カテゴリ:鑑賞( 120 )

「母と暮らせば」

クリスマスイブの今日

いつのクリスマス以来?!な感じで夫がお休みでした

夫と母と3人で

前から計画していた映画「母と暮らせば」を観ました



b0134673_21390344.jpg


美しい映画でした

映画の後、感動が深すぎて

ことばで表したくないほど…

ことばにすれば

安っぽい思いになってしまうから

ただ、観たらいいですと言えるだけ…




ところで、こんな記事がありました(12/18毎日新聞・夕刊)




b0134673_21390462.jpg


若いにのファン、嵐ファンが

戦争、原爆シーンのある映画はにのが出ていても怖い

というのを複数目にしました

怖いのは戦争そのものが怖いのか

限りある生命の現実を直視することが怖いのか…

怖がらずに観てもらいたいです

哀しいけれど、とてもとても美しい映画です

P.S. 今日の嵐東京ドームコンサートには山田監督が観にいらしていて

  立って身を乗り出してトロッコに乗ったにのに手を振っていたそうです



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2015-12-24 22:02 | 鑑賞 | Comments(0)

秋の音色とオールドバカラ

今年は例年より一足早く

クリスマスシーズン前の晩秋に開催されている

「秋の音色とオールドバカラ」展に行ってきました



b0134673_22145993.jpg



この部屋にいると

PCもテレビもない

けれど、穏やかに呼吸ができる

静かな時間があった時代を思い出すことができます

そう、今だって私さえ求めれば

取り戻すことができる時間…



b0134673_22145934.jpg



バカラのグラスでシャンパンを…私は飲めないのでスパークリングジュースを…

シャンパンの色がバカラと引き立ってあって綺麗です

現代のバカラにはない、手作業の柔らかで暖か味のある煌めき



b0134673_22150075.jpg



このグラスの台も凝っていて可愛いらしい



b0134673_22150043.jpg





b0134673_22150101.jpg



シルバーのティーポットいっぱいにミントティーもいただきました



b0134673_22150171.jpg



昨年作っていただいて

とてもとても気に入ったグリーンのリースを今年もお願いしました

これは昨年のリースです



b0134673_22385776.jpg





b0134673_22385836.jpg



今年はどんなグリーンのリースか楽しみです

リースの他に…

最近、夫とタクロウが日常で珈琲を飲むカップ&ソーサーが欲しいなぁと思っていたので

今日は、イギリスのウッズというメーカーのカップ&ソーサーもいただきました



b0134673_22150278.jpg




ジョンレノンも使っていたというカップ&ソーサー

(ポールの方が圧倒的に好きですが 笑)

日常的で暖かい感じで、ちょっと懐かしい



b0134673_22150306.jpg



この薔薇とゼラニウムは大野さんのサービス

とってもいい香りです



b0134673_22150385.jpg



この写真で影になっているカップ

私が4セット希望したのだけれど

ソーサーがなくて、少し縁にムラがあるということで

カップだけプレゼントしてくださったものです

本当に嬉しい!ありがとうございます!

また1セット見つかって入ってきたら迎えに行きます!

季節ごとに、ここを訪れるたびに

人生の中での大切なものを思い出します

時を超えて大切に繋がっているオールドバカラや食器たちを創り上げた職人さんたち

時代の目先のカッコよさや、要領のよさだけで勝ち抜いていくものには目もくれず

ひたすら手元を見つめて

こつこつと心を込めて創り上げた本物は

寡黙でもこうして大切なことを教える力を持っている…

その架け橋を丁寧に黙々とされている大野さんは

そのお役目を持っているのだなぁと思います

銀座奥野ビル6階

Salon de la にて

11/24まで



b0134673_22385826.jpg




























クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-11-18 22:54 | 鑑賞 | Comments(0)

のだめとシルバーウイークが終わった

ずいぶん前から、シルバーウイークは

描くウイークに決めていたので

食料を買い出しに行く以外は

この素晴らしいお天気にもかかわらず

ずっとこもって描いていました

夫は仕事、タクロウは旅(どこにいるのか不明)で

一人没頭できる またとないチャンス!

