チョン・ミョンフン

昨日の朝、夫ががっかりなことがあるんだよと言ってきました。

朝からがっかりなこと〜?! (๑ ˭̴̵̶᷄൧̑ ˭̴̵̶᷅๑)イヤン



昨日の夜は夫と、指揮&ピアノ チョン・ミョンフン のコンサートに行く予定でした。

がっかりなこととは、その指揮者チョン・ミョンフンが指を故障し、弾き振りができなくなった!ということだったのです。

チョン・ミョンフンは、千秋先輩(のだめ)ように♡ピアノを弾きながら指揮をする方で、

昨夜は、モーツァルトピアノ協奏曲第23番を弾き振りするはずだったのです。

そりゃぁ、がっかりです (。σω-。).◦*✧






b0134673_17594949.jpg


そして急遽ピアノだけ20歳のピアニスト小林愛実に変更。

チョン・ミョンフンで聴きたかったけれど、小林愛実は20歳とは思えない情感たっぷりの演奏をする堂々たるピアニストでした。

しかし、そのがっかりを忘れさせたのがマーラー交響曲第5番!

金管楽器鳴り響くスケールの大きなマーラーの曲は、それ自体が圧巻ですが

昨夜のチョン・ミョンフンが振るマーラーは最高の賞賛を巻き起こしました。

それは私が今まで見たコンサートで一番凄いブラボーの嵐でした。

数えきれないアンコールの末退場するオケに、再び拍手を送りながら観客も退出するという光景も初めて。

コンサート当日、会場に行く道すがら「今日はなんのコンサートなの?」なんて聞いていた私も、

夫とお出かけが嬉しくてお付き合いするうちに、こうしてクラシックコンサートを心から楽しみにするようになりました。

夕べも感動のコンサートをありがとう!(๑ˊ͈ ꇴ ˋ͈)ᵃʳⁱᵍᵃᵗᵒ〜♡॰ॱ 



クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!

[PR]

by housewife_life | 2016-02-27 18:17 | 鑑賞 | Comments(0)