春の院展

日本橋三越で春の院展を観てきました

b0134673_22572643.jpg


日本画鑑賞の私の師匠、自ら日本画を描いているおおこと (^o^)

おおこと私、日本画でも着物でも

これ、ことりが好きそう!

これ、おおこだよね〜!

というのがそれぞれあるのですが

一致して立ち止まり、釘づけになり、終いにはその絵の前にひれ伏して

言ったら、懺悔までしたくなりそうな絵があります

別に宗教的な絵ではありません

花であり、草であり、光であり…

その絵の前でそう感じるのは私たちだけではないはずで

そんな魂を揺さぶる或いは包み込む絵に出会う時の喜びと言ったらありません

今日も作家さんのことや技法のエピソードを聞かせてもらいながら

日本画っていいなぁと胸いっぱいになりました


ランチはコレドで和食

b0134673_22572483.jpg


食後また三越に戻り、日展の同人の方の絵だけ集めたサロンで鑑賞

ファンの多い宮北千織さんのここに出ていた絵は

私にとっては、色、モチーフ、描かれている人の顔、どれをとっても全て好みにはまっていて非の打ちどころがない絵でした

この辺でやめないともう、喉がカラカラ!というところでお茶に (^-^)

ハロッズで美味しい紅茶を (^.^)

b0134673_22572555.jpg


b0134673_22572684.jpg



このところ二人でゆっくり会う時間が少なかったせいか

今日は時間を忘れておしゃべりしました

おおことは深い話が重くならずにできるのが不思議です

ふんわり受け止めてくれて

気取った意味の品ではなく、品格を持って話てくれる…

そしていつも視線が明日へ向かっているから

後悔よりもそれは学習すればいいことよね、とかね

おおこと会った帰り道はいつも満たされている私がいます

そして、おおこと会った帰り道、夫と居酒屋ののれんをくぐる私がいます(^○^)



今日もままごと奮闘中ワンクリックで投票してね!
[PR]

by housewife_life | 2013-03-28 22:11 | 鑑賞 | Comments(0)