2011年 02月 22日 ( 1 )

浅田真央、おねーちゃん、おにーちゃん

 浅田真央ちゃんに心打たれるのはなぜだろう?

 真央ちゃんの演技が大成功でも、失敗でも、まぁまぁでも、私は涙が出ちゃう。試合で努力してない選手なんて一人もいない。なのに、真央ちゃんから一番、努力することの美しさを教えられます。

 四大陸選手権のあと考えました。

 真央ちゃんは、その名の通りまっすぐなのだ。
真央ちゃんの努力は、自分の理想とするスケートを滑り切ることにまっすぐに向かっているように感じるのです。

 低迷している時ですら、まっすぐ。邪心がない。

 安藤美姫が、
「応援してくれるお客様のために、よい滑りがしたい」
と、言っていた。以前とはずいぶん変わったし、成長したと感じた。気迫もこもっていた。周りの人に感謝する心が溢れるようになったのだろうとも思った。

 真央ちゃんは、誰のためでもない、理想のスケートをすることにまっすぐ向かっていて、その純粋な姿に応援が、感動がついてくる。
 お客様のために滑っているから、私達が応援したくなるのではない。
 よいときも苦しいときも、ただひたすらに目標に向かっていく、健気で澄んだ魂に、私は深く感動するのだろうと思います。



b0134673_20335093.jpg





 そんなことをこのところずっと考えていました。自分の成就させたいことを真っすぐにやっていくことは、美しいなぁと。誰かを蹴落としたり、利用したり、自分から賞讃を求めたりすることなく、ただ一心不乱に自分の納得のために。


 難しいことを考えて、肩が凝ったところで今日はタイムリーに整体の日。

 整体は9時50分から12時までたぷりやっていただき、終わったあとはお風呂上りのようにポカポカです。母も今日はお昼まで絵手紙教室なので、私はお昼を済ませてから実家に寄ることにしました。

 簡単にササッと食べて・・・と思ってキョロキョロしていると、OLたちが入って行くお店がありました。女性客が多いならと、つられるように入ってみたら居酒屋でした。一人なので、カウンター席へ案内されました。ランチは豊富で、私は2種類のチーズのオムライスをオーダーして、ホッと一息。

 すると、隣のOLというより、あの黒いスーツは就活女子学生でしょうね・・・おねーちゃん、ドサッとテーブルの上にメイク道具を出し、メイクを始めました。道具の中にシガレットケースとライターもありました。
「えっ!」
と思っていると、周りのサラリーマンがたばこを吸っています。
「しまった!この店禁煙じゃないんだ・・・。おねーちゃん、ご飯が来るまでメイクしてて!たばこ吸わないでぇ」

 おねーちゃんは、メイクしながらスマートフォンを指ではじいて画面を覗き込み、またマスカラを重ね、また、スマートフォンを覗き、とせわしないことこの上ありません。
そしてメイクが終わると、あぁついにおもむろにたばこをスパスパ。

 就活女子だとすれば、タクロウと同じくらいの子なわけで・・・いつかお母さんになるかもしれないし、昨今たばこは毒だと言われているのだからさ・・・吸うなよ~~><

 たばこを吸いつつ、忙しくスマートフォンを指ではじき、足で倒れかけた荷物を押さえながら、カバンをごそごそ・・・。ご飯が来たら、ガツガツ!(ごめんね、忙しいんだよね。でも、ガツガツ・・)目はスマートフォンから離れない。半分食べたところで、また煙草。
「残すのか?」
と思いきや、たばこを吸い終わるとガツガツ。そして完食。
「アイスコーヒー!」
と言って、また煙草。

 なんて、せわしないんだ。せっかくのランチなのに。いつもこんな生活なのか?部屋は片付いているのか?部屋も吸いがらだらけじゃないのか?と、妄想が広がっている私の後頭部になにかがガツンと当たりました。

「いて!」
と無言でふりむくと、後ろを通った若いサラリーマンが担いでいたビジネスバッグが当たったのだとわかりました。

 おにーちゃんは全く気付かず、後ろの席にバッグをおくとコートをバサッと脱ぎ始め、おにーちゃんが片手を抜いた時、私は素早く身をかがめました。パンチをうけるところでした。おにーちゃんはそれにも気付かず、眉間にしわを寄せたままスマートフォンとメニューを交代に見始めました。

 あぁ!時間に追われて忙しく働く人々のうずまくシャバに迷い込んだ主婦ことりだったのです。

 あや~、恐ろしいことだぁ・・・。殺伐としている・・。みんな前を見て、つっ走っているみたいだ・・。私たちがランチをしている世界と、ここのランチは違うんだ・・。

 でも!夫もそうかな・・・。呑気にランチなんてしてられない。みんな、自分のために、家族のために、日本のために働いているんだな。何故か、すさんだ生活をしてそうなおねーちゃんのことも、後頭部にバックを当てたおにーちゃんのことも憎めませんでした。ことり、目を回しながらも、
「みなさん、ありがとう!お疲れ様です!仕事が終わったら、どうぞゆっくりしてくださいね」
と、思ってしまうのでした。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2011-02-22 20:44 | 日常 | Comments(2)