『男と女のアドラー心理学』

『男と女のアドラー心理学』 岩井俊憲著  青春出版社  ¥1400円+税

待ってました!の1冊です。

昨夜と午前中で原稿を読ませてもらいました!有難い!






b0134673_15205834.jpg



ある女性の手記で始まり、

ある男性の手記そして最後に手紙で終わるのですが、

その手記と手紙には涙が出ました。

男と女の、夫婦のズレは、すり合わせることができる。

そして結婚はゴールではなくスタート。

これからずっと二人が努力して、合意して創り上げていくもの。

愛とは、感情というよりは、

うまくいっている人間関係の副産物。

男性脳と女性脳の違いがあっても

その違いを越えることができるのが、

アドラー心理学の対人関係論。

ふんだんな事例とその解決策、

5つの極意を読みながら

結婚っていいな、自分を育てることができる何よりのものだと思いました。

結婚しない、不倫、そんな話題が多い今に

勇気をもらえる本です!

9/4頃配本になるそうです。

読後、心が暖かくなります。




クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-08-10 15:45 | アドラー心理学 | Comments(2)

Commented by しょんこ at 2017-08-13 09:20 x
すごく楽しみです!!
自分もそうでしたが、何が正解か、間違いか、にこだわると、関係性は、悪くなります。でも、どうしたらいいかわからない。きっと、この本は、大切ななにかを気づかせてくれるのでしょう。
Commented by housewife_life at 2017-08-27 13:12
しょんこさん、返信がおそくなってごめんなさい!
夫婦も親子も、対人関係に大切なことは同じなんだなぁと思いました。男脳、女脳もあるけれどそれは乗り越えらるんだなと^ - ^