ノスタルジックな街

会津若松の旅。

夫と別れて ( 夫は仕事 ) 私が向かったのは、七日町通り。

江戸、明治、大正時代に建てられた

洋館や蔵、商家が多く残る街です。

すぐ近くには野口英世が青春を過ごした通りもあります。

あまり時間がなかったので、

チェックしていた場所を端から訪ねました。

まず、木の温もりに包まれたカフェ「三番山下」で、

ワッフルで腹ごしらえ。






b0134673_22012485.jpg








b0134673_22020151.jpg





このカフェ、土蔵を改築したこの建物の2Fにあります。



b0134673_22022091.jpg




もう、歴史とか言われとかは置いといて、

私がビビッときたかどうか 笑

わ〜、好き!💕が一番です 笑


次に訪れたのは、漆器の白木屋商会。

立派な建物!



b0134673_22065650.jpg



中には展示室もあります。





b0134673_22080840.jpg








b0134673_22082694.jpg




蒔絵や螺鈿の施された美しい漆器を眺めるのは大好きです。

ノスタルジックな部屋に、

私の足音だけコツコツ響かせてゆっくり堪能しました。


そこからちょっと道を折れて、

江戸時代創業の老舗味噌屋、満田屋へ。





b0134673_22281065.jpg



ここでは、田楽がいただけるのだけど、

さっきのワッフルでお腹がいっぱい 😅

それに、もう一軒入りたいカフェがあるので

お味噌と田楽味噌を買って退出 💦

通りを眺めながら次のカフェへ。

この時私の持ち時間は20分あるかないか。

慌てて凍った雪に滑らないように気をつけながら

「會津壹番館」へ。




b0134673_22351956.jpg





ここは、野口英世が医師の道を歩むきっかけになった

旧会陽医院を改装した蔵造りの洋館カフェ。

英世はここで書生をしていたのだそうです。

カフェに入り「10分位しか時間がないんですが、

珈琲いただけるでしょうか?!」

というのも自家焙煎で丁寧に淹れるお店だったから。

ブレンドなら大丈夫ということでいただくことができました ✨





b0134673_22390692.jpg



英世カップでいただく珈琲、美味しかった〜 ☺️

わずかな時間しかなかったけれど来られてよかった〜。



店内も素敵でした。





b0134673_22464819.jpg







b0134673_22480595.jpg






レジスターもアンティーク ✨






b0134673_22483538.jpg




珈琲をいただいてからバス停へと急ぎ、

会津若松の駅へ。

ここから各駅停車の磐越線で郡山へ行き、

新幹線に乗って帰ってきました…

って、帰って来ちゃったけど、

もう一回、会津のこと書くつもり 😉




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2018-01-18 22:58 | 旅行 | Comments(0)