「ほっ」と。キャンペーン

ジョセフが作る縁

今日はジョセフ・ペルグリーノ博士の最後の休日で、この最後の休日はジョセフと私たち夫婦で過ごすのが恒例です。

一緒に過ごしていると、ジョセフはいつもいろんな人とご縁を作っていきます。

毎年原宿のオリエンタルバザーに買い物に行くのですが、

浴衣売り場のこの女店員さんには毎年親切にしてもらっていて、今年もまた細やかにお世話していただきました。





b0134673_18243766.jpeg


レストラン"bamboo"で早めのランチをすることに。

迎えてくれたマネージャーはイタリア人(ミラノ)で、ジョセフは水を得た魚のよう!

イタリア語で会話が弾む、弾む💓






b0134673_18251358.jpeg




マネージャーも喜んで、私たちの席は大盛り上がり。

ジョセフはイタリアで生まれ育ち、15歳の時にカナダに移住しました。

夫が
「イタリア語で話すジョセフは別人みたいだね」
と言うと
「15歳のティーンエイジャーになってしまうのさ」
と、ジョセフらしいジョーク。

ピザ職人さんもトスカーナ出身。





b0134673_18260262.jpeg


お互いに異国で同郷の者と会う感慨が深いようで、ずっと親密に話していました。




この"bamboo"は、私が22、3の頃からずっと大好きで、本当によく通ったお店でした。

古い邸宅をレストランにしていて、当時からテラスや庭でも食事ができました。





b0134673_18285242.jpeg





b0134673_18273926.jpeg





b0134673_18275865.jpeg



当時はカジュアルなサンドイッチハウスで、パンを選び、はさむ具材を選んで言うと

ボリュームたっぷりのサンドイッチが作られてカウンター越しに渡されました。

アボカドとエビのサンドなど、当時は他にないオシャレなサンドイッチがありました。

お客さんも外人さんがたくさんいて、みんなのんびり過ごすのが上手だなぁと思ったものです。

それが、フレンチのお店になり、敷居が高くなって足が遠のいていました。

久しぶりに覗いたら、今度はイタリアンになっていて入ったわけですが、

なんと、オーナーは当時から変わっていないどころか、このイタリアン人マネージャーのお兄さんだったのです。

地下室があって、そこで友人の結婚お祝いパーティーを2回もやったことがあると話すと、

マネージャーは喜んで店中案内して見せてくれました。懐かしかった!

私にも思わぬ縁が飛び込んで来たのです。

マネージャーのお兄さんは、小笠原邸レストラン、電通ビル47階のレストランのオーナーでもありました。

ジョセフといるとオープンマインドで色々なご縁ができるようです。

あちこち行かず、"bamboo"でゆっくり過ごし、みんな握手で再会を誓って別れました。



b0134673_18282596.jpeg
クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-07-29 18:34 | 外食 | Comments(0)