、何かにつまづいたり苦しいときに開いてみたりしていた夫の本やアドラー派の本を、もう一度ていねいに読みなおしてみようと思います。

b0134673_1624879.jpg




最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2009-07-21 16:32 | アドラー心理学 | Comments(10)

20年半ぶりの「アドラー心理学ベーシックコース」とカナルカフェ

 土曜日のバイトの後お医者さんに行きました。ヒョウソウは薬が効いているので、切る必要はなしとのこと。
薬様!ありがとうございます!!
でも、完治したわけではないので、黴菌が入らないように気をつけなくっちゃ。
 バイトは夏休み前の最後のバイトでした。これで9月の第2週までお休みなります。慣れないうちに夏休み。また忘れて一から教わることになりそうです^^;



 日曜日は先日の「夢解釈」で弾みがつき、夫の「アドラー心理学ベーシックコース」を受講しました。
前日に1回目がありましたがバイトで出られませんでした。全部で4回ありますが、あとは全部出られそうです。

 この講座、私は20年半前に受けていて、今回は20年半ぶりの再受講でした。

 生活の中で夫からごく自然に教わることが多いので、講義は理論的なおさらいになり、改めてアドラー心理学の面白さ、必要性、有用さを感じました。つくづく、面白いなぁ!!と。

 たくさんの方と出会えて、ワークを通して真剣にお話できるのも色々な気づきをもたらしてくれます。
 
あと2回が楽しみです。



 それ以上に楽しかったのはアフターワークの一時でした。
タクロウも誘ったのですが友達といて、今回も夫と二人でデートとなりました。
神楽坂のおでん屋さんでいっぱいやり(って、私は飲めないけど^^;、あの冷酒は絶品、ここ数年の中での大ヒット、いや、場外ホームラン!だった)そのあと神楽坂の路地をふらふら。

夫の提案で飯田橋のお堀端の「カナルカフェ」へ。大好きなところです。

b0134673_1065139.jpg
b0134673_1071434.jpg

↑ここが入り口です。正面を進むとレストラン、右に行くとカフェです。
レストランは結婚式のため貸し切りになっていました。
b0134673_10103438.jpg

でも私たちは、お堀の風に吹かれてのお茶をしに来たので右の通路へ。
カナルカフェはお堀の上に浮かぶイタリアンレストラン、カフェです。
b0134673_1013843.jpg

高いビルは法政大学です。
通路を歩いて、奥の白いテラスでお茶を飲みました。

b0134673_10151549.jpg
b0134673_10154471.jpg

向こうに見えるのがレストラン。結婚式で盛り上がっているようです。

花嫁、花婿がボートで私たちの横を通ってレストランに上陸!
b0134673_10204647.jpg

それと共に花火があがりました。

b0134673_10182420.jpg
b0134673_10185990.jpg




テラス席のお客さんたちは素敵なハプニングに拍手でした。
心地よい風に吹かれて楽しいテーィタイム。今日の素敵なしめくくり。
b0134673_10312572.jpg


素晴らしい講義と、素敵な一時をありがとう^^ 20年半前のベーシックコースがあって、今の私たちがいるんだね。



最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな


 
[PR]

by housewife_life | 2009-07-06 10:44 | アドラー心理学 | Comments(4)