アドラーとジョセフ

今日はジョセフと夫と3人でランチをゆっくり楽しみました。

もちろん、昨日せっせと丈を直したジョセフからのプレゼント、着て行きましたよ👍

ジョセフは、大喜びでハグしてくれました😆💓

ランチは、昨年同様、表参道のbambooで。

私が学生の頃からお気に入りのレストランです。

昨年はbambooの支配人、イタリアンのシモーネとジョセフが意気投合して、

イタリア語が飛び交いとても楽しいひと時になりました。

春に私がbambooに行ったときもシモーネは、Dr.ペルグリーノは元気?と覚えていてくれました。

ところが、今日はシモーネはお休み😱

残念でしたが、日本人のウェイターがイタリア語でジョセフに対応してくれました。

シモーネの影響か、ホスピタリティに溢れたお店。

美味しいサラダ、モヒート、チャービル風味のハンカチパスタを被せたサーモンなどなど😋








b0134673_21554184.jpg








b0134673_21555641.jpg





食事と会話を楽しんでいると、イタリアンのピザ職人が厨房から出てくるの目に入りました。

手を振ると、そこは陽気なイタリアン🎉

手を振り返してくれたので、ジョセフを指差すと

おぉ!👍

彼もジョセフを覚えていてくれて、ジョセフとハグ💕

イタリア語で盛り上がっていました(途中、2回夫と私にも握手してきたけど、なぜ?笑)







b0134673_22002174.jpg




さんざん喋った後、彼はスマホを持ってきました。

なんと、シモーネに電話してくれたのです😍






昨年、撮ったシモーネとジョセフの写真
b0134673_22385092.png





ジョセフはシモーネとお喋りすることができました!

それにしても、こんなに長話しできるものでしょうか?!😆㊗️笑

その上、シモーネは、私たちにシモーネお手製のリモンチェッロをサービスするように指示してくれて

レモンの香りたっぷりの食後酒を堪能しました。

ジョセフと一緒にいると、こんな奇跡みたいなことがしばしば起こります。

ジョセフは、お仕事だからとか、家族だからということではなく、

目の前にいる誰のことも信頼の態度で接します。

それが通じてこんな奇跡が起こるのだと深く感じ入ったのでそれを伝えると、

ジョセフが昔、アドラーの息子クルトから聞いた

アドラーのドイツ訪問時のエピソードを私たちに話してくれました。

旅先で出会った人にカウンセリングをするエピソードなのですが、

その内容は、親愛とユーモアに満ちていて、普通では考えられないような話でした。

でもその話のアドラーの姿は、私にはジョセフの姿そのものに見えました。

実際ジョセフは、クルトに「あなたは私の父によく似ている」と言われていたそうです。

他のアドラーの弟子達にも。

素晴らしいカウンセリング、レクチャーができるかどうか以前に

日々の中で私たちにできる大切なことがあるのだと感じました。

できることがあるというより、

それをすることが大切なことなのだとジョセフといると思います。

それができずして、その先のことはできないと。

目の前にいる人を信頼し、親愛の気持ちで接する。

それがたとえ旅先で偶然出会った人であっても。



とても良い時間を過ごし、3人とも満足してホテルへ戻りました。






b0134673_22241423.jpg
                 bambooは、今も昔も緑とお花でいっぱいです。





クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2017-08-04 22:40 | アドラー心理学 | Comments(0)