豪華!読響、フォルクハルト、ストラディヴァリウスそして小林研一郎

夫とオペラシティでのコンサートに行ってきました


b0134673_23293099.jpg



またしてもコンサート前に食事をとりながら

今日の曲、何? 誰? みたいな (^_^;)

そうしたら、今日はすごいのだったんです

読響

バイオリンはフォルクハルト・シュトイデ

こちらウィーンフィルのコンサートマスター

使用楽器は1718年製アントニウス・ストラディヴァリウス

指揮者、世界のコバケンこと小林研一郎氏

豪華!(((o(*゚▽゚*)o)))

b0134673_2328991.jpg



曲目

室内楽で
ハイドン 弦楽四重奏 「ひばり」から第1楽章

モーツァルト 弦楽四重奏曲「狩り」から第1楽章

ベートーヴェン エグモント序曲

ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲ニ長調

ベートーヴェン 交響曲第五番運命


こんな素人のぼーっとした奴ですが、夫に色々とコンサートに連れて行っていただいております中で

今日の協奏曲と第五番は最高だったのではないかと思います

フォルクハルトは身長が2mはあろうかという大男にもかかわらず

高音部の細い音の繊細なこと…

女性バイオリニストが力強い演奏をすると心を動かされることがよくありますが

その真逆と言いましょうか

まさに繊細なバイオリンの密やかな声をも優しく、そっと導き出す魔術師

ブラボーと拍手の嵐でした

そして第五番

ここまで緊張させるかというほどの張り詰めた呼吸から解き放たれる歓喜を何度味わったことか

その歓喜はまさに頂点に

緩急などという雑な表現をしては失礼なのですが

幾度となく訪れる緩急の波

哀しみや苦しみから生命力溢れるうねりへの中に身を委ねた30分でした

コバケン、ブラボー!!

夫ーっ、またまた素敵なコンサートありがとう!!


おまけ

休憩の終わりを告げる鐘は、ロビーでこの方によって鳴らされています

館内に響くよい音です (^_^)

b0134673_23281077.jpg




今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2013-04-11 22:14 | 鑑賞 | Comments(0)