待ってました、シルバーウイーク!なのでした

昨日、今日のお絵描きの友は・・・


b0134673_22193405.jpg


ベートーベンピアノ・ソナタ 8番 悲愴

ベートーベンピアノ・ソナタ 14番月光

ベートーベンピアノ・ソナタ 28番田園

ベートーベンピアノ・ソナタ 30番、31番、32番

本の友もありました

絵に疲れると広げては、W・ダイアー2冊読みました



そして昨夜はいよいよ

のだーめちゃんの「最終楽章 後編」を観ました

映画館でも泣きましたが

昨夜も・・・007.gif

夫は上野樹里ちゃんに012.gif053.gifでしたが・・・044.gif

あーぁ、このところの楽しみが終わってしまった感じだね・・・

さびしぃ・・・ん?

何?また初めから見よう?!005.gif

あれは、確かに何度でも見たくなる中毒症状を引き起こします 笑


さて、今日で連休も終わり

明日は、シャバに出ましょうか


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2015-09-23 22:43 | 鑑賞 | Comments(0)

音楽に包まれて

世間はシルバーウィーク

我が家は夫は恒例のお仕事

私も昨日はお仕事で

今日は1日絵に集中していました

この絵はお仕事です

それでも、夕べはのだめの映画

最終楽章 前編

を観ましたよ (*ˊૢᵕˋૢ*)ˉ̞̭ෆ⃛

残すは後編のみとなり

ちょっと淋しさも漂いますが…

のだめの余韻で

今日はラフマニノフ ピアノ協奏曲2番をかなり長い時間

エンドレスで聴きながら描いていました

さすがに飽きて

途中から、今日の青空のように静かに澄んだ

Jisongの声が聴きたくなりました


b0134673_22415140.jpg


ずいぶん前に買って

最近は聴いていなかった…

透明感のあるソプラノボイスとハイトーンボイスが本当に素敵です

一番好きな収録曲は

カッチーニのAve Maria

連休中の家の周りはとても静かで

私の変わりないいつもの生活が際立って穏やかに感じる今日でした





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-09-20 22:44 | 鑑賞 | Comments(0)

第100回院展

第100回 院展に行きました

おおこのおかげで那波多目功一先生のギャラリートークを聴くことができました

私たちが一番観たいのは、いつもこの那波多目先生の絵です

那波多目先生、斎藤滿栄先生、他5名の作家さんたちが

那波多目先生のリードで自作の絵のお話をしてくださいました

日本の最高峰の人、またはその未来を担っているであろう人たちなのに

全く謙虚に、真摯に制作に向き合い

驕ることなく高めあっている

おおこ曰く、「それが日本美術院の伝統、姿勢」

トークは心に響く言葉がいくつもありました

こんな凄い作家さんたちでも

描く心のもとはシンプルなことなのだなぁと

「言葉にならないから、絵で表現しているのだ」

「絵に理屈はいらない。理屈なく描いた下絵はよかったのに、こうしたらよくなるかな、こうした方がいいかなとやっているうちに上手くいかなくなる。上手くいかなくなると理屈が出てくる」

この二つのお話が深く心に残りました

絵はがきを買ったので載せようかと思いましたが

あの素晴らしい原画のよさが消えてしまうようで

載せないことにします

その他のエピソードや厳しい絵の評価など
聴くことができ

あっと言う間だった1時間のギャラリートーク

その後、もう一度一巡して作品を観ると

新たな側面が見え

理屈はいらないという話が腑に落ちたのでした



b0134673_23223390.jpg







クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-09-13 23:26 | 鑑賞 | Comments(0)

のだめうさぎ?!

今晩のこと…

夫「のだめの続き、観るか?」

私「ぎゃぼー!!」⁽⁽◝(ˊʂ˴⁎)◞՞

と、いうわけで本日めでたく

のだめのドラマを観終わりました

あぁ、面白かった!

笑った、泣いた!

夫→上野樹里が有村架純を僅差で上回ったようです

(また、そのうち順位は入れ替わるであろう)

映画も観たけれどDVDを持ってないので

買いたいな

                    のだめうさぎちゃん?!
b0134673_2364521.jpg

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-09-07 23:12 | 鑑賞 | Comments(0)

大野智個展"FREESTYLEⅡ"

昨日、個展「FREESTYLEⅡ」行ってきました

嵐の大野智くんの7年ぶり2回目の個展です

私が絵を描くとき、勝手に大野くんに勇気づけられています

大野くんは、美大を出てなくても、好きな気持ちだけでここまで描けるから

そして

こう描かなければ、創らなければいけない、という慣習に縛られずに試行錯誤することで

技術を自分のものにしているから



個展での一番のお目当ては、パグの絵の連作

これだけ観られれば満足なくらいのパグ狙い

鑑賞も、順路などがないフリースタイル

一気にパグに突進しました 笑

キャンパスにアクリル絵具 (145.5×227.3)


b0134673_22030455.jpg




b0134673_22030444.jpg

「美術手帖 9月号」より


これは大野くんと仲良しの奈良美智さん談話です ↓

「彼の場合は、誰も教えてくれないから、俺がちょっと言った言葉を自分なりに考えて、ひとりでやってるんだなって思う

勉強したい気持ちが強いんだよね

マテリアルに対する感覚がすごくあって、形もとれるし、趣味を超えてる

自分とすごい似てるんだけど、彼はただ描きたくて描いているだけなんだよね、ひとりでさ

時間もない中で制作を続けるっていうのは、精神的にすごい大変なこと

それでもやってるから、本当に必要なことなんだなって思う

絵がどうのっていうより、その姿勢が好きなんだよね…」

描きたいから描くというシンプルな行為で

目立つのが苦手な彼が、厳しい世界の中で自分のバランスを保ってきたんだな、と心を打たれます

パグの原画は、柔らかな優しさを放っていて期待以上に掴まれました!

何段階もステップアップしている大野くんに

ちょっぴり嫉妬さえ感じる個展でした←リスペクトです!

私も、描きたいから描くタイプ

それでいいよね、と勇気ももらいました

クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ
[PR]

by housewife_life | 2015-08-20 21:50 | 鑑賞 | Comments(0)

アドラーという名のオルゴール

b0134673_21305388.jpg

イギリスには来ていません


b0134673_21305331.jpg

コッツウォルズには来ていません


b0134673_21305468.jpg

来ていません!


ここは那須高原のステンドグラス美術館

蜂蜜色の建物がイギリスはコッツウォルズ地方のよう

建物の中は撮影禁止なので残念!

礼拝堂のステンドグラスは圧巻でした

そのステンドグラスを見つめながら

オルゴールやパイプオルガンの生演奏を聴きました



一方、撮影OKだったのが、オルガン美術館

たくさんのオルゴールの中で私が気に入ったのは…


b0134673_21305495.jpg

アメニティグッズ入れのオルゴール


b0134673_21305452.jpg

とても小さな銀細工のオルゴール


b0134673_21305530.jpg

小さいけれど凝っていて

猫たちがブランコのメリーゴーランドに乗っています


b0134673_21305541.jpg

オルゴールの音色と共に小鳥たちが鐘を鳴らす

デザインが好き

この↓デザインも好きです

女の子が回り、鐘も鳴ります

b0134673_21305610.jpg


このオルゴールの音色は聴くことができましたが

日本の琴の音に似ていました

ディスク型の大きなオルゴールに「アドラー」というのを夫が見つけました

たくさんのオルゴールの中で、よくぞ見つけた

さすが!アドラーには呼ばれるのネ

b0134673_21305693.jpg






[PR]

by housewife_life | 2015-08-17 21:10 | 鑑賞 | Comments(0)

大好きな「のだめ」

撮り溜めておいた大好きな「のだめカンタービレ」のドラマ

夫にも見て欲しくて

ずーっと前から一緒に観ようと誘っていました

仕事を早く切り上げて、3:00過ぎに帰えると夫からの電話

「今日はのだめでも観ようか」って!

ぎゃぼー!観まーす!!←のだめ語 ⁽⁽٩(๑˃̶͈̀ ᗨ ˂̶͈́)۶⁾⁾ ♡

覚えていてくれたんだー!ありがとう!

張り切って珈琲いれてスタンバイ

夫はクラシック狂だから気に入るはず

上野樹里可愛いし ♡


b0134673_23155248.jpg


夫も夢中になって

全11話のうち6話まで観ました

バックに流れる曲まで、いちいちなんの曲か教えてもらっちゃう (σ´∀`)σ


b0134673_23155233.jpg



映画のぶんもあるしね

この最終章までは…


b0134673_23155315.jpg

まだまだあります

時間をかけて、また観ようネ


自分の心に、とっても正直なのだめちゃん

それでも、いつの間にか今の自分が窮屈になって苦しくなる

千秋先輩やSオケの仲間たちも

自分では気づかないうちに成長に向かって

今までの自分に窮屈になり

本当に自分が求めているものを手探りしながら

苦しみを経て、成長していく

自分に嘘をついていたわけではない

成長して、気づいて、苦しくなって

乗り越えて、成長して…

本当の自分になっていくんだな

のだめに大笑いしながらも

そんなところが大好き

















クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-08-14 22:45 | 鑑賞 | Comments(0)

現代アート 高橋コレクション展

「ミラー・ニューロン 高橋コレクション展」に行きました


b0134673_23284609.jpg



…昨日ね

高橋さんという方は精神科医で

日本を代表するような現代アーティストたちに早くから注目し

彼らの作品をコレクションしているスゴイ人なのです

私は、2009年に高橋氏のコレクション「neoteny japan」を観ました

その時の感動は今も忘れません

古典的な縛りに縛られない

ほとばしるような表現のエネルギーに初めて出会った時でした

奈良美智、村上隆、会田誠、山口晃、鴻池朋子、池田学、名和晃平……

それ以外の若手たちの作品の中には、例えばこんな作品がありました


b0134673_21575111.jpg



はじめは、何コレ ( •᷄ •᷅ ) と思いました

これはネオテニーの時のなんですが

これがアートなの? ( •᷄ •᷅ )

商店街の下手な着ぐるみじゃあるまいし…なんて

でも、ふと思ったのです

普通?こんなのアートじゃない、って作らない

でも、この人(三宅信太郎さん)は作ったんです

内から溢れる作りたいエネルギーを爆発させて

私のような評価をする人にはおかまいなしに

こんなの作れば、作れるよ

と言っているだけでは生まれない

でも、三宅さんは表現したから、作ったから、ここに作品として生まれたんだ

そう気付いた時

現代アートの素晴らしさに感動したのです

こうでなければアートでない

こういう技術で描かなければ一流じゃない

今まで長いことあったそんな常識、囲い、プライドを吹き飛ばしてしまう

先にも書いた、表現したいエネルギーに感動し勇気づけられました

それからは、ヨーロッパから有名な古典的画家のコレクションがきても

ほとんど見に行かなくなりました

かと言って現代アートは自己流だけなわけではありません

歴史に習った素晴らしい基礎と技術があっての

アーティスト独自の表現

会田誠さん、山口晃さんの上手いことと言ったらため息が出ます


b0134673_21575179.jpg


奈良美智さんと草間彌生さん

はじめは奈良さんの絵には誰でも描けそうじゃない?と疑問を感じました

けれど大きな原画の前に立つと

この子は昔子どもだった私の心を連れてきます

大人の思う通りにはならないよ!という意志だったり

小さな私だけれど、私は絶対的に私なんだ!という意志

この少女のかたちでシンプルに描くことをした奈良さんはすごい!と気づくのでした

描くことも、生きることも図々しく私を貫いていいんだ!と教えてくれたのが

2009年の現代アートとの出会いでした

昨日新しく出会い魅きつけられたのはこれです

木の彫刻のようですが、これはファイバーが素材のようです

西尾康之さん「Crash セイラ・マス」


b0134673_21575125.jpg



この大きさがどれくらいかというと

棒人間が私だと思ってください


b0134673_21575221.jpg




もう少し人間が小さいかな?

一つの部屋にこれだけがあります

前に立つと二つの目がものすごい威光を放って睨んできます

お腹の中はくり抜かれ、彫刻がなされていて、下の鏡に映るようになっています

可愛い系の絵を描く私に不釣り合いでしょうが

気に入りました

腰から脚のフォルム、この表情

2周、じっくり眺め回しました

ただ迫力があるというより

心に秘めている怒り、破壊的なエネルギーを

代わりに吐き出してくれているような親近感を感じました

また会いたい 笑

これだけは撮影OKだった草間さんの作品


b0134673_21575283.jpg




b0134673_21575258.jpg




b0134673_21575303.jpg



高尚なもの、と見上げていたアートが

可愛いとか、オタクとか、日常の視線に降りてきた

それが現代アート

一方で日本画のような正統派の美も大好きだけれど

私は現代アートにインスパイアされるのです
<br>
2009年の「neoteny japan」の時の記事はこちら☆







クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-06-05 20:46 | 鑑賞 | Comments(0)