ことり、ある夜の徒然噺

 タクロウがスイミングに通っていた小学生の頃、夫が出張でいなかったりしたとき、スイミングの帰り道、渋谷に出ないで表参道を散歩しながら帰ったものです。

 青山のニューヨークデリができた時は、食パン半斤分もあるハニートーストを食べたり、表参道のシェーキーズでピザを食べたり。その時は、アナウンサーの三雲さんが幼稚園のお嬢さんとお友だち親子の方たちと賑やかにいらしていて、ジョッキビールを3杯軽く飲んでいらしてびっくりしました。とても楽しそうでした。

 食事をしなくても、表参道の大きな木々が続く広い歩道を歩くのはとても気持ちが良かった。特に夏の夕方は涼風が吹いて、人気も少なくていつまでもそこで涼んでいたいほどでした。

 夏と言えば、家族で代々木のオリンピックプールによく行きました。子供用の屋外プールは意外と穴場でそんなに混んでいないのです。そのプールの帰りも、よく表参道のファーストキッチンでソフトクリームを食べました。、頭の上から降ってくる、大きな木々にやってくる蝉たちのうるさいほどの声が好きでした。
 
 竹下通りに「バーガーキング」がであって、ファーストフードのハンバーガーではバーガーキングのハンバーガーが一番美味しいと、タクロウと気に入っていました。あちこちにあったバーガーキングが姿を消して、残念に思っていたら先日、実家の近くにできていました。

 実家の帰りにひさしぶりに買って帰りました。タクロウは懐かしんで喜びましたが、バーガーキングはとっても大きいので、カロリーが半端じゃなさそうです。運動しない日々が続いているタクロウにとって、これはまずい!ということで、夜のお散歩にいくことにしました。
              左が普通の大きさのハンバーガーです
b0134673_14403727.jpg


 でも、昨日はスケートのNHK杯の日。
私は小学生の頃、フィギュアスケートを習っていたました。お客さんがいない、早朝の傷一つないリンク、お客さんが帰った後きれいに整氷し直したツルツルのリンクでも練習しました。
コーチの目を盗んで、パトロールのお兄さんのジャンパーを着てパトロールのお兄さんたちと滑ったり、スピンの練習をしているとお客さんの輪ができたものです。

 「だから真央ちゃんと、中野選手を応援してからね」
鈴木選手の復活もあり、昨日は1.2.3と表彰台を日本選手が独占しました。
真央ちゃんがトリプルアクセルを飛び、2度目のトリプルアクセルをしかもコンビネーションで飛んだときから、もう涙が溢れてしまって素晴らしいストレートラインステップも涙でかすんでしまうほどでした。

 結局、二度目のトリプルアクセルは回転不足と判断されたそうですが、全てにわたって高度な技術と表現力を見せつけた真央ちゃんの演技は女子フィギュア界の歴史を塗り替えた瞬間でした。

 涙を拭き拭き、お待たせ、と散歩に出かけました。

 歩き始めてからタクロウが、ギターの弦と新しい参考書を買いたいから新宿に行こうと言い出しました。ちょっと遅いけどまぁいいか、と行くことにしました。のん気に行った私たちですが、紀伊国屋は惜しくも9時に閉まったところで、ギター屋さんのビルは解体され、次のギター屋に行ったときにはそこももう閉まっていました。ルミネの本屋は10時までやっていたけれど、参考書なんて置いていませんでした。都会暮らしの勘違いいつでも、なんでも空いていて、手に入るというのん気な思い違いです。

 「でもさ、俺のカロリー消費にはなったわけだから全て無駄だったわけじゃないっすよ」
夜の新宿を歩くタクロウはこころなしか水を得た魚のように見えなくもなかった。私は、夜は家にいるのが好き。ごった返した新宿の人々は別世界の住人のように感じました。

 家の近くにくると静かで、冷たい夜風も気持ちよく感じます。クリスマスのイルミネーションを施した家もちらほら。綺麗だけど、大変でしょうねぇ。楽しませていただきます、ありがとう。
b0134673_14422161.jpg


