「アンジェリケ」と「彼方へ」

日本画を習っている友だちがいます。今日は、その友だちの展示会に行ってきました。
 
「アンジェリケ」
花瓶に生けられた淡いピンク色の花の絵。
空気に溶けてしまいそうな柔らかな色彩と筆致。その花を受けとめる、半透明の紫色の花瓶に私の心は奪われました。この半透明の柔らかな光、グラデーション。なんて、静かで、清楚で優しく、それでいてはっきりとした意志を持っているのでしょう。

「彼方へ」
彼岸花のような葉のない、茎の長い、真っ白な花の群生。
地面を漂う霧の流れの中に静かに密やかに咲く花たち。
絵の構図と色彩が幻想的で、夢の中のような、どこかに迷い込んで見た彼の地のような感じさえしました。霧が漂う足元から、たくさんの華奢な白い花は宙に同化するように、溶け込んでいきます。山吹色が雌しべの意志を主張するかのように描かれながらも、その雌しべさえ、やがて宙にとけこんでいくのです。
ここは、こちらと彼方への境界線なのでしょうか…

写真を載せられないのが残念です。

友だちは美大を出ています。専攻は日本画ではありませんでしたが、さすがに基礎をみっちりやった確かさを感じます。それは、単に技術ということにとどまりません。表現することへの思いの深さにもそれを感じるのです。

胸がいっぱいになって帰ってきました。素敵な絵をみせていただいて、ありがとう!



帰ってから、昨日食べ切れなかったマロンクリームのシュークリームでお茶をしました。とっても心が豊かな気分です。
b0134673_1720640.jpg

目を閉じると「彼方へ」が浮かび、自分の魂が漂っているような気持ちになります。


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2008-09-17 17:27 | 鑑賞 | Comments(0)