名古屋にいる間に、母は緊急で病院に行っていた!

名古屋にいる間…土曜日に

83歳の母はタクシーを呼んで病院に行っていた!

名古屋へ行く前日

左首や肩、肩甲骨周りが痛いと言っていたの

そういえば、その前の日、タクロウがプレゼントした扇風機をかけていて

あの時、それは母の左背後で回っていた

私が帰った後も寝る直前までかけて

俳句を作っていたんだとか

扇風機の風のせいで凝ってしまったのだろうと話しましたが

心臓の手術もしてるし

心臓から来る痛みだったら…

たぶん凝りだろうと思いつつも少し心配もありました

だから、びっくり!

結果はやはり寝違いのような凝りで、胸をなでおろしたのですが…

その日の午後は句会があるので

朝のうちに「病院に行くから休みます」と

近所のお仲間に欠席投句を託していました

でも、凝りとわかったら、痛いけれど一人でいても気が滅入るからと

句会に出席

そうは言っても、背中がパキーンと痛いのって、かなりの痛みですよね

そうしたら、その日は特選に入り

もう一句も本選に入ったのですって!

で、母は賞品にいただいた和菓子を持って

家族ぐるみのお付き合いをしているお宅に行き

背中に湿布を貼ってもらい

一人では食べきれないからと、お礼にその和菓子を差し上げた…と

それから夜、応援している区議会議員の後援会パーティーに予定通り出席

痛かったわよぉ、そりゃぁ

と言っていたけれど

母よあなたは強かった!

じゃ なくてぇ

一人で早めに判断して病院に行って(心臓関係だったら早目が大事だものね)

凝りの痛みだとわかったら

予定通りちゃんと俳句にもパーティーにも行くお母さん

私がいなくても湿布を貼ってって可愛いく頼めるお母さん

困難を克服する勇気のある人です

その上、特選と本選!

お母さん、私、嬉しい!

思わずそう言いました (*ˊૢᵕˋૢ*)ˉ̞̭ෆ⃛













クリックしてもらえると励みになります!ヨロシクネ!
[PR]

by housewife_life | 2015-06-29 14:09 | 日常 | Comments(0)