 「そろそろおっとうが帰ってくるよ」
そう言いながら玄関を開けると、夫はもう帰っていました。
「ただいま~!」
と部屋に入ると、台所からお皿を洗う水音が…。
私は夕飯の後、真央ちゃんに夢中になって、お皿を流しに下げっぱなしで出かけてしまったのです。
「ごめ~ん!いいよ、いいよ洗わなくて!タクロウと散歩に行ってたのぉ。私がやるから~!」
夫はに~っと笑って
「いいのいいの。妻と息子が仲良しで嬉しいから。」
「でも、疲れてるのに。やるからやるから」
「いいのいいの。ことりは休んでいていいよ」
と再び、に~っ。
「ごめんね。ありがとう、ありがとね」
本当にいつもありがとうございます。


最後まで読んでくれてありがとうございました!最後にクリックしてもらえると嬉しいな
[PR]

by housewife_life | 2008-11-30 14:49 | 日常 | Comments(7)

Commented by いち at 2008-12-01 10:03 x
はーい
連続コメントです。
私も夜は家に居るのが好き。
そして我が家も夫がキッチンをきれいにしてくれます。
年のせいか?脊椎のなんたらで長く立っていると足が痛くなるのです。
ことりさんのご主人も優しい。
仲良し家族で行きましょうね。それが一番!
Commented by かこ at 2008-12-01 15:02 x
表参道や代々木
ステキな響き(ハート)

三雲さん?好きなアナウンサーの一人です
でもビールの飲みっぷりすご~い

ことりさんやいちさんの旦那さんきれい好きなんですね
実はうちもなんです!
うちは私が掃除下手なんでー
きれいになるのが好きみたいです
Commented by いち at 2008-12-01 15:13 x

かこさん コメント欄で失礼します。
違うんですねえ、これが。
それほどきれい好きでもないけれど
私があまりやれないので(なんだか病弱なか弱い人を思われそうですが、おほほ)
やらないので、
がんばってしてくれているというところです。
誤解されると困るので、私の1年中の目標「部屋の片付け」です。

ついでに良いますと
私幼少期青山あたりに外苑の入り口あたりに住んでおりました。
それこそ「三丁目の夕日」のコロですけど。
Commented by ひろ at 2008-12-01 19:58 x
ほのぼのします・・・(*´∀`*)
タクロウくんと仲のイイ姿がとても自然なのも素敵だし
ダンナさんがお皿洗いしてる姿も、ほのぼの。
私もダンナさんが「たまには皿洗いしてあげてもいいな」と思ってくれるように
家事を一生懸命したいです(*´∀`*)
Commented by ことり at 2008-12-02 19:00 x
>>いちさん
連続コメントありがとうございまーす!
ことりさんのご主人、ほんと優しいの♡あっ、すいません^^;
でも、優しいから洗ってくれるんで、きれい好き…と言われると、いちさん同様ちょっと待ったぁー!かもしれません。
でも、思いやりで洗ってくれるほうが、きれい好きだから洗ってくれるよりいいかも~と思ったりして。
いちさんのご主人の妻の弱みを頑張ってサポートする姿、素晴らしいです!

ご幼少期、いいところに住んでいらしたんですね!
その頃も外苑のイチョウはきれいでしたか?
三丁目の夕日のころの外苑あたりはどんなだったのかなぁ。
Commented by ことり at 2008-12-02 19:09 x
>>かこさん
ちょっと、ちょっと、かこさん、かこさんのご主人はきれい好きかもしれないけど、やっぱり優しいのよぉ~!
掃除下手のかこさんを責めたりせずに自分だやってしまうなんて、心の広い男だぁ!
私たちって幸せ者。

三雲さん、豪快だったけど素敵でした。
私も好きですよ。
あの飲みっぷりを見て、ますます好きになりました^^
Commented by ことり at 2008-12-02 19:16 x
>>ひろさん
ありがとうございます。
ひろさんところもきっと、お二人が歳を重ねたらご主人がそんなふうになっているかもしれませんね。
若いうちは、外で必死で働いて家は休息の場所…。
歳を重ねてきっと、はたと妻のありがたみ?がわかるようになってぇ…
それまで頑張れ!ひろさん。