優しい空間で気づくこと

昨日はまるで旅の続きのように、おおこと代官山に行きました(またかい!┐(-。ー;)┌)

この間の代官山ツアー、おおこは行けなかったし

おおこに会いたかったし

金沢のお土産あったし

色々積もる話もあったし…

b0134673_2314191.jpg


私たちがホントーに好きなのは

蔦屋書店そのものではなく、そこに広がる木々のある空間やカフェなのだ

ということを自覚した昨日 ( ^^)人(^^ )

日常の雑事から逃れ、家族や友、或いは一人の時間を大切にできる空間

そんな空間をデザインした人、すごいねぇとおおこと二人、感心しきりでした

私はサラダとパンとスープのランチ

木陰のカフェでそんな軽い感じがいい

b0134673_23142086.jpg


ここのカフェ、お水ではなくてアイスフレーバーティーが出るの

減るとすぐ継ぎ足しに来てくれて、紅茶好きには嬉しいサービス

展示のことや、絵を描くことなど色々話したけれど

とても印象に残ったことは

彼女の御父様に対する優しい心、態度
と御父様の前向きな心、態度

両方が優しくて、良く生きたいという姿勢があるからこその相乗効果で優しい関係が築ける

人と人、特に家族は片手間な付き合いの中で絆は育たない

単なる義務感ではなく、自分の時間を削ってやってるんだという犠牲でもなく

寄り添いたい心

それには少しの時間と心の余裕も必要です

相手の感じていることに気づける余裕

そしてそれに応えたり協力できる余裕

またそれが私の大切な人生のお仕事だと納得している心

子どもやお年寄りはそんな優しさのなかで穏やかに暮らせる…

とても大切なこと

私は忘れたくない

主婦の大切な偉大なお仕事

そんなことを強く感じて

またまた心を満たして家に帰ったのでした


今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2013-05-17 22:12 | 日常 お出かけ | Comments(0)