夏の風物詩、はも鍋

 今年も夫の仕事関係の方、Wさんが送って下しました。
        
              夏の風物詩「はも鍋セット」!

b0134673_15213668.jpg


 と言っても、東京人にとってはちょっぴり珍しいものです。

 一週間程前に京都の料亭の女将から電話がかかってきて、お届け日の確認がありました。その京都弁にも、「すご~い!京都弁だった~!」と興奮。はんなりとしたしゃべり方に、同じ日本人なのに別世界を感じてしまうのだから面白いものです。

 祇園祭りははも祭りと言われるほど、京都の人々はお祭りの間にはもを召し上がるそうです。

 そんな京都の夏の雰囲気を、私たちも味わわせていてだきました。


                  透明なはもが涼やかです。
b0134673_1522324.jpg

               
b0134673_15223632.jpg

生湯葉、生麩も美味しい。
出しの香りを味わいつつ、はもをしゃぶしゃぶし、ねぎとポン酢でさっぱりといただきます。
美味しかった~!Wさん、いつもありがとうございま~す!



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2008-07-21 15:31 | 日常 | Comments(4)

Commented by ひろ at 2008-07-22 16:41 x
おお!私も昨日鱧を食べたところです~~
お刺身でしたが。
鱧、あっさりして美味しいですよね♪
Commented by housewife_life at 2008-07-22 18:24
>>ひろさん
やっぱり関西は、はもが普通なんですね。
東京では、珍しいのです。
Commented by 干し葡萄のラム酒漬け at 2008-07-23 20:32 x
鱧って聞くと夏だなーって思います。
鱧は骨切りをしないといけないんですが、綺麗に切れてると気持ちいいんですよ。お鍋でしゃぶしゃぶもいいですけど、鱧は照り焼きもいいですよ。
我が家では鱧を一口サイズに切って、塩コショウして卵にくぐらしてからフライパンで軽く焼きます。お子さんならケチャップで、大人はポン酢を少しつけて食べるとおいしいですよ。
Commented by housewife_life at 2008-07-24 20:53
>>干し葡萄のラム酒漬けさん
鱧って、色々な食べ方があって、結構日常的なものなのですね。
私はまた、鱧って京都の料亭で食べるものだと思ってました。