幸せのために

今日もヒューマン・ギルドへ。

今日はお仕事でね。色々お手伝いして、一生懸命お掃除して帰ってきた。

ホント、もういつも一生懸命お掃除する。

私はこうして自分の手で直接的にやることが好き。

それが私を幸せにする。



子供の頃、母が旅行に行った晩には父のために夕食を作ることに燃えた(笑)
誉められたいのではなくて、喜ばせたかった。

幼稚園の先生だったとき、一人一人に愛おしく共感した。操作せずに心を通わせたかった。
先生・大人と子どもではなく、私たちは友のように心が通じているのを感じていた。それをする毎日は、丁寧で素朴で好きだった。

結婚して、私は幸せになるために何をするのか、幸せのゴールを思うと自ずと答えが見つかり、その時それをすることが困難だと感じてもそれをしたかった。

タクロウが生まれ、タクロウが生きるお手伝いを全力でしたかった。せっかく出会ったのだから仲良く愉快に暮らしたかった。そうしたら子育ては、幸せで面白くて私はタクロウ以上に育てられていた。

絵は上手くないのはわかっている。ただ、心の中の何か、言葉にはできない何かが絵になって紙の上に現れたいと言う。たいそうなものではない。女の子だったりうさぎだったり。でも、それを描いているときの私はとても幸せ。

言葉で飾る時でも語る時でもなく、こつこつと私の隣にいる人、物を大切に生活している瞬間に幸せを感じる。

それは私のため。
自分の為が人の為…に、いつの間にかなることも。
なったらラッキー。
ならなくても私は幸せでいる。



b0134673_00000945.jpeg


クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2016-05-11 00:09 | 日常 | Comments(0)