「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:コンサート( 22 )

コンサートもいいけど…

今年のクリスマスは珍しい🎄

24、25と夫がお休みで家にいるクリスマス🎄✨

仕事もしているけれどね。

タクロウは誰かさんと旅行に行ってしまったし、二人で好きなようにのんびり☺

今日は、Bunkamura オーチャードホールに第九を聴きに行きました。






b0134673_21324322.jpg




指揮:アヌ・タリ
ソプラノ:小川里美
アルト:向野由美子
テノール:宮里直樹
バリトン:上江隼人
合唱:東京オペラシンガーズ
東京フィルハーモニー交響楽団

エッレル:『夜明け』
ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調『合唱付』作品125






b0134673_21380879.jpg




写真よりも可愛らしく、ブロンドの髪が輝くエストニア出身のアヌ・タリさんでした。

一曲目の『夜明け』は、エストニアの作曲家ヘイノ・エッレルの作品で、

日本人には馴染みのない曲でしたが、とても美しい曲でした。

しかし、馴染みがなさ過ぎて、曲が終わっても楽章が終わったのかと拍手が起こらず、

指揮者自ら終わりをアピールしたほど。

でも、演奏も曲もとても素晴らしかったのですよ✨😊✨

素晴らしかったと言えば、合唱です。

さすが、小澤征爾が組織した東京オペラシンガーズ!

メンバーがソリストとして活躍しているだけのことあって、

今まで聴いた第九の合唱で一番素晴らしかったと思います。



コンサートも素敵だったけれど、ミーハーことりは夕食が楽しみでした😋

あっ、コンサートは15:00〜だったの。

夕食は、Bunkamuraの下のLES DEUX MAGOTS PARIS(ドゥ マゴ ) へ。





b0134673_21590066.jpg







b0134673_21593238.jpg




カジュアルでお洒落で好きなお店です。






b0134673_22011126.jpg




Bunkamuraミュージアムで『マリメッコ展』をやっているので、

私は、マリメッコににちなんだフィンランドメニュー、サーモンにしました。

お皿が素敵✨





b0134673_22032925.jpg



バゲットもすごく美味しかった🥖

クリスマスだから、私だけケーキをいただきました😆






b0134673_22040920.jpg


夫はコーヒー。

私はここで、紅茶しか飲んだことがなくて知らなかったのだけれど、

コーヒーもポットでサーブされました😍





b0134673_22051595.jpg




周りは、大人ばかりなのでいい雰囲気でゆっくり過ごせました。

いい話もいっぱいできました。

夫は、私が10分かけて語った思いを、一言でまとめてくれる。

よーく聴いてから、話してもいいですか?と夫が言うとワクワクします。

すると、すとんと腑に落ちたり、私が一番言いたかったことが明確になったりするので、

夫と話す?夫に聴いてもらうのは幸せな時間です。

そんな時、お隣の話しが耳に入ってきて…

😳😳その方は、本日の男性歌手さんでした😍


我が家にクリスマスはない、なんて言っていたけれど、

今年は夫とこんな風にクリスマスを過ごせて嬉しかった💖

ありがとう〜🙏💖



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-12-25 22:35 | コンサート | Comments(2)

ドヴォルザークとParisデビュー

昨日は夫が買っておいてくれたコンサートに行ってきました。

オペラシティコンサートホールで東京フィルハーモニー交響楽団・指揮: 尾高忠明

ドヴォルザーク:
序曲「謝肉祭」
チェロ協奏曲(チェロ:岡本侑也)
交響曲第八番

チェリスト岡本侑也はまだ22歳のドイツミュンヘン音楽大学の学生。

でも、とても素敵で酔いしれてしまいました。

私はドヴォルザークには慣れていなかったけれど、夫が素敵だぞぉと言っていた通り、八番の3楽章、4楽章は特に、本当に素敵でした。

指揮者、尾高忠明はさすが第一人者のスマートな指揮。

あんなに何度もオーベーションがあったのにアンコールはなしでした。


帰ってから夫はまたドヴォルザークのCDをかけて、ワインを一杯。

そのワイン、バカラのParisでいただきました。



b0134673_17095799.jpeg


いいシチュエーションでデビューできました。



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-06-11 17:15 | コンサート | Comments(0)

佐渡裕指揮 トーンキュンストラー管弦楽団の夕べ

夫と佐渡裕さん指揮、トーンキュンストラー管弦楽団のJapan tour コンサートに行ってきました。

今日はサントリーホールです。

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調作品61
ヴァイオリン レイ・チェン
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」作品40

2015年9月よりトーンキュンストラー管弦楽団音楽監督に就任した佐渡さん。オケとの信頼関係が演奏にも表れていました。

人間力を感じさせる素晴らしい指揮、そして演奏でした。

ヴァイオリンの若きレイ・チェンとの息もぴったり。

ここにも強い信頼関係が感じられ、佐渡さんの人柄に感じ入りました。

レイ・チェンの集中力の素晴らしさ!

