牛肉のチラシ寿司

 母が佐渡に旅行したお土産を色々くれました。

 その一つがこれ。

b0134673_21184586.jpgb0134673_21191865.jpg







 眩しい~!
 「越後や、お主も悪よのぉ~っ」って、これを買ったりもらったりした何人の人が言ってるでしょう。もちろん私も言いましたってか?




 夕飯何にしようかなぁ。実家の帰り、おつかいをしようにもお土産が重い。

 でも腹ペコタクロウが待っているし…。

 そうだ、今日の夕飯はあれにしよう。あれなら牛肉だけ買って帰れば、あとは家にあるものでなんとかなる。

 今日の夕飯は牛肉のチラシ寿司でーす。

b0134673_21373778.jpgb0134673_2138978.jpg










 酢飯を作って、きゅうりを塩もみしてよくしぼったのと、しょうがの千切り、炒り卵、白いりゴマと、甘辛く炒めた牛肉を混ぜ込みました。
牛肉を、アナゴやウナギにしても美味しいです。
紅しょうががあれば彩りがよかったのですが、とってもおいしくて、タクロウも喜んでくれました。
(あとは、オクラとワカメと長芋のポン酢和え、ズワイガニのサラダ、お吸い物です。冷蔵庫をあさってなんとか作りました)

 夫が今晩遅くに出張から帰ってくるので、明日の朝食に食べてもらおうっと。




 そういえば…

 出張に行く前の晩、1時半になっても夫もタクロウも2階に上がってきません。

 目が覚めた私が、目をこすりながら下に降りていくと、タクロウが、パソコンの前で仕事をする夫の肩を揉みながら二人で仲良く話をしていました。

 それで私はすぐ2階に戻って寝てしまいました。

 翌朝夫に聞きました。
「何話していたの?」

 夫の仕事のこと、フロイトやユングやアドラーのこと、タクロウの夢(夜見る方の夢)の解釈、いまどきの携帯電話のことなどを話していたそうです。

 男同士いいね!


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2008-09-04 22:08 | 日常 | Comments(6)

Commented by みもざ at 2008-09-04 23:03 x
牛肉のチラシ寿司美味しそうですね。
食べ盛りの男の子には、あっさりお寿司にボリュームがプラスされますね。我が家の大食い長男にも作ってあげたいと思います。

以前、ご紹介していただいたジャルダンゴロワのオリーブの瓶詰めも、我が家のお気に入りになりました。もっぱら銀座のプランタンで購入していますが、いつか中野のお店にも伺いたいと思っています。
Commented by ことり at 2008-09-05 22:07 x
>>みもざさん
おっしゃる通り、お酢であっさりのご飯とボリュームの牛肉が合うんです!どんどんいけちゃいます。是非、長男さまに!

ジャルダンゴロワファンが、いらっしゃったのですね!厳密には、東中野にありますよ。荻窪にもあります。デパートよりお安いはずですから、お得です。ケーキやキッシュも美味しいですよね。
Commented at 2008-09-06 12:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ことり at 2008-09-06 16:39 x
>>kekochann
コメントありがとう!!
スカート、もう出来上がるのね!草むしりも終わったのね~。
さすがkekochan!
家族のために今日もなにかできるって、幸せなことですよね。
世は無常だから、明日も今日のような日が過ごせるなんて、奇跡のようなものですものね。
kekochannは私のお手本、勇気です!
Commented by kekochanより at 2008-09-08 10:11 x
うぁ~。涙があふれて困りました。何をおっしゃいますことりさん。私はことりさんのブログを人生の伴走者に勝手にただでさせていただいてるチャッカリ者です。働くとははたはたを(周りの人)を楽させるからはたらくと言うと聴いてます。もう、できうる限り、周りの人を楽にできるよう肉体的、精神的労働を惜しまず努めたいと、改めて自分に言い聞かせます。こちらこそ、いろんな勇気をありがとう。ひとり悪戦苦闘してコメント送信できたのが嬉しくてうれしくて、またまた返信してしまった。今日もちゃんと送信できるのかな?まったく大正時代くらいを生きてるタイプですからご勘弁を。
Commented by ことり at 2008-09-08 23:43 x
>>kekochan
働く→はたを楽にする…凄く深いです。
例えば、同じ片づけをするにしても、自分の趣味だけでするのと、はた(家族とか)を思ってするのでは、違いが出てくる可能性がありますよね。
前者だと、かえってはたが窮屈でくつろげない環境になるかもしれない。
はたを思いやったら、かえってあんまり片付かない方がいい場合もあるかもしれない。はたを思いやって、はたに楽していただけるように行動するのが、本当の働くなのか…。
とってもよい言葉…もっともっと考えてみたいです。
すてきなコメントありがとう!