佐渡さんとのアイコンタクトの迫力!

ナイスガイな風貌からは想像できない細くて繊細な指!

私はオペラグラスで見まくってしまいました。

そして前のめりでその音に引き込まれてしまいました。

演奏が終わった瞬間、ブラボーのどさくさにカッコイイ!!と叫んでいた私 (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)

アンコールが収まらず バッハの無伴奏バイオリン サラバンドを演奏してくれました。


そして交響詩「英雄の生涯」

素晴らしかった!(語彙が少な過ぎます (^_^;))

ドラマティックなシュトラウス。

コンマスのソロの素敵だったこと!

大満足の演奏だったのは私だけではありませんでした。

今回、またもアンコールの凄さが前回を超えて更新です。

帰る人もほとんどおらず、スタンディングもあり、アンコールで2回も演奏してくれました。

J.ストラウス:ピチカートポルカ
R.シュトラウス:オペラ 「ばらの騎士」よりワルツ

オケと佐野さんの親密度を感じたのは、アンコールで舞台に出て来ながら目配せで既に指揮が始まっていたところ。

歩きながら指揮をして指揮台に上がるという。

厳しい音楽の世界にあっても、短期間で良好な人間関係を築ける佐渡さんという人柄の持つ魅力が、音楽にも溢れているように感じたコンサートでした。

コンサート終了後、熊本災害募金が行われ長蛇の列ができました。

私たちも並んで順番を待ち、募金箱に辿り着いたら…そこには佐渡さんがいて、一人一人と握手してくださっていました。



b0134673_23263422.jpeg


演奏後でお疲れでしょうに、コンマスも笑顔で並んで見送ってくださいました(左の女性)


b0134673_23281778.jpeg


最後まで暖かく、ゆめのように素晴らしいコンサートの夜でした。

いつものことながら、クラシック好きでいつの間にかチケットを買って連れて行ってくれる夫、ありがとう! ୧(୧ˊ͈ ³ ˋ͈)⋆ೄ



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-05-23 23:37 | コンサート | Comments(0)

魂のステージ

夕べは、夫とサントリーホールでの

チェコ・フィルハーモニーのコンサートに行きました

指揮者はチェコフィルの首席指揮者イルジー・ビエロフラーヴェク

b0134673_16291609.jpg



b0134673_16291678.jpg



b0134673_16291704.jpg


世界のチェコフィルの素晴らしさに浸る素晴らしいコンサートでした

コントラバスとティンパなどの打楽器の位置が逆で

正面の一番後ろに8台ものコントラバスが並びます

管楽器の音色が際立って素晴らしい

夫と特にピッコロの音色に驚き

ファゴット兄弟(命名私)の双子のように揃った波打つ動きも

あんなに動くファゴット見たことない!笑

と、ファゴット兄弟と共に酔いしれました

バイオリンの音色も素晴らしかった…

ベートーヴェン5番は圧巻

鳴りやまぬ拍手に、なんと!

トリプルアンコ!

トリプルとか!すごい

b0134673_16291730.jpg


ビエロフラーヴェクのサービス精神

アンコールも素晴らしかった!

若い頃、それこそ駆け出しの頃

安ホテルに長期滞在して

日フィルやN響の招待で日本のオケで指揮を振っていたことがあったそうです

一人では出会わなかった世界

夫の隣でこうして最高のオケ、指揮者の演奏を聴ける幸せ

本当にありがとう


ところで…

前日は…

なんと!

夫ときみまろ爆笑ライブに行っていた!

ビエロフラーヴェクもきみまろさんもほぼ同年代

私の夫も同年代

ビエロフラーヴェクやきみまろさんのステージも

夫のアドラー心理学の普及も

生涯をかけて創り上げた魂のステージに変わりなく

その姿こそが、人に教え、感動を与えるのだと尊敬の念を感じています







クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-10-29 16:33 | コンサート | Comments(0)

読響の三大協奏曲

は〜〜〜〜 (*´ㅂ`*)

よかった……

今晩のコンサート……

もう、書くの大変だから写真をペタ


b0134673_22455361.jpg



夫が行こうと買っておいたのだけど

仕事が重なってしまい

おおこにピンチヒッターをお願いして一緒に行きました

コンサートの前の、おおことのお喋りも大満足な上に

今晩のコンサートの素晴らしさに大々満足!


演目は3曲とも協奏曲


b0134673_22455420.jpg


そして、演奏したのは

フレッシュな天才たちでした


b0134673_22455410.jpg


15歳の天才ヴァイオリニスト服部百音

指揮者の下野さんがタクトを下げた瞬間に

観客より早いんじゃないかというくらいすぐに

オケの人たち全員が足を踏み鳴らし弓を鳴らして讃えました

なかなか見ない光景です

堂々たる演奏の後のアンコールでの初々しい姿に思わず笑みがこぼれました

チェリストは、おおこ曰く

まるで石膏ボーイズのメディチ!

b0134673_22455554.jpg

そのメディチがチェロを奏でるのだからまりません!


しかし、圧巻だったのは、何と言っても

ソウル生まれのピアニスト HJリム

ドレスではなく黒いシンプルなパンツスタイルに

ストレートの黒髪ロングで

超絶技巧を要するチャイコフスキー1番を

力強く絢爛豪華に

一瞬も観客を離さない勢いで弾き切りました

魅了されました……

アンコール曲は自作の曲で「ファンタジー」

これもまた、超絶技巧な曲

おおこと、はぁ……と、しばらく余韻に浸ってしまいました

3人の天才を際立たせた指揮者

下野竜也さんが素晴らしかったことを

最後に付け加えておきます


帰って夫に、すごいよかったーーー!と電話

私とおおこの大感激を喜んでくれました

素敵なコンサート、ありがとう!!













クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-08-21 21:21 | コンサート | Comments(0)

西本智実 ベートーベン交響曲第7番

今日は1日PCとにらめっこ…

インスタに貼るためのHPを2日がかりで開設

達成感〜 ❁◟(∗❛ัᴗ❛ั∗)◞❁


ところで、何日も前になりますが

オペラシティで、夫と西本智実指揮のコンサートを楽しみました

まずは、下の le pain quotidien で腹ごしらえ (๑´ڡ`๑)

お一人様で…

出張先から駆けつける夫とは座席で待ち合せです

さそれにしてもお洒落な店内 。:°ஐ♡*。:°ஐ♡*



b0134673_22270788.jpg




b0134673_22270756.jpg




b0134673_22270860.jpg


アボカド、お野菜たっぷり!

こう見えて、5つに切られているので意外と食べやすかった ( ்▿்)


そして肝心のコンサートは…?

それがサイコーに素晴らしかったのです!
*:ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*


曲目と楽団は ↓ ↓


b0134673_23161788.jpg



ピアノも素晴らしくよかったけれど

やっぱり大好きな7番!

西本智実さんのコンサートは4回目なのですが

ブタペスト・フィルハーモニーと共に

この7番を素晴らしい7番にしてくださいました (*̩̩̩ᵋ *̩̩̩ )

目の前でタクトを振る西本智実さんは

時に指先までエレガントに

突如として仁王立ちの如く力強く

音を操ります

私はじっとして聴いていられないほど酔いしれました

あぁ!タクトが振りたい!めちゃくちゃだけどタクトが振りたい!₍₍ ◝(-᷅_-᷄ )◟ ⁾⁾

しかし、それほど感動したのは私だけではなかった…

演奏が終わるやいなや、物凄い拍手です

今までのコンサートで一番の喝采

マーラーの時だったでしょうか?←ほ〜ら覚えてないんだから

今までで最高の喝采だね

というのがあったんです

しかし、それを凌ぎました

アンコール曲も演奏し、それでも拍手は鳴り止まず

ホールに灯りがついてもは拍手は鳴り止まずに

引き摺り出された西本智実さん

コンサートマスターが拍手を断ち切るように退場することで

コンサートは幕を閉じたのでした

本当に素晴らしい7番をありがとう ( ˘̥̥̥̥̥ ᵕ ˘̥̥̥̥̥ )♡

このコンサートに連れてきてくれてありがとう、夫様 (๑ˊ͈ ꇴ ˋ͈)ᵃʳⁱᵍᵃᵗᵒ〜♡॰ॱ

ホールをぞろそろ出る時、大学生の女の子二人が

「千秋先輩がいるみたいだったね」…と

(のだめ、のだめ!)

きゃう〜〜ん!ホント!ホント!と会話に飛び込みたかったことりでした









クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-06-09 22:17 | コンサート | Comments(0)

古楽器でバッハ協奏曲

今晩は夫とコンサート

紀尾井ホールで

「寺神戸亮が名手たちとともに贈るーバッハ協奏曲」


フルートとヴァイオリンとチェンバロのための協奏曲 イ短調

ヴァイオリン協奏曲 第一番 イ短調

ヴァイオリン協奏曲 第二番 ホ長調

ブランデンブルク協奏曲 第五番 ニ短調

アンコール : G線上のアリア


演奏はバロック・バイオリンをはじめ全て古楽器

フルートは木管

チェロは現代のより小さくて、ヴィオラは見るからに大きい

今日の演奏を聴くと

現代楽器がいかに均等に大きな音が出るように改良されているのかがわかります

でもその代わり

バロック音楽に重要な一つの音を弱音から次第に強くして、また弱くして終わる

という技法などは失われていってしまったんですって

バロック・バイオリンは、各弦に個性があって均等さを求める現代楽器から見ると

それは欠点に見えるけれど、実は様々な音色を持っていて

とてもよい効果を発揮しているのだそうです


確かに、均一さや音量には欠けていたけれど

弓が上がっていく間に、たった一つの音が柔らかく弱くなったり強くなったり

思わずひきこまれるふくよかな表情がありました

紀尾井ホールは室内楽向きの比較的小さなホールですが

もっと小さなホールで聴きたいなぁと思いました

灯りもちらちら焔が揺らめく灯りで…

とてもクラッシックなところ…


嬉しかったのはアンコール曲、G線上のアリア

古楽器で聴くG線上のアリアは、本当に素敵でした


まさに暖かな焔の灯りが揺らめく

ドイツの小さな教会にいるような気持ちになったことりでした

…ため息…


b0134673_22321039.jpg

[PR]

by housewife_life | 2014-01-23 17:17 | コンサート | Comments(0)

次長課長、新春お笑い祭り〜〜!

昨日から少しずつ、絵を額装に出し始めました (^-^)



ところで!

今日は、夫と生お笑いライブを観てきました!

うひゃひゃひゃ〜! ヾ(≧▽≦)ノ゙

うひゃひゃひゃ〜! 川≧∇≦川

うひゃひゃひゃーっ!(_≧Д≦)ノ彡

あっ、失礼!

メインは次長課長〜、パンクブーブ〜、オリラジ〜

うひゃひゃひゃーっ!ヘ(°◇、°)ノ

うひゃひゃひゃーっ! 。・°°・(>_<)・°°・。

って、もう泣いてるやん

次長課長、面白過ぎて呼吸困難になるかと思ったしー


トレンディエンジェルもザ・パンチも出たよ〜

前にオリラジとスリムクラブを観に行った時はなんと!

一番前で

内間さんの携帯で子どもの写メを見せてもらうという…\(^o^)/

今日は前から5番目 p(^_^)q

ラッキー ♪

夫は、このライブのために会社を抜け出して来て

ライブが終わったら会社へ帰って行きました

え?!



前説の一寸木さん←ちょっきさん、本名!

b0134673_21233374.jpg




[PR]

by housewife_life | 2014-01-18 21:24 | コンサート | Comments(0)

早稲田大学交響楽団はすごい!!

 昨日、「明日の夜はお出かけだわ」って書いていたでしょう?

 そう、今晩は夫とオペラシティコンサートホールに

 早稲田大学交響楽団の演奏を聴きに行ってきたんです

b0134673_22365725.jpg


 タクロウの入学式のとき演奏を聴き、ここまでグレードの高い演奏をするのか!と感動しました

 いつか聴きに行こうと言っていて、早3年半が過ぎようとしていました

 そして今日、早稲田大学交響楽団創立100周年記念演奏会の一つを聴くことができました
 
 戦争で楽器も楽譜も練習場も消失し、学徒動員で団員は散り散りになったときでさえ、学生、OBの死に物狂いの努力で復活、存続をしてきた歴史があります

 100周年にあたって、新宿文化センター大ホールを皮切りに、今日のオペラシティ、12月に東京芸術劇場コンサートホール、来年2月、3月にサントリーホール大ホールで演奏が行われます

 2月~3月はヨーロッパ12か所で公演



 焼け残った数少ない楽譜の一つ、シューベルトの交響曲7番「未完成」が1949年、大隈講堂で演奏され戦後の復活を果たしました

 今日はその復活の曲「未完成」と

 サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番

 R.シュトラウス「家庭交響曲」

 が演奏されました



 ものすごく感動しています


 これだけのホールで演奏会ができるのも納得です

 300名もの団員が所属するから作れるフルオーケストラ(音大じゃ出せない人数)
 
 チェロ協奏曲を弾き切った實島咲さん・・・

 そして何よりも圧巻だったのが「家庭交響曲」!

 これ、ワセオケですよね?

 〇〇フィルじゃないですよね?!

 コンサートマスター、バイオリンソロの清水貴則さん(3年生)のソロパートに魅了されました


 なんか、また早稲田の底力を見せつけられました

 感動の秋の夜です

 

 
クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2012-09-27 22:55 | コンサート | Comments(2)

スターウォーズをオーケストラで!皆様のお陰の楽しい一日!

 お出かけ、お出かけ。今日はお出かけ (^-^)

 今日はこちらに参りましたの。

 
 
b0134673_21293556.jpg


 
 友だちが買っていたチケット2枚が都合により行き場がなくなり、私がいただけることになったのです。

 ほんとにほんとにありがとう!!

 スターウォーズは大好きで(ね!みえちゃん!)タクロウが小さいときに何回もビデオを見せ?!、後の続きは一緒に観に行きました。

 でも最近はすっかり忘れていたところ(このコンサートのことも全然知らなかった)声をかけていただいて、懐かしくワクワク楽しめました。

 国際フォーラムでのコンサートも初めて。大きな会場にびっくり。

 これは会場の中から。 ↓

b0134673_2213035.jpg



 会場はスターウォーズフリークだらけ。特に年齢層様々な男子は少年の目をしてる?笑

 ガチャガチャの前には長蛇の列。

 あちこちにキャラクターがうろうろ。

    オビワンや・・・・
 
b0134673_21375766.jpg


 ストームトルーパーや・・・
b0134673_2139051.jpg


 何と言ってもダースベーダ!

 でもね、このダースベーダさんバイトらしい ^_^;

 「ダ―ズベーダさん、一緒に写真撮って?」

 と言ったら、うなづいてくれたので、スタッフと打ち合わせ中のダースベーダさんを待っていました。

 
b0134673_21411095.jpg


 で、ダースベーダさんが撮ろうと合図してくれたので並ぶとスタッフがここは危ないから階段昇って下さいって言うので、ダ―スベーダさんと階段昇りました。

 でも、ダ―スベーダさんマントを踏んじゃって、何度もこけそうになるから

 「ダースベーダさん!大丈夫ですか?」

 と声をかけて気遣う自分が超可笑しい (^○^)

 で、やっと昇ったらまたダ―スベーダさんが並んでくれて、スタッフがもっと向こう向こう!って言って、移動したらまたダースベーダさんが手でシャッターを切る合図してくれて、あわててiPhoneを友だちに渡して横に立とうとしたら、結局スタッフがすいません、ここは危ないのでって連れてちゃった・・・(~o~)

 でも、ダ―スベーダさん手でごめん!の合図 笑

 ダ―スベーダさんと心が通った瞬間?ってことで満足 (^.^)



 コンサートは東京フィルのフルフルのオーケストラ。

 指揮者はアメリカから来日の指揮者・・・名前わからず

 MCはC3PO役の俳優。

 スクリーンに映し出される映像は、上映順番ではなくアナキン誕生からの時間系列で最後は3話のハッピーエンド。

 やっぱり1話、2話の映像が特に懐かしい。若かりし頃に見た衝撃は忘れられない。

 今日は出てこなかったけど、ビュー――ッと高速で星の中に吸い込まれるようなあの映像・・・。

 あの頃、スターウォーズ、グーニーズ、ET、そしてインディ―ジョーンズの今までなかった娯楽性の高い映画に本当にワクワクしたのを思い出しました^^

 再び、チケットをありがとう!



 遅いランチはフォーラムの前の「papas cafe」で。

b0134673_21574622.jpg


 しらすと大葉のパスタ  おいしかったよー

 
b0134673_2158258.jpg



 プチデザートでおしゃべり

 
b0134673_21585779.jpg



 家に着いたら、夫とタクロウがいて「寿司やに行こう!」

 って、女子バレーは韓国くだしてくれるし、今日は嬉しく楽しい一日でした!

 皆様のおかげです!

 皆様ありがとうございました! (^O^)/



 
最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2012-08-11 22:03 | コンサート | Comments